人気ブログランキング |

<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

せちやん

「せちやん―星を聴く人―」(川端裕人、講談社、2003)



 先日「竜とわれらの時代」で紹介した川端裕人。再読第1弾は宇宙がテーマの「せちやん」。以前一度読んで圧倒されてしまった。よく分からなかったところもあったので何度か読み返してみた。


 1970年代、中学生の「ぼく」(とおる)は膝を痛めて野球部を辞め、友達のクボキ、やっちゃんと放課後を過ごしていた。それぞれ家庭の中では息苦しさを感じ、なるべく家に帰る時間を遅らそうと学校の裏山で時間をつぶしていたのだった。その裏山で、ある日3人は不思議な家屋を見つける。パラボラアンテナに銀色のドームがある日本家屋。「摂知庵」と看板がかけられてあるその家の秘密を暴くべく、「ばく」たちはその家を見張り出す。何のための施設なのか想像をめぐらす中、ついに3人は家屋の主人と出会う。彼は摂津知雄、通称「せちあん」と名乗り3人に「せちやん」と呼ばれることになる。ある事情により仕事を辞めその家にひとり住んでいるせちやんは銀色のドームの中にプラネタリウムを作り、パラボラアンテナを電波望遠鏡にして「SETI」と呼ばれる異性人からの信号を探しをしていたのだった。一見冴えない中年男だが宇宙への夢を熱く語るせちやんにすっかり夢中になった3人は、学校が終わると「摂知庵」に入り浸るようになった。豊富な蔵書を読みふけり文学に夢中になったやっちゃん、大量のレコードを聴いてクラシックに興味を持ちせちやんが弾かなくなってしまったバイオリンを練習するクボキ、そして「ぼく」はプラネタリウムや異性人探しに夢中になった。ところが、ある事件をきっかけに3人は「摂知庵」に行くのを辞め、それぞれの道を歩むべく高校に進学。文学や音楽に夢中になっているやっちゃんやクボキと違い「ぼく」は再び野球を始めたが、それでもせちやんが教えてくれたことは色濃く頭の中に残っていた。そして「ぼく」の人生の様々なシーンでせちやんのことが思い出される。



 この物語全体に漂っている何かをつかもうとしてもつかめない虚しさ、孤独感に切なくなる。「ぼく」もやっちゃんもクボキも、そしてせちやんも登場人物それぞれ何かを追い求める。でも、それをつかめたとしても一瞬だけ。次の瞬間にはなにも残らない。まさに夢のようなはかなさ。どんなに手を伸ばしても天空の星まで手は届かない。この物語の「宇宙」はそんな位置にあると感じた。

 そして、「宇宙」に向き合う時は誰もが孤独だということ。例え分かり合っている仲間がいたとしても深いところでは結局ひとり。そこから生じる不安や淋しさ。それをごまかすかのように、人間は何かに身を委ねる…仕事や芸術、恋愛や宗教などに。私も、こんなどうしようもない不安や孤独を感じることがある。例えば、死んだら何もなくなってしまうのだろうかとか、将来に対する不安とか。そんなことに悩んでいる時、ある方がこんなことを言っていた。「趣味なんかが無かったら生きていくのは大変だよ。いつも不安と向き合っていたら辛くて辛くて生きている心地がしないよ。そんな辛さをかわすためにも、人は色々なものに夢中になるのではないかな」と。その言葉を今読んでいて思い出した。せちやんや「ぼく」はSETIによってその孤独と向き合う。それがさらに孤独を思い知らせるものだとしても。その孤独感がだんだん深くなる物語の終盤がすごかった。

 宇宙ものであるけれども哲学や人の生き方、考え方が物語の中心になっていると私は読んだ。だから同じ宇宙ものの「夏のロケット」とはかなり雰囲気が違う。宇宙への思い・見方も一つとは限らない。こういう宇宙ものもいい。
by halca-kaukana057 | 2006-06-16 20:34 | 本・読書

ここが難しい

 前回の記事を書いて、ピアノをもっと真面目にやろうと練習している。現在練習しているのはブルグミュラー「シュタイヤー舞曲(スティリアの女)」、シューマン・ユーゲントアルバムより「楽しき農夫」。似たような感じの曲だけれども、「楽しき農夫」は左手がメロディーになっていて面白い。で、練習していると当然弾きにくいところ、必ずつまづく所が出てくる。その点について覚え書き。

<シュタイヤー舞曲>
f0079085_20373170.jpg

 はじめ「長い」と感じていたが、同じところの繰り返しばかりなので見た目ほど面倒ではない。スタッカートの軽快な音を出すのが苦手なので、そこがヤマになりそう。この写真の上の段、装飾符が付いている「ミ♯ファミー」が弾きにくい。装飾符がきれいに出ない。あと、下の段の「レ♯ドド↑ラ↓ラ♯ファ シソシシ」も何故だか弾きにくい。「シソシシ」のリズムが取れなくてしばらく困ってた。
 この曲、「クインテット」でも演奏されている(CDには入っていないけど)。表現はそのアレンジも参考にしよう。


<楽しき農夫>
f0079085_20453949.jpg

 右手の和音が大変。特にメロディーとなる音を抑えつつ和音を弾くのが。あまりこういうのに慣れていないので辛い。写真の部分がまさにそれ。始めは指が届かなくて困った。今は何とか届くけどやはり弾きづらい。右手と指は同じなのに。特に「ファ♭シレファレドー」の二度目のファ、右手で押さえていた鍵盤を左手で押さえることになるところ。手がごっちゃになる。

 どちらも両手は始めたばかり。まずはとにかく弾いて指に覚えさせること。
by halca-kaukana057 | 2006-06-14 20:53 | 奏でること・うたうこと
 そう言えば私のピアノに関する記事も書いていなかった。ちょっと自分の考えをまとめるために書いてみようと思う。


 私は子どもの頃ピアノを習っていた。子どもの習い事の範疇で、某大手Y音楽教室に通っていた。しかし、大の練習嫌いであまり練習せず小学1年から中学まで習ったのにバイエル程度しか弾けなかった。その後高校受験を理由に止め、その後は時々ピアノに触っても熱心に練習しようとは思わなかった。

 大学に入って、資格の取得のためにピアノ実技の授業をとることになった。久々のピアノ。その授業ではバイエルを進んだ。習っていた頃は教室オリジナルのテキストを使っていたからバイエルは知らなかった。その時、友達が弾いていたのを聴いてブルグミュラー(ブルクミュラー、ブルクミューラーとも表記されるのでややこしい)に出会った。バイエルから見ればかなり楽しそうだ。いいなぁと思いつつその授業の単位は取れた。ブルグミュラーには進めずに。

 大学卒業後、ブルグミュラーに再会した。NHK教育「クインテット」の中で演奏されていたのだ(番組内では「ブルクミュラー」と表記。ああめんどくさい)。ただ、室内楽にアレンジされているので原曲とはちょっと違う。でも、あの楽しそうなブルグミュラーそのものだった。番組の音楽を担当しているアキラさん・宮川彬良さんもブルグミュラーが大好きなんだそうだ。子ども向けの練習曲なんて思わせない、れっきとした芸術。そして私は決心した。独学で「ブルグミュラー25の練習曲」を弾いてみよう。ピアノ教室に通うお金も時間もない。でも、ひとりでも弾いてみたい。

 そして全音の青い楽譜を買ってきて練習を始めた。…結構難しい。「アラベスク」の左手の16部音符はすべるわ外すわひどい状態。ネットで弾くコツを探し、指の訓練にハノンも始めた。楽譜があっても実際の曲を聴かないと弾けないので、ブルグミュラーのCDも見つけて聴いてみた。そして、少しずつ弾けるようになる気持ちよさ。「無邪気」の最後の下降スケールとか、「こんな風にしたらどうだろう」と表現にも気を配ってみる。さらに面白くなる。侮れぬブルグミュラー!

 ブルグミュラーを進んでいった一方で、ちょっと長めの曲にも挑戦する。余裕が出てきたのか。「人形の夢と目覚め」に「エリーゼのために」。「エリーゼ~」が弾けるようになったのは嬉しかった。楽譜で見ると「うわ、難しそう」と思ったけどひたすら練習。ただ弾けるようになるのではなく、自分なりの表現を考え、試してみるのが楽しい。子どもの頃はただその曲を「弾けるようになる=合格する」ことしか考えていなかった。練習嫌いになるのも無理もないわ。

 現在、ブルグミュラーは「スティリアの女(シュタイヤー舞曲)」。「バラード」は「クインテット」で聴いてカッコイイと思い先にやってしまった。高音に突然飛ぶのに苦戦。とはいえ…、少し前から色々あったせいかあまり練習に熱が入らない。おかげで指が回らない→ヘタクソ→ますます練習したくない→さらに指が回らなくなる→さらにヘタクソ…と無限スパイラル状態になる前に練習しなければと思う今日この頃。

 ブルクミュラーの他にも「楽しき農夫」(シューマン「ユーゲントアルバム」より)に挑戦中。これも子ども向けのはずなのに奥が深いと思う。「金婚式」(マリー)も弾きたい。「クインテット」で惚れた。ああ、弾きたいという思いだけが空回りしている。いかんなぁ。

 なかなか巧くならないのも、練習から遠ざかっている原因かも。簡単には巧くなれない。でも、その奥深さが面白い。そう思って長く続けたい。
by halca-kaukana057 | 2006-06-10 21:14 | 奏でること・うたうこと
 先週から教育テレビもサッカーワールドカップネタが多い。まず「おかあさんといっしょ」の今週のズーズーダンスはサッカーカラスさん。来ると思いましたよ。前から何故にカラスなんだと思っていたのだが、そうか、日本サッカー協会のシンボルマークの3本足のカラス・八咫烏(ヤタガラス)にちなんでいる…に違いない。先週金曜のぐ~チョコランタンにもサッカー代表チームの話が出てくるし、今週のまねっこピーナッツもシュートのポーズ。むむむむむ。来週もこの勢いかな?再放送で無ければ。

 おかいつの話をしたので今月の歌「ガリダリシュッポン!」。ノリノリのダンスが楽しい!ゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんの衣装が素敵。この2人、結構こういう服装が似合うと思う。一昔前のロック風の。「あっちっちのフライパン」や「たこのくるんぱ」、「ドラネコロックンロール」…はちょっと別物? 2番の♪シュレロシュレロシュッポン シュビドゥワッパー♪の時、後ろに映っているお兄さん・お姉さん4人の似顔絵がいい味出してる。作詩のJUNさん作曲の羽岡佳さんのサイトがあったので参考に載せておきます。あと、NHK着メロサイトの試聴も。着メロのダウンロードについて詳しいことはこちらへ

 ところで今日の放送が突っ込みどころ満載だった件。ジャコビマンとか、コインちゃんにトイレの順番を譲ってあげた紳士なぱんくろうとか、やぎさんゆうびんで思い切り噛んでしまったゆうぞうお兄さんとか。子どもたちを前にして全て収録しているため、撮り直しは出来ないのです。


 ああ、大きく話がずれてしまった。ワールドカップに話を戻して、「クインテット」もサッカー一色。(多分)オリジナルソング「めざせワールドカップ」に、アキラさんのピアノ「あんたがたどこさ」(本人バージョン)。「めざせ~」はサッカーとトランペット、どっちも大好きなシャープ君らしい歌です。両方の曲の中に「アイーダ」の凱旋行進曲を入れるのも巧い。来週は「愛のあいさつ」で国際色を出したら面白いんじゃないのか?

 最後にそんなサッカーも大好きなシャープ君をイメージしてこんな絵を描いてみた。

f0079085_2126749.jpg


今日は頑張って色鉛筆で色を付けてみた。人形の髪形をそのまま忠実に描くのは難しいので勝手に変えてみました。もしシャープ君のユニフォームがあったら、ナンバーは勿論「♯」でしょ。

<追記>
 このシャープ君イメージ絵の髪型だけど、 こういうのではなくベッカムみたいな髪型かもしれないとワールドカップのニュースを見ながら思った。そっちの方が人形の髪型に近いかもしれない。今度はそれで描いてみよ。
by halca-kaukana057 | 2006-06-09 21:30 | Eテレ・NHK教育テレビ

ブラームス…その後

 以前ブラームスの曲がよくわからないと書いた。(以前の記事:「ブラームスはお好き?」) ヴァイオリン・ソナタが気に入ったので、少しずつ聴いていこうと思い私なりに色々手を出してみたり聴きなおしてみたり。するとだんだん好きな曲が増えてきた。うん、嬉しい。


 その中でもとにかく気に入っているのが「間奏曲op.117」。前回の記事でピアノ曲もよくわからないと書いたけど、そんなこと無かった申し訳ない! 「私の苦悩の子守唄」とブラームスが表現した通り、穏やかでしんみりとした私好みの曲。特に1曲目の変ホ長調のじんわりとした情景がたまらない。

ちなみにお気に入りの演奏はノルウェーのピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネス。公式サイトはこちら。ゆったりとしていて丁寧、落ち着いていて好印象。カップリング(こっちの方がメイン)のピアノ協奏曲第1番ニ短調(サイモン・ラトル指揮バーミンガム市交響楽団、EMI)はもう少し聴き込んでみる。アンスネスの他のディスクも聴いてみたら本当に気に入ってしまった。そのうちグリーグについても感想を載せる予定。関係ないけどこの頃「書く予定」って多いな、自分。どんどん溜まる…。

 この間奏曲だけでなく、交響曲第2番、第4番、ヴィオラ・ソナタも好き。じっくり聴いていこう。
by halca-kaukana057 | 2006-06-09 20:41 | 音楽

モーツァルトの協奏曲

 モーツァルトは結構好きだ。しかし、ピアノソナタや室内楽ばっかりでオペラや交響曲などオーケストラものはほとんど聴いていない。相変わらず偏った聴き方をしているなぁ…。それじゃあんまりだと思って、協奏曲から聴いてみることした。でも、数が多い。どれから聴いたらいいか分からない…。ええい、何となく目に付いたものを聴いてしまえと図書館から借りてきた。

 まずピアノ協奏曲。



「20世紀の偉大なるピアニストたち~ヴィルヘルム・ケンプ2」の中から「ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488」(フェルディナント・ライトナー指揮バンベルク交響楽団)

 ケンプは結構お気に入りのピアニスト。素朴な演奏が和むんだよなぁ。このCDに入っているバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」と「目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ」がいい。モノラル録音はあまり聴き慣れていないのだけど、それが素朴さをさらに高めている感じがして気にならない。この曲も和む。第3楽章のはつらつとした感じもいい。買うならこっちの27番とのカップリングでどうぞ。私も欲しい。





今度は木管楽器の協奏曲。

「クラリネット協奏曲イ長調K.622」(クラリネット:ジャック・ブライマー)、「オーボエ協奏曲ハ長調K.314」(オーボエ:ニール・ブラック)、「バズーン協奏曲変ロ長調K.191」(バズーン:マイケル・チャップマン)(サー・ネヴィル・マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ、Philips)

 木管楽器ののんびりとした音とメロディーが合う合う。クラリネット協奏曲は結構はまりやすい曲らしいが私もはまった。これは聴き込んだら楽しいぞ。元々はバセットクラリネットという普通のクラリネットとは違うクラリネットで演奏されていたため、現在のクラリネットで演奏すると結構大変らしい。バセットクラリネットでの録音もあるそうなので是非聴き比べてみたい。

 漫画「のだめカンタービレ」でも演奏されたオーボエ協奏曲。のだめは「ピンク色のモーツァルト」と言っていたけれども私にはよくわからなかった…。これも聴きこむ必要あり。そのうち「ピンク色」の演奏にめぐり会えるか?

 どちらかと言うとバズーン協奏曲の方が私の好み。普段はあまり表舞台に出てこないバズーン(ファゴット)のソロ演奏を堪能できる。とはいえファゴットの音色が元々好きというだけの理由なのだが。

 図書館で借りた程度なので今日はこの辺で。ピアノソナタでもそうなんだが、モーツァルトははまるとどこまでもずるずる引き込まれてしまう。聴き易いのもある。モーツァルトイヤーで皆騒いでいるのはそのせいなんだろうか…?
by halca-kaukana057 | 2006-06-05 21:52 | 音楽

便利、それとも利益?

 私の住んでいるところは田舎だと前にも書いた事があるけれど、大型ショッピングセンターはそれなりにあって不便には感じない。最近、あちらこちらで新しい大型ショッピングセンターやスーパーの建設予定が出てきている。今まで何も無かった場所に建設されるのは嬉しい。しかし、すぐ近くに同じようなショッピングセンターがあるのに新しく建設するのだ。車ならそう何分もかからない、自転車や歩きでも近いと思う場所に。

 確かに便利だとは思う。でも、そういくつもあって何をするのだろう。店は違っても、売っているものはそんなに違いはないし値段も少しの差だ。他の店にはないオリジナリティを出すわけでもない。地域住民、つまり店の客となる消費者が増えているわけでもない。そう思うと、企業は一体何を考えて店を出しモノを売っているのかよくわからなくなる。何のためにその場所に。便利さや「良いものをより安く」では説明しきれない。要するに利益の追求。儲ければ良い。他の企業に勝てればよい。勝ちの基準は勿論売り上げ。そんな利益優先の考えがこんなにも拡大してしまっていると思うと嫌な気分になる。大きければ、珍しいならばいいってもんじゃない。
 

 一体住民が何を望んでいるのか、本当にその場所に店を出す必要があるのか。店を出すならばどんな店がいいのか。店を出すことで渋滞や自然環境等住民にとって迷惑の原因にならないか。地域に受け入れられる店になるためにも、企業にそれを考えて欲しいと思った。
by halca-kaukana057 | 2006-06-05 20:21 | 日常/考えたこと

竜とわれらの時代

「竜とわれらの時代」(川端裕人、徳間書店、2002、ISBN:4-19-861585-3)




 私が大好きな作家のひとりに、川端裕人という作家がいる。何年も前、「夏のロケット」という小説を読んでファンになってしまった。作家とはいえ、日本テレビの科学担当の記者だった為科学関係の小説が多い。この「竜とわれらの時代」も科学系の小説のひとつ。とにかく長かった。でも科学の面から見ても、純粋に小説として読んでも面白い。



 高校生の風見大地は恐竜の化石の発掘を夢見る「恐竜オタク」。父の実家である手取郡に引っ越してきて、弟の海也と山を歩き中生代の地層の露頭を見つけては化石を探して調査をしていた。ある日大地と海也、それに大地のクラスメイトの美子で竜脚類の歯の化石を発見する。もしかしたら恐竜の骨格の化石も見つかるかもしれない。そうなるとアマチュアではどうしようも出来ない。大地は美子の提案で、将来古生物学者になってその時に発掘することに決めた。

 数年後、大地は大学卒業後アメリカに渡り、古生物学者のクリス・マクレモア教授のもとで学んでいた。そしていよいよ教授の研究室によって、昔大地と海也が化石を発見した場所の発掘が始まろうとしていた。一方手取では、海也は大学卒業後父の実家に戻り、手取に伝わる竜神を祀る檀家のひとりである祖母・文ばあと共に住み農業を営んでいた。美子も手取に戻り、役所に勤めている。大地やマクレモア教授の研究室のメンバーたちが発掘を進め、その新種の大型竜脚類は「テトリティタン」と名づけられた。しかし、ある日そのテトリティタンの化石がごっそりと盗まれてしまう。さらにアメリカにいるマクレモア教授も小包爆弾で殺害されそうになるが、発掘の資金を援助するある科学財団に助けられる。その科学財団にはある狙いがあったのだった…。



 ストーリーに沢山の複線が張られていて、謎が謎を呼ぶミステリー状態。その科学財団の謎、マクレモア教授の命を狙う集団の謎。さらに科学と宗教の対立や国家や文化に関する問題など、社会的な課題にも深く考察してある。このスケールに圧巻。キリスト教とイスラム教の対立、また聖書に関する論議は両宗教をよく知らない私には難しい。でも、それに対して手取の竜神の話を出してくるのは面白い。竜神伝説なんて非科学的と思ったけれども、いいところで説得力を持ってくる。恐竜に対する新たな見方が出来る。

 テトリティタンに関する大地たちの研究も凄い。固定観念を見事にぶち破ってくれる。フィクションのはずなのに、しっかりとした科学的根拠を丁寧に解説してあるので本当にこうではないかと納得してしまう。(理系に憧れる)文系の私にも科学者の考え方が手に取れる。

 ちなみに、文庫版(徳間文庫刊)も出ているのですが、文庫版も分厚い。文庫なのに普通の単行本みたいだ…。読んだ後、その文庫版の表紙を見ると「ああ、なるほどね!」と思った。

これ。読んで納得してみてください。長いけれどもお薦めします。

 そう言えば、このブログで川端裕人の作品を紹介するのは初めてだった。紹介した気でいたんだが、ブログを始めてから読んでいなかったか…。そのうち他の作品も再読して感想を載せる予定にしておきます。

*nanikaさんのブログよりトラックバックをいただきましたので、リンクを貼っておきます。
「本だけ読んで暮らせたら:『竜とわれらの時代』」
by halca-kaukana057 | 2006-06-02 13:33 | 本・読書

旅へ

 久々にイラストを描いたので載せてみる。とは言え、またいつもの鉛筆描き。色を付けてみたいのだけれども、何を使えばいいのやら…。ペンタブ?そんなものは持っていないし、使い方も面倒そうでちょっと…。

f0079085_21401115.jpg


 旅に出る時の楽しさと不安が入り混じるあの感覚が好きだ。そう年に何度も行ける訳でもないので、時折その感覚を味わってみたいと思う。そんな時は少しだけ遠出。近くでも行ったことの無い場所や、行ったことはあるけれどもまだまだ発見がありそうな場所とか。それだけでも十分楽しい。ちなみにスーツケースで微妙に自己主張中。

 エキサイトネームカードで画像容量が1GBに増量したから、これからは容量を気にせず載せられるぞ。


 尚、この記事はエキサイトネームカード情報局:合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!にトラックバックしています。なんと、100万円の旅行が10名に当たるのだそう。当たったら…勿論フィンランドに行きます!本当は来年のシベリウスイヤーに行きたいのだが、懸賞で当たるならいつでも!うわー、ヘルシンキは勿論のこと、ヤルヴェンパーのアイノラは絶対行く。あとはラハティも結構見所あるんだよなぁ。ラハティ響だけじゃなく、本拠地のシベリウスホール、前の本拠地でアアルトが設計した聖十字教会、毎年スキーワールドカップが行われているジャンプ台も。普通のツアーじゃ絶対ルートには入りませんから。
by halca-kaukana057 | 2006-06-01 21:48 | イラスト・落描き

スポンジワイプとは?

 先日、こんなものを見つけた。
f0079085_2113151.jpg


 レーナ・M・カールソンというスウェーデンのテキスタイルデザイナーがデザインしたスポンジワイプです。いつもはフィンランドのデザインに注目していますが、同じ北欧諸国ということで。スポンジワイプ、あまり聞き慣れない名前。何だろうと調べてみた。ここによると、コットンとセルロース、つまり植物繊維から出来た紙のような布。要するに台ふきん。スポンジと布のよさをうまく取り入れている。しかも自然素材から出来ているので自然に優しい。さすがは環境先進国。それにこの可愛いデザイン。たまらん。

 しかし、ちょっと使うのも勿体無いな…と貧乏くさいことを考える私。こんな可愛いのだし…。そう思ってこんな風にしてみた。

f0079085_21104352.jpg


 はい、壁に飾ってみました。こういう使い方もなかなかいいかも…。そのうち台ふきんとして使ってみようかな。しばらくはこうしておこうかな。


Trackback for:「馨しの北欧プロダクツ:万能布巾?!スポンジワイプ」
素敵な北欧デザイン製品がいっぱいあります。
by halca-kaukana057 | 2006-06-01 21:21 | フィンランド・Suomi/北欧

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー