カテゴリ:旅・お出かけ( 25 )

シャガールのイマジネーション 「シャガール 三次元の世界」展

 記事に書くのは約1年ぶりの、青森県立美術館です。その後も行っていたのですが、記事は書かず…。ものすごく遅くなったけど、後で書こうかな…。

 今回行ってきたのは、「シャガール 三次元の世界」展。青森県立美術館の目玉展示と言えば、シャガールの「アレコ」背景画。普段は1,2,4幕ですが、2021年までは3幕もあり、全4幕揃っています。圧巻です。そのシャガールのことを、実はあまりよく知らない。ということで、行ってきました。

青森県立美術館:「シャガール - 三次元の世界」展 Marc Chagall: The Third Dimension

f0079085_22174019.jpg

f0079085_22174099.jpg

いつもの真っ白な建物がお出迎え。

f0079085_22174061.jpg


 シャガールの絵は、とても不思議だ。人物がふわふわ浮いていて、その人物の描き方もふんわりとしている。今回の展覧会は、「三次元の世界」。絵画だけでなく、彫刻や陶器などの立体作品も数多く展示しています。シャガールって、立体作品も多く手がけていたんだ。

 この立体作品が面白かった。陶器は、ユーモラスで可愛らしい。色をつけていないものもあるし、色をつけているものは、とてもカラフル。陶器の後ろの側にも絵が描かれていて、それがまた可愛い。彫刻は、聖書をモチーフにしたものが多い。ユダヤ人の家に生まれ、第一次大戦後の反ユダヤの流れに巻き込まれてゆくシャガール。迫害をおそれ、アメリカに亡命。その背景が、聖書に通じるのだろうか。美術も、音楽も、西洋文化を理解するのは聖書は基礎なんだなと実感しました。なかなか馴染めないところもあり、すんなりと受け入れられず…と言っていられないのだな、と。その彫刻は、大理石や石灰岩だけでなく、特定の場所から採れた石を使っているものも多いです。その質感が、古代ギリシアやローマの遺跡のように見えます。しかも、聖書がモチーフだから尚更。シャガールの、これまでとは違った一面を観ました。

 そんな立体作品を観ると、不思議な絵画も、わかる、と感じました。立体を、二次元で表現しようとしたんだ。シャガールにとっては、二次元でも三次元、もしくは四次元だったんだ、と。そのイマジネーションに驚きました。一体どうすれば、こんなイメージを思いつくのだろう。次から次へと表現したいイメージがあって、それを形にできる。思い浮かんだイメージを、ないものとするのではなく、形にして、現実に見せることができる。これってすごいなと思いました。

 シャガールの作品には、鶏やロバ、魚など、動物もよく出てきます。陶器の後ろや、絵画の横のほうに描いてある。それが可愛い。「アレコ」背景画でも、動物が描かれていますね。

 展覧会の期間中、一日に4回、「アレコ」背景画の特別鑑賞プログラムがありました。照明、音楽、ナレーションで、バレエ「アレコ」のあらすじをたどり、背景画の見どころを紹介します。照明の当て方ひとつで、いつも観ているはずの「アレコ」背景画が違って見える。どこに注目すればいいかがわかる。バレエ「アレコ」で使われた、チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50「偉大なる芸術家の思い出に」が流れる。どんなバレエだったのかな…と思います。

 バレエについては、展覧会で、初演の際の映像を上映しています。モノクロの映像ですが、いきいきとした物語は感じられました。上演されないかなぁ、観てみたいです。

 今回は、常設展も観てきました。常設展でも、一体どうしたらこんなイメージが思いつくのだろう、そのイメージを形に出来るのだろう…と考えていました。成田亨の「ウルトラマン」の怪獣たちや、棟方志功の作品など。不思議です。

f0079085_22174010.jpg

 奈良美智「あおもり犬」。この日も大人気でした。

f0079085_22174085.jpg

 青森は桜の季節でした。美術館の周りに桜が植えてあります。花と白い建物。合います。

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-04-30 23:00 | 旅・お出かけ

仙台駅で風景印

 日曜、仙台に行ってきました。コンサートに行ってきました。その記事は次の記事でじっくり書きたいと思います。

 仙台駅や駅ビルのエスパルをぶらぶらと歩いていたら、仙台駅内郵便局にたどり着きました。日曜日だけど開いている。ここ、風景印ある?調べてみたらある。念のため、局員さんに今日も風景印の押印はできますか?と聞いてみたら、やっているとのこと。よし、風景印を押印してもらおう!切手などを購入して、いつもの特印、風景印用の台紙を手帳に挟んでおいているので(こんなこともあろうかと!)それに切手を貼って、押印してもらいました。

f0079085_22031765.jpg

切手は「和の文様シリーズ」第4集。買っていなかったので。
風景印の図案は、仙台駅とケヤキ並木。仙台のケヤキ並木はきれいですね。

狙っていたわけではないのに(日曜日だから大きな郵便局以外は閉まっているだろうから、風景印は諦めていました)思わぬ幸運でゲットできました。郵便局を見つけたのも本当に偶然。嬉しいです。いいお土産になりました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-03-05 22:06 | 旅・お出かけ

西洋文化に触れた驚き 「遥かなるルネサンス」展

 あちこち出かけているのですが、その記事を書かず…。印象に残ったことを記録しようと思います。

 先日、行ってきたのは、青森県立美術館。このブログでも時々登場する、お気に入りの美術館です。現在開催中の特別展「遥かなるルネサンス展」に行ってきました。

青森県立美術館:遥かなるルネサンス展

 時は信長や秀吉の時代。各地のキリシタン大名のもとで暮らしていた4人のキリシタンの少年たち。1582年、宣教師ヴァリニャーノは、日本人自身の中から、ヨーロッパ文明の語り部となる人物を育成する必要があると考え、その4人の少年たちをイタリアに送り出しました。「天正遣欧少年使節」です。ようやく着いたイタリアで、少年たちが出会った人々、見たであろう風景を、絵画や様々な美術品で辿ります。


f0079085_22153050.jpg

f0079085_22155094.jpg

ああこの建築たまりませんねぇ。
f0079085_22155730.jpg

目玉の「ビア・デ・メディチの肖像」と「伊東マンショの肖像」がでかでかと。「ビア~」は日本初公開、「伊東マンショ~」は長らく行方不明でしたが、2014年に発見された作品。今回もすごいのが来ましたね。

 今、現代、旅行に行って、旅の記録はデジカメや携帯のカメラで簡単に撮影できます。しかし、この時代は絵を描くしかない。日本の芸術とは全く異なる西洋の芸術。南蛮文化は少しは入ってきただろうけど、実際に西洋に行って、その風景や文化、現地の人々に会い話をするのは想像以上のものだったろう。本場の西洋文化、キリスト教のことを学んで、日本に帰ったらそれを伝えるという使命を持ちつつも、初めて触れる西洋文化に、4人の少年たちは何を思っただろう。現代でも、テレビや本、ネットなどで、簡単に海外情報を手に入れることはできるけど、実際に行って観るのとでは違う(海外に行ったことないですが(涙)。それが、この時代だったらどうだろうか…。そんなことを思いながら展覧会を観ました。

 美術品の他に、手紙も展示されています。少年たちが書き残した日本語と、外国語(ラテン語かな?)の手紙も。外国語だって、今でも学ぶのは大変なのに、辞書も少なかっただろうし、勉強は大変だったろう。それでも、手紙はとても達筆で…そんなところからも、この旅路の厳しさを思い知ります。

 当時、イタリアでは、メディチ家が勢力を振るっていました。「ビア~」に描かれている少女・ビアもメディチ家の人。小さいうちに亡くなってしまったそう…。このあたりは、世界史を思い出しながら、でも思い出せずに何だったっけ…と思いながら観ていました。勉強になります。キリスト教に関係するものだけではなく、ギリシア・ローマ神話に関係するものも。このあたりは、星座の神話でもお馴染みなので、興味深く観ました。

 異文化に触れ、異文化を理解するということ。その意味の深さを考えました。
 8年もの長旅の後、少年たちは旅で見たものを、日本の人々に伝えます。そして、キリスト教をさらに学ぶのですが…キリシタン弾圧が強まり、殉教した者、教会から離れその後の足取りがわからなくなった者も。この最後に、旅の厳しさと、この時代の厳しさを感じました。

