人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 1998年に打ち上げられた、日本初の火星探査機「のぞみ(PLANET-B)」。火星の大気を調べる探査機として注目されていたが、火星へ向かう軌道へ投入する際にトラブルが起き、持ち直すも更なるトラブルで火星周回軌道に乗せることが出来ないままミッションを終了することになってしまった。その「のぞみ」のドキュメント・ノンフィクションであるのがこの本、「恐るべき旅路」です。以前紹介した「宇宙へのパスポート3」の著者の一人、宇宙開発ジャーナリスト・松浦晋也氏によるものです。おお、期待。


恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―
松浦晋也/朝日ソノラマ/2005

 日本初の惑星探査機開発を目指し、PLANET-Bの構想が動き出したのが1975年。その時は、火星ではなく金星探査機としての構想だった。その後、調査内容の変更により目標は金星から火星にシフトする。火星を目指す探査機の開発と共に、宇宙科学研究所(ISAS)はそれに見合ったロケット「M-V」を開発し…と道のりは長い。さらにロケットの推進力に合わせて探査機を極限までダイエットさせたり、ロケット開発の遅れと火星の動きに合わせて複雑な軌道を計算したり…と困難は尽きない。「のぞみ」に関わった多くの研究者・技術者の話が、その困難な状況をリアルに物語る。私はこんな話が大好きだ。ハードなメカニックの陰にある、ソフトな人間の思考と感情と、そのメカニックに託している想い。その息遣いが蘇ってくるようで、科学者・技術者はカッコイイと心から思わずにはいられない。さすがは松浦晋也氏。


 そして、この「のぞみ」にはもうひとつ重要なミッションがあった。それが、27万人の名前が刻印されたプレートを火星へ運ぶことだ。今まさに地球へ帰還中の小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」や、この夏に打ち上げられる月探査衛星「セレーネ(SELENE)」でも、衛星に募集した人々の名前を載せるということをしているが、「のぞみ」はその最初の試みだった。集まった署名は27万件。今はネットで募集もしたが、「のぞみ」の時はハガキのみ。そのハガキに名前と共に書かれた人々の想いについても、この本で取り上げている。家族や恋人、友人、クラスメイト、亡くなった家族や両親・親友の思い出や宇宙への夢などなど、「のぞみ」は「宇宙灯篭流し」という役割も担うことになった。間章にある、名前と共に送られてきたメッセージを読んでいたら、思わず涙があふれてきた。ひとつの探査機の小さなプレートに、27万もの人々の想いが詰まっている。そのメッセージがあまりにもストレートにその人の人生を物語っていて、そしてその27万の全ての想いは火星へ向かっている。こんなに多くの人々が、この「のぞみ」の企画をきっかけに火星に、「のぞみ」に関心を寄せている。そして、科学主任である山本達人氏の訃報。探査機の開発に尽力していた途中病に倒れ、打ち上げ前にこの世を去ってしまったのだ。そんなことを読みながら考えていたら、涙が止まらなくなってしまった。

 

 そして打ち上げ、「のぞみ」は火星へ向かう。順調な飛行だったが、火星へ向かう軌道変更時にトラブル発生。軌道は修正できたが、燃料不足のため火星周回軌道に乗せることが困難になる。そのトラブルの原因が、軽量化や部品のひとつや、順調すぎた飛行を楽観視しすぎたことなど、しっかりと分析している。一言で言ってしまえば「失敗」。メディアもその「失敗」した結果だけを大きく報じるけれども、何が不十分だったのか、どんな対策を打てばよかったのか。プロジェクトチームもしっかりと分析・反省している。その部分はなかなか報道されない。そこをじっくり考える上でも、この本はとても重要なところをついていると思う。また、JAXAは「のぞみが遺したもの」で、探査によって得られたこととトラブルのことについてまとめている。

 現在、「のぞみ」は、火星と似た軌道で太陽を回る人工惑星になった。27万件の名前は火星には届かなかったが、宇宙を飛び続けている。
by halca-kaukana057 | 2007-05-17 21:26 | 本・読書
 先日、チェリストで指揮者でもあったロストロポーヴィチ氏の追悼記事を書いたのだが、garjyuさんのブログ「一年365枚 ver.2.0」にて「勝手にロストロポーヴィチの日」という面白い企画を見つけたので参加してみることにします。


 
 その前回の記事「ありがとう、ロストロポーヴィチ」の記事で、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を取り上げた際、ロスロトポーヴィチと仲がよかった小澤征爾との共演も聴いてみたいと書いた。で、聴きました。私にとってロストロポーヴィチのチェロ演奏と言えばドヴォルザークの協奏曲なんです。

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Vc)/小澤征爾(指揮)/ボストン交響楽団/ワーナーミュージック・ジャパン

 これまで何度と無くこの曲を録音してきたロストロポーヴィチ。このドヴォルザークの協奏曲に関しては、この小澤さんとの共演を最後の録音にすると決めたのだそうだ。ドヴォルザークのチェロ協奏曲に関しては最後の録音。
 ジュリーニ盤と比べて、音が暗く、より陰影が強くなっていると感じた。チェロの音域と関係して、この曲は暗さが木を彫るようにくっきり・ざっくりと出やすい思っているのだけれども、小澤さんとの演奏はその暗さが余計濃く・くっきりとしていると感じた。だからこそ、第1楽章の半ばあたりの長調に転調するあたりとか、第2楽章がより哀愁を帯びて、じんわりと響いてくる。

 個人的なツボはティンパニ。チェロと同じように強めに響く音が印象的です。この曲、もっと色々な演奏で聴いてみたい。

 こうやって同じ曲を何度も録音し、その演奏者の変化・成長を聴いていけることは、とても面白いと感じる。演奏者がその時にどんなことを考えて演奏したんだろうと考えながら聞き比べている。ロストロポーヴィチはどうだったのか、そんな話をもっと聞きたかったなと思う。

 一緒に収められているのが、チャイコフスキーの「ロココ風の主題による変奏曲」。チェロの音がのびのびとしていて、ドヴォルザークとは違った印象。チェロが活躍するいい曲をまた見つけられました。

 私の感想は以上。企画に参加している方の記事のまとめは、以下リンク先へ。
クラシックブログ共同企画「勝手に**の日」:5月15日「勝手にロストロポーヴィチの日」
by halca-kaukana057 | 2007-05-15 21:55 | 音楽
 今週の教育テレビ感想。

【おかあさんといっしょ】
 今月の歌は「ぴかぴかじてんしゃ」。5月の爽やかな風を受けて、サイクリングしたくなる可愛い曲です。しょうこお姉さんの囁くような歌い方が、優しげで良い。
 しかし、「ETVグループ-NHK教育で行こう!:今月の歌がおとなしい」様でも指摘されているように、今年1月あたりから今月の歌にイマイチインパクトが無い。「おひさまクリーム」も以前感想を書いたように、4月の歌としては随分パッとしないし、1月の「雪だるまのまほう」もうーん…と思った。2・3月の「きみのこえ」は良かったんだけど…。
 昨年度は毎月「おお、これは!!」と思っていたのになー。


【味楽る!ミミカ】
 今週はプリン。それでいいのかカパックン…。

【やさいのようせい】
 かくれんぼの回、とにかく芽キャベツが可愛い!オチもお約束だけど、そこが余計に可愛い。
今週もカビですか。サニーおばさんはカビに負けない。さすが。
月食の回が素晴らしかった。レタスの歌が心に染みる。
来週18日からは第1話から再放送です。見逃した方は是非。私も録画します。

【風の少女エミリー】
 第6話「毒リンゴ事件」。見どころは、エリザベスおばさんに見られまいと、エミリーが創作ノートをストーブで燃やしてしまうシーン。二度と同じものは書けない。その時、その瞬間に浮かんだ言葉とお父さんへの想いを綴ったノートを失ったエミリーの悲しさがひしひしと伝わってきた。このアニメを観ていると、想いを綴ることはとても楽しく、素晴らしいものと実感できる。先週の台本をエリザベスおばさんに破られた時の「台本は破られても、私の頭の中の台本は破れない!」という言葉からも色々考えさせられる。

【電脳コイル】
 新アニメ。全キャラクターメガネっこという、メガネ好きにはたまらないアニメ…、ってそういう話じゃなくて。
 まだ一話なので、しばらく様子を見ます。ストーリーはちょっと入り組んでいそうだが面白そう。
公式サイト、ならびにNHKの公式もどうぞ。

【クインテット】
 今週は再放送。そのためでも何でもないんですがイラストを。
f0079085_17271974.jpg

「ソーラン節」の水族館へ行ったシャープ君。


一方、居酒屋水族館のフラットさん。
f0079085_17281393.jpg



f0079085_17285756.jpg

アキラさんとパペットアキラさん。何となく共演させてみた。
by halca-kaukana057 | 2007-05-12 23:10 | Eテレ・NHK教育テレビ
 ピアノ練習状況です。
【ツェルニー100】
 ようやく8番を録音しました…。ツェルニー100番練習曲のページへ
跳躍といい、和音と言い、嫌がらせですかこの曲は。9・10番は同時進行で練習中。10番の伴奏和音地獄…いじめとしか思えん。

【ブルグミュラー25】
 第17曲「おしゃべりさん」。思ったよりも楽しくなってきた。伴奏のリズムが楽しい。
冒頭の右手と左手の掛け合いが難しいと感じる。リズムがなかなか取れない。これは演奏を何10回も聴くしかないな。

【グルリット:小さなロマンス】
 「こども音楽会op.210」より。録音しました。グルリット「小さなロマンス」のページへ ver.1が今回の録音です。
 聴けば聴くほど愛らしい曲。ペダルを入れようかと思ったが、この曲のシンプルさを出したかったので止めた。
 この曲を弾いていると、子どもの頃から私の好きな曲のタイプって決まっていたのかもと思う。もし、子どもの私にシベリウス「即興曲作品5-6」を聴かせたらきっと気に入っていたと思う。

【シベリウス:即興曲op.5-6】
 前回悩んでいた「9度の壁&指交差」問題。解決しました。
f0079085_902897.jpg

手書きの見にくい楽譜で申し訳ないのですが、右手伴奏のラを、左手に弾いてもらうことにしました。この方が楽。ということで、問題の9度は消滅。やっぱり9度は無理ですって。


 ところで、ruvhanaさんのブログ「ソナチネに毛が生えた」にて、面白いものを見つけました。
「ピアノ好きのねえさんに100の質問」(「すけきよピアノ日記」様より)
 ピアノに関する100の質問です。あまりピアノ歴とか、独学以外のピアノに関する思うことについてこれまで書いたことがなかったので、遼のピアノに関する考えがのぞけるかもしれません。現在は独学のため、答えられない質問もいくつかありますがご了承ください。

では、やってみます。

100の質問続きはこっち
by halca-kaukana057 | 2007-05-11 22:39 | 奏でること・うたうこと
 ヴィオラの魅力を存分に聴きまくろう企画第2弾はモーツァルトからもう1曲。「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364」

 ヴァイオリンとヴィオラのソロが活躍するこの曲。いつでもどこでも華やかトップスターのヴァイオリンソロの一方で、ヴィオラソロも負けてはいない。低い音がその存在を印象付ける。この曲では、独奏ヴィオラは通常よりも半音高く調弦し、楽譜は変ホ長調の半音下の二長調で書かれている。モーツァルト自身もヴィオラを弾いていたと言うが、だからこそ、ヴィオラのよさが出るようにこんな仕掛けを作れたと思うとさすがはモーツァルト大先生と感じる(モーツァルトは先生と言うより、好き勝手やっているようにも思えるのだが、その結果がこれなのだから凄い)。

 ヴィオラの存在感が一気に増すのは第2楽章。落ち着いたハ短調のアンダンテはヴィオラの音域、音の特徴とぴったり。モーツァルトの短調ってどうも心に染み入る。勿論長調も明るくて楽しくてウキウキしちゃう。とても好きなんだけど、短調の別の顔にますます惚れ込んでしまう不思議。ヴァイオリンとヴィオラ、オーケストラがそれぞれ自己主張しつつも、お互いを支え合っているような雰囲気。再び明るい第3楽章でも、しっとりとしっかりと歌うヴィオラ。この曲、ヴィオラが美味しすぎます。

 聴いたのはこれ。
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調
五嶋みどり(Vn)/今井信子(Va)/クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)/北ドイツ放送交響楽団/
ソニーミュージックエンタテインメント

 ヴィオラ奏者と言えば今井信子さん。その今井さんがヴィオラソロを担当。しかもヴァイオリンは五嶋みどり。たまりません。今井さんのヴィオラに関しては、以前「個人的バッハ3選」にて無伴奏チェロ組曲ヴィオラ版を紹介。

 モーツァルトは他にもヴィオラが活躍する曲をかなり書いている。どうせならヴィオラ協奏曲も書いて欲しかったな。ヴィオラ協奏曲なんて現代にならないと出てこないから。現代的なヴィオラの音も良いけれど、モーツァルトならどんなメロディーを歌わせたんだろうか、なんて思うと気になって気になって。

【追記】
 その今井信子さんも参加している、ヴィオラのための音楽会「ヴィオラ・スペース」が今年も開催されます。
詳しくは「クラシックニュース:「ヴィオラスペース」ヴィオラに対する認識がより拡がって!~ヴィオラ:今井信子「インタビュー@クラシック」で」
でどうぞ。今井さんのインタビュー動画も観れます。
by halca-kaukana057 | 2007-05-09 21:54 | 音楽

君について行こう

 宇宙飛行士・向井千秋さんが宇宙に行くまでを、旦那さんの向井万起男さんが綴った宇宙開発系ノンフィクションの定番「君について行こう」。…すみません、宇宙好きと言っておきながら、実はまだ読んでいませんでした…。1月にはドラマ化(女の一代記「向井千秋・夢を宇宙に追いかけた人」)もされ、この際だから読んでおこうと思いまして。ドラマは諸事情により観てません。DVD化されないかな。


君について行こう〈上〉女房は宇宙をめざす
向井万起男/講談社 プラスアルファ文庫/1998
 上巻は千秋さん(文中では「チアキちゃん」)との出会いから宇宙飛行士に選ばれ、結婚、STS-65・コロンビア号の乗組員として選ばれるまで。読んでみての第一印象が、「これはドラマ化されてもおかしくない!」だった。慶応大学医学部で病理学の医師として働く万起男さん(文中では「マキオちゃん」)は、変わり者の女子学生がいることを知る。「ナイトウチアキ」という名前で、スキーが非常に上手く、とんでもない酒豪とのこと。その後、万起男さんは千秋さんと仕事をする機会があったのだが、千秋さんときたらなぜか万起男さんの顔を見て爆笑してしまう。そんな不思議な出会いを経て、だんだんと仲良くなり親友となってゆく。その千秋さんの生き様が、とにかくすがすがしい。宇宙飛行士選考最終試験後、千秋さんがこんな言葉を言う。
「でもね、スペースシャトルが打ち上げられるフロリダの抜けるような青い空って、絶対、私に似合うと思うんだ。この点だけは、私はだれにも負けないと思うんだ。私なら、フロリダの抜けるような青い空の下を、笑いながら発射点に向かって歩いてみせる」(63ページ)

 この言葉がまさにぴったりな人なのだ。その内面には「みなし児一人旅」性格なる千秋さん特有の感覚・人生観があったり、チャレンジャー事故、毛利さんの控えとしての「飛べない宇宙飛行士」の経験なども持っているが、何にでも全力投球、女だろうと何だろうといち仕事人として熱心に取り組む。その颯爽とした姿勢がカッコイイ。


君について行こう〈下〉女房と宇宙飛行士たち
向井万起男/講談社 プラスアルファ文庫/1998

 下巻は打ち上げ45日前(L-45,打ち上げ前の日数のことをNASAでは「L-○○」と表記する)から打ち上げ当日までを日記風に記したもの。コロンビア号の愉快な仲間たち個性的なクルーのこと、訓練やNASAについて、打ち上げを控えた千秋さんの心境と、アレコレ心配する万起男さんの気持ちが面白い。訓練の様子もかなり詳しく、宇宙開発好きならたまらない内容。NASAの家族に対する支援についても初めて知った。もう「さすがNASA!」と言いたくなるぐらい。乗組員たちの話も楽しい。乗組員だけでなく、彼らの家族や交際相手もとても個性的。

 打ち上げが近づくあたりから、だんだん読んでいるほうも緊張してくる。打ち上げ前日(L-1)、万起男さんと千秋さんの会話がとても印象的。宇宙飛行へ向けての決意と2人の絆がひしひしと伝わってきた。そして打ち上げ。ただでさえ圧倒されそうなロケットの打ち上げを、妻が乗るという感情で見たらもっと強く印象に残るんじゃないかと思う。


 宇宙飛行士に関するドキュメンタリー(TVでも本でも)は今までいろいろ観て来たが、これも本当に面白い。宇宙飛行士も一人の人間という視点で読むのも面白いし、新たな夫婦観という視点から読むのもいい。今さらだけど、読んでよかった。
by halca-kaukana057 | 2007-05-07 22:21 | 本・読書
 今週の教育テレビメモ。

【クインテット】
 新曲の「空みてごらん」が良作。悲しい時も嬉しい時も、どんな時も空と雲はその想いに共感してくれる。今年度のCDが今から待ち遠しい!!
 金曜の「掃除機じいさんのシンフォニー」、新しい試みですな。掃除のノイズを音楽にする…「あいのて」を思い出した。

【からだであそぼ】
 みんなで「アイーダアイダ」は東京編。スーツのお兄さんたちがいい感じ。東京なら地区ごとに分けても良いと思う。渋谷編、上野編、秋葉原編…偏りが出るからダメか。

【味楽る!ミミカ】
 今週はキャラクター辞典。各キャラの分析と、おすすめ料理を紹介。ケイコ先生の「ゼリー・ド・カフェオレ」は作ってみたかったんだ。レシピが紹介されて嬉しい。真之介の「王子ハンバーグ」もお弁当版で紹介。これも美味しそうだ。一番不憫なのは若旦那な気がする…。

【おじゃる丸】
 10周年特別版に泣きました。カズマがおじゃるのことを思ってタンカを切るシーンがとても印象的。次々と玉を集めるシーンで、ミュージカル風なのも良かった。

【やさいのようせい】
 「おじゃる」でカビの回があったが、やさいのようせいでもカビが…。トウガラシが活躍してて嬉しい。
サニーおばさんの滑り台、あれはどういう仕組みなんだろう?この回の強がりガーリックが可愛すぎる。

【風の少女エミリー】
 第5話「はじめての舞台」。このアニメ、風景の描写といい、人物や草木の動きが良くて毎回びっくりする。回を追うごとにイルゼが魅力的になってくるなぁ。ペリーも本当にいい奴だし。


 ところで、今さらですが「うっかりペネロペ」。グッズを捕獲しました!
f0079085_224582.jpg

ぬいぐるみとシール、ポストカード。もう可愛くてかわいくて。DVDも全4巻発売開始。確実に買いますわ、これ。
 当ブログのプロフィール画像にもペネロペを登場させてしまいました。
f0079085_2275797.jpg

「即興曲op.5-6」の楽譜と、ヴィオラのミニチュア、木星とボイジャーの食玩、フィンランド国旗のマグカップと共に。ピアノ、音楽、宇宙、フィンランド、教育テレビと当ブログが扱っている話題のモノを集めてみました。
by halca-kaukana057 | 2007-05-05 22:10 | Eテレ・NHK教育テレビ

シベリウスへの長い道

 ピアノ練習状況を報告します。録音は無いので文章だけ。

【ブルグミュラー25】
 次の曲は「おしゃべりさん」に決めた。練習を始めると結構楽しくなってきた。同音連打をどこまできれいに出せるかが勝負どころ。
 この「おしゃべりさん」を練習していて、譜読みが早くなってきたかも?と思った。楽譜を読むのは本当に苦手で、高音や低音は読むのに時間がかかる。でも、だんだん早くなってきた。これって進歩?

 それから、「アラベスク」リベンジ中。カッコよくて好きな曲なんだけど、アラビアの唐草文様がどうも曲からイメージできない。指の動きは絡まり交差する唐草のようなイメージなんだけど、それだけでいいのかな?


【ツェルニー100】
 未だに8番練習中。もうすぐ録音予定。
ツェルニーとの相性、悪いかも…私。


【シベリウス:即興曲作品5-6】
 前半部分は両手で練習中。左手は簡単だろうと思っていたら、結構音が飛ぶので苦戦中。それでも、自分でシベリウスの音を出せているのが信じられない。嬉しい!
 両手で練習して、また問題が。

前回と同じこの部分。「♯ソー・♯ファー・シー」の右手のメロディーに、同じく右手で和音「ラ・♯レ」の伴奏を付ける。左手は「シ・♯ファ・シ」。この3つ目の左手シと、右手の伴奏ラの指が交差してしまう。え、えええ!?ただでさえ右手は9度で大変なのに、指が交差するって…。案の定他の鍵盤を叩いてしまっている。指使いを変えたほうが良いな。ただ今試行錯誤中。

 この「即興曲op.5-6」はシベリウス自身によって弦楽編曲もされている。「アンダンテ・リリコ(Andante Lirico/叙情的アンダンテ)」というタイトル(注:タイトルに関して詳しいことはコメント欄参照)で、作品5-5と共にひとつの曲になっている。その演奏を最近聴いたのだが、ピアノ原曲とはまた違った雰囲気。楽器の音、弦の使い方をピアノにも活かそう。


【グルリット:小さなロマンス】
 以前楽譜を買った「こども音楽会op.210」に収録されている曲。子どもの頃ピアノを習っていた時、私の教室で使っていた楽譜にこの曲が載っていた。楽譜についてくるカセットテープを聴いて、一聴き惚れしてしまいこっそり練習していた。でも、この曲に入る前に私はピアノ教室をやめてしまい、結局弾けずに終わってしまったという思い出のある曲です。

 前打音の装飾符を初めて見たのもこの曲。レッスンを受けられなかったのでテープを聴いて弾き方を覚えた。今の独学につながることをしていたんだと今思う。もうすぐ録音予定。
by halca-kaukana057 | 2007-05-02 22:06 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)