人気ブログランキング |

カテゴリ:本・読書( 582 )

起終点駅(ターミナル)

 桜木紫乃さんの作品は初めて読みます。表題作の「起終点駅(ターミナル)」が映画化され、映画は観ていないのですが主題歌のMY LITTLE LOVER「ターミナル」がとても好きで、まずは原作を読んでみようと思ったのが読むきっかけ。ちなみにマイラバはデビュー当時から大好きです。


起終点駅(ターミナル)
桜木紫乃/小学館、小学館文庫/2015(単行本は2012)

 東京のデパートの化粧品売り場で働く真理子は、竹原基樹の納骨式のために函館にやって来た。1ヶ月前に納骨式に出席して欲しいと手紙を受け取った。式はロシア正教会で、参列者は真理子の他にいなかった。真理子と竹原は大手化粧品会社に勤めていて、竹原は幹部を約束された男だった。竹原は複数の女性と関係を持っていて、真理子もその一人だった。だが、急に母親の介護をすると仕事を辞め函館に行ってしまった。真理子はその納骨式の立会人で神父の角田吾朗に、函館に来てから死ぬまでの竹原のことを聞く…。
(「かたちないもの」)

 「かたちないもの」、「海鳥の行方」、「起終点駅(ターミナル)」、「スクラップ・ロード」、「たたかいにやぶれて咲けよ」、「潮風の家」、6編の短編集です。どれも北海道の町が舞台になっていて、もう一つ共通するのが登場人物は孤独、無縁の状態であること。暗く寂しい作品ばかりで、読んだ後やるせない気持ちになった。特に「スクラップ・ロード」は救いがない…。

 私はひとりでいるのは好きだ。だが、孤独にはなりたくないと思う。
 「無縁」であれば、家族がいない、もしくは連絡を取っていない、ほぼ縁が切れた状態。身寄りがない。
 「孤独」はどういう状態だろうなと考える。友人や恋人、心を許せる人がいない。自分のことを誰にも話せない、話し合える相手がいない。頼る人が誰もいない。ひとりぼっちでいることを寂しく、苦しく、辛く、望みがないと思っている。こう書いてみたが、とすると、この作品に出てくる登場人物たちは全く「孤独」ではないとも思える。誰かがそばにいて、少しの間だけでも一緒にいてくれる。その人が何者なのか、誰もよく知らなくても。過去に何があったとしても。ただ一緒にいるのではなくて、お互い孤独で、それをわかっていて距離を保っている。傷をなめ合うようなことはしない。目の前にいるその人として向き合う。どこまでも暗く寂しい物語だけれども、その個人を尊重するような関係があるのは救いだ。

 「海鳥の行方」「たたかいにやぶれて咲けよ」の主人公、新人新聞記者の里和がいい。男社会の新聞社で、新人で女性の里和は上司の圧力に耐え記事を書き続ける。里和には恋人がいたが、卒業後離れて暮らし、それぞれの仕事が過酷になるにつれて連絡も減っていった。恋人の苦しい状況に心を痛めつつも、記事を書き続ける。記者の郷和と、ひとりの人間としての里和。この違いに惹かれる。
 「潮風の家」も寂寥感に満ちた作品だが、人間の奥深さが伝わってくる。千鶴子とたみ子の2人は孤独で生きづらいはずだが、そんな素振りも見せない。「孤独」はその人自身が決めるのだろうか、と思う。

by halca-kaukana057 | 2019-11-19 22:52 | 本・読書
 「友だち幻想」の著者、菅野仁さんが、「友だち幻想」の前に書いた本です。長らく入手困難になっていたそうですが、文庫化しました。

友だち幻想

愛の本 他者との<つながり>を持て余すあなたへ
菅野 仁:著、たなか鮎子:イラスト/筑摩書房、ちくま文庫/2018(原本は2004年、PHPエディターズ・グループ)


 「友だち幻想」へ繋がるテーマである、他者との繋がりと、幸せとは何かを菅野さんが語りかけるように書かれた本です。「友だち幻想」同様10代~大学生の若い人向けの本ではありますが、それ以上の大人も読んで欲しい。

 「友だち幻想」でも書きましたが、菅野さんの言う「他者」とは、自分以外の全ての人のこと。家族や親しい友達も。この「他者」をどう捉えるかによって、考え方は変わってきます。「他者」は自分とは「違う」存在。親しくて、「同じ」と思ってしまうから、自分のことをそっくりそのままわかってくれるはずだ、価値観は同じはずだと思ってしまう。でも、「他者」はどんなに親しい人であっても自分と全く同じではない。そこに傷ついてしまう。「他者」と適度な距離を取り、適度な距離があるからこそ親しさも感じられる。このことについては深く頷きます。相手が自分と親しいからといって、好きなものが同じだからといって、自分の考え方や価値観などは同じとは限らない。それで独りで傷ついてしまうことがよくありました。この本を読んでいたら、もっと気が楽になれたのになと思います。
 「他者」に対して、「他人」という言葉も出てきます。「他者」と「他人」(親しくないよそよそしい関係の人)を家族が同じに考えてしまって怒られた…なんて話も出てきます。家族であっても、自立した人間と見て欲しい。それが「他者」の考え方です。

 「他者」からの自分がどう見えているか。このことについても文章が心に染み込むようでした。自分をこう見て欲しい、というイメージがある。でも、「他者」はそう見るとは限らない。
 この「他者」は、自分自身でもある。自分自身に対してのイメージを持ちすぎて、現実と理想のギャップに傷ついてしまう。「自我」の弱さ、繊細さは悪いことではないけれど、自分自身が苦しくなる原因でもある。傷つきやすい自分、弱い自分を認めて、他者や社会へもう一歩踏み出す。傷つきながらも「耐性」をつけていくこと。
 自分自身と他者からの自分のイメージの違い、評価、恐れに対して「構え」を持つこと。他者に期待しすぎないこと。「純度100%の関係を相手に求めない」(162ページ)という言葉があるが、とてもしっくりきた。これも、もっと早く読みたかった。

 「友だち幻想」の感想記事で、「こう紹介していると、随分とクールな立場の本なんだな、と感じます。実際、クール、現実的です。」と書きました。この「愛の本」の感想も、このままでは同じようにクールで現実的な立場の本と思われてしまいそうだ。この「愛の本」はとても優しい、そっと見守ってくれるようなメッセージに満ちた本です。菅野さんが高校生の頃にピアノ教室で経験したあること、菅野さんのご家族のこと、親戚や学生さんたちのこと…経験談やエピソードはどれもあたたかい(ピアノ教室での話は苦め)。菅野さんからの手紙のような本です。