 久々の大型の展覧会でしたが、いい展覧会でした。

 お土産で、これが気に入りました。
f0079085_22485904.jpg

f0079085_22490450.jpg

少年たちが訪れたフィレンツェの、トスカーナ大公の工房で作られた、テーブルの天板。とても豪華なモザイクです。それをマスキングテープにしました。ノートに貼ってみましたが、雰囲気が変わります。

青森県立美術館:シャガール「アレコ」全4作品完全展示
 青森県立美術館と言えば、シャガール「アレコ」背景画。4幕のうち、1,2,4幕は青森にあります。3幕を保管しているアメリカのフィラデルフィア美術館が長期の改修工事に入ったため、残りの3幕も借用中。2021年までと、まだまだ観られます。「アレコ」背景画は、青森県立美術館が開館した際、全4幕を揃えて展示していました。その迫力に圧倒されたのですが、再び、全4幕を観られて、やっぱり圧倒されました。「アレコ」のドラマティックで悲劇のラストの物語を思いながら、全4幕をひとつずつ追って観られるのは素晴らしいです。まだ観たことのない方は是非とも。

 青森県立美術館は、少し前に「ぼのぼの」展をやっていて、それも観に行きました。普通の特別展とは違う形です。「ぼのぼの」の漫画やアニメは大好きなので、観ていてとても楽しかったです。いがらしみきお先生の「ぼのぼの」を描くメイキング動画もよかった。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2017-09-03 23:01 | 旅・お出かけ

東京風景印めぐり 東京駅周辺編

 前回の記事の続きです。風景印をめぐる冒険、場所を移しまして東京駅周辺の郵便局をまわります。
・前回の記事:東京風景印めぐり 渋谷編
・参照記事:旅に出てました 渋谷NHK編

 東京駅に着いて、まず向かったのが、八重洲地下街局。今まで東京駅に何度も来たけど、郵便局があったんだ。東京駅と繋がっているはず。ということで、八重洲方面に向かい、探すが…ない。わからない。こういう時は駅員さんに訊いてみよう。そしたら…
「無くなりましたよ。東京中央郵便局が新しくなったから」

 ええええええ!!?そんなバカな!!!公式の郵便局検索でもちゃんと出てきますよ!?
日本郵政:八重洲地下街郵便局

 さてどうしようか…。この時お昼は既に過ぎて、お腹も空いていた。疲れてきたのでひと休みしたい。駅ナカの飲食店はどこも混んでいる。八重洲地下街局のことも、郵便局のことは郵便局で訊くのが一番いいかもしれない。次に行く予定の日本橋南局で訊いてみよう。その前に、お昼にしよう。ということで、駅の外に出て、お昼にしました。駅から出て、日本橋方面へ歩いている間、NHKBSプレミアム「世界ふれあい街歩き」をしているような気分に。観光客もいるし、お仕事中の人もいる。お店も様々なお店がある。八重洲口方面にはあまり来たことがなかったので新鮮でした。見知らぬ街を歩くのは、ワクワクします。

 お昼を食べ、休憩して、元気充電。では、日本橋南局を目指します。日本橋タカシマヤが目印。日本橋のデパートは、万年筆売り場が充実しているんだよなぁ…と思いつつ。日本橋南局到着。新しい、広い郵便局でした。

 中に入ると、フロアにご当地フォルムカードやオリジナルポストカードがたくさん。これは!!!知らず知らずのうちに、手が伸びていました…。東京の郵便局はこんなグッズも充実しているのか…。素晴らしい。
f0079085_2142482.jpg

 日本橋南局の風景印。日本橋が図案です。背景にあるのはオリジナルポストカード。
f0079085_21433148.jpg

 これも。シンプルなデザインが可愛い。
 さて、問題の八重洲地下街局について、局員さんに尋ねてみました。八重洲地下街局はあります!!無くなってなんていませんでした。局員さんが詳しく、丁寧に行き方を教えてくださいました。ご親切にありがとうございます。

 でも、次に目指すのは日本橋局。この日発行の「正倉院の宝物シリーズ」切手の特印も貰うのです。日本橋方面を初めて歩きました。地図で見た時は大した距離じゃない。すぐ着く。こんなすぐ近くに郵便局がいくつもあるの?と思っていたのですが、実際歩いてみると、意外と遠い。実際に歩かないとわからないこと、たくさんあるなぁ。

