人気ブログランキング |

カテゴリ:日常/考えたこと( 231 )

初夏のあじさい

 こちらは今あじさいが見頃です。
f0079085_22183766.jpg


f0079085_22184527.jpg


同じ青でも色合いが違います。他にもピンクや赤、紫もそれぞれの色が違っていて、どの花も見ていて飽きません。この画像を撮った時は晴れていましたが、あじさいはやはり雨が似合います。雨のあじさいも撮りたいです。
by halca-kaukana057 | 2019-07-09 22:21 | 日常/考えたこと

初夏のバラ

 今日は雨で寒く暗い1日。とにかく寒い。こんな日は撮って寝かせておいたバラの花の画像を見て気分を明るくしましょう。
f0079085_21534695.jpg

 明るくはっきりとしたピンク。

f0079085_21534585.jpg

 薄い紫なのですが、日の光でピンクっぽくも見える。

f0079085_21534534.jpg

 黄色にピンクも混ざったきれいな色。

f0079085_21534604.jpg

 白にピンク。こういう色合いが好きです。

 その季節の花や植物を愛でる。その時しか咲かないからこそ。
by halca-kaukana057 | 2019-06-16 21:56 | 日常/考えたこと
 エキサイトブログには簡単なアクセス解析がある。検索ワードは部分的にしかわからない。「簡単な」というよりは、「本当にちょっとした、目安にしかならない」と言った方が合っているのか…。それでも、こんな記事が読まれているんだな、こんな検索ワードで来たんだなというのは一応わかる。まぁまぁこんな辺鄙なブログによくいらっしゃいました…お気に召したらゆっくりしていってください…という気分です。

 少し前から、こんな検索ワードで来ている方がいらっしゃるようだ。

「○○よりも△△の方が…」

 「…」の部分は、検索ワードが長すぎたためか省略されていてわからない(これが仕様だから…まぁ仕方ない)。でも、どちらかを比較して、どちらかがよかったとか悪かったとかそういう内容だろう。
 
 何かと何かを比較する。比べて、両者の良し悪し、優劣を決める。あまりそういうことを明言したくないなと思う。そういうことを全く思ったことがないわけではない。好きな人、もの、作品、世の中にあるもの何でも…好きなものは評価されていて欲しいと思う。私だけでなくて、他の人も好きだったらいいな、いいと思ったらいいなと思う。その好きなものへの思い入れが強ければ強いほどそう思う。
 また、その好きなものが何らかの理由で失われてしまった(終了した、引退した、死去した、消失した、遠い過去の作品で覚えている人が少ない、マイナーで知っている人がほとんどいない、自分で手放した、等)時の虚しさ、「ロス状態」の辛さ、苦しさは計り知れない。辛くて辛くて、その反動で、似たようなものがあると比較してしまったり、勝手にライバル視してしまうこともあった。
 好きなものを語る際、好きなものを「上げる」ために、他の似たようなもの、同じジャンルにあるものを貶すことはファンとしての品位を下げることだ、マナー違反だ、という話はよく聞く。その通りだと思う。が、口にしなくても心の奥底でそう思ってしまうこともある。自戒をこめて。

 何かと何かを比べるというと、クラシックは厄介なジャンルだと以前から思ってきた。同じ作品を、数多くの演奏家(指揮者やオーケストラなどの団体も含める)が演奏する。CDでも、演奏会でも、聴いた後には感想が出てくるのは当たり前。その中には、「前のAの方がよかった」「Bよりもよかった」等と他と比べる感想もある。悪いこととは思わない。否定はしない。上述した、好きなものを「上げる」ために他のものを貶すことさえしなければ。ただ、その比較されたものが自分の好きなものだったら悲しくなる。あと、自分の好きなものと比較されなくても、「Cは最高」とか、自分の好きなものが出てこないと、眼中にないのかな、忘れ去られているのかな、そもそも興味すらないのかなと思って悲しくなってしまう。自分自身に対して、そんなことをいちいち思わなくても、と今では思う。もちろん独りで思うだけなので、抱え込んでしまって余計に辛くなる。ツイッターをしていた頃は、そんな同曲異演の比較の感想があると読むのが辛い、苦手だなと思った。こういう同曲異演の比較の感想は私には向いていない。ツイッターを辞めた理由のひとつでもあります。

 それでも、「私はこっちの方が好き」という表現を、私が全くしないかといえばそうでもない。もっと簡単なこと…今日のお昼はサンドイッチとおにぎりのどっちを食べたいか。その日の服装を選ぶのに、色は黒か白かどちらにしようか。生きていく上で「選択」することからは逃げられない。当たり前に存在する。この時、両者(複数)を比較して選択することはやっぱりあるんだ。
 そこで…何故比較するのだろう。その比較する気持ちの根底に何があるのか。

 私は、「私の好みに合っているから」からだと思う。私は優劣や良し悪しで決めているのではない(日用品や家電などは使いやすさの良し悪しから判断することも少なくないが、使い勝手も「私の好み」に入ると思う)。私の好み…価値観ともいえる。その好みや価値観が何故こうなったのか説明するのは難しい。私の感情の根底にある好みや価値観に合うから好きなんだ。他のものが好きな人は、その人の好みや価値観に合っているから好きなんだ。対立する必要も、ケンカする必要も無い。ライバル視する必要も無い。こう考えると心がラクになる。

 私は、自分の好きなものを誰かに話すのが苦手だ。その相手が私と同じものが好きだとわかっていれば話せる。でも相手が何が好きかわからない状態だと、私の好きなものが相手は嫌いかもしれない。話すことで関係に亀裂ができたらどうしよう、と思ってしまう。でも、反対に、相手の好きなものは(自分の好みに合わなかったとしても)否定しない。それがその人の好み、価値観なのだから。寛容でいたいと思う。ただ、相手の好みばかり聞いているのも不釣合いなので、自分のも少しずつ出していけたらと思う。

by halca-kaukana057 | 2019-06-13 22:05 | 日常/考えたこと

北国の春 2019 その2

 5月も半ばを過ぎ、心地よい季節です。暑くなく、寒くない。新緑が青々していて、とても爽やかです。春の花の写真をまとめて。

・前回の記事:北国の春 2019

f0079085_22183983.jpg


f0079085_22184152.jpg


f0079085_22184403.jpg

 ソメイヨシノで花見をしたら、八重桜でも花見をしたいと思います。十五夜(中秋の名月)のお月見をしたら、十三夜のお月見をしないと「片見月」で縁起が悪いと思うような…(勿論そんな説はありません)。ソメイヨシノとは違う豪華な花がきれいです。八重桜といっても色々あります。2枚目の桜は、薄いピンクに黄緑色も混じっていて、そのグラデーションがきれいでした。

f0079085_22185210.jpg

桜を見上げていたら、月を見つけました。桜と白い月の共演。

f0079085_22190524.jpg

 八重桜の次はライラック(リラ)。大好きな花です。紫色も爽やかな色できれいですし、近寄るといい香りがします。画像はないですが、ナナカマドの白い花も。

 爽やかで穏やかな春、というよりもう初夏です。急に暑くなったり、大気が不安定で大雨の地域もあります。落ち着いた初夏になればと思っています。
by halca-kaukana057 | 2019-05-19 22:37 | 日常/考えたこと

令和元年のはじめの日に

 新しい時代が始まりました。今日のお天気は曇り雨でしたが、気温は涼しく、清々しい一日でした。
新しい時代が、平和で、災害の少ない、全ての人にとって幸せな時代となりますように。寛容で多様化を認め合える時代になりますように。

 先日、桜を見に行った時、梅の花も咲いていました。「令和」の典拠となった一文に出てきます。

「時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」

f0079085_21552698.jpg


f0079085_21551949.jpg


 桜もきれいでしたが、白梅もたくさんの花を咲かせて、美しかったです。今日も外を歩いていて、色とりどりの花が咲き、緑も増えてきました。そんな季節に改元してよかったなと思います。
 豊かな文化を美しいと思う心が大事にされる時代になればいいなと思います。

