人気ブログランキング |

2018年 12月 06日 ( 2 )

 昨日書いた仙台行きの本来の目的・メインイベントについて。

 2013年に初演された宮川彬良さん作曲のオペラ「あしたの瞳」。初演後、ラジオミュージカル版がラジオ放送され、それを聴いてドハマり。いつか生のオペラを観たいなぁと思っていました。あれから5年。現在は、アンサンブル・ベガによる室内楽版の、オペラのダイジェストが上演されています。今年は仙台に。このチャンスを逃がすまいと応募、当選しました(チケットを買うのではなく、当選しないと行けない。当選すればご招待してくれるメニコンさん太っ腹!)当選してよかった…!行ってきました。


メニコンスーパーコンサート2018 宮川彬良&アンサンブル・ベガ 特別演奏会 in仙台
◇2015年のオペラ再演のページ:メニコンスーパーコンサート:歌劇「あしたの瞳」

◇ラジオミュージカル版。まだ聴けます!ラジオミュージカル 「あしたの瞳」
 前編・後編に分かれています。それぞれの箇所をクリックすると、再生できます。

【過去関連記事】
「見える」とは何だ? ラジオミュージカル「あしたの瞳」前編
ラジオ・ミュージカル「あしたの瞳」前編 覚え書き
ラジオ・ミュージカル「あしたの瞳」 後編 覚え書き
今の積み重ねの先に「見える」もの ラジオ・ミュージカル「あしたの瞳」全体感想
 ドハマりした結果が、こんな量の考察記事を…。歌われるアリアのタイトルもあるので、参考にどうぞ。
 このラジオミュージカル放送の直後、アンベガ岩手公演に行きました。
宮川彬良&アンサンブル・ベガ @岩手矢巾 覚え書き・前編(第1部)
宮川彬良&アンサンブル・ベガ @岩手矢巾 覚え書き・後編(第2部)
”主張”と”和”の生きている”音楽” 宮川彬良&アンサンブル・ベガ@岩手矢巾 全体感想

 コンサート会場にて。
f0079085_21593781.jpg

 公演パンフレット。
f0079085_21594085.jpg

f0079085_21594340.jpg

ポスター。オペラの部分拡大。

【アンサンブル・ベガ メンバー】
・第1ヴァイオリン:辻井 淳
・第2ヴァイオリン:戸原 直(客演:通常メンバーの日比浩一さんはお休みです。岩手でも聴けなかった日比さん…)
・ヴィオラ:馬渕 昌子
・チェロ:近藤 浩志
・コントラバス:新 眞二(アンベガのリーダーであり、発起人がこの新さん)
・クラリネット:鈴木 豊人
・ファゴット:星野 則雄
・ホルン:池田 重一
・音楽監督・作編曲・ピアノ・指揮・ナレーション:宮川 彬良
・オペラパートのピアノ:宮川 知子(彬良さんのご長女さんです)

・オペラ構成・脚本:響 敏也(通常のアンサンブル・ベガの構成もこの方)

【「あしたの瞳」キャスト】
・田宮常一:安冨 泰一郎(テノール)
・眼球の記憶/アンソニー・サリバン:塚本 伸彦(バリトン)
・花井君代:長谷川 忍(メゾソプラノ)
・シンディー・フェルダー:安藤 るり(ソプラノ)
・坂本義三:滝沢 博(バリトン)
・コロス:趙 知奈(ソプラノ)、市村 由香(メゾソプラノ)、大久保 亮(テノール)、重左 竜二(バリトン)
(ラジオ版や初演とキャストが同じなのは、常一役の安冨さんと、眼球の記憶/サリバン先生役の塚本さんのみ)。