 人間の幸福とは何か。この本では、「自己充実をもたらす活動」と「他者との交流」としている。「他者」に期待し過ぎないとか、「他者」は自分とは違う存在だと書きましたが、それは「他者」との交流を否定するものではない。傷つくこともあるけれども、だからこそ他者との心地よい交流は「生のあじわい」を感じられる。自分を認めてくれる他者がいることは安心に繋がる。そして、自分が楽しいと思うことをする。菅野さんも様々な趣味を持っている。それも「生のあじわい」を感じられることだ。私もやっていると楽しい、時間も忘れて熱中してしまうことがいくつかある。それを大事にしていこうと思う。

菅野さんが若くして亡くなってしまったことが本当に残念だ。「友だち幻想」と合わせて、人間関係に悩んでいる、社会の中で生きづらいと感じている人に読んで欲しい。

by halca-kaukana057 | 2019-11-11 22:56 | 本・読書
 「古典部」シリーズも4作目。今度は短編集です。


遠まわりする雛
米澤穂信/角川書店、角川文庫/2010(単行本は2007)


 神山高校に入学して1ヶ月。奉太郎は居残りで家に忘れてきた宿題をもう一度書いていた。一緒にいた里志は、学校の怪談話を始める。放課後、音楽室に行った女子生徒が、誰もいない教室からピアノ演奏を聴いたという話。これは実際にあったことを、里志が聞きつけてきたという。宿題に苦戦している奉太郎のところへ、えるもやって来る。奉太郎は、えるよりも先に他の学校の怪談話を始めてしまう…。

 「やるべきことなら手短に」「大罪を犯す」「正体見たり」「心あたりのある者は」「あきましておめでとう」「手作りチョコレート事件」「遠まわりする雛」の全7作です。話は時系列で並んでいて、「やるべきことなら~」は入学1ヶ月後、「遠まわりする雛」は4月、春休み中の話です。

 今までの3作は、アニメを観る前に読んでしまっていました。なので、アニメとは関係なく純粋に物語を追って楽しんだり、このシーンはアニメではどう描かれるのだろうとアニメが楽しみになったり、そんなことを考えながら読んでいました。しかし、この第4作は「遠まわりする雛」以外はアニメを先に観てしまっていました。「やるべきことなら~」は、アニメ1話の後半(Bパート)に収められています。なので、アニメを観た時はこの話は原作にあったっけ?とわからず。後からこの短編に収録されていることを知りました。

 1年かけての短編なので、古典部の4人の関係も、奉太郎の「省エネ主義」の変化も楽しめます。古典部に入部し、千反田えるという不思議な女子に出会い、えるに振り回されつつもちょっとした出来事の不思議な箇所や、えるの過去と古典部の過去に向き合うことになった奉太郎。「やるべきことなら~」の最後、奉太郎がえるに影響を受けることに対して取ったある態度。それが、「遠まわりする雛」では、その態度を自分で動かそうとしている。第1作「氷菓」で、奉太郎の青春は灰色と里志と話していたが、薔薇色とまではいかなくても、桜色になったのかもしれない(バラも桜も好きですが)。むしろ奉太郎はそのぐらいでいいと思う。しかし、「遠まわりする雛」の最後、奉太郎が言いかけた言葉。あれは…実質…ですよね。アニメでは「!!?」となりました。でも一瞬。

 古典部の4人は、優しいと思う。「やるべきことなら~」の奉太郎、「あきまして~」のえる、「手作りチョコレート~」の里志はエゴイズムのようで、相手を傷つけたくなくて自分を守っている。えるは優しさをストレートに出す。「大罪を犯す」の事の発端、「正体見たり」の謎は解けても納得できなかったこと。謎や犯人がわかっても責めることはしない(「正体見たり」は少し違うけど)。背景を理解しているから。「遠まわりする雛」の最後、豪農の一人娘としての覚悟と決心も優しさが感じられる。

 「チョコレート事件」では、普段は竹を割ったような発言(特に里志に対して)の摩耶花も、わかっているから責めない。一方の里志の摩耶花への想い、自分に対する視点に、わかるような気持ちになった。摩耶花はずっと里志に想いを寄せている。中学3年のバレンタインも、里志にチョコレートをプレゼントしようとするも、里志にはぐらかされる。来年こそは手作りチョコレートを渡すから、憶えてなさい!と言う摩耶花だが…。その1年後のバレンタイン。里志は摩耶花の想いを知りながらもずっとはぐらかしてきた。何故だろうと思っていた。摩耶花のことが嫌いなわけじゃない。恋愛関係ではなく、友達でいたいからだろうか?と思ったら…。何か、誰かを「好き」になるということの意味。いつも飄々としている里志がこんなことを考えていたとは。里志の方が「省エネ」じゃないかと思ってしまった。でも、何か、誰かを「好き」になる、「こだわる」ことは、最初は楽しくても後から色々と厄介になってくる。それなら、と里志の方向転換に頷けてしまうけど、寂しい。
 奉太郎は「省エネ主義」だが、人の気持ちはないがしろにしない。「愚者のエンドロール」で入須先輩との2回目に会ったシーンを思い出す。

 アニメでは追加されているシーンがあります。「正体見たり」の最後、「チョコレート事件」の最後の方、「遠まわりする雛」の祭りが終わって奉太郎が里志と摩耶花といるシーンでの会話。これらは、アニメスタッフさんたちの優しさだと感じました。「正体見たり」が原作のままだと悲しい。バッドエンドではないけれど、えるにとっては辛いエンドだ。それを、ワンシーンを加えるだけで救った。「チョコレート事件」も摩耶花とえるのシーンを加えるだけで救われる。古典部の4人が、これからもいい仲でいられると思える。

 「心あたりのある者は」は純粋に推理そのものを楽しめる話。校内放送ひとつで、ここまで読み込めてしまう。面白い。アニメでも、部室で奉太郎とえるがただひたすら推理の会話をしているだけ。派手な演出はない。それなのに面白い。"世の中"を読み解く面白さ。それがミステリの醍醐味なのだと思う。

 アニメ化されたのはここまで。あと、アニメのために書き下ろした18話「連峰は晴れているか」は最新作「いまさら翼といわれても」に収録されています。この回も、奉太郎とえるの優しさが感じられる回だった。

 今後も古典部シリーズを読んでいきますが、アニメ2期が観たかったな…。例の事件の後に読み始めて、アニメも観たけど、本当に面白い作品。こんな素敵な形でアニメ化されてよかったな…。原作のストックがまだ足りないのでまだまだ先でもいいですから、2期が観たいです。
 コミカライズは第5作以降もやるとのこと。コミックを読む?

【過去記事】
氷菓 [小説 +アニメも少し]
愚者のエンドロール [原作小説 +アニメも少し]
クドリャフカの順番 +アニメも少し
by halca-kaukana057 | 2019-11-05 22:27 | 本・読書
 宇宙関係の新書には、なかなか面白い本があります。この本も。


宇宙はどこまで行けるか ロケットエンジンの実力と未来
小泉宏之/中央公論新社、中公新書/2019


 筆者の小泉さんは小惑星探査機 初代「はやぶさ」のイオンエンジン運用に携わり、その後、「はやぶさ2」に相乗りで打ち上げられた小型探査機「プロキオン」小型イオンエンジンの開発メンバー。

 この本は宇宙開発でもエンジンに的を絞って書いてあります。ロケットを打ち上げる、人工衛星を軌道に載せ運用する、探査機を飛ばす…どれにも欠かせないのがエンジン。エンジンがないと宇宙に行けない。でも、ロケットや宇宙機のことはよく知っていても、そのエンジンについてはある程度しか知らなかったりします。「はやぶさ/はやぶさ2」のイオンエンジンの仕組みや、「あかつき」が最初に金星周回軌道投入失敗した時、エンジンに何が起こっていたのか辺りはそれなりに知っている。H2A/H2Bのメインエンジン「LE-7A」についてもある程度は知っている。新しく開発されるH3ロケットの新しいエンジンにも興味がある。だが、宇宙機で気になるのはエンジンそのものよりもミッションについて…。今までエンジンにそこまで注目していませんでした。なくてはならないものなのに。

 この本では、現在使われているエンジンから、開発中の未来のエンジン、SFの世界のエンジンも出てきます。代表的なロケットや宇宙機を例に、エンジンに焦点を当てて解説しています。「はやぶさ」も、ミッションではなくイオンエンジンについて。

 面白いと思ったのが、この箇所。「プロキオン」の小型イオンエンジンの開発の箇所です。
 人工衛星の研究者と一口に言っても、「推進機屋」「衛星屋」など、いくつかのグループがある。小型エンジンを衛星に載せる際に課題となったのが、これらのあいだにある"溝"の存在だ。
 イオンエンジンは、それだけでは当然動かない。エンジンに電気やガスを送って制御する必要がある。直列4気筒の立派なエンジンだけを作って、さあドライブに行こう、とならないのと同じである。ただ、大学や研究所で人工衛星のエンジンを研究している我々、推進機屋の興味は、一般的に「直列4気筒のエンジン」のところだけだ。エンジンを動かすための電気やガスを送るローテクな装置は研究対象とは見なされない。
 一方、小型衛星を研究している衛星屋からしてみれば、「得体の知れないイオンエンジンを動かす専用の電気とガスを送って制御する装置」など、さらに得体の知れない代物だ。手が出るような物ではない。
(132ページ)
 イオンエンジンの研究者はエンジンだけを作って、エンジンを動かす装置は作らないのか!と驚いた。一方で、衛星屋からしてみれば新しく開発したイオンエンジンを動かす装置を作れと言われても困るだろうなぁ…と気持ちがわかるような気がした。宇宙機開発ではこういうところでチームワークが大事になってくるんだろうなぁ、両者の間に入ってうまく結びつけるリーダーの存在が重要なんだろうなと思いました。エンジンがないと宇宙には行けないけど、エンジンが動かなかったら宇宙には行けない。エンジンができて、そのエンジンが動く。しかも計画通りに、うまく制御できるのは並大抵のことではないのだなと思いました。今なら、「はやぶさ2」がリュウグウまで順調にイオンエンジンで飛行し到着し、リュウグウでも今度は姿勢制御のためのスラスタを使ってタッチダウンしたり、カメラで撮影したり…どれも順調に進んでよかったよかったと喜んでいた。が、そのためには打ち上げ前に初代の反省を生かしたエンジンとエンジンを動かす装置を作り、組み立て、何度も試験をして、打ち上げ後は気が抜けない状態だったんだろうなと思い知りました。

 有人火星探査のための計画を立ててみる第6章も面白い。ここでも、私は現実を思い知りました。今、無人の火星探査が進んでいて、そのうち有人も…と思っている。火星に行くのは月に行く以上に大変だ。時間も、費用も、開発しなければならないものも。必要なものの計算が書いてあるが、それを見て愕然とした。本当に人類は火星に行けるのだろうか、と。予算もとんでもない額だ。有人なので安全にも気をつけなければならないが、絶対100%はない。現実の宇宙開発はとても厳しい物なのだなと実感した。

 それでも、有人火星探査の計画を考えている研究者はいるし、無人だけどももっと向こう…木星や土星、更に遠くの惑星、太陽系の外の探査もできる。ボイジャー1・2号やカッシーニ、ニューホライズンズはよくやったなぁと思う。
 外惑星探査でソーラーセイルも登場します。「イカロス」は元気かなぁ。

 そして、太陽系外…。SFの世界のようにしか思えないが、それは私の考え方が今現在の人類の時間と距離の感覚に縛られているからだろうかと感じた。30年前、昭和から平成になった時、まだ携帯電話は分厚くて大きな辞書みたいだったが、今では電話機能だけではない高性能のコンピュータが手のひらサイズで、多くの人が利用している。30年で技術は随分と進歩した。次の30年で更に進んでいるのでは…と思いたい。

 宇宙開発の現実、現時点を知るのにちょうどよい本でした。思っているよりも甘くはないし、簡単にいかないけれども、エンジンが次はどんな宇宙に連れて行ってくれるのだろうかと楽しみになります。私は研究者ではないので他力本願ですが…。
by halca-kaukana057 | 2019-10-28 21:53 | 本・読書
 「古典部」シリーズ読み続けています。第3作の「クドリャフカの順番」。宇宙好きとして、タイトルに惹かれるんですが(でも意味がわからない)。



クドリャフカの順番
米澤穂信/KADOKAWA,角川文庫/2008(単行本は2005年)

 いよいよ文化祭が始まった。しかし、古典部の4人は浮かない顔をしている。手違いで、文集「氷菓」を印刷しすぎてしまった。30部の予定が200部。何とか完売させようと、えるは宣伝ができそうな団体に交渉に向かい、里志は古典部名義でイベントに参加し、そこで宣伝することになった。奉太郎は店番。摩耶花は漫画研究会があるのであまり顔を出せない。それぞれ、想いを抱いて持ち場へ向かう。えるや里志が行く先では、奇妙なことが起きていた。いくつかの団体から物がなくなり、そこにはメッセージカードと文化祭のパンフレット「カンヤ祭の歩き方」が置かれていた。文化祭が進むにつれて、その"被害"は広がっていった…。


 文化祭の始まりです。文集「氷菓」も完成しました。第1作で解き明かされた「氷菓」と「カンヤ祭」についてのことも書かれている文集です。
 この第3作は、古典部4人それぞれの視点で書かれています。今までは奉太郎だけの視点。4人の考え方の違い、見ている物の違い、それぞれに起こった出来事、それぞれの想いがストレートに描かれています。4人それぞれの想いがわかるのが嬉しい。そして、奉太郎の姉、供恵も登場します。文化祭でキャラクターも一気に増えました。
 賑やかで楽しい雰囲気なのですが、不思議な事件が起きる。様々な部活、団体から物がなくなる。その団体の頭文字と同じ頭文字の物が「失われる」。置かれたメッセージには「十文字」と署名があるが、神山の「桁上がりの四名家」のひとり、十文字かほも被害に遭っているので彼女が犯人ではない。一体誰が何のために?事件は壁新聞部の新聞などでも取り上げられ話題になる。そして、被害に遭った団体の法則性から、その犯人は古典部も狙っているらしいと…。文化祭がますます賑やかになります。学生時代の文化祭の賑やかな雰囲気を思い出します。

 その賑やかさの一方で、摩耶花の漫画研究会の雰囲気が…。同じものが好きで、集まったとしても、その気持ちのベクトルは同じではない。私も今まで何度も苦い思いをしてきました。それが表面化し、河内先輩と摩耶花が対立する。この対立した意見が興味深い。検索したら、どこかの大学の入試問題にもなったらしい(「古典部」シリーズはじめ、米澤先生の作品は入試問題に多数取り上げられているらしい)。ここで書くと長くなるので別記事にするかも。
 その対立で、摩耶花が例に挙げたある同人漫画。その漫画も鍵になります。
 この第3作は摩耶花が本当に頑張り屋さんで、強くなりたいという想いが伝わってきます。奉太郎は毒舌家と言っていましたが、ただの毒舌家ではない。先輩が相手だろうと、はっきりと自分の意見を言う。河内先輩側の部員に陰口を言われたり、意地悪をされても、落ち込むけれども負けない。一生懸命な子だとわかります。その摩耶花と河内先輩の橋渡しをする部長も素敵です。河内先輩も、最後には自分の想いを摩耶花に打ち明けてくれたし。

 里志も最初はノリノリで文化祭を楽しんでいるのですが、"事件"が進むにつれ、"事件"を解き明かそうと奔走する。現場に向かい、現行犯で犯人を捕まえてやろうとする。里志の想いもストレートで、一生懸命で…。今まで、「データベースは答えを出せない」と謎解きはしてこなかった里志が、何を思っているのか。切なくもあります。

 えるは各団体に交渉に向かうもうまくいかない。前作のキーパーソン、2年F組の入須先輩が再登場。えるにある指南をするのですが…。えるも一生懸命。でも…。第3作は、奉太郎以外の3人がとても切ない。それぞれの壁にぶつかる。それを青春と片付けてしまうか、もっと掘り下げるか。私はもっと掘り下げたい。青春に限らないことだから。

 その3人+河内先輩+"事件"の犯人が抱いているある感情。その掘り下げたいこと。「期待」と表現されています。自分にないもの、自分ではできないことを誰かに望む時に「期待」という言葉を使う、と里志は言っています。すごくわかります。「期待」だとまだまっすぐに相手に望んでいますが、ネガティヴな感情が入り交じると「嫉妬」、「羨望」などになる。私は自分のそんな感情をうまく扱えなくて、こじらせて「羨望」「嫉妬」してしまう。または、自分自身を責めたり、辛く当たってしまう。最近はそういう感情を抱きそうになったら、その対象(人)から距離を置くようにしたり、自分の気持ちを守るために「他者は他者、自分は自分。自分にできることをする」と考えるようにしている。素直に喜んでその対象(人)を賞賛できる時とできない時がある。難しい。人にはそれぞれ得意なものがあって、皆違うから、と思うのは簡単だ。でも、それを心から思い、自分は自分と割り切る難しさ。やりたいことがあるのにうまくできない一方で、身近な他の人が意外にもうまくできてしまった時の気持ち。別に勝負しようなんて思っていない。なのに、悔しい、なぁ…。私が、自分が、と主張し、その人よりも上に立ちたいのだろうか。そうじゃない。やりたいこと、表現したいことがあるのに、できなくて途中で止まってしまった。それが悔しい。
 これはまだいい。その他の人は、できてしまったことをあまり深く考えていない。その時だけで、その後はやろうともしなかったら。残念の一言では片付けられない。何故、と問いたくなる。あなたには才能が、技術があるのに。虚しくなります。5人の叫びたいような想いが伝わってきました。

 その一方で、"事件"を解いてしまった奉太郎。奉太郎は、自分が得意なこと、自分にできることを成し遂げ、「期待」にも応えた。でも、それをひけらかすことはなく、犯人と一対一だった。前作「愚者のエンドロール」で、入須先輩に言われたこと、奉太郎の読み間違いから成長した感じです。"事件"を解くだけでなく、文集の店番をしながらお料理対決では古典部のピンチを救った。「わらしべプロトコル」には笑いました。奉太郎は引き寄せる体質なのか。奉太郎は「省エネ」から脱しつつあるけれども、まだ「省エネ」なところがある。地学室から動かない店番を選んだこと。"事件"の推理は奉太郎にとっては、「他者は他者、自分は自分」だから。自分がやらなくていいことはやらない。自分ができることだけをしている。

 でも、最後には自分自身を取り戻す古典部の4人。皆優しい子たちなんですね。
 あと、「クドリャフカの順番」の中身が知りたかった。「夕べには骸に」も。これ以上はネタバレになるので書きませんが…どんなものなのか知りたかったな。



 GYAO!で配信中のアニメ「氷菓」も「クドリャフカの順番」の回が終わったところ。文化祭の描き方は、さすが京アニとしか言えません。とても賑やかで、華やかで、楽しい。えるが他団体に交渉に校内を奔走する…つもりが様々な団体の催し物に引かれ、楽しんでしまっている。好奇心旺盛なえるらしさを、アニメだからこその表現で描いてくれました。書道で書いた言葉はえるらしい。えるのあの写真はやっぱり京アニだな、と。摩耶花と対立する河内先輩は、最初は嫌な先輩と思いましたが、最後の本心を明かすシーンでは引き込まれました。心の内のネガティヴな感情を出す時の人間が魅力的に思えるのは何故だろう。供恵さんの顔を見たい、と思ったのですが…。なんという結果。
 オープニングとエンディングも変わりました。オープニングのアニメはすごいなぁ。エンディングのホームズのえる、ポアロの摩耶花が可愛い。
by halca-kaukana057 | 2019-10-21 22:58 | 本・読書
 以前読んだ「人間をお休みしてヤギになってみた結果」の著者、トーマス・トウェイツさんのデビュー作「ゼロからトースターを作ってみた結果」。「ヤギ」は衝撃的だったが、全てはこの「トースター」から始まったのだった…。


ゼロからトースターを作ってみた結果
トーマス・トウェイツ:著、村井理子:訳/新潮社、新潮文庫/2015(単行本は2012年、飛鳥新社)

 著者のトーマス・トウェイツさんは、イギリス、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生。ふとしたきっかけから、トースターを原材料から手作りすることを思いついた。何故トースターなのか。電気トースターは近代消費文化の象徴で、「あると便利、でもなくても平気、それでもやっぱり比較的安くて簡単に手に入って、とりあえず買っておくかって感じで、壊れたり汚くなったり古くなったら捨てちゃうもの」のシンボルだと考えた。また、子どもの頃から読んでいたダグラス・アダムズのSF小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズの「ほとんど無害」から、もし技術的に未発達な惑星に足止めをくらって、トーストを作るには…と考えた。トースターの構成部品と材料を調べ、現代であっても入手可能な道具だけを使って、原材料からトースターを作り上げ、その試みを記録すること。トーマスさんは一番安いトースターを買って分解し、使われている部品を材料を調べる。専門家に話を聞き、それらをどうすればゼロから手に入れられるかを訊く。そして、自分でトースターを作るためのルールを決め、原材料を調達し始めた…。


 この本を読みながら、そして読んだ後、私は身の回りにある「モノ」をじっと見た。それが何でできているか。その原材料はどこから来ているのか。それをどこでいくらで買ったのか。いつもどんな風に使っているか。もし壊れたり古くなったりしたら、新しいモノを買う前にそれをどうやって処分するのか。それが、単純(と思われる)な紙袋や布だったとしても。

 トーマスさんは、トースター作りを通して人間の文明の歴史を遡ることになる。鉄の前に青銅器が作られたが、何故その順番になったのか。それらに比べて歴史の浅いプラスチックは何故20世紀にならないと出てこなかったのか。歴史の授業でなんとなく学んだことが、本当になんとなくでしかなく、なんとなくしか知らない自分に落胆した。今この記事を書いているパソコンだって、中身はとてつもなく複雑なのに、私はその中身のことを知らない。分解してもう一度組み立てろなんて言われたら無理。でも、毎日の生活にパソコンは必要。でも、なんとなく使っている。文明に頼り切って、思考停止してしまっている。

 パソコンは作れないけれど、毛糸で編み物や、布と糸を使ってこぎん刺し(津軽地方の伝統的な刺し子)の小物なら作れるぞ、と思ったが、その毛糸はどうやって作る?ウールはまだしも、アクリルは?編み物に使う編み針は?しかも私が使っているのはかぎ針である。棒針だって簡単じゃない。
 こぎん刺しで使う布は、クロスステッチで使うような縦糸と横糸が等間隔で織られた専用の布。それは何から、どうやって作っている?糸は木綿…どうやって染めている?針は?小物に使う種々の金具は?それらをトーマスさんと同じように、ゼロから作るとしたら?
 …本当に「手作り」と呼べるのか、自信がなくなってきた。

 トースターを作り終えたトーマスさんの問いかけを読んでいると、文明や消費社会の中で「なんとなく」暮らしていると気づかされる。環境についてもそうだ。銅や鉄などは自然界に存在するが、それを製品の部品にするには手間も時間もかかる。採れる場所も限られる(今回のこのトースタープロジェクトで、原材料のある鉱山のうちのいくつかはイギリス国内にあることに驚いた。日本でやるとしたらできるだろうか)。そして環境に影響を及ぼす。ニッケルの章ではとても深刻な現実と、同じ人間でも国によって扱いが変わる現状にモヤモヤした。プラスチックの章も。製品を処分する際のトーマスさんの問いかけは重要なことだと思う。そのモノがどうやってできているのか。もっと知られてもいいと思う。

 トーマスさんのトースターはうまく動いたのか。トーストを焼くことができたのか。と気になるところだが、重要なのはそっちではなく、手作りトースターを通じて問題提起をすることだ。トーマスさんはアートを学んだ学生だ(だった)。アートが何を伝えられるのか。その意味でも興味深い、新しいことを知ることができた本だった。長く伝えられてきた名画の数々だって、芸術的に美しいだけでなく、人間や自然、社会の何かを伝えようとしたものだったのだから。

 しかし、「ヤギ」では「意味がわからないw」と連呼したが、「トースター」でも、「意味がわからないw」は変わらない。こっちの方が先なので、トーマスさんの原点を読むことができてよかった。自虐ネタを含んだ軽いノリの文章は面白く読みやすい。トースターを作る上でルールを決めたが…色々あるよね。ニッケルではまさかの荒技が。それでいいのか!と突っ込みたくなったw突っ込みたくなる箇所多数。公共の場で読むのは…いいけど笑って変な目で見られてもトーマスさんのせいにはしないようにw

 あと、マイカ(雲母)も出てくる。私も子どもの頃、電化製品(ラジオかラジカセか何か)の調子が悪くて分解してみたことがある。その時、薄いガラスのような板があり、これは何だろう?と思っていたのだが、あれが雲母だったのか。地学で学んだのに、それと結びつかなかった。もう一度見てみたい…いや分解はやめておきたい。私が分解した電化製品は…まぁ、思いつきで分解したら大体そうなるよねw

 トーマスさんの新作は出るのだろうか。期待したい。

人間をお休みしてヤギになってみた結果
by halca-kaukana057 | 2019-10-07 21:53 | 本・読書
 米澤穂信さんの「古典部」シリーズ第2弾です。ちょうどGYAO!でアニメも配信中。ちょうどこの「愚者のエンドロール」の回を見終わったのでその感想も。


愚者のエンドロール
米澤穂信/角川書店、角川文庫/2002

 夏休み。古典部は文化祭で出す文集「氷菓」の編集に追われていた。そんな中、千反田えるは知人に誘われたので2年F組が制作したビデオ映画の試写会に行こうと言い出した。試写会に向かった古典部の4人。そこにはえるの知人である、2年F組の入須冬実が待っていた。ビデオ映画は「ミステリー」と仮題がついた密室殺人事件ものだった。しかし、映画は途中で終わってしまう。脚本を書いた本郷真由は、脚本を完成させる前に体調を崩し入院してしまった。入須は、古典部に、折木奉太郎に、本郷の脚本の続きの答えを出してほしいと頼む。犯人は誰なのか、トリックは?古典部の4人は2年F組のビデオ映画制作スタッフ3人から話を聞き、答えを導き出そうとするが…。


 2作目はミステリー作品をめぐるミステリーです。第1作「氷菓」ではよくつかめなかった摩耶花の性格、得意なこともつかめてきました。そして2年F組の先輩たち。入須先輩は本当に高校生なのだろかと思うぐらい大人びている。本を読み始めると最初にあるチャットの会話ログが出てくる。2000年代のインターネット上のサイトの交流ツールといえば、掲示板(BBS)とチャットだった。今の若い人には他人も見られるLINEのトークと言えばいいかな。最後まで読んで、もう一度最初のチャットを読むと、そうだったのか、と思う。

 ミステリーとは何か。推理ものとは何か。それを探る物語でもありました。作品中でも取り上げられますが、私が「シャーロック・ホームズ」シリーズを読み始めた時、殺人事件ものは苦手なんだけどな…と思いながら読んでいた。でも、「ホームズ」の作品にも色々な種類がある。これも推理もの、ミステリーなんだと思った。その頃思っていたことを、思い出しながら読みました。「ホームズ」はミステリーの入門書と私も思っていたのだけど…。ホームズ作品に思い入れのある里志の話が助けになります。また、里志から見た摩耶花についての発言もある。摩耶花もすごい子なんだよなぁ。

 今回も奉太郎の推理が炸裂しますが、奉太郎一人だけでは「答え」を導けない。「答え」に近づけない。里志、摩耶花、えるがいて、それぞれの視点があって、奉太郎も推理できる。そしてこの古典部4人のつながりは、入須先輩が見据えているものとはまた違う。奉太郎の「省エネ」主義と、入須先輩のやり方、見据えているものは完全一致ではないけれど、どこか近いものがあるのかもしれない。でも、奉太郎は変わりつつある。2回目に入須先輩と2人で話した時、奉太郎の叫びは「省エネ」とはほど遠いものだった。何人もの人間を思っている。

 ミステリーとは、人間の本質、人間の心理を追求するものなのかもしれない。危機的状況、窮地に追い込まれた時、人間は何を考えて何をするのか。読んだ後にそう思いました。

 GYAO!で配信中のアニメ「氷菓」は、2010年代にうまく合わせて、原作のポイントをうまく生かしたテンポのよいものになっていたと思います。入須先輩や、古典部が話を聞いた2年F組の3人、特に沢木口先輩はイメージ通りでした。アニメで観るとより原作の面白さを実感できる。11話の打ちのめされていく奉太郎の表情がとてもよかった。本当に絵がきれいで、その絵で登場人物の心の中を表現している。いいアニメだなと思います。

 古典部シリーズ、まだまだ続きます。
by halca-kaukana057 | 2019-09-28 21:58 | 本・読書

星の文人 野尻抱影伝

 野尻抱影の伝記があったなんて知らなかった。しかも、著者は抱影の弟子で天文学者の石田五郎先生。そんな本があったのか!文庫化に感謝。


星の文人 野尻抱影伝
石田五郎/中央公論新社、中公文庫/2019
(底本は「野尻抱影 ――聞書"星の文人"」(1989、リブロポート))


 星座の解説や天文エッセイ、日本や世界各地の星の呼び名を収集した野尻抱影(本名:正英(まさふさ))。横浜に生まれた。星に興味を持ったのは14歳の時、しし座流星群を観測したこと。ただ、流星群は現れなかった。15歳の時、「星三百六十五夜」にも記述がある、オリオンとの出会いがある。修学旅行後に病気で入院し、病室から三つ星を見た。以前友人が描いてくれた星図でオリオン座を知り、他の星座も知っていった。退院後はその星図を描いてくれた友達と一緒に天文にのめり込んだ。
 当時、星座や天文学の本は少なかった。今でこそ、子ども・中高生向けの宇宙や天文の本は充実している。私が子どもの頃、中高生の頃も、抱影の時代よりはずっと豊かになったが、本は限られていた。私が本の探し方を知らなかったからかもしれない。新しいことはテレビの科学番組を観て学んだ。子ども・中高生の頃に自分が興味を持っていることにどうやって出会うか、どうやったらもっと知ることができるのか。抱影もそんな中で天文に触れていったことがうかがえて嬉しい。

 しかし、抱影は大学では英文学を学びたいと思った。抱影は、専門的に天文学を学びたいと思ったことはないのだろうか。
 早稲田大学に進学し、英文学を学ぶが、抱影は星や星座の神話には興味を持ち続けていた。卒業すると甲府中学の英語教師になる。抱影の授業はとても豊かなものだったそうだ。授業の導入に様々なジャンルに渡る話をした。
 授業の傍ら、やはり星がそばにあった。甲府の空は天体観測には適していて、しかも学校には口径5cmのドイツ製の望遠鏡があった。明治43年のハレー彗星は甲府で思う存分観測したそうだ。また、寄宿生を集めて天体観望会を開いた。素敵な先生だ。

 その後、東京で教師をし、結婚を経て、教師を辞め、ジャーナリストになる。少年向け雑誌で、「肉眼星の会」を始める。星空を観て、宿題の星座をスケッチし、目立っている星も記入せよ、というもの。それを抱影宛てに送ってほしいと。この雑誌への投書がきっかけで、抱影には弟子ができる。そして、抱影は「科学者でないペンの人が書いた星の話をつくるつもりでいます。」(107ページ)と、本格的に星についての本を書くことを決意している。これが出来上がったのが、「星座巡礼」。天文学の専門書ではない、星が好きな人のための本。科学だけでなく、文学としても楽しめる星の本。抱影の「星座巡礼」(後に「新星座巡礼」)はありそうでなかった本だった。私が抱影の本に出会ったのは大人になってからだが、星に興味を持ち始めた子どもの頃に出会っていたら、きっと夢中になって読んだだろう。抱影は天文学を目指さなかったのか、と上に書いたが、ここにたどり着くためだったのかもしれない。その後も「星三百六十五夜」、「星戀」も出版される。抱影の本を読んでいると、星の楽しみ方はひとつではない、様々な楽しみ方があるのだなと思う。一般の人も、星にもっと親しめるのだと思う。それを、抱影は著書で示してくれた。

 そして抱影は、全国からの投書を通じて、日本各地に伝わる星の和名を収集し始める。こういうものは普通なら、自分が出向いていって収集するが、抱影は投書の形を取った。「肉眼星の会」のやり方、ネットワークが生きたのだと思う。抱影以外の星の和名を収集していた研究者たちのやり方も書かれていて興味深い。日本には独自の星の文化がある。その先駆者にもなった。

 抱影の周囲には様々な人々がいた。文筆家、天文学者、弟子たち。抱影は気性の荒いところもあった。

 文学方面からの星の研究は裾野が広がった。星の和名の研究も、抱影の説は違うのではないかという検証も行われている。抱影ひとりだけで終わらず、今も続いている。死んだらオリオン座で眠りたいと言っていた抱影は、オリオンからそんな現代を見ているかもしれない。


・著者の石田五郎先生の本:天文屋渡世
 師匠の抱影とのことも書いてあります。
by halca-kaukana057 | 2019-09-08 21:33 | 本・読書
 先日河合祥一郎さんによる新訳を読んだ「ドリトル先生航海記」。新訳で読み直すきっかけになったのが、この福岡伸一さんによる新訳が文庫で出たことでした。


ドリトル先生航海記
ヒュー・ロフティング:著、福岡伸一:訳/新潮社、新潮文庫/2019 (単行本は2014年)


 子どもの頃、井伏鱒二訳の岩波少年文庫の「航海記」を読んで、ドリトル先生に魅せられてしまった福岡先生。ドリトル先生のような博物学者になりたいと思うようになったそう。
 河合祥一郎さんの新訳で、井伏訳ではイギリスの文化・慣習がまだよく知られておらず削除された箇所があると知りました。この福岡訳では、その部分も勿論そのまま、原著初版に忠実な翻訳を目指したのだそう。英語でも「航海記」は、差別的な表現があると削除、改変されてきたのだそうです。現在、日本でも言葉の一言だけに過敏に反応してしまう残念なことが起きています。あとがきで福岡先生が書いている通り、物語全体を読めばドリトル先生がどんな人なのか、ドリトル先生を通してロフティングが伝えたかったことは何なのかわかるはず。物語が書かれた当時は仕方なかった表現であって、でもその表現だけに気をとられてドリトル先生のメッセージを読み取らない…きっとドリトル先生は怒ると思います。残念がると思います。「航海記」からはトミーが語り手になっているからトミーもか。
 井伏訳岩波少年文庫では、ロフティング自身の挿絵を載せていますが…カットされた挿絵がありました。何故この挿絵をカットしたのだろう、と思います。他の絵とタッチ、画材が違うからだろうか。これはきっとカラーで描かれたのだと思う。カラーの絵も見てみたかった。

 「航海記」は、これで3つの訳で読みましたが、「ドリトル先生」、そして「航海記」は本当に面白い。大好きな作品だと実感しました。やはり、ドリトル先生の人間性に惹かれます。そして、学校にも行けなかった少年トミーが、ドリトル先生と知り合い、助手になり、一緒に冒険の旅に出る。こんなにワクワクすることはない。動物と話のできるドリトル先生は、人々の固定観念をいい意味で破壊していく。ペットを飼っている人なら、うちの子は人間のことをどう見ているのだろう?「人間様」なんて皮肉って見ているんじゃないか、と思ったことがあるかもしれません(私も子どもの頃インコを飼っていて、そんなことを思っていました)。動物の前では、人間は偉いんだ、動物は下等なんだと横柄な態度を取っている「人間様」もいる。そんな「人間様」の本性を暴いてしまうドリトル先生。とても痛快ですし、生物、命は皆平等なんだと実感します。

 福岡先生の訳は、「児童文学」のジャンルと捉えられていた「ドリトル先生」を、「文学」として楽しめる訳になっていると思います。井伏訳では一人称は「わし」だったドリトル先生。そういえば。それが、「わたし」になるだけで、随分変わる。ドリトル先生がどんな人か、イメージが変わってしまう。物語を追っていくと、「わたし」の方がしっくり来るなと思います。ドリトル先生は小太りですが、闘牛のシーンにしろ、遭難のシーンにしろ、クモサル島での戦いのシーンにしろ、結構体力もあるし運動神経もいいのではないのかと思う。

 ドリトル先生の助手となり一緒に旅に出たトミー。ドリトル先生やオウムのポリネシアの元で字や算術、動物の言葉を学ぶ。ドリトル先生の元で成長を実感し、自信をつけていく。しかし、船が遭難した際、ドリトル先生と離ればなれになってしまう。その時の不安の表現は、トミーはまだ子どもなのだと思う。
 先のシリーズになってしまうが、月3部作では、ドリトル先生はトミーのことを案じてトミーを置いて旅に出ようとする。しかし、トミーはこっそりとついて行く。ドリトル先生がトミーが付いてきたことを知った時安心していた。また離ればなれになった際、トミーはドリトル先生のことを心配しつつも自分にできることをしていた。
 「航海記」ではトミーとドリトル先生の冒険は始まったばかりだが、トミーがいてこそ、ドリトル先生は旅に出られるのだと思う。少しの間だけ離れた2人だが、2人の絆の深さを実感する。

 ドリトル先生は、誰にでも親切で、人道的で、公平。クモサル島で王様になってしまったドリトル先生は、住民たちのためにあらゆることをする。島の住民は火を知らず、食物を調理して食べることを知らない。文明というものを教える。しかし、ドリトル先生は博物学者としての研究ができなくなってしまった。そんなドリトル先生をあわれみ、何とかクモサル島を脱出してイギリスに帰らせたいポリネシア。ドリトル先生をイギリスに帰る気にさせるも、王様になった限りはその務めを果たしたい。住民たちを豊かにしたい。自分がいなくなったら、またこの島は文明と切り離されてしまう…。ドリトル先生が島から離れることを決意し、島を去るシーンが印象的だ。今回は、このクモサル島での暮らしと別れが強く印象に残りました。

 あとがきを読むと更に楽しめます。パドルビーはどこにあったのか。「Do little, Think a lot」の意味するもの。そういう読みがあったのか。とても面白いです。「航海記」だけじゃなくて、ドリトル先生全シリーズの新訳を出してくれないかなぁ、新潮社さん。

【過去記事】
・河合新訳・角川つばさ文庫:ドリトル先生航海記 [河合祥一郎:新訳]
・井伏訳・岩波少年文庫:ドリトル先生航海記
by halca-kaukana057 | 2019-09-05 22:19 | 本・読書
 以前、「満願」を読んで作者の米澤穂信さんのことを知りました。米澤さんの代表作でデビュー作と言えば、「氷菓」に始まる「古典部」シリーズ。タイトル、「古典部」シリーズのことは名前は聞いたことがあったけど中身はよく知らない。アニメ本編も見たことはない。気になるから原作を読んでアニメも観てみようと思っていたら…こんなことに…。
満願


氷菓
米澤 穂信/KADOKAWA、角川文庫/2001(初版は角川スニーカー文庫、2001)


 高校に入学した折木奉太郎。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとする「省エネ」主義者。これといって趣味もなく、何かに活力を持つことを浪費と思っている。そんな奉太郎は、世界中を旅している姉の供恵から、彼女が所属していた部活「古典部」に入れという手紙が届く。部員がおらず廃部寸前の「古典部」を守りなさい、と。
 その通りに古典部に入部した奉太郎は、部室の地学講義室に向かう。鍵を開けると、一人の女子生徒がいた。同じ新入生の千反田える。さらに、奉太郎の旧友の福部里志もやって来る。えるは鍵を持っていないのに講義室の中にいた。その時鍵は開いていたという。奉太郎がやって来るまでえるは部屋に閉じ込められていた…えるは疑問を持つ。

 ミステリーものと聞いていて、人が死んだりするのは全く駄目ではないがあまり気分がよくないなぁ…と思っていたが、そういう話はない。あらすじにも書いた、えるが教室に知らない間に閉じ込められていたこと。些細なことで、まぁいいかと流してしまいそうなことだ。えるには何も危害もなく、奉太郎も困ることも何もない。でも…。えるの一言「わたし、気になります」ここから全ては始まった。

 ミステリー、推理ものは殺人事件ばかりではない。「シャーロック・ホームズ」シリーズも殺人事件だけではない。よく考えてみると奇妙なことも依頼される。(そんな奇妙な話をうまく学園ものにアレンジした三谷幸喜:脚本のNHK人形劇「シャーロックホームズ」は素晴らしい、本当に面白かった)
 ほんの小さな違和感。些細な出来事。日常生活に埋もれて、そのまま見過ごして通り過ぎてしまうようなこと。そんな「日常の謎」に、「わたし、気になります」と興味を持つえる。情報通で様々な知識を提供する里志。えるの好奇心から逃れたいと思いつつも、興味を持ってしまい、それらをまとめて、推理する奉太郎。ホームズは、「君はただ眼で見るだけで、観察ということをしない。見るのと観察するのとでは大違いなんだ。」と言う。ただ「見て」いないで、「観察」した上で「気になる」と言うえる。「観察」して答えを導く奉太郎。とても面白い。導き出された答えも、日常の些細なこと。でもよく「観察」すれば面白い。奉太郎がこんなに推理力があるのは何故なのだろうか。成績もとてもいいわけではない(学業に関しても「省エネ」だから)。そのあたりは後のシリーズで明かされていくのだろうか。
 「古典部」にはもう一人、奉太郎の幼なじみの伊原摩耶花も入部する。私はまだ摩耶花のキャラがつかめていない。これも後々か。

 「古典部」の活動は特に決まってはいない。ただ、文化祭で文集を出すことが伝統となっているらしい。この文集と、えるの過去、家の話が大きな謎に向かっていく。
 最初読んで、随分堅い、古めかしい言葉遣いをする高校生だなと思った。奉太郎も、里志も、えるも、摩耶花も。でも、この雰囲気が彼らの通う高校・神山高校の雰囲気に合っているし、この大きな謎に対してちょうどよく感じる。
 前の記事の「ファースト・マン」、アポロ11号の月面着陸は、私にとっては歴史だ。でも、当時リアルタイムで生中継を見ていた人には実際の体験だ。このある過去についての「歴史」と「実際の体験」の差。私にも、奉太郎たちにとっても「歴史」だった出来事が、文集の謎を解くことで、「実際の体験」にはならなくても、もう少し身近な「過去の実際の出来事」になる。それが、今現在や未来につながることもある。不思議だなと思う。

 「古典部」に入ったことで、「省エネ」だった奉太郎に変化が。奉太郎は、青春を「薔薇色」と表現し、一方自分は「灰色」と例えている。こんな箇所がある。
俺だって楽しいことは好きだ。バカ話もポップスも悪くはない。古典部で千反田に振り回されるのも、それはそれでいい暇つぶしだ。
 だが、もし、座興や笑い話ですまないなにかに取り憑かれ、時間も労力も関係なく思うことができたなら……。それはもっと楽しいことではないだろうか。それはエネルギー効率を悪化させてでも手にする価値のあることではないだろうか。
 例えば、千反田が過去を欲したように。
(180ページ)
 奉太郎がえるの過去や叔父のこと、そして文集のことで触れたことは、奉太郎の「省エネ」とは正反対のことだった。それは、「薔薇色」とはちょっとちがうけれども、熱意がある。その熱意を受け取った奉太郎。今後、どう変化していくか楽しみ。
 続きのシリーズも読みます。


 では、アニメの話も少し。ちょうど小説を読んでいたら、GYAO!でアニメが配信開始されました。

GYAO!:アニメ:氷菓

 観てみました。まだ2話までしか観ていませんが面白い。原作を絵にするとこうなるんだなぁ、と思う。伏線、推理の鍵となるものが何気なく登場しているのがいい。ああ、これか、と。登場人物の口調も上述の通り、高校生にしては堅い、古めかしいが、今風のキャラデザのアニメに合うのがすごい。「古典部」の世界だと思えてしまう。アニメで観るとまた違う。面白さが倍になる。アニメも最後まで観ます。
 オープニングの映像もきれいで、Chouchoさんの歌もいい。奉太郎のことであり、えるの願いのようにも思える。そして、オープニングを観ていたら何故か涙が溢れてきた。ちょっと切ない歌のせいだろうか。それとも、スタッフクレジットを読んだせいだろうか。事件が起こった時はとにかくショックだった。このブログでも、「けいおん!」や「日常」を取り上げてきた。大好きなアニメだ。何かできることはないかとささやかだが募金もした。他のアニメを観ていても、大勢のスタッフさんたちがいて、このアニメはできているんだと思うようになった。この「氷菓」は、アニメそのものも面白いけれども、作り手のことを思わずにはいられない。アニメ「氷菓」は、その意味でも見届けたい。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
by halca-kaukana057 | 2019-08-26 22:54 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30