 日本橋局は、1階に集配所(?)があり、郵便局窓口は2階にあります。まず2階へ。風景印と特印の手押し印を貰いました。次に、1階の押印機特設会場で機械印を貰います。押印機を見るのは初めてです。集配所の片隅にひっそりとありました。押す位置を確認して、機械でガチャン。写真を撮れなかったのが残念。これが押印機か…とまじまじと見つめていました。

 まず、日本橋局風景印。
f0079085_21564758.jpg

 前島密(まえじま・ひそか)の銅像と日本橋が図案です。前島密氏は日本の近代郵便制度創設者の一人で「郵便制度の父」と呼ばれている方。「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めたのもこの人。へぇ。
f0079085_2213476.jpg

 日本橋局には、「郵便発祥の地」とありました。便利な郵便は、ここから始まったのか。

 次に、正倉院の宝物特印。
日本郵便:特殊切手「正倉院の宝物シリーズ 第1集」の発行
f0079085_2231620.jpg

 左が押印機。右が手押し印。押印機は普段だと郵頼しないと入手できないので、自分で行って貰って来られたのが嬉しいです。正倉院切手は、切手そのものもきれいです。

 ここで、重要なことに気がついた。この時の時刻、4時過ぎ。郵便局の窓口受付は通常5時まで。駅に戻って、あの八重洲地下街局を探さねば!!早足で東京駅方面へ戻ります。

 東京駅の前にある、八重洲地下街へ入る階段を下りて、八重洲地下街へ。ここは今まで来たことが無かった。教えられた通りに進むと…ありました!!八重洲地下街局!新しい、きれいな郵便局でした。
f0079085_2291615.jpg

 東京駅と、新幹線と、この不思議な顔の像は何だ?調べたら、「ヤン・ヨーステン像」。オランダの航海士、ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンスタインのことで、江戸時代、日本にやってきた。八重洲の地名は彼の名前から来ている、という説も。へぇ。なるほど。

 さて、時間が無いぞ。東京駅を通り抜け、丸の内方面へ。丸の内南口そばの東京中央局(KITTE)に。ここにも、オリジナル郵便局グッズがたくさんあり、また思わず手が…w
f0079085_22151252.jpg

 ミニクリアファイル付きのポストカードセット、マスキングテープをお土産に。可愛い。いいなぁ、東京の郵便局は充実してて…。
f0079085_22161426.jpg

 東京中央局風景印。丸の内駅舎と、KITTEの建物が図案です。風景印を頼んだら、ミニフォルムカードをいただきました。非売品です。ありがとうございます!

 ここで、5時。窓口終了の時間。限られた時間でしたが、結構まわれました。こんなに風景印を集められたのも初めて。各局の局員の皆さん、親切に対応してくださってありがとうございます。
 …今気付いたのだが、東京中央局の窓口は夜9時まで…?あれ…。千代田丸ノ内局にも行きたかったのだが、先にそっちに行って、東京中央局はあとでもよかった…?まぁいいか。また次の機会に。
 それに、自由行動時間もこのあたりまでだったので、これでよしとします。十分だよ!

 オマケ。この後、ディズニーランドへ行きました。夜のシンデレラ城のショーがきれいでした。ディズニーランド内のポストに投函すると、オリジナルスタンプ(風景印、つまり消印ではない)が押されて届く、という話を聞いたので、やってみました。
f0079085_22243729.jpg

 えっ…何故こんなところに押されてるの…?見た瞬間、喜びよりも驚きが大きかった。切手のそばに押されると思って、切手のそばを空けておいたのですが、スタンプが大きくて押せなかったのかな…?きれいなスタンプを欲しかったのですが…残念です。ディズニーなんて滅多に行かないのに…(中学の修学旅行以来

 オマケがちょっと後味の悪い終わりになってしまいました。が、風景印めぐりそのものはとても楽しかったです。また旅先でやりたいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-24 22:33 | 旅・お出かけ

東京風景印めぐり 渋谷編

 週末、東京に行ってきました。
・参照記事:旅に出てました 渋谷NHK編

 土日は所用。金曜は自由行動時間。
 この日、「正倉院の宝物シリーズ」切手の発行日でした。
日本郵便:特殊切手「正倉院の宝物シリーズ 第1集」の発行
 いつもなら、いつも行く郵便局に行って購入して、特印を貰って…なのですが、地元にいない。東京にいる。いや、東京にいても郵便局に行けば買えるし、特印はいつもの手押し印だけでなく、押印機もあるぞ!!それならば、この正倉院切手の特印を2種類もらうのに合わせて、東京風景印めぐりをしよう!!郵便局が開いている平日だからこそできることをやってみよう!

 というわけで、風景印めぐりの冒険にでることにしました。出発前、行く郵便局を決めて、地図をプリントアウトして(スマートフォンでも確認出来るけど、さっと出せる紙・アナログの方が私はわかりやすい)、距離や時間を計算して…。そして台紙も用意。準備万端で出発しました。

 新幹線で東京に着いて、まず向かったのが渋谷。渋谷神南局と、NHK放送センター内局を目指します。ついでに、NHKスタジオパークも見学しよう。NHKスタジオパークでのことは、上記記事に書きました。

 渋谷駅、ハチ公口を出て、スクランブル交差点を渡り、坂を登ります…渋谷の坂はきつい…。神南局は、小ぢんまりとした郵便局でした。
 中に入ると、混んでいる。さすが渋谷。まず、切手が無いので切手を買うために並び、その後台紙に切手を貼ってまた並び…結構時間がかかりました。混雑している中、風景印は時間がかかるかなぁ…と思ったのですが、引き返すわけにも行かない。今度いつ来られるかもわからない。黙って並びます。
 待って、貰えました。
f0079085_21295079.jpg

 ハチ公像に、代々木体育館が図案になっています。ハチ公が可愛い!

 神南局を出て、更に坂を登り、NHKへ。NHKスタジオパークを見学後、放送センター内局へ。放送センター南側の、渋谷税務署に面した道を歩いていくと、NHKへの入り口があり、その横に郵便局がありました。ここも小さな郵便局です。
f0079085_2135435.jpg

 代々木体育館にNHK放送センター。スタジオパーク内のガシャポンで出てきたどーもくんピンバッヂも一緒に。
 切手は、NHKのキャラクターものとかがあればよかったんだけどなぁ。何も無かった。

 歩くのに疲れたので、渋谷駅へはNHKから出ているバスで戻ります。再び山手線に乗って東京駅へ(NHK教育「クインテット」の「鉄道唱歌山手線」を心の中で歌いながら、駅を確認。山手線に乗るとついつい出てきてしまいます。いや、これで山手線の駅名と順番を覚えられた…偉大です)。正倉院の宝物切手の特印がある日本橋局をメインに、東京駅周辺の郵便局をめぐります。

 次回に続く!

 郵便局の画像を撮っておけばよかったなぁ…(今気付いた
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-22 21:42 | 旅・お出かけ

旅に出てました 渋谷NHK編

 前回のエントリ以後、おとなしくしていた遼です。というのも、所用で東京に行っていました。1日目は半日自由行動、2日目は今回の上京の本題。そして今日帰ってきました。3日間、お天気にも恵まれ、楽しい旅になりました。

f0079085_2054173.jpg

 いつ観てもこの丸の内駅舎はきれいですね。気に入っています。東京に来たら、これを見ないと気が済まないw

 その自由行動の間に、やってみたいと思っていたことをやって来ました。ちょっとした冒険です。ツイッターには少し書いているのですが、後日書こうと思います。

 その途中で立ち寄った…いや、ちゃんと目的があって行ったNHK渋谷放送センター・NHKスタジオパーク。
f0079085_2132668.jpg

 渋谷の坂を登り、来ましたよ。奥にNHKホールが。2月に上京した時、行きたかったところですよ!!尾高忠明さん指揮のオール・シベリウス・プログラムを聴きに来たかったNHKホールですよ!まさかの大雪に阻まれてたどり着けなかったのですよ…(涙)しかも、雪には慣れている雪国人なのに…←まだ言ってる

・その時の記事:大雪の東京へ
 でも、渋谷の坂を登っていて、いくら雪に慣れていてもこの坂を歩くのは危険だなと感じました。あの夜の雪は吹雪くように降っていましたし、ビル風も怖い。

 NHKの入り口にあった、NHK放送60年の歩みという大きなパネル。
f0079085_21201598.jpg

 「クインテット」があるのを見つけて、大喜びで撮影しました!ちゃんとあるよ、歴史に残ってますよ「クインテット」!!
 その上には「リトル・チャロ」。隣のストレッチマンの存在感が半端無いw
 ちなみに、この画像のフラットさんをよく見てください。口ばかりで、顔があまり写ってない…wさすがのフラットさん。こんなところでも、いつものフラットさんですw「どうして!?どうして私だけこんな写りなの!!?」なんて言ってそうです…w


 スタジオパーク内では、連続テレビ小説「マッサン」展もやってました。はい、観てます。エリーがけなげで可愛い。でも、覚悟を決めて家族と別れ祖国・スコットランドを離れ日本にやってきた。その強さにも魅入ってしまいます。政春の国産初のウィスキーにかける情熱もいい。そしていつもラブラブなこの2人…もう可愛いよ!w
 1話冒頭で出てきたウィスキーのボトルや、エリーとの結婚を許さない早苗さん(泉ピン子)からの手紙、さらに、エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさん用の台本が展示されていました。日本語、英語とローマ字で書かれた台本に、たくさんの書き込みがありました。フォックスさんの努力が伺えます。エリーと同じく、けなげで頑張り屋さんなんですね。これからドラマを観るのがますます楽しみになりました。
f0079085_21321042.jpg

 番組ポスターデザインのポストカードももらえました。このポストカードは、スタジオパークだけでなく、全国各地のNHKにも置いてありますよ。

f0079085_21331277.jpg

 このNHK時計…いいですよね。見学コース内の、自販機がある休憩コーナーにありました。

f0079085_21363046.jpg

 どーもくん。朝のニュースのお天気コーナーで見かけます。

 ということで、前振り的な記事でした。

 日曜恒例、人形劇「シャーロックホームズ」第2話の感想記事も、明日以降書きます(もう第2話は書きたいことがたくさんで…!!後で、ちゃんと落ち着いてから書きたい)。ツイッターには載せてますが、このNHKで素敵なものを見つけてきました。

 以上、疲れているので寝ます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-10-19 21:49 | 旅・お出かけ

雪降る街、ムーミンたちとお茶をしよう

 旅の思い出の続きです。1日目、スカイツリーにのぼるつもりも大雪でのぼれず。ソラマチでお買い物などしていました。そして私も友人たちも行きたかったところへ。「ムーミンハウスカフェ」。ソラマチの1階にある、「ムーミン」のカフェです。

◇公式サイト:ムーミンカフェ

 ムーミングッズなどの販売もしていますが、カフェは1時間以上待ちでした。人気あるんだなぁ。

 ようやく中へ。
f0079085_15203037.jpg

f0079085_15203696.jpg

 内装。ムーミンのキャラクターのぬいぐるみがあちらこちらにありました。可愛い。そして、2枚目、フィンランド国旗も。おおう、テンション上がる。

f0079085_15213044.jpg

 メニューの一部。ムーミンのふるさと、フィンランドはコーヒー消費量世界一のコーヒー大国。そんなフィンランドでコーヒーを飲む時の豆知識も書いてありました。フィンランド語で。おおう!ムーミンのキャラクターだけかと思ったら、結構フィンランド色強い。メニューには、このブログでも書いたフィンランドのホットワイン「Glögi(グロギ、グロッギ)」もありました。しかも、アルコール入りとアルコール無し両方。更に更に、以前一度だけ入手して飲んだ、フィンランドの白スグリのスパークリングワイン「ELYSÉE No,1」(エリゼ)もありました。凄い。たまらん。飲みたいと思いましたが、アルコールは昼間なのでやめました。

 頼んだのがこれ。
f0079085_15263915.jpg

 ミルクたっぷりのラテ。ムーミンのキャラクターを描いてくれます。ムーミン、ミィ、スナフキン、ニョロニョロから選べます。飲むのにかき混ぜるのがもったいなかったです…。
 他にも、ムーミンの形のパンケーキなどもあります。
f0079085_1529712.jpg

 スプーンやフォークにもムーミンのキャラクターが。ムーミンママとスノークのおじょうさん(アニメではフローレン)

f0079085_15291162.jpg

 荷物を入れるバスケットに、「Kiitos!」(フィンランド語で「ありがとう」の意)と!見逃しませんでした!こちらこそKiitosです!

f0079085_15312015.jpg

f0079085_15312284.jpg

 お土産は、フィンランドから輸入したポストカード、ムーミンのスプーン。飲み物を注文するともらえるコースター。スニフでした。

 現在も販売中の「MOOMIN'S SOUP サーモンミルクスープ」は、このムーミンカフェの監修。店内でも販売していました。

 外は雪。「ムーミン谷の冬」で、冬眠の途中で目がさめてしまったムーミンを思い出します。雪の日にムーミンカフェでフィンランド気分もいいものです。

 …これでN響のシベリウスにも行けたら完璧だったのに…(まだ言っている

【過去関連記事】
・「ELYSÉE No,1」(エリゼ)について:Hyvää joulua! Suomalainen joulu
フィンランドのホットワイン「Glögi」を作ってみた
↑ムーミンカフェのレシピとは異なります

ムーミン・フィンランドサーモンミルクスープを食べてみた
 全国のコンビニ、スーパーで販売中です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-02-14 21:20 | 旅・お出かけ

2つの表情のスカイツリー

 大雪の中の東京旅行その2です。
・その1:大雪の東京へ

 今回、行く予定でいたスカイツリー。しかし、この大雪。350m展望台へはのぼることが出来ませんでした。残念。
 それでも、雪の中のスカイツリーは、なかなか珍しい、見事でした。
f0079085_22164798.jpg

 タワーの足元。この構造が、スカイツリーを支えているのか。
f0079085_22165361.jpg

f0079085_22165095.jpg

 タワーのてっぺんが見えません…。
f0079085_22165976.jpg

 ビルから見た東京の街。真っ白。
 のぼれないので、ソラマチでお土産をみたり、ムーミンカフェに行ったり。ムーミンカフェについては別記事で書きます。雪の中のムーミンカフェ…ムーミンのふるさと・フィンランドらしくていいじゃないか。
(今回の旅は、フィンランド成分が多め?意図したわけではなかったのですが)

 念のため確認に行ったら、翌日に振り替えられるとのこと。よかった。ということで翌日、再びスカイツリーへ。この日は晴れました。
f0079085_2222717.jpg

 おお!これがスカイツリー!!トラス構造が美しい。こんな高いものを、よく造ったなぁ。技術に惚れ惚れします。

 では、350m展望台へのぼります。エレベーターを降りて、目に入ってきた景色に思わず歓声を挙げてしまいました。
f0079085_22221539.jpg

f0079085_22221795.jpg

 眼下の街がまだ白い。見える建物探しをしたり、ぼーっと眺めたり、写真を撮ったり。混雑していて、帰りの時間も限られていたので駆け足だったのが残念。ゆっくりとこの景色を見ていたかったなぁ。関東平野、東京湾…この高さから見える景色がこれなんだ、と。富士山は山頂は雲で見えませんでしたが、山は確認できました。340mからはまた違う感じに見えました。

f0079085_22222763.jpg

 帰り際、月が出ていました。青空と月とスカイツリー。いい光景です。
 駆け足になってしまったので、今度はもっとゆっくり来たいです。

f0079085_22291336.jpg

 ちなみに、お土産にこれを購入。セーラー万年筆クリアーキャンディの、スカイツリー限定モデルです。これがお目当てでしたw
セーラー万年筆:東京スカイツリー(R) x セーラー THE SKYTREE SHOP限定商品 : キャンディ万年筆
 カラーバリエーションが多く迷ったのですが、トラスゴールドにしました。
 使ってみた感想はまた今度。使うのが楽しみです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-02-11 22:38 | 旅・お出かけ

大雪の東京へ

 土日、旅行で東京へ行ってきました。はい、あの大雪の中。まさかこんなに降るとは思わなかった。雪国生まれの雪国育ち、雪国在住。雪は見慣れていますし、歩くのも普通のこと。しかし、雪国の在住地と、普段なら晴れているはずの東京の景色がほぼ同じ真っ白だったことに驚いてばかりでした。しかも、東京は高層ビルが多い。その高層ビルのビル風の突風吹雪は怖かったです。しかも除雪が入らないので、雪国よりも歩き難いと感じました。忘れられない旅行になりました。
 旅行のことを、何回かに分けて少し書こうと思います。主に写真アップです。

 まずは、雪の東京駅丸の内駅舎をどうぞ。白い。これはなかなか見られない光景。
f0079085_21584181.jpg

f0079085_21584497.jpg

f0079085_21584673.jpg


・一昨年の、晴れている時の丸の内駅舎:東京に行ってきました

 ちなみに、この旅行中、N響のコンサートに行くつもりでした。
NHK交響楽団:第1775回 定期公演 Aプログラム
 指揮は尾高忠明さん。何と、オール・シベリウス・プログラム。「アンダンテ・フェスティーヴォ」、ヴァイオリン協奏曲ニ短調op.47、「四つの伝説」op.22。1曲目から「アンダンテ・フェスティーヴォ」!!これは行く、行く!と楽しみにしていました。(ちなみに、このコンサートのこぼれ話をこの記事に書きました。友人を誘ったが反応無し、の部分)
 そして雪の予報に、これはシベリウスを聴くにはもってこいの天気じゃないか!と思っていたのに…交通などにより行けませんでした…。残念無念。スマートフォンでFMでのラジオ中継を録音しておいて、後で聴いたのですが、これは是非生で聴きたかった、という演奏でますます残念。旅行そのものは、友人との時間も楽しく過ごせてよかったのですが、ちょっと心残りです。
 自然だけはどうしようもなりません…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2014-02-10 22:13 | 旅・お出かけ

東京に行ってきました

 昨日、今日と東京へ行ってきました。目的は、宮川彬良さん指揮大阪市音楽団・東京公演(東京芸術劇場)に行くため。はい、アキラさんのコンサートに行ってきました!!アキラさんの指揮、演奏を聴いてきました!
東京芸術劇場:ブラスウィーク2012 10月16日 宮川彬良と大阪市音楽団

 早速レポを書きたいところなのですが、旅の疲れと、明日からの仕事と…と落ち着かないので、今週中には書こうと思います。凄い量になるかもしれません…w
 しかも、演目に「宇宙戦艦ヤマト」の音楽もあったので、DVDで「宇宙戦艦ヤマト2199」第1・2章を観て予習。その感想から始めないと、話がつながらない…参ったなこれは。大変なことになりそうだ。

 記事を書き上げるまで、改修の終わった東京駅丸の内駅舎の画像を見ながらゆっくりとお待ちください。
f0079085_2154319.jpg

f0079085_21544242.jpg
f0079085_21545374.jpg

 平日の昼間なのに、駅の前には人がいっぱい。皆カメラを片手に撮影していました。その人の多さに驚いた。凄い…。と思いつつ、私もカメラを出してバシバシ撮影してしまいましたwとてもきれいな駅舎です。

f0079085_226646.jpg
f0079085_2261236.jpg

 丸い屋根の内側。こちらもきれいでした。カメラを上に構えている人がたくさんいました(私もw

【追記】
 記事書きました。3部作…長くなりましたw
・第1部:コンサートレポその1
・第2部:コンサートレポその2
・アンコールなど&思ったこと:コンサートレポその3
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-10-17 22:09 | 旅・お出かけ


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る


ブログランキングならblogram


はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ到着!!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

秋の紫陽花
at 2018-10-19 23:05
21年後のクレルヴォ クレル..
at 2018-10-15 22:39
ある小さなスズメの記録
at 2018-10-08 23:04
友だち幻想
at 2018-10-04 23:23
【アニメ コミカライズ】宇宙..
at 2018-10-02 23:11
祝・「はやぶさ2」MINER..
at 2018-09-23 22:28
作曲家 人と作品シリーズ シ..
at 2018-09-20 22:19
音楽嗜好症(ミュージコフィリ..
at 2018-09-18 22:09
マーラー 交響曲第8番を聴こう
at 2018-09-13 23:08
ラハティ シベリウス音楽祭 ..
at 2018-09-11 22:43

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索