 舞台がまだ暗い中、舞台に出てくるアンベガメンバー。辻井さんがピアノでチューニング。これ、岩手でもそうだった…思い出します。彬良さんが入ってきて、1曲目。

・F.デーレ/宮川彬良:すみれの花咲く部屋
 アンベガのテーマ曲。アンベガといったらこの曲でしょう!!メインはオペラだけど、アンベガの演奏会でもある今回。始まりはこの曲でした。嬉しかった。また聴けたというのも。鈴木さんの朗らかなクラリネット。辻井さんの切れそうで切れない繊細なヴァイオリン。低音の歌はチェロの近藤さん。新さんのコントラバスが支え、星野さんのファゴット、池田さんのホルンが管楽器の味を加える。内声を支える馬淵さんのヴィオラ、戸原さんのヴァイオリン。アンベガだなぁ、とじんわりと感じました。

 演奏の後は、オペラの前に彬良さんのミニトーク。「10分話せと言われまして…」アキラ節も健在。
 オペラ「あしたの瞳」の「Why」と「How」.「あしたの瞳」はこれで5回目の公演。聴いたことがない人がほとんど(ラジオ版聴いてた人はどの位いたんだろう?)。しかもダイジェストなので、所々飛ばします。オペラができた経緯と、ざっくりとしたあらすじを。オペラを作って欲しいと頼んだのは、メニコンの田中英成社長(ここでは名前は書きますが、実際のトークでは触れてなかった)。父のことをオペラにしてほしい、と。そのお父様が、常一のモデルになった、田中恭一会長。日本で初めて、角膜コンタクトレンズ(現在のハードレンズ。当時のコンタクトは眼球全体を覆う強角膜コンタクトレンズが主流だった)を開発、しかも独学で。とはいえ、彬良さんはオペラを書いた経験がない。オペラも、ドロドロとした人間関係、最後に誰かが死ぬようなもの…と思っていた。でも、この題材はコンタクトレンズ開発。産業が主題のオペラ。ならば書いてみよう…様々な苦節があり、2013年に書き上げ、初演。ここまでが「Why」。
 ラジオ版を聴いて、コンタクトレンズ開発史の本を読んで色々と学びました。ここで語られる物語もすごいですが、史実もすごい。

 「How」は、どうやってオペラを作るのか。今回、カットした一場面のセリフを書いたホワイトボードを持ってきて、セリフを読みながら解説します。場面は、「過去を見続けるために」の前、合成樹脂の板を入手して常一のもとに向かっていた君代と、常一が出会うシーン。ラジオ版ではミュージカルなのでセリフは普通に語られますが、こちらはオペラなので歌に乗せます。「ふるさと」に乗せてみる…違う。常一と君代のセリフのテンションの違いに注目し、曲調を変える。さらに、セリフから、登場人物がどんな動きをしているかイメージする。そのイメージに合う音楽を考える。彬良さんのオペラの作曲スタイルは、脚本→芝居、であること。そして、オペラなので音楽も付いてくる。舞台音楽家として活躍している彬良さんらしいやり方です。セリフに音楽を乗せる、歌のような、語りのような…この微妙な「オペラ」というものがどうやってできるのか、わかりやすかったです。

 そして、いよいよオペラ本編。序曲になっていたのが、「なぜ何故なぜ」。アンベガ版の「あしたの瞳」の音楽はどうなるんだろうと思っていましたが、すっと入って来る。元々のオーケストラでの編曲・演奏と違うけれども、「違う」という感じではない。「こっちもいい」。
 カットしたシーンに関しては、指揮をしている彬良さんがナレーションで語ります。さすがにラジオ版と同じく、眼球の記憶役の塚本さんがやるのは無理か…。

f0079085_21594636.jpg

 舞台の上に白い長い看板のようなものがありますが、ここに歌詞の字幕が出ます。最初、何だろうと気になっていた。これで、ラジオ版でわからなかった歌詞もわかる。ありがたい!と思っていたのですが…。
 オペラの音楽・歌は、ラジオ版とは違うものがほとんど。ラジオ版のはフルじゃない、ショートVer.です。ラジオと同じだったのは、「わしはお前だ」ぐらい…。「もうひとつの瞳」もラジオと同じではあるけれども、その前フリが長い。そして上述のとおり、ラジオ版はセリフは普通に語りますが、オペラは全部歌。「あしたの瞳」の物語そのものに変わりはありませんが、ラジオ版とオペラは全くの別物!オペラはオペラとして楽しめました。セリフが歌になっても違和感無い。ラジオ版のセリフの語りも好きだ(特に、19歳常一の爽やかな好青年っぷり。眼球の記憶の深いバリトンも。)

