人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 申し分も無いほど晴天が続いて、星見日和が続いています。たまらないです。金星探査機「あかつき」とソーラーセイル実証機「IKAROS」が向かう金星は、西の空にひときわ明るく輝いています。あの金星に向かって、2基の宇宙機が長い旅を始めたのだなと思うと、金星に向かって「がんばれよ!」と叫びたくなります(実際、部屋の中で小さな声でつぶやいてますw)。

 そんな西の空を見て、南西の方角へ眼を向けると、明るい星が2つ、隣り合っている。こんな星の並びの星座はない。しかも明るい。一体何だ?!と思ったら、火星と、しし座のα星レグルスでした。現在、火星はしし座にいて、6月7日にはレグルスに大接近します。

アストロアーツ:【特集】2010年1月28日 火星接近
アストロアーツ:2010年6月7日 火星とレグルスが大接近

 今日現在の状況は、こんな感じです。
f0079085_22385959.jpg

 近い!これが、更に近づくなんて…どう見えるのか、楽しみです。

 レグルスは、ラテン語で「小さい王」という意味。天球上の太陽の通り道のことを「黄道」と呼びますが、その黄道にある12の星座は、昔から重要視されてきました。その黄道上には、4つの一等星があります。夏のさそり座のアンタレス、秋のみなみのうお座のフォーマルハウト(みなみのうお座は黄道12星座ではありませんが、秋の星座の唯一の一等星で、黄道に近いので含まれるようです)、冬のおうし座のアルデバラン、そして春のしし座のレグルスは「王の星(ロイヤル・スター)」と呼ばれ、古くから王様の運勢を占う星とされてきました。

 7日も一応晴れの予定。ぴったりくっついている明るい2つの星を見たら、火星とレグルスです。7日に大接近した後、火星はしし座の脚のほうへ移動していきます。天球上での惑星の移動・見え方は不思議なものです。


【追記と訂正】
 画像の説明を間違えておりました。左端の「デネボラ」と示した星は、「デネボラ」ではなく「土星」です。
正しい画像をアップし直しました。間違いを訂正すると共に、お詫び申し上げます。失礼致しました。
by halca-kaukana057 | 2010-06-05 21:44 | 宇宙・天文
 今週の教育テレビは再放送ばっかりでしたが、以前も書いたとおり、この再放送システムが貴重なのだと思っています。新作ばっかりだと追い続けるのに疲れるし、見逃しても再放送があると安心できる。さらに、何度でも観てじっくり楽しめる。NHK教育の再放送システム、ありがたいです。

【おかあさんといっしょ】
 今月の歌「ジューキーズこうじちゅう!」完全にハマりました。1ヶ月、とても楽しく観て聴きました。重機たちの特徴に合わせた個性・キャラクター設定も面白いし、曲・詩もいい。間奏のだいすけお兄さん「離れて応援してくれよ」のセリフがツボ。だいすけお兄さんが、戦隊ヒーローものの主題歌を歌う歌手にしか思えなくなってきたw舞台では普段の2割増以上にはじけるだいすけお兄さんは、ファミリーコンサートではきっと熱く踊りまくって歌ってくれるに違いない。ファミコン放送まだかー!
 1番「設計図は夢で見た~」の部分で出てくる設計図。書いてある文字を解読しようと思ったのですが、英語ではない単語もあり、解読できず。基本は英語らしいのだが…。

 「モノランモノラン」も再放送。3人が両親について話し合う回は、何度観てもいいです。そういえば、雷神・水神・風神のお祖父様たちは出てくるのに、両親は何をしているのだろうと疑問だった。プウートの父も風神として、世界各地を飛び回って風を起こしているのか。両親はそれぞれの仕事が忙しいので、指導は師匠でもある祖父の大神にお願いしているという訳か。両親のもとを離れ、モノモノランドで修行を積む3人。そりゃあ、両親が恋しいでしょうに…。それでも、一人前の雷神・水神・風神になるために、その恋しさ、寂しさにめげず修行を積み、3人で遊んで助け合って、モノモノランドの住人たちと仲良く暮らして…。本当にいい話だな。
 ということは、例えばライゴーなら、雷神は雷神同士で結婚して、その子どもも雷神になる…のかな。雷神はひとりではなく、何人もいる。日本的多神教の世界観だ。さすがは畠中恵さん。
 おっと、深読みしすぎましたw


【クインテット】
 ショパンのコンサート新曲もよかったですが、これまでの曲の再放送もよかった。「浜辺の歌」と「原始時代へウエルカム」。「浜辺の歌」でしっとり…の流れから陽気な「原始時代~」。曲そのものもいいのですが、映像も楽しい。原始時代の楽器が凝ってる。アキラさんの骨ピアノは、面白いと思いつつ、シュールですw
 「練習だいきらい」も久々に登場。間奏でイライラしながら練習して「でも練習だいきらい~」と歌う部分が好き。

 もうすぐサッカーワールドカップが始まりますが、始まったら「おかいつ」はプゥートが、「クインテット」はシャープ君がサッカーネタを出してくると確信。「めざせワールドカップ」も出てくるだろうなぁ。楽しみ。あと他にETVサッカー好きキャラクタはいたかしら?「いないいないばあっ!」のワンワンと、「みいつけた!」のサボさんは何でもできそうな気がするwまいんちゃんでも、サッカー関連料理とか、出ないかな。

 私の場合、それ以上に8日のシューマン誕生日、13日の「はやぶさ」帰還ですがね…。
by halca-kaukana057 | 2010-06-04 23:24 | Eテレ・NHK教育テレビ
 地域によってはそろそろ梅雨の訪れが感じられるところもあるかと思いますが、私の住む地域は爽やかな晴天の日が続いています。空も風も爽やか。日差しも強すぎず弱すぎず。本当に気持ちのいい毎日です。そんな今日この頃、このCDがお気に入りです。



J.S.バッハ:ブランデルブルク協奏曲(全曲)

ラインハルト・ゲーベル指揮 ムジカ・アンティクヮ・ケルン ユニバーサル ミュージック クラシック



 「三重協奏曲(フルート、ヴァイオリン、チェンバロのための協奏曲)」イ短調BWV1044のチェンバロでの演奏された盤を探していて、このCDにありついた。ブランデンブルク協奏曲も全6曲付いてくるのか…とその程度にしか思わず注文して聴いてみたのですが、凄かった。今まで「ブランデンブルク協奏曲」を癒し系の作品ぐらいにしか思っていなかった(J.S.バッハ大先生、申し訳ありませんでした!)のですが、見事にイメージがひっくり返った。

 古楽器での演奏ですが、とても溌剌としていて活き活きしています。「ブランデンブルク」では一番有名な第5番ニ長調も、メロディーを歌うフルート・トラヴェルソがとても柔らかく、温かく、つややかな音をしている。そして、どの曲でも弦が明瞭。なのに出しゃばる感じではない。それぞれの楽器を活かし、競い、協力し、ひとつの音楽を作ろうと各々のパートが絡み合っている。J.S.バッハの作品を、こんな新鮮な音色で、演奏で聴いたのは初めて。まさに今の季節にピッタリです。

 ライナーノートの「ムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏解釈について」も興味深い内容です。スコアがあっても、300年も経つとその解釈も様々。更に、そのスコア自体も版が色々ある。そこから音楽を読み解き、300年前バッハが、楽士たちがどのように奏でていたのかを想像するのは面白い。この「演奏解釈について」でゲーベルが最後に記した一文がまた凄い。
バッハは35歳で冷たい記念碑になってしまったのではない。われわれが彼を居間にむかえ入れる今、彼は300歳を越える老人なのだ。これを忘れてはならない。

 バッハの音楽は、300年経った今も生きている。私もそのことを忘れないようにしよう。勿論、他の作曲家の作品でも。

 本来のお目当てだったBWV1044も、楽しみました。BWV1044に関しては、他の演奏と合わせて別記事にしようかなと思っています。あくまで予定ですが。ただ、このBWV1044は本当に好きな作品です。
by halca-kaukana057 | 2010-06-04 22:37 | 音楽
 昨日書いたとおり、今日お昼12:25、野口聡一宇宙飛行士ら第23期ISS長期滞在クルーを乗せたソユーズ宇宙船(TMA-17)が、カザフスタンに無事着陸しました。お帰りなさい!

JAXA:国際宇宙ステーション長期滞在搭乗員野口宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(21S/TMA-17)の帰還について

アストロアーツ:野口さん、5か月半ぶりに無事地球へ帰還
47NEWS:野口聡一さんの一問一答
毎日新聞:【写真一覧】野口聡一宇宙飛行士 帰還
↑帰還時の画像が見られます。特に、着陸する寸前の画像は必見。着陸の衝撃を和らげるため、地上80cmで逆噴射するのです。すごい精度。さすがはソユーズです。以下の動画で逆噴射の瞬間も撮影されてます。



 帰還生中継を、ニコニコ動画で観ていました。ソユーズの帰還はシャトルと違って、リアルタイムでの映像生中継はなし。決められた滑走路に着陸するシャトルと違って、広い草原にパラシュートでカプセルが降りてくるので、場所をピタリとは決められない。着陸したとの情報は入ってきても、なかなか映像が来ないことに、余計にドキドキしてしまいました。そしてようやく野口さんらクルーの映像が。ソユーズ内で座っていた座席のまま外に出て、取材に応えたり、りんごを食べたり。帰還後にりんごを食べるのは、ロシアでのお決まりなのだそう。重力の世界に戻ってきたという意味で、ニュートンのりんごに関連させているようですね。洒落てます。野口さんもちょっとお疲れの表情で、りんごを持つ腕を下ろそうとすると一気にガクッと落ちるあたり、1Gを相当重く感じているのだと思います。手に持っている小さなりんごも。でも、元気そうに取材に応えたり、ご家族と電話で話したり。無事の帰還で何よりです。

 ところで、野口さんらクルーが外に出た時に、ひざかけをかけてもらっているのですが、その青いひざ掛けにはロシア宇宙局のロゴマークが入ってる!いいなぁこれ…欲しいなぁ。中継中、このひざ掛けが気になって仕方ありませんでしたw宇宙機関のロゴマーク入りひざ掛けなんて初めて見た。JAXAには勿論ないし、NASAにもないだろう。寒いロシアらしいグッズです。


 さて、今回の野口さんの長期滞在ですが、「きぼう」のロボットアームの本当の完成、様々な科学実験、子どもたちとの数々の交信イベント、シャトルクルーとの共同ミッション…いろいろありました。また、twitterでISSでの生活ぶりや、野口さん自身が撮影した沢山の地球の画像がリアルタイムで送られてきました。ISSで宇宙飛行士たちがどんな毎日を送っているのか、今何をしているのか、どんな風景を見ているのか…そんな"生の声"が伝わってきて、ますます宇宙開発に興味を持ちましたし、地球の画像には驚きや発見、感動がありました。自分の住んでいる町の画像が送られてきた時には、思わず「ここがあれで、これが…」と色々探してしまいましたwそんな感動を分けてくれて、本当にありがとうございました。
 ちなみに、野口さんのツイートの多さを、アメリカメディアは「スペース・ツイッター・キング」と呼んだそうですw

 科学実験のほうでは、無重量と骨と筋肉に関する実験に興味を持ちました。というのも、私自身腕を手術して、術後2週間腕を固定し三角巾で吊っていたのですが、三角巾を取った後腕を上に上げようとしたら…肩と上腕の筋肉を動かしていなかったため弱ってしまい、腕を上に上げることができませんでした。腕がとても重く、動かせない。たった2週間なのに!それからリハビリが始まりました。本来の肘に合わせて肩も。
 そのリハビリ中に、「きぼう」で骨と筋肉に関する実験もしていることを知りました。骨に関しては、無重量だと骨量が減少し骨粗鬆症のような症状になってしまう。そのため、骨粗鬆症の薬を飲んで、どうなるか実験している。
 一方筋肉に関しては、筋肉を成長させる遺伝子とたんぱく質について実験し、その結果から筋肉が萎縮してしまう病気の治療や、脳梗塞などで寝たきりになった後のリハビリ、リハビリを促進させる薬の開発に役立てるとのこと。
 私も腕ですがリハビリを経験して、正直きつかった。脚の骨折や腰や首のヘルニアの手術後のリハビリの人はもっときついだろうと、それらの症状でリハビリをする人たちを見て思っていました。もし、「きぼう」での実験の成果でリハビリがもっと楽になったら、体にあまり負担をかけず治療・リハビリすることができたら、どんなに気持ちが楽になるだろう?勿論、社会復帰や仕事復帰の時期を早めることもできるし、一日も早く病気・怪我が治って元気になるのが一番だ。それに「きぼう」が、宇宙開発が貢献できるなら、とても嬉しいしありがたい。リハビリを経験して、「きぼう」での実験にもさらに関心を持ちました。
 詳しくはこちら:JAXA:ISS長期滞在中の実験 蛋白質ユビキチンリガーゼCblを介した筋萎縮の新規メカニズム(Myo Lab)

 今回で日本人宇宙飛行士のISS長期滞在は2回目。来年は古川聡宇宙飛行士が、初飛行で6ヶ月。その次は星出彰彦宇宙飛行士が2度目の飛行で、初めての長期滞在。どんどん続きます。この継続で、ISSでの生活が地上の延長線上にあり、その延長線が徐々に短くなっていく、つまり、私たちにとってもっと身近になっていくことを願っています。野口さんも、ISS滞在中子どもたちとの交信で、地上の暮らしがあってこそISSでの暮らしがあると語っていました。ISSは、宇宙は、この地上の私たちと全く結びつかない場所ではない。その結びつきをより強く感じられるようになればいいなと思います。そのためには、ISSや「きぼう」で何をしているのか、どんな実験なのか、どんなミッションなのかをわかりやすく伝えてゆく、広報する必要がある…。JAXAでも色々考え、課題にしているようですが、宇宙好きのひとりとして、私も何かできるかな、と。(そんな思いでこの記事も書きました。)

 野口さん自身も、今後リハビリを始めます。お土産話が楽しみです。そして帰還後初のツイートも!まだかな…。

【関連過去記事】
オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった
野口さんの著書感想。今日、帰還後に読み返して、野口さんがISSで何をしたかったのか、何を伝えたかったのか、考え感じることが多くありました。
今見えてる、ISSで何してる?
 野口さんとtwitterについて。ISSと地上の私たちを繋いでくれたのは、twitter.凄い時代になりました。
ISS・キューポラからの絶景
 STS-130・エンデバー号でのミッションでISSに取り付けられた窓「キューポラ」と、「キューポラ」から見える地球について。野口さんはこのキューポラから地球を撮影していました。キューポラがなかったら、野口さんの撮影画像もちょっと違っていたかもしれませんね。

 私が撮影したISS画像は、「ISS」または「星空写真」タグからどうぞ。(リンク貼り手抜きw)

 随分と長文になってしまいましたが、最後におまけ
f0079085_23143510.jpg

帰還お祝いに宇宙日本食ようかん!美味しかったです。
by halca-kaukana057 | 2010-06-02 23:15 | 宇宙・天文
 6月になりました。6月というと、サッカーW杯で盛り上がりそうですが、私にとっては宇宙・天文の話題が目白押し月間です。

 まず、明日2日。昨年12月から国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在、科学実験等のミッションをこなした野口聡一宇宙飛行士が帰還します。5ヶ月半ぶり、宇宙滞在は明日で161日。勿論日本人最長です。明日午前9時過ぎにソユーズ宇宙船でISSを離れ、お昼12時24分頃に着陸予定。5ヵ月半もISSにいて、久々に地球に還って来た時、その重力や空気をどう感じるのだろう。帰還後のお話が楽しみです。
 帰還中継は、YAC・日本宇宙少年団の「宇宙教育テレビ」、ニコニコ動画などで生中継されます。また、東京駅前丸の内オアゾ2階「JAXAi」でも中継イベントを行います。お近くの方、お昼休みに是非どうぞ!
JAXA:ライブ中継
↑生中継サイトへはこちらからどうぞ。

 また、twitterでISSでの暮らしぶりやミッションの状況、地球の画像を送り続けている野口さん。その画像をsummerwindさんがまとめてくださいました。ひとつひとつの画像でも、様々な発見や感動がありましたが、こうやってまとめて見ると圧巻です。素晴らしいです。
@Astro_Soichi Thank you for your all tweets from space!

 野口さんのことに関しては、また帰還後に書きます。


*****

 そして、13日。小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰還します。何度も危機に陥り、その度に復活し、たとえ無人探査機であっても厳しい環境である宇宙での困難を乗り越えてきた「はやぶさ」。2010年…あと何年…と数えていたのが、あと十数日になりました。軌道変更も残すところ1回。カプセルが投下されるオーストラリア・ウーメラ砂漠に向かって、カプセル回収隊も出発しました。「はやぶさ」が還って来るのが、現実のものとなる…。そして、カプセルを投下後、「はやぶさ」本体は大気圏で燃え尽きます。その瞬間を、私はどんな気持ちで迎えるのだろう。でも、まだそんなことを考えるのは早い。感傷的な気持ちになってしまうけれども、まだ「はやぶさ」の旅は、ミッションは終わっていない。最後の軌道変更、カプセル分離、カプセルが大気圏突入の熱に耐えること、カプセルのパラシュートが開くこと。そして、カプセルを回収すること…。そのひとつひとつの過程を見守りたいです。
(ただ、「はやぶさ」は技術実証機、つまり実験機なので、他の宇宙機や有人飛行などでの達成すべき「ミッション」とはちょっと意味合いが違います。「はやぶさ」で得た技術、運用などが今後の本格的な探査機に活かされるのです)

 その「はやぶさ」のこれまでの旅路をCGで再現した全天周映像プラネタリウム番組「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」。観たいと思っていたのですが、私の近場では上映も、上映できるプラネタリウムもなく残念に思っていました。ですが、DVD&ブルーレイ化されました!ということでブルーレイ版を注文。画像データが付いてくるDVD版も欲しいのですが…。なぜ付録がDVDにしかつかないのか…。11日以降の発送なので、もしかすると「はやぶさ」帰還後に観ることになるかも。楽しみです。
全天周映像 HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
星居web:HAYABUSA・BD&DVD発売情報、解禁!


*****

 あとは、26日に部分月食があります。元日の月食は吹雪と寝ていたので見れなかった。リベンジできたら…いいえ、リベンジします。お天気さん、お願いします。
 「はやぶさ」帰還も、ウーメラが晴れてくれないと「はやぶさ」の最後の輝きが見られない。お天気さん、よろしくお願いします!

*****

 最後に、宇宙からそれますが、6月8日はローベルト・シューマン200回目のお誕生日です。盛大にシューマン祭りもできたらいいな。以上、宇宙&シューマン好きの6月の予定でした。
by halca-kaukana057 | 2010-06-01 21:27 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)