 即位された天皇陛下は、ヴィオラ奏者として有名です。ヴィオラ好きとして嬉しいです。ヴィオラの作品をこれからさらに聴いていけたらと思います。
by halca-kaukana057 | 2019-05-01 22:04 | 日常/考えたこと

北国の春 2019

 春がやって来ました。今年は急に暖かくなったと思ったらまた寒くなり…寒暖の差が激しかったです。身体には辛い。
f0079085_21374435.jpg


f0079085_21374944.jpg

 ソメイヨシノ。のんびりと桜を眺めて、お花見を楽しんでいます。

f0079085_21375524.jpg

 しだれ桜。濃いピンクの花がきれいです。

 毎年、冬は寒く雪も多く、本当に春が来るのだろうかと思ってしまいます。でも、徐々に雪の日は少なくなり、寒暖を繰り返しながら暖かくなります。雪も融け、地面が見え、クロッカスや水仙が咲き始めます。そして桜。冬がどんなに寒くても、春はくるんだなと思います。
by halca-kaukana057 | 2019-04-28 21:51 | 日常/考えたこと

自分にできることを

 3月11日。東日本大震災から8年が経ちました。もう8年、いや、まだ8年。その8年の間に、他の地域でも大きな災害がいくつも起きてしまった。全国各地で避難生活を続けている方々、被害を受けた方々のことを思うと心が痛みます。

 震災関係のニュースで、震災のことが忘れ去られてきているのが問題になっていました。震災の教訓は引き継いでいかなければならない。災害が起こった時、自分と大切な人の命を守るために。現在も苦しい想いをしている方々のことは忘れてはならないと思う。震災の夜、余震が続き、停電になり、雪が降り寒くて、心細く不安に過ごしたこと。普通の日常がいかに大切かということ。この記憶も忘れてはならないと思う。一方で、忘れたいこともある。震災後の混乱の日々。正直辛かった。

 震災に関しては、今困っている被災された方々を支援したいと思っています。生活を再建できるように。私ができることといえば募金ぐらいです。賛同しているプロジェクトもあります。

スターバックス コーヒー ジャパン:震災復興支援 ハミングバードプログラム
 「ハミングバード」カードで、震災で親を亡くした子どもたちの進学を支援する「公益財団法人みちのく未来基金」に寄附ができます。カードを買うとまず100円寄付されます。5月14日まで、カードを使うと商品代金の1%相当額をスターバックスが寄付します。時々スタバを利用しますが、「ハミングバード」プログラムの時期はコーヒーなどを飲みたくなったらスタバを利用するようにしています。(お気に入りはチャイティーラテや各種ティーラテなどのお茶系が多いです。コーヒーもディカフェがあるのでありがたいです)
f0079085_23015845.jpg

2015年、初めてカードを使いました。その後カードを使いまわしていたのですが、昨年は新しく購入。今年も購入しました。
震災で進学を、夢を諦めることになった若い人も少なくないと思います。これで、少しでも力になれればと思っています。

 また、昨年仙台に行った時、お土産に買ったものがあります。
f0079085_23065396.jpg

 左のお花のブローチは、「East Loopプロジェト」によるもの。
East Loop
 被災された方々が手仕事を通じて、収入を得たり精神的なサポートになるように取り組んでいるとのこと。私もかぎ針編みを始めたので、その参考の意味でも買いました。可愛いです。サイトには「手を使った仕事は、悲しみが癒され、心のケアにつながる効果もあるといわれています。」とあります。確かに、編み物などの手芸、手仕事をしていると無心になれ、何かイライラすることや悲しいことがあった時にはその感情が和らぐとも感じます。心の支えになっていればいいなと思います。

 右は一筆箋。「Watalis」という宮城県亘理(わたり)町で立ち上げられたブランド。古い着物地をリサイクルした小物などを製作・販売しています。
Watalis
 着物の柄は、全て縁起のよい柄なのだそう。この一筆箋は、布地は直接使われていませんが、縁起のよい文様が散りばめられています。Watalisにかけたリスも可愛いです。

 今後も自分にできることをしていきたいと思っています。

【過去記事】
宮城の”今” 東日本大震災から1年半に
 宮城に復興ボランティアに行って来た時の記録です。

by halca-kaukana057 | 2019-03-11 23:26 | 日常/考えたこと
 今年ももう2月後半。もう、と言えばいいのか、まだ、と言えばいいのか。以前、面白い記事を読みました。
アパートメント:読むとデンタルフロスを使いたくなる本
 フィンランド出身のプログラマー、アンニさんによるエッセイです。フィンランドは読書量、図書館を利用する人の数が世界トップクラスといいます。図書館が充実しているのか、冬が長く屋内にいることが多いので読書をしやすいのか、教育面からのアプローチもあるのか…その辺はあまり詳しくありません。でもどれかは合っていると思う。

 アンニさんは、今年は本を沢山読みたいと目標を立てた。しかし、何冊読む、という目標ではない。アンニさんの友人と、いくつもカテゴリーを作り、そのカテゴリーの中に入る本を多く読んだ方が勝ち、というゲームだ。そのカテゴリーとは、こんな感じ。例として挙げます。
「絵本」
「短編集」
「アフリカを舞台とした本」
「主人公がチョコを食べる本」
「お母さんに勧められた本」
「読むとデンタルフロスを使いたくなる本」
 面白い。カテゴリーともいえるし、テーマともいえる。このカテゴリーに入る本を探すのも面白そうだし、偶然読んだ本がカテゴリーに当てはまるかもしれない。「読むとデンタルフロスを使いたくなる本」…どんな本だ。グルメ本とか?

 ということで、私も今からだがこの今年読みたい本のカテゴリー/テーマを作ってみようかなと思います。別に誰かと勝負しているわけではない。自分で設定して、カテゴリー/テーマに当てはまったら○。数は多い方がいいけど、出来そうなラインから。

 まだ全部ではないが、一部書いてみる。これ深く考えなくていいと思います。何となく、こんな本が読みたい、こんなことを学びたい、こんな本に出会えたら楽しい、その程度で。

・声楽の本(オペラや歌曲に関する本でもいいし、声楽のレベルアップに関する本でも)
・マーラーとブルックナー(今年はもっと聴けるようになりたい)
・イギリスの児童文学
・北欧の児童文学
・コーヒーや紅茶が飲みたくなる本
・ミステリー小説
・旅の本
・もっと学びたい天文学、宇宙開発
・宇宙にまつわる小説(SFでもファンタジーでも)
・ウェルビーイング、マインドフルネス
・大人の塗り絵、コロリアージュ(これは読むというより実際に塗る)

 とりあえず11個考えた。また追加するかもしれない。もう今年読んだ本で当てはまるものもある。これから読みたいと思っている本にもある。当てはまる本を見つけるのが楽しみです。漫画でも該当すれば加えます。

 積読はどんどん増えるのに、図書館から本を借りてきてしまって進まない…。
by halca-kaukana057 | 2019-02-19 21:53 | 日常/考えたこと

秋の紫陽花

 アジサイは、梅雨、夏の花。秋になったら枯れるだけ、と思っていたのですが、道端でこんなアジサイに出会いました。
f0079085_22590163.jpg


f0079085_22590788.jpg


 元の色は赤っぽい紫色だったのでしょうか。鮮やかな、渋い赤に惹かれました。濃い色のアジサイなら、枯れた時、違う表情を見せてくれているかもしれない。
 街路樹や公園の樹木はそれぞれの色に色づいています。ナナカマドの赤い実も鮮やかです。遠くの山は、晴れていれば紅葉しているのが確認できます。そんな秋の色が好きですが、素敵な秋の色に出会いました。

by halca-kaukana057 | 2018-10-19 23:05 | 日常/考えたこと
 先日読んだ本「羊と鋼の森」(宮下奈都)で思ったこと。感想記事にも少し書きました。この本を読んで思うことは色々あった。ピアノのこと、ピアノを弾いていた時のこと。そして、音楽のこと。
・その感想記事:羊と鋼の森
 上記記事から引用します。

 以前、今もまだ続いているが、聴いた音楽の感想が出てこなくなった時期があった。感想を出すのが怖いのだ。外村が調律がうまくならなかったらどうしよう、怖いと思ったように。この演奏は、「いい演奏」か「悪い演奏」か、叩き切るように判断できなければならないと思って、それがわからず、感想を言うのが怖くなった。感想が他の人…ズバッと感想を出している、しかも説得力のある感想を出している人と違えば、自分は間違っていると思えてしまう。その作品を初めて聴く、聴いたことがなくて、判断できないこともある。いい曲だとは思ったけど、感想は…?「いい」「よかった」、でいいの?それだけだと足りない、弱いのではないか。判断基準が自分ではなく、他の人になってしまい、音楽は聴いても、その感想を出すことはなかった。そもそも自分に判断する権利はあるのか。音楽経験も少なく、叩き切るような感想を出せるような説得力も知識も読解力もない。音楽を聴くのが辛かった時期を思い出した。

 過去にも、こういうこと、似たことについて、思うことがあって、ブログに書いたことがありました。
「優劣」はどこから来る?(2014.3.16)
読解大会、もしくは読解合戦(2015.3.5)
表現することが「わからない」(2016.1.5)

 かなり前から定期的に?思っていることですね。まだ、解決できていない、答えを出せていない、トンネルを抜けきれてない。

 これらを読み返して、「羊と鋼の森」も読み返して、考える。「羊と鋼の森」でこんな箇所がある。主人公の外村は駆け出しのピアノ調律師。高校生の時、偶然ピアノの調律に立ち会って、初めてピアノの調律に触れて、調律師になりたいと思った。山奥で生まれ育ったため、それまでピアノについて何も知らなかった。ひたすら勤務している楽器店のピアノを片っ端から調律し、先輩調律師について調律の現場で学び、夜はピアノ曲のCDを聴いてピアノ漬けの日々を送っている。そんな外村が生まれ育った環境ゆえ町の子どもたちなら当然のように触れられるものを、「あきらめる」「素通りする」ことが多かったと回想するシーン。
 
 あきらめようと思えるまでに時間がかかったものが、ひとつだけあった。絵だ。僕には絵がわからなかった。(中略)きれいだな、おもしろいな、と思うことはあっても、そこまでしかたどり着けなかった。きれい以外の絵のよさがほんとうにはわからない。先生からは好きな絵を一枚見つけるよう言われたけど、それも違うんじゃないかと思った。色がやさしいとか、なんとなく雰囲気が好きだとか、そういうことで絵を観ては間違うような気がした。
 もしかしたら、それでよかったのかもしれない。この絵が好きだと思えればそれでいい。いい気分になれればそれでいい。絵がわからないとか、そんな観方じゃいけないとか、自分で自分を窮屈にすることなどなかったのだろう。でも、僕はあきらめたのだ。絵は、わからない。わかったようなふりをしてもつまらない。
(95ページ)
 (中略)
 好きだとか気持ちがいいだとか、自分の中だけのちっぽけな基準はいつしか変わっていくだろう。あのとき、高校の体育館で板鳥さんのピアノの調律を目にして、欲しかったのはこれだと一瞬にしてわかった。わかりたいけれど無理だろう、などと悠長に考えるようなものはどうでもよかった。それは望みですらない。わからないものに理屈をつけて自分を納得させることがばかばかしくなった。
(96ページ)

 外村の絵の観方は間違いではないと思う。自分で自分を窮屈にしていると思う(大ブーメラン、自分もです)。でも、外村には「わからなかった」。「わかったようなふりをしてもつまらない」。自分の観方は間違っている。そんな考えから抜け出せなかった。この外村が悪いわけじゃない。どんなに間違ってない、それでいいと認められたとしても、自分で納得がいかなければ本気になれない。自分に無理強いしても辛いだけだ。
 でも、外村にとって、ピアノは違った。わかるとかわからないとかという基準のものではない。わかりたい、あきらめたくない。自分にとって要るものはこれ、ピアノだ。

 私も、音楽にしろ絵にしろ本にしろ、感想が出てこなかったのは「わかったふり」をするのが怖かったのだと思う。そんな観方、聴き方、読み方じゃいけないと、自分を追い詰めていたんだと思う。何がきっかけで…他者の優れた(これも私の主観としか言いようがない)感想に比べて自分はここまでしか読み込めないのか、と落胆したこと。感想を出すなら、もっと立派で説得力のある、独創性のある、誰が読んでも面白いものを…。これは、理想ではあるけれども、「自分の中だけのちっぱけな基準」じゃないかとも思う。感想を書いて、何をしたいのか。かつてはツイッターをしていて、共有を意識していたけれど、それはもう終わった。このブログでは、コメント欄も閉じている。誰かと感想を交わしあいたい…自分の感想もままらないのに、誰かの感想を受け止める心の余裕は今の私にはない。まだ、ここのコメント欄は閉じていたい(他にも理由はありますが)。自己顕示欲…少しはあると認める。ないわけじゃない。でも有名になりたいとかは思わない。ただ自分が何を考えているか、「何処」にいるのかを記したい。その際、ブログで公開する必要はあるのか、自分だけのノートに書くだけでもいいんじゃないのか、と思うようにもなってきてはいる。読み返す時、過去ログを探しやすい、公開することを意識するから、文章や、思考のまとまりに気を遣うなどの利点はある。コメント欄は閉じているけど、何かのきっかけで立ち寄った誰かが、同じ本を読んだり、音楽を聴いたりして、この人はそう思ったんだな、と読んでくれれば嬉しい。同じことを思った、それは思いつかなかったなどと思ったらもっと嬉。

 好きなものをとにかく語りたくて、始めたブログ。今もその気持ちは変わらない。ものすごく好きなものに出会えたら、それについて語りたい。共有とか共感とか関係ない。「自分の中だけのちっぽけな基準」「自分で自分を窮屈にする」ということは考えなかった。純粋な気持ちが前に出ていたけれど、書けば書く程、内容にも凝るようになる。それは、文章や読解の面の成長のあらわれだと思う。前よりも沢山読んだ、聴いたのだから、成長していって当然だと。過去の感想を読んで、今のものと比べて、劣化したと思うことがある。記事数、更新頻度が減って、衰えたと思ってしまう(辛い)。

 そんな状態ではあるけれど、本は読み続けているし、音楽も聴き続けている。面白い、いいなと思うものは次々出てくる。あきらめたくない。わかりたい。無理強いではない。好きだから。接して、やっぱり好きだと思うから。

 感想が出てこない、書けない。どうしたらいいか。
 ひとつ。今はもう他の人の感想を前もって読むことはなくなったのだが、まずは自由でいいと思う。恐れずに。自分の思ったことを、まず言葉にしてみたらいいと思う。
 ふたつ。私が劣等感を抱いているのは、読む本にしろ、聴く音楽にしろ、接したことのないものがとにかく多い。有名作品でも知らない、接したことがない、接したことはあるけど1回程度…経験値が足りない。とにかく沢山のものに接したい。クラシック音楽は大人になってから聴き始めた。ピアノは子どものころ習っていたけど、熱心ではなかったから、加点にならない。本も知らない作家ばかりだ。私はスタートが他の人に比べて遅いと思っている。だから、まず量を増やす。
 みっつ。言葉の語彙を増やす。多彩な表現ができるように、でもあるし、自分の中にある微妙な感情を、ぴったり当てはまる言葉を多く持っていたい。
 よっつ。「感想を書くため」と意識しない。意識すると出てこない。
 いつつ。関係ない、とバッサリ切り捨てない。どんなものも、どこかで何かしらに繋がっている。その繋がりがわかれば、読み解きも広がり深まり面白くなる。自分の接するものは、全て何かに繋がっている。
 まだありそうだけど、今はこの5つ。

 基準は自分がつくればいい。「こう思った」のなら、それが基準だ。基準はどんどん変化していくと信じて。言葉も、それにつれて変化、成長していく。鍛錬、修行だ。つらいこともあるけど、つらいことだけじゃない。楽しくて、好きだからやっている。つらい気持ちしか出てこなくなったらやめる。もし、そうなったら、このブログもやめる可能性があります。でも、今はそれは考えずに。自分で自分を窮屈にしない、難しくしない、つらくしない。

by halca-kaukana057 | 2018-05-13 23:00 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31