 上で貼った長々とした考察記事…。ラジオ版の時は、物語やセリフに注目して聴いていました。それを読解する。ラジオ版とオペラの歌詞の違いもチェックはする。しかし、オペラは歌手の皆さんの歌に魅了され、圧倒されっぱなしでした。歌の迫力がすごい。私も声楽を趣味でやっていますが、その時に思っていたのが、どうやったら、マイクなしに自分の声だけで、広いホールに響かせられるんだろう?ということ。その初心を思い出しました。レッスンで声楽での発声、声の響かせ方を学んで、歌っていますが、何をどうしたらこんな響く声が出てくるんだろう、と。しかも、ずっと歌ってばっかり。演技もするし、激しく動くこともあるし、踊ることもある。それでも発声は崩れない。すごいなぁ、プロはすごいなぁと思っていました。

 終戦の頃を思い出していた現代の常一と坂本。坂本が去った後、登場するのが、常一の視覚の記憶が実体化した「眼球の記憶」という謎の存在。眼球の記憶のインパクトがすごかった。舞台のあっちこっちから登場してくる。登場の際のアリア「わしはお前だ」コミカルで楽しい。コロスは眼球の記憶の子分みたいな存在だった。最初は無視しようとする常一が、最後にはノリノリだったのは笑えたwこのオペラはコミカルなシーンが多いです。オペラそのものが初めて、という人も親しみやすいと思います。

 眼球の記憶が常一の見たものの記憶そのものだというのを証明するために、終戦直後の常一の記憶を見せる眼球の記憶。「何を見たか」(「焼け跡タンゴ」に続くシーン)で、コロスのソプラノ・趙さんのソロがすごかった。「何を見たか」の箇所は、オペラだとどう表現するんだろう…と思っていましたが、なるほど、という演出でした。ひと段落した後で、ここで、常一のあの一言…「目玉幽霊」出てきましたw待ってましたw

 眼球の記憶が常一の見たものの記憶そのものだと判明し、常一が成し遂げたことをたどる過去の旅へ。軍需工場での坂本さんとのシーンは割愛。一気に、常一の運命が動き出す瞬間へ。メガネ店で働く19歳の常一。シンディー登場。インパクト強いです…。シンディーの変な日本語英語(英語日本語?)も、字幕があると楽しめます。前半の山場、常一のアリア「もうひとつの瞳」、熱演でした。アンベガの演奏も常一の心情に寄り添い、熱い。ラジオ版でも一番好きなアリアなのですが、生はもっと迫るものがあった。これがライヴだ。この「もうひとつの瞳」の前、コンタクトレンズを見たかったけど見られなかった常一の葛藤「俺は、見たいのだ」ラジオ版だと結構短かったが、オペラは長かった。ただ、ラジオ版での「見られないなら、つくればいい」。このセリフが大好きなのですが、カット?元々からなかった?ありませんでした…ここは残念だった…。

宮川彬良/歌劇「あしたの瞳」より”もうひとつの瞳”(室内楽版)
 2016年の神戸公演での、「もうひとつの瞳」。生は歌も演奏ももっと熱かったよ!

 ここから、君代が登場。元々はソプラノなのですが、アンベガ版ではメゾソプラノに。どうなるんだろう?と思っていましたが、長谷川さん、ソプラノ音域もきれいでした。本当にメゾなんですかと思ってしまった。ソプラノ寄りのメゾなのか、プロならソプラノ音域も出せるのがメゾなのか…。本当、プロはすごいよ…。「過去を見続けるために」で戦争で使われたものでコンタクトレンズを作ることへの葛藤から、それでいいんだと答えを出す。この箇所は特に好きな箇所です。その後序曲にもなっていた「なぜ何故なぜ」。常一と君代の恋の二重唱です。ラジオ版とオペラでは、眼球の記憶の反応が違います。演出を変えたのか、元からこうなのか。オペラの反応も好きだ。

 そして完成したコンタクトレンズ。そこへシンディーが連れてきたのが、アメリカから来た医師のサリバン。塚本さんの2役、見事です。そのサリバンに対抗する常一。サリバンは銃を構え、常一は刀を構えるような演出がよかった。話にならないと去ろうとするサリバンを、「待て!」と引き留める常一の仕草が歌舞伎風だったのも。常一のコンタクトレンズの実力を試す「自転車ソング」。後半の山場です。ラジオ版よりも速い!自転車を全力でこぎながら歌う常一役の安冨さん、息切れも全くなく、力強く歌う。プロの実力を見せ付けられました…。ポスターにもなっているシーンですが、とてもいいシーンです。

 ラジオ版では、眼球の記憶の語りのバックでコロスのコーラスがあったのですが、「闇と光」、ようやく歌詞がわかりました!!いいコーラスです。でも、ラジオ版では途中までなので、全部覚えきれなかった。でも、全体的にそうなのですが、歌詞の詳細よりも、歌、音楽そのものを楽しんでいました。あの歌声を目の前にして、圧倒されて、惹き込まれて…思う存分楽しんだという気持ちです。
 最後は華々しくフィナーレ。この希望に満ちたフィナーレも好きです。

 カーテンコール。大拍手でした。脚本の響さんも登場。そして、彬良さんから、客席にモデルの田中恭一会長と奥様がいらしている、と。ご本人!ここでも大拍手でした。

 歌に完全に惹き込まれて、アンベガ版の演奏を注意して聴けなかったのが残念というか何というか…。違和感がなかった、自然にすっと入ってきたから、それでいいのかもしれない。今度、もしアンベガの演奏会に行く機会があれば、今度こそ日比さんも一緒のフルメンバーで聴きたいです。
 ラジオ版にはなかった歌もあり、これがオペラかと思いましたが、ラジオ版からカットされたアリアも何曲か…。ダイジェストだから仕方ないんだよなぁ…。こうなったら、オペラをフルで観たいよなぁ…。見たい、観たいです。
 あの考察ができたのは、ラジオ版だからだったかもしれない。ラジオ版は何度でも聴けますし。オペラだと、本当に生の歌、音楽に心から魅了されました。その時、その瞬間だけの音楽。音楽は時間と共にある。時間が流れれば、音楽も流れる。生の音楽は引き留めておけない。引き留めたかったけど、ライヴの勢いにいい意味でのまれました。ラジオ版でこのシーンはこんな感じかなとイメージしていたのですが、いい意味で覆されました。イメージ以上です。(ラジオ版はラジオ版、オペラはオペラで別バージョンのように捉えてはいます。)

 私が見たかったものはこれだったんだ、と思ったコンサートでした。改めて、このオペラが好きだ、出会えてよかったと思っています。ホールを出た後も、オペラの歌が頭の中をぐるぐる。普通の言葉も、オペラのように音楽に乗せて歌いたいと思ってしまったくらい。
 今後の私の声楽へのモチベーションにもなりました。年に1度の発表会でも、普段のレッスンや練習でも、目指したい声・発声・歌を聴けました。地道に、コンコーネ50番練習曲他、がんばります。
 最後に、ありがとうございます!

 おまけ。パンフレット一式の中に入ってたお土産。
f0079085_21594992.jpg

 目にいいというコーヒー。まだ飲んでいません。PC作業の休憩にいいかも。よく見たら、このコーヒーはメニコンの子会社が作っているということ。こういうものもあるんだ。

 思い出したら、また追記します。

おふぃすベガ:メニコンスーパーコンサート2018 宮川彬良&アンサンブル・ベガ特別演奏会 宮川彬良/歌劇「あしたの瞳」~もうひとつの未来 SPECIALダイジェスト
 アンサンブル・ベガ事務局のおふぃすベガさんによる、公演レポート。公演の写真、ツイッターのまとめ(モーメント)もあります(モーメントはツイッターアカウントがなくても見られます。)

【追記】
 先述、リンクを貼ったラジオ版を改めて聴いて、過去の考察記事を読み直してみて気づいたことがあります。ラジオ版は、常一のコンタクトレンズ開発の物語に、「見るとは何か、見えるとはどういうことか」という問いをテーマにしている。「見る」のは、視覚だけに限ったことなのか。「見ている」ようで、「見ていない」「見えていない」こともあるんじゃないか。「見えない」ものを「見る」にはどうしたらいいんだろうか。そんな哲学的なテーマが物語のあちらこちらに散りばめられ、「光と闇」「フィナーレ」で、開かれた答えを出します。
 が、オペラダイジェスト版では、あちらこちらカットしてしまったため、コンタクトレンズ開発の物語がメイン。「焼け跡タンゴ」に続く「何を見たか」、「過去を見続けるために」、「光と闇」あたりで、「見るとは何か」というテーマも出てきますが、そこまで追求していない。「フィナーレ」も、コンタクトレンズを見事開発して、サリバン先生にも認められて、大円団…という感じになってしまった。この物語は観ている側にも通じるもの、というメッセージが薄れてしまったように感じます。3時間のオペラをあっちこっち削って75分、仕方ないか…。ラジオ版は、眼球の記憶の語りが重要なポイントになってくるのですが、それもかなりカットされていましたから。なぜ、どうやって、このタイミングで眼球の記憶が常一の元にやってきて、過去へ遡る旅をすることになったのか。その理由がカットされたのは残念。
 でも、歌はオペラの方がフルなのだから、ある程度は伝えられるのではないかと思います。というか、歌の歌詞がオペラとラジオ版では違うところがちらほらあったような…?
 こうなると、やっぱりオペラのフルバージョンを観たいです。これが完全版、というのを観たいです。

by halca-kaukana057 | 2018-12-06 23:53 | 音楽

Hyvää itsenäisyyspäivää!

 今日は何の日。フィンランド独立記念日です。
f0079085_21222154.jpg

Hyvää itsenäisyyspäivää! 独立記念日おめでとうございます!!

 いつも聴いているフィンランド国営放送・YLEのクラシック専門ラジオ・YLE Klassinenはフィンランドの作曲家特集。指揮、オーケストラ、演奏家もフィンランド人ばかり。さすが…。フィンランド国歌も流れます。そのフィンランド国歌の、メロディー違いのものも流れていました。歌詞は同じなのに、メロディーは国歌と定められているものと違う。なんだったんだあれは…後で調べよう。
YLE:YLE Klassinen
 明後日、12月8日はシベリウスの誕生日で、フィンランドは「音楽の日」。やっぱりフィンランドの作曲家特集をします。

 聴いていて、気に入った曲。オスカル・メリカントの「ロマンス」op.12。ラジオではハープ版が流れていました。
Merikanto - Romanze, Op. 12 (Romanssi)
 こちらはピアノ版。冒頭のメロディーが「赤とんぼ」に似ているという…。フィンランド作曲家のピアノ曲と言えば舘野泉さんですが、そういえばCD持っていなかったっけ…持ってました。
夏至の夜にメリカント
 この記事で取り上げたCDに入ってました。改めて聴いて、いい曲です。

 フィンランドは今年で独立101年。昨年100年で、新たな100年へ。

物語 フィンランドの歴史 北欧先進国「バルト海の乙女」の800年
マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議
マッティ、旅に出る。 やっぱり今日も憂鬱 FINNISH NIGHTMARES 2
フィンランドの幸せメソッド SISU(シス)

 比較的最近書いた、フィンランド関連本記事。どれも、フィンランドの歴史や文化、ライフスタイル、国民性を感じられます。
by halca-kaukana057 | 2018-12-06 21:38 | フィンランド・Suomi/北欧

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー