人気ブログランキング |

2015年 05月 06日 ( 2 )

 先日記事にしたNHK「生命大躍進」関連アプリ「コダモン」。すっかりハマっています。
・過去記事:「コダモン」古生物の進化をたどる、生易しくないはるかな旅路

 最近、「コダモン」関連で検索していらっしゃる方が増えている。しかも検索ワードには「進化しない」…。皆様、進化がそこで途切れている"袋小路"から抜け出せずに困っているのか…私と同じように…?
f0079085_22295821.jpg

 古生代のハルキゲニアから始まる無脊椎動物場合、こうなっています。アノマロカリスの後、黄色の矢印の右に進むとそこで進化が途絶え、最初のハルキゲニアへふりだしに(進化が途絶えるとわかってしまうと切ない…)。水色の矢印の左に進みたい。でも、右に進む遺伝子が出てきてしまう。左へ進む遺伝子がなかなか出てこない。ここで悩んでいると思います。私もです。何回やっても何回やっても右側へ。生命進化は難しい、そう簡単には進めない…。でも、このまま袋小路に嵌っていたら、次に進めない。クリアできないよこれ!

 というわけで、私も色々と調べました。そして、コツを見つけました。
 上の系統樹の、右側へ進む遺伝子が出てきても、遺伝子ポットを振らない(振ると進化する仕組み)。左側へ進む遺伝子が出てくるまで、ひたすらチャレンジを続ける。そのうち、左側へ進む遺伝子が出てきます。出てきたら遺伝子ポットを振って進化させる。次の分岐点に来ても、同じように。
 注意は、遺伝子が出てきた後、間違って「遺伝子ポット」の部分をタップしないこと。タップしてしまうと、振らなくても進化します(あれ、振らないと進化しないんじゃなかったのか…?)。進化させない時は、すぐに「ちょっとでチャレンジ」をすると、遺伝子ポットをタップしても何も起こりません。
 コツ、と言っても、出てくるまでひたすら続ける…忍耐勝負です。やっぱり生命進化の道筋は厳しい…。
 携帯端末の充電もしっかりしておいてください。

 ひたすら遺伝子を溜め込んだ結果がこれ。
f0079085_2243135.png

 ポットにいっぱいの遺伝子…(このゲームでは遺伝子はこんな風に宝石のようなデザインをしています)。同じのもいくつも。
f0079085_2245741.png

 進化の先に辿り着くと、出てくるメッセージも変わります。
 
 ということで、古生代の無脊椎系統はコンプリートしました!次はピカイアから始まる脊椎動物系統。こっちは長いです。忍耐勝負です。皆様もレッツチャレンジ。

*****

 この「コダモン」に関連している番組は、Nスペ「生命大躍進」と、Eテレアニメ「ピカイア!」。この連休中に4話まで放送されました。昨年春にパイロット版が放送され、これは一体何のアニメだ?しかもカンブリア紀のバージェス動物群を扱うなんて…と気になっていたのですが、本放送がスタートしました。
NHK:ピカイア!
 時は少し未来。地球に生命が棲めなくなってしまった時代。宇宙コロニーで暮らす少年・ヴィンスと少女・ハナ。地球でまた生物が暮らせるように、とパーカー博士と助手のモーリスが進めている「カンブリア・プロジェクト」の調査員として、5億年前のカンブリア紀の海へ向かうことに。カンブリア紀の生物・ピカイアをモデルにしたテスター・ピカイアも一緒に大冒険が始まる、が…。

 本放送の1・2話がパイロット版に当たりました(録画を引っ張り出して観た)。キャラクターも増え、「カンブリア・プロジェクト」やメカニックの設定も広がりました。
 こども向けの科学学習アニメではありますが、カンブリア紀好きにはたまらない。カンブリア紀の生物たちが次々と出てきます。アニメ内でCGになっているのが時代の流れを感じさせます…。好奇心旺盛なヴィンス、勝気なハナのコンビがいい。ピカイアも可愛らしいキャラクターデザイン。パーカー博士は落ち着いた研究者でもありますが、その場で次元転送に関しての注意や先に言っておくべき大事なことを2人に伝えるなど、なかなか油断できない一面も…。助手のモーリスは至って冷静沈着。だが、4話、不穏な動きを…。ここで続きの5話以降は夏に放送とは…。きつい…。

 物語の鍵になっているのが、「バイオミメティクス(biomimetics)」。パイロット版では「バイオミミクリー(bio-mimicry)」。どちらも日本語で言うと「生物模倣」。様々な生物の機能を模倣して、新しい技術に応用すること。物語ではサメの皮膚の構造を応用して、水の抵抗を少なくしより速く泳げるようにするものなどが出てきました。身の回りの様々なモノも、元をたどれば生物が進化の過程で発達させた特徴に辿り着く。これはあの生物が元だったのか!と気付いたり、この生物の機能を応用すれば、こんなものも出来る、現在研究中のものある…そんな発見が興味深いです。

 ちなみに、全13話とのこと。15分番組ですが、アニメパートは大体10分。アニメパート約10分で13話…かなり短い。どうなるんだこの物語は?
 残り5分程度は、モーリスがその回に出てきた生物、用語などについて解説をする「教えてモーリス」。一貫してクールなモーリスが「冗談です」と本気のような冗談を言うことも…。
 夏の放送が待ち遠しいです。何だか、2回の先行放送を経て本放送が始まった人形劇「ホームズ」のようだな…。
 その前に、Nスペ「生命大躍進」第1集は今度の日曜10日21時。「コダモン」に番組関連クイズが出てくるので、「コダモン」を起動させて観ます。

 …が、ちょっと個人的に困った話を。この10日21時。総合はNスペですが、Eテレは「クラシック音楽館」。パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響の、シベリウス・ヴァイオリン協奏曲とショスタコーヴィチ交響曲第5番。…古代生物、カンブリア紀も大好きですが、シベリウスにショスタコーヴィチも大好きで…何故ぶつけた!?と頭を抱えています…。よりによって…。

【追記】
 さらにその後:「コダモン」続報:古生代クリア! だが…?

 その続き:「コダモン」続報:古生代クリア! だが…?
 まだ続く:【コダモン 続報】大事件発生!!
 ついに古生代完全クリア!!:【コダモン 続報】古生代完全クリア!!
by halca-kaukana057 | 2015-05-06 23:31 | Eテレ・NHK教育テレビ
 昨日NHKFMで放送していた「今日は一日"家族三世代NHKキッズソング"三昧2015」、聴きました。
・予告お知らせ:【予告】今年もやります!NHKFM「今日は一日"家族三世代NHKキッズソング"三昧」

 放送が始まって、3曲目に「クインテット」から「夢のつづき」が。おお!来た!!とテンション上昇。おさむお兄さんとゆうこお姉さんのステージライブ、NHK東京児童合唱団の皆さんの歌、NHK教育・Eテレの人気キャラクターたちをゲストにトーク、NHKキッズソングに縁のある方々のメッセージやスタジオインタビュー、最後はおさむお兄さんとゆうこお姉さんに中西圭三さんも加わってのライヴコーナー。今年もNHKキッズソングをたっぷり楽しめた約10時間でした。NHK東京児童合唱団のみんなのうたメドレーがよかった。普段はCDから流す歌を、生で、児童合唱で。いつも聴くCD音源もいいけど、定番の名曲ならこんな楽しみ方もいい。美しい歌声に聴き惚れていました。おさむお兄さんとゆうこお姉さんの生歌は今年も素晴らしい。ゆうこお姉さんのハリのある歌声に魅了されました。そして中西圭三さんが来るとなれば、「ぼよよん行進曲」を生歌で。やっぱり名曲です。

 人気キャラクタートークコーナーは今年も酷いカオスでしたw司会の柘植恵水アナ、収集の付かないトークについには「外でやって」とw楽しいのですが、ちょっと悪ノリし過ぎのような…大人は大爆笑だけど、子どもたちはついていけているのだろうか?そして、昨年、ゲストに関連してNHKでもないキッズソングでもない歌がかなりの時間流れ、この番組で流す必要があるのか?ということがありましたが、今年も…。去年ほどではなかったですが、明らかに「NHKでもないキッズソングでもない」。放送された時間は、こどもたちはそろそろ寝る時間だったからいいのか…いや…。スタッフの判断基準が今年もわからないままでした。

 今年は、それ以上に問題が。公式サイトが変わって、リアルタイムでプレイリストが更新されない。ツイッターアカウントもあるのに、全くツイートが無い。ずっと聴いていられない人、途中から聴いた人のためにも、これは改善してほしい…。本当に残念です。

 そして、「クインテット」からは、「おんぷのマーチ」の前奏部分がアイキャッチのBGMに。これが2回流れました。「クインテット」からは以上。え、実質1曲だけ…!?去年より減ってるじゃないですか…!!放送が終わった後、とてもかなしかったです…。ますますロス状態…。
 現在Eテレで放送中の番組は、キャラクターからのメッセージと、歌も流れる。ああ、「クインテット」を放送中にこの「キッズソング三昧」をやっていれば…!と強く思いました。

 楽しかったけど、かなしい気分で終わったキッズソング三昧でした…。来年に期待したいです。
by halca-kaukana057 | 2015-05-06 22:11 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー