<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 ロンドンで大盛況開催中の音楽祭、BBC Proms(プロムス)。7月に始まった時は9月なんてまだまだ先…と思っていたら、もう9月です。あんなに盛りだくさんの毎日のプロム(各公演)もあっという間に過ぎていきます。音楽とは儚い。とはいえ、9月も盛りだくさんです。最後のラストナイトまでノンストップです。最後の瞬間まで、プロムスを楽しみつくしましょう!
 現在、何週遅れてるんだと思うぐらいの、オンデマンドを溜めてしまっています。ですが、9月の、私の選んだ、気になる、興味のある、オススメのプロムを紹介します。(あくまで私選です)

BBC Proms 公式サイト

・7月の記事:BBC Proms (プロムス) 2018 私選リスト その1 [7月] [随時追記中]
・8月前半:BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その2 [8月前半] [随時追記あり]
・8月後半:BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その3 [8月後半]


【プロムスについて。どうやって聴くの?】
 公演は、全てBBC radio3で放送します。生中継していますので、BBC radio3のサイトや後述のBBCのアプリ、ネットラジオアプリなどで聴けます。
 放送後30日間はオンデマンド配信もあるので、聴きたい時間に好きなように聴けます。
 スマートフォンからは、「BBC iPlayer Radio」のアプリを使うととても便利です。ブラウザからも聴けますが、その場合は「BBC Media Player」のアプリが必要です。どちらも、アプリストアからダウンロードしてご利用ください。
 Proms公式サイトの各公演ページ、BBC radio3の各公演放送ページ、どちらからも同じものが聴けます。ただ、双方向へのリンクがありません。この記事ではプロムス公式サイトでのものへリンクしているので、BBC radio3での各公演放送一覧ページをリンクしておきます。
BBC radio3 : BBC Proms : Available now

 映像(BBC4で放送)は、基本的には日本から観ることはできません。イギリス国内のみです。しかし、今年はBBC Music公式がYouTubeで映像をフルでアップしてくれています。ただし、削除されます。削除されています。既に大半は削除されてしまっています…せめてラストナイトまではアップしていてほしかった。アップは遅くなることがありますが、待っていると公開されるかもしれません。また、各プロムのページに、公演の一部(アンコールなど)の映像を公開してくれているものもあります。各プロムのページは隅々まで見ましょう。

 Binaural Sound 立体音響録音もあります。是非、お手持ちのヘッドホン、イヤホンで聴いてみてください。特別なものでなくても構いません。音が違いますよ。
 各公演(プロム)のBBC radio3でのページの「Clips」のコーナーに、Binaural Soundの表示、マークの録音があるのでそれが公開されているものです。配信期間はわかりません。最初に公開していたものがなくなり、徐々に減ってきています。なので、一般の配信と同じように配信から30日を目安に聴いておくことをオススメします。Binaural Soundのものは、普通のオンデマンド配信がスタートしてから、遅れて公開されていますので、チェックをお忘れなく。
 また、イギリス国内のみでしか聴けないものも出てきてしまいました。
 Binaural Soundでの録音をまとめて公開しているページは以下です。
BBC radio3 : BBC Proms : Experience the Proms as if you are really in the audience
 新しいものがどんどん上に表示されていきます。まとめて次々聴きたい方はこちらで。

 本放送の他に、現地時間14時(日本時間22時)からの「Afternoon Concert」で再放送もあります。再放送もオンデマンド配信、30日間あります。もし、オンデマンド配信も聴き逃してしまっても、ここにあるかもしれません。再放送されないプロムもあるので注意(主にロイヤル・アルバート・ホール以外での公演)。22時からなら日本でもリアルタイムで聴けるという方はこちらもチェックを。
◇放送一覧:BBC radio3 : Afternoon Concert

 では、9月の各プロムを見ていきましょう。

◇9/1 Prom 66: Berlin Philharmonic & Kirill Petrenko (I)
     [Binaural Sound あり]

 ・デュカス:ラ・ペリ
 ・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 op.26
 ・フランツ・シュミット:交響曲第4番 ハ長調
  / ユジャ・ワン(ピアノ)、キリル・ペトレンコ:指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 今年はベルリン・フィルの年です。しかも、新音楽監督に就任したばかりのキリル・ペトレンコさんと登場です。ペトレンコさんは昨年バイエルン国立歌劇場管弦楽団と来日、話題になりましたね。先日、ベルリン・フィルハーモニーでシーズン・オープニング・コンサートをしたばかり。どんな演奏になるか楽しみです。
 1回目のプログラムは、デュカスのファンファーレに始まり、ユジャ・ワンのプロコのピアノ協奏曲3番と華やか。後半はフランツ・シュミットの4番…聴いたことがないので予習しておこう。フランツ・シュミットはオーストリアの生まれでブルックナーの弟子。交響曲第4番は、一人娘が亡くなってその追悼のために書いたそう。単一楽章の交響曲ですが、4つの部分に分かれているとのこと。
 シュミット、だけだと、フランツなのか、フローラン・シュミットという作曲家もいるのでややこしい…。

◇9/2 Prom 67: Andris Nelsons conducts the Boston Symphony Orchestra
     [Binaural Sound あり]

 ・マーラー:交響曲第3番 ニ短調
  / スーザン・グラハム(メゾソプラノ)、CBSOコーラス、CBSOユースコーラス、アンドリス・ネルソンス:指揮、ボストン交響楽団
 大御所がもうひとつ、ネルソンスさん指揮のボストン響。しかも大曲マーラー3番。マーラーの3番は好きですが、やはり聴く前はその長さゆえ身構えてしまいます。コーラスはバーミンガム市交響楽団の合唱団。かつて音楽監督をしていたバーミンガム市響の合唱団と共演とは、里帰りしているような感じですね。

◇9/2 Prom 68: Berlin Philharmonic & Kirill Petrenko (II)
 ・リヒャルト・シュトラウス:ドン・ファン op.20
              :死と変容 op.24
 ・ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92
  / キリル・ペトレンコ:指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ベルリンフィル2回目です。リヒャルト・シュトラウスとベートーヴェン。「死と変容」の弦がとても好きです。ベートーヴェン7番はどんな演奏になるのか、楽しみです。

◇9/3 Proms at ... Cadogan Hall 8: Berliner Philharmoniker perform Debussy and Ravel
 ・リリ・ブーランジェ:夜想曲(ヴァイオリンとピアノ版)
 ・ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ
 ・ニーナ・シェンク(Nina Šenk):Baca(世界初演)
 ・リリ・ブーランジェ:ピアノのための3つの小品
第1曲:古い庭で (D'un vieux jardin) 
  第2曲:明るい庭で (D'un jardin clair) 
  第3曲:行列 (Cortege) 
 ・ラヴェル:序奏とアレグロ
  / ベルリンフィルのソリストたち
   マヤ・アヴラモヴィチ(Maja Avramović)、樫本大進(ヴァイオリン)、アミハイ・グロス(Amihai Grosz)(ヴィオラ)、ブリュノ・ドルプレール(Bruno Delepelaire)(チェロ)、エマニュエル・パユ(フルート)、アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)、マリー=ピエール・ラングラメ(ハープ)、アラスデア・ビートソン(Alasdair Beatson)(ピアノ)
 ベルリンフィルはまだ帰りません。室内楽もやります。豪華ソリストが集まりました。こうやって見ると、ベルリンフィルも出身国は様々なんですね。ここでもリリ・ブーランジェは演奏されます。ドビュッシーのフルート、ヴィオラとハープのためのソナタはお気に入りの曲です。

◇9/3 Prom 69: Boston Symphony Orchestra Bernstein and Shostakovich
 ・バーンスタイン:セレナード
 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第4番 ハ短調 op.43
  / バイバ・スクリデ(ヴァイオリン)、アンドリス・ネルソンス:指揮、ボストン交響楽団
 ボストン響ももう1公演あります。バーンスタインの「セレナード」の、プロムス公式サイトに載っているタイトル「Serenade after Plato's 'Symposium'」にあれ?と思いました。この作品の正式名称は、「ヴァイオリン独奏、弦楽、ハープと打楽器のためのセレナード(プラトンの『饗宴』による)」なんですね。知らなかった。タイトルの通り、プラトンの「饗宴」に着想を得ています。
 後半はショスタコーヴィチ4番。発表当時はなかなか演奏される機会を得られなった作品です。マーラーの影響を受けているというこの作品。「マーラーを語る」でバーンスタインのマーラー観、ショスタコーヴィチのマーラー好きにについて語られましたが、そんな繋がりのあるプロムですね。この本読んでおいてよかった。

◇9/5 Prom 71: Orchestre Révolutionnaire et Romantique perform Berlioz
 ・ベルリオーズ:海賊 序曲 op.21 H.101
        :クレオパトラの死
        :トロイアの人々 王の狩りと嵐、ディドの死
        :イタリアのハロルド op.16
  / アントワン・タメスティ(Antoine Tamestit)(ヴィオラ)、ジョイス・ディドナート(メゾソプラノ)
   ジョン・エリオット・ガーディナー:指揮、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック
 ガーディナーさんのオール・ベルリオーズ・プログラムです。ベルリオーズは苦手意識あり…あまり聴かないだけです。なので聴きます。以前、ラジオで「海賊」は聴いて、面白いなと思いました。ヴィオラ好きとしても、「イタリアのハロルド」もちゃんと聴きたい。

◇9/6 Prom 72: Britten's War Requiem
 ・ブリテン:戦争レクイエム
  / エリン・ウォール(ソプラノ)、アラン・クレイトン(テノール)、ラッセル・ブラウン(バリトン)、
  ハダースフィールド・コーラル・ソサエティ、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラ・ジュニア・コーラス、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラ・コーラス
  ピーター・ウンジャン:指揮、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラ
 プロムス終盤にふさわしい大曲です。今年のテーマのひとつ、第一次世界大戦終結100年にちなんで、ブリテンによる第二次世界大戦の犠牲者の追悼と祈りの音楽を。

◇9/7 Prom 74: Handel's Theodora
 ・ヘンデル:テオドーラ
  / ルイーズ・アルダー(ソプラノ)、イェスティン・デイヴィス(カウンターテナー)、ベンジャミン・ヒューレット(テノール)、アン・ハレンベリ(メゾソプラノ)
  ジョナサン・コーエン:指揮、アルカンジェロ Arcangelo
 ヘンデル晩年のオラトリオ「テオドーラ」。欧米では演奏されますが、日本ではほとんど演奏されない作品らしい。クリスチャンが迫害され殉教するという物語。聴いてみよう。
 さて、通常のプロムはここまで。残すはあとひとつ、ラストナイトです。

◇9/8 Prom 75: Last Night of the Proms
 ・ヒンデミット:歌劇「今日のニュース」序曲
 ・ベルリオーズ:レリオ、あるいは生への回帰 op.14bis 第6曲:シェイクスピアの「テンペスト」にもとづく幻想曲
 ・ロクサンナ・パヌフニク(Roxanna Panufnik):Songs of Darkness, Dreams of Light(世界初演)
 ・チャールズ・ヴィリアーズ・スタンフォード(Charles Villiers Stanford):海の歌 op.91
                                   :青い鳥
 ・パリー:恵みを受けし二人のセイレーン

 ・サン=サーンス:アルジェリア組曲 op.60 第4曲:フランス軍隊行進曲
 ・ミヨー:スカラムーシュ
 ・リチャード・ロジャース:回転木馬 より 独り言
 ・アン・ダドリー(Anne Dudley)編曲:World War 1 Songs:Roses of Picardy(ピカルディーの薔薇) , It's a long, long way to Tipperary(遥かなティペラリー) , Keep right on to the end of the road , Keep the home fires burning

 ・ヘンリー・ウッド:イギリスの海の歌による幻想曲
 ・アーン(サージェント:編曲):ルール・ブリタニア!
 ・エルガー:威風堂々 第1番 ニ長調 op.39-1 Land of Hope and Glory
 ・パリー(エルガー:編曲):エルサレム
 ・ブリテン編曲:イギリス国歌(God Save The Queen)
 ・スコットランド民謡:Auld Lang Syne

  / ジェス・ギラム(Jess Gillam サクソフォーン)、ジェラルド・フィンリー(バリトン)
  BBCシンガーズ、BBCシンフォニー・コーラス
  アンドリュー・ディヴィス:指揮、BBC交響楽団
 ラストナイトです。第1部は世界初演の新曲あり、パリーの作品もあります。リチャード・ロジャースのミュージカルナンバーも。後半第2部はいつも通り、「イギリスの海の歌による幻想曲」、「ルール・ブリタニア」「Land of Hope and Glory」「エルサレム」と大合唱。今年のイギリス国歌はブリテンの編曲(去年はブリス)。最後はAuld Lang Syneで来年また会いましょう…の流れです。「ルール・ブリタニア」を歌うのはバリトンのジェラルド・フィンリーさん。
 今年の指揮は、アンドリュー・ディヴィスさん。ラストナイトは18年ぶりの指揮です。当時はプロムスを知らなかったので、ディヴィスさん時代を思い出させるであろうラストナイトをまた聴けるのは楽しみです。ちなみに、イギリス人指揮者がラストナイトを振るのは、2011年のエドワード・ガードナーさん以来(その間は、前BBC響首席指揮者・チェコ出身ビエロフラーヴェクさん、アメリカ出身・オールソップさん、現BBC響首席指揮者・フィンランド出身オラモさんで繋いできました)。ディヴィスさんがラストナイトを指揮していた時、当時の映像を観ると、ディヴィスさんとBBC響男性楽団員は白ジャケットでした。これも復活なるか。

 当初発表されていたプログラムに何曲か追加されました。Radio3のサイトにあります:BBC Radio3 : Prom 75: Last Night of the Proms
 ベルリオーズの「レリオ」は、以前仙台フィルの演奏会をNHKで放送していたのを観て、いい曲、いい演奏だなと思いました。ラストナイトにも、今年のテーマの第一次世界大戦終結100年の作品があります。2014年のラストナイトの「メリー・ポピンズ」メドレーの編曲をしたイギリスの作曲家アン・ダドリーによる編曲の、「World War 1 Songs」第一次世界大戦の中で生まれた歌のメドレーのようです。日本語訳が広まっていないものもあり、出来る分だけ訳しました。
 さぁ、最後、盛り上がっていきましょう!!5時ぐらいに起きれば、第2部が聴けると思います。
 今年も12月あたりに、BSでテレビ放送しますよね、NHKさん…。映像で観ないと今年のプロムスを終われない!

【追記】
 ラストナイトの映像がもうYouTubeにアップされました。ほんの一部ではありますが。
BBC Proms - Roxanna Panufnik: Songs of Darkness, Dreams of Light
BBC Proms - Hubert Parry: Blest Pair of Sirens
BBC Proms - Darius Milhaud: Scaramouche
BBC Proms - Darius Milhaud: Scaramouche (Excerpt)
 ↑20歳のサックス奏者、ジェス・ギラムさんの「スカラムーシュ」(部分だけのアップになってしまいました)。イギリスでデジタル配信チャート1位になったこともあるのだそう。
BBC Proms - Richard Rodgers: Carousel – 'Soliloquy'
BBC Proms - Hubert Parry: Jerusalem (orch. Elgar)

 ロイヤル・アルバート・ホールのお隣、ハイドパークの野外会場での、「威風堂々第1番」
Land Of Hope & Glory - BBC Concert Orchestra & Ensemble (Proms in Hyde Park 2018)

 ラストナイトの流れを、まとめたページもありました。BBC Promsの公式Twitterも引用されています。
All the biggest and best moments from the Last Night of the Proms
 この中にある、4分間で今年のプロムス振り返り動画は必見。
The 2018 Proms season in a thrilling 4 minutes
 ↑※リンク先に飛ぶとすぐ動画が始まるのでご注意ください。スマートフォンからの方は、「BBC Media Player」のアプリを入れてください。リンク先に飛ぶと、アプリが動作して動画が観られます。
◇YouTubeにもアップされました:BBC Proms 2018 in 4 minutes

 今年のプロムス振り返りはこちらにも。こちらは映像収録がなかったプロムも音声で振り返られます。
The Proms 2018 in 19 unmissable moments

 以上、9月のプロムス、私が選んだ公演リストでした。ラストナイトの後も、オンデマンドは引き続き聴けますので、楽しみましょう。私は一体いつ聴き終わるのだろう…。プロムスのオンデマンド以外にも聴きたいオンデマンドやCDはあるし、オーケストラのシーズンオープニングは始まっているし、ラハティのシベリウス音楽祭もやってるし…。本当この時期は大変です。

 最後に、思ったことを。
 プロムスは毎年、公式ガイドブックは出ます。でも、プログラム変更や、出演者変更などがあって、変わってしまう。変更したデータはウェブにはあるけど、本としてまとまったデータが欲しい。あと、公演の写真も撮影しているのに、プロムス公式のSNSなどで発表して終わってしまう。
 よく、スポーツの大会、オリンピックなどで、大会後に大会の記録や写真を載せた本が発売されますよね。あんな風に、プロムスでも全公演終演後に全記録本を出して欲しいなと思いました。各演奏会の録音の中で、出演者のインタビューや作曲家についての講演なども収録されますよね。それも文字起こしして載せる。そんなその年のプロムス集録本、あったら欲しいなぁ。

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-30 21:27 | 音楽
 七夕は伝統的七夕も終わってしまいましたが、まだ夏の天の川を楽しめます。東の空にはやぎ座に始まる秋の星座たちが。夜も更けるとペガスス座やアンドロメダ座など、エチオピア王家の星座物語の星座たちによる、秋の星座絵巻が見えています。

 織姫星のこと座のベガ、彦星のわし座のアルタイル。この2つの星は、古くから対の星として見られてきました。アラビアでは、ベガとアルタイル、それぞれの両側の星も一緒に見て、ベガは翼を折りたたんで滑降しているワシに見立てて「落ちるワシ」、アルタイルは一直線に並んでいるので「飛んでいるワシ」。これら2つの呼び名は、アラビア語でベガとアルタイルの語源となっています。

 他の地域でもベガとアルタイルを対の星と見ている…最近知ったのですが、フィンランドでもそうらしいのです。調べていたら出てきました。
京都地主神社:世界の七夕伝説:フィンランドの七夕伝説
Yumi's Room:七夕と天の川銀河 Ⅱ

 こういうお話です。

 あるところに、ズラミスとサラミという仲の良い夫婦が暮らしていました。2人は死んだ後、それぞれ別々に天にのぼり、星となりました。2人の星はかなり離れていてもう会うことさえもできませんでしたが、お互い、死んだ後も一緒にいたいと思いました。そこで2人は、千年の時をかけて、空にただよう星くずを集めて光の星の橋を創りました。その光の星の橋が天の川。 両側からそれを渡った2人は、おおいぬ座のシリウスで出会い、そこで仲睦まじく寄り添うことができました。
 これは初耳。以前、フィンランドの天の川については、この記事で触れました。
土星堪能星見 + 今日は伝統的七夕
 フィンランド語で天の川は「Linnunrata(リンヌンラタ)」鳥の道という意味です。天の川銀河のことも差します。南に暖かな「鳥の住処」があって、そこに鳥が道を通って毎年移動するという古代フィンランドの伝説によるものです。

 先ほどのズラミス(Zulamith)とサラミ(Salami)の物語では、「Linnunrata」は出てきません。鳥の道ではなく、ズラミスとサラミが星を集めて作った光の橋です。こういうお話は色々な説があると思うのですが、どこから出てきた?さらに調べてみると、19世紀フィンランドの作家、歴史家のザクリス・トペリウス(Zachris Topelius)(ザカリアス Zacharias / サカリアスの表記もあり)にたどり着きました。どうやら、トペリウスの作品に、このズラミスとサラミの物語があるとのこと。
 それがこれ→Wikiaineisto:Linnunrata
 フィンランド語です。グーグル翻訳で、英訳するとなんとか読めるようになります。日本語訳すると、変な日本語になります。これがそのトペリウスのズラミスとサラミの物語。先述した物語と大体一緒です。でもタイトルは「Linnunrata」天の川…ですが鳥の道の神話は出てきません。

 この物語は、一体どこから出てきたのだろうか。フィンランドに伝わる民話なのか、トペリウスの創作なのか。あと、ズラミスとサラミ、どっちがベガでどっちがアルタイルなのか。これもわかりません。
 日本で読めるトペリウスの作品は、童話集「星のひとみ」(岩波少年文庫で復刊されました)と、「木いちごの王さま」。トペリウスの研究書…あるのか?あってもフィンランド語とか、スウェーデン語(トペリウスは名前の通り、スウェーデン語系フィンランド人)だと読めないぞ…。この問題、奥が深そう、答えにたどり着くのは容易なことではなさそうです。以上、今日はここまで。

木いちごの王さま
 トペリウスの絵本です。とてもあたたかな、フィンランドらしさを感じられる絵本です。ちなみに、今年はトペリウス生誕100年。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-29 21:43 | 宇宙・天文

星戀 (ほしこい)

 昨日は「伝統的七夕(旧暦の七夕)」。新暦の七夕では織姫・彦星、天の川は夜遅くならないと南中しない。また、梅雨の真っ只中で雨のことも多い。満月で星があまり見えないこともある。ということで、旧暦の七夕であれば、織姫も彦星も天の川も夜の早い時間から楽しむことが出来るし、月は上弦の月で星見に邪魔しない。ということで、国立天文台がはじめとなって、普及しつつあります。でも、昨日は雲が多く星見できませんでした。今日は快晴、上弦の月も、木星、土星、火星も見えています。火星は日没の時間から南東の空に明るく輝いて、すぐにわかりました。そんなに明るいんです。
 そんな、星見の気分をさらに上げてくれる本がこちら。

星戀
野尻 抱影 / 山口 誓子/中央公論新社、中公文庫/2017

 「星の文人」「天文学者(てん ぶんがくしゃ)」の野尻抱影のエッセイに、山口誓子の星の俳句を組み合わせた本。出版された時、こんな本があったのか!!と思いました。
 戦後、真っ暗な気分を星で晴らそうと星や天文の随筆を書き続けた野尻抱影。そのうち、山口誓子の星の句を借りられないかと思うようになったそうだ。すると、山口誓子は快く応じ、発表済みの星の句だけでなく、未発表作まで寄せてくれた。山口誓子から星の句が届くと、それに対照した随筆を書いていったそうだ。1954年に出版された。今回の版では、追加した部分もある。再出版して下さってありがとう中公文庫さんと伝えたい。

 「星戀」…星に恋する、なんと素敵な、ロマンティックな響きだろう。野尻抱影は「やや気恥ずかしい」と書いているが、これ以上ないタイトルだと思う。2人とも、星に魅了され、星に憧れ、星と文学を融合させた。エッセイ、俳句という形で、星への憧れ、想いを表現する。俳句も、エッセイも、星への愛情に満ちたものになっている。

 冬の憧れの星であるカノープス(南極老人星)だが、イギリスでは秋の唯一の一等星・みなみのうお座のフォーマルハウト(北落師門)が、高度8度ほどにぽつんと光っていて、南の空への憧れと鳴っているそうだ。秋の星空のにぽつんと明るく(といっても、他の一等星よりは暗め)輝くフォーマルハウトを見つけて、上へ登っていくとみずがめ座にたどり着く。虫の音を聴きながら、そんな秋の星空を楽しむ…といったところなのだが、イギリスでは日本と違うことに、言われてみればそうだけど、驚いた。確かに北欧へ行けば北極星は真上だし…。
 野尻抱影は日本だけでなく、世界の民間に伝えられている星の名前や独特の星座を蒐集した。日本は東西南北に長い国なので、北海道と沖縄では見える星が違う=呼び名なども異なる。世界へ広げればその土地に根ざした呼び名になる。星がその土地の文化や民俗そのものを表している。それは今までの野尻抱影の本を読んできて思ったが、星にまつわる文学も、その国、その土地から見える星が元になっており、その土地の文化などを表現しているのだなと思った。

 俳句はエッセイのように詳しく書けない。でも、限られた中での表現は、想像力をかきたてる。言葉数少ないからこそ、伝わってくるものもある。山口誓子の俳句は今まであまり読んだことがなかったが、楽しく読んだ。こんなに沢山の星や宇宙に関する俳句を書いていたのは知らなかった。2人の、2つの表現方法で、また星の見方が広がった。

 こういう本がもしまだ眠っているのなら、再出版をお願いしたい。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-18 21:42 | 本・読書
 ※この記事は新しい情報が入り次第随時追記しています。

 ロンドンで大盛況開催中のBBC Proms (プロムス)。8月前半分の私の聴きたい、気になる、興味あり、注目、オススメの公演(プロム)リストです。8月後半も盛りだくさんです。オンデマンドを溜めないようにしてはいますが…溜まってしまっています…なかなか難しい…盛りだくさん過ぎです(褒めてる

BBC Proms 公式サイト

・7月の記事:BBC Proms (プロムス) 2018 私選リスト その1 [7月] [随時追記中]
・8月前半:BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その2 [8月前半] [随時追記あり]


【プロムスについて。どうやって聴くの?】
 公演は、全てBBC radio3で放送します。生中継していますので、BBC radio3のサイトや後述のBBCのアプリ、ネットラジオアプリなどで聴けます。
 放送後30日間はオンデマンド配信もあるので、聴きたい時間に合わせて聴けます。
 スマートフォンからは、「BBC iPlayer Radio」のアプリを使うととても便利です。ブラウザからも聴けますが、その場合は「BBC Media Player」のアプリが必要です。どちらも、アプリストアからダウンロードしてご利用ください。
 Proms公式サイトの各公演ページ、BBC radio3の各公演放送ページ、どちらからも同じものが聴けますが、双方向へのリンクがありません。この記事ではプロムス公式サイトでのものへリンクしているので、BBC radio3での各公演放送一覧ページをリンクしておきます。
BBC radio3 : BBC Proms : Available now

 Binaural Sound 立体音響録音もあります。是非、お手持ちのヘッドホン、イヤホンで聴いてみてください。特別なものでなくても構いません。音が違いますよ。
 各公演(プロム)のBBC radio3でのページの「Clips」のコーナーに、Binaural Soundの表示、マークの録音があるのでそれが公開されているものです。配信期間はわかりません。最初に公開していたものがなくなり、徐々に減ってきています。なので、一般の配信と同じように配信から30日を目安に聴いておくことをオススメします。Binaural Soundのものは、普通のオンデマンド配信がスタートしてから、遅れて公開されていますので、チェックをお忘れなく。
 Binaural Soundでの録音をまとめて公開しているページは以下です。
BBC radio3 : BBC Proms : Experience the Proms as if you are really in the audience
 新しいものがどんどん上に表示されていきます。まとめて次々聴きたい方はこちらで。

 本放送の他に、現地時間14時(日本時間22時)からの「Afternoon Concert」で再放送もあります。再放送もオンデマンド配信、30日間あります。もし、オンデマンド配信も聴き逃してしまっても、ここにあるかもしれません。再放送されないプロムもあるので注意(主にロイヤル・アルバート・ホール以外での公演)。22時からなら日本でもリアルタイムで聴けるという方はこちらもチェックを。
◇放送一覧:BBC radio3 : Afternoon Concert

 映像は、今年はBBC Music公式がYouTubeにフルでアップしてくれています。しかし、およそ30日程度で削除されています。7月のプロムのものは観られなくなっています。なので、アップされたらお早めにご覧ください。動画がアップされたら、随時追記していきます。


 それでは、8月後半の私の選ぶプロムリストを見ていきましょう。


◇8/16 Prom 45: Orchestre de la Suisse Romande & Jonathan Nott
 ・ドビュッシー:遊戯
 ・ラヴェル (ヤン・マレシュ Yan Maresz:編曲) :ヴァイオリン・ソナタ ト長調 (オーケストラ編曲版はイギリス初演)
 ・ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1911年版)
  / ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)、ジョナサン・ノット:指揮、スイス・ロマンド管弦楽団
 東京交響楽団でお馴染みのジョナサン・ノットさんが、スイス・ロマンド管と登場です。ドビュッシーのバレエ曲「遊戯」にはじまり、ラヴェルのヴァイオリンソナタを協奏曲編曲したという作品、メインは「ペトルーシュカ」。カラフルなプロムです。ラヴェルのヴァイオリンソナタは第2楽章は「ブルース」ジャズ調になっています。オーケストラ編曲、どんな感じになっているんだろう?勿論初めて聴きます。

◇8/16 Prom 46: Benjamin Grosvenor & National Youth Jazz Orchestra
 ・ローラ・ジャード(Laura Jurd):The Earth Keeps Spinning (世界初演)
 ・ガーシュウィン(ファーディ・グローフェ:編曲):ラプソディー・イン・ブルー
 ・バーンスタイン / スタン・ケントン(Johnny Richards:編曲):ウェスト・サイド・ストーリー(イギリス初演)
  / ベンジャミン・グローヴナー(ピアノ)、ガイ・バーカー、マーク・アームストロング:指揮、ナショナル・ユース・ジャズ・オーケストラ
 プロムスはジャズもあります。今年はバーンスタイン生誕100年ということで、バーンスタイン作品だけでなく、ジャズの影響を受けた、もしくはジャズそのものになったアメリカの20世紀の作品も多い。ということでこのプロム。「ラプソディー・イン・ブルー」はガーシュウィンの代わりにオーケストレーションをしたグローフェ編曲、ピアノと小編成のジャズバンド版で。
 「ウェスト・サイド・ストーリー」も、スタン・ケントン楽団によるバージョンのを編曲したもの(ジャズに詳しくないのでよくわからない…)で。よくわからない、ならば聴け!こういうプロムは小難しいことを考えずに楽しんで聴くに限りますね。

◇8/17 Prom 47: Elgar, Prokofiev & Venables
 ・エルガー:序奏とアレグロ op.47
 ・フィリップ・ヴェナブルス Philip Venables / バルトーク:Venables Plays Bartok(世界初演)
 ・プロコフィエフ:交響曲第5番 変ロ長調 op.100
  / ペッカ・クーシスト(ヴァイオリン)、サカリ・オラモ:指揮、BBC交響楽団
 エルガーの「序奏とアレグロ」、主題はウェールズ民謡から引用されています。2曲目のヴェナブルスの作品は、ハンガリーの民謡にちなんでいるバルトーク「ハンガリーの5つのスケッチ」を基にしている模様(世界初演なので詳細はわかりません)。メインはプロコの5番。楽しいですね。
 ペッカ・クーシストさんは2016年にプロムス初登場、今年は2回目の登場です(Prom29)。2016年の初登場では、アンコールでフィンランド民謡弾き語りを披露してくれました。今回もある?演奏する作品も民謡からの作品だからなぁ…。
【追記】
 ペッカ・クーシストさんのアンコールは、スウェーデン民謡「Vi Sålde Våra Hemman」(We Sold Our Homesteads)という曲でした。クーシストさんは歌いませんが、オーケストラメンバーがハミングしてます。
 「Venables Plays Bartok」は語り入りのヴァイオリン協奏曲。クーシストさんはマイクをつけて、演奏しています。最初に聴くとびっくりします。

◇8/18 Prom 48: Sir Simon Rattle conducts L’enfant et les sortilèges
      [Binaural Sound あり]

 ・ラヴェル:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」
       シェヘラザード
       歌劇「子どもと魔法」
  / マグダレーナ・コジェナー(メゾソプラノ)、パトリシア・バードン(メゾソプラノ)、ジェーン・アーチボルド(ソプラノ)、アンナ・ステファニー(ソプラノ)、エリザベス・ワッツ(ソプラノ)、Sunnyboy Dladla(テノール)、ギャバン・リング(バリトン)、デイヴィッド・シップリー(バス)
  ロンドン・シンフォニー・コーラス、サイモン・ラトル:指揮、ロンドン交響楽団
 ラトルさんとロンドン響の登場です。9月には来日しますね。オール・ラヴェル・プログラム。メインはオペラ「子どもと魔法」。ラヴェルのおとぎ話の音楽を堪能できるプロムです。
【追記】
 YouTubeに動画がアップされました。以下からどうぞ。
BBC Proms – Maurice Ravel: Mother Goose (ballet)
BBC Proms – Maurice Ravel: Shéhérazade
BBC Proms – Maurice Ravel: L'enfant et les sortilèges

◇8/19 Prom 50: Mozart's Clarinet Concerto & Mahler's Fifth Symphony
 ・モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
 ・マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調
  / アンネリエン・ヴァン・ヴァウヴェ (Annelien van Wauwe) (クラリネット)、トーマス・ダウスゴー:指揮、BBCスコティッシュ交響楽団
 モーツァルトのクラリネット協奏曲とマーラーの5番、見たことない組み合わせ。先日読んだ「マーラーを語る」の記事でも書きましたが、マーラーの演奏頻度は多いですね。
【追記】
 見たことない組み合わせ、と書きましたが、このプログラムは1987年にバーンスタインがウィーンフィルとプロムスに出演した時のプログラムなのだそうです。

 YouTubeに動画がアップされました。以下からどうぞ。
BBC Proms – Wolfgang Amadeus Mozart: Clarinet Concerto in A major
BBC Proms – Gustav Mahler: Symphony No 5 in C sharp minor

◇8/20 Proms at ... Cadogan Hall 6 – The Sense of An Ending
 ・ブリッジ:音楽はやさしい声が消えた後も Music, when soft voices die
 ・ヴォーン=ウィリアムズ:休息 Rest
 ・ホルスト:今こそ主よ、僕を去らせたまわん(ヌンク・ディミッティス) Nunc dimittis
 ・ローラ・マヴーラ(Laura Mvula):Love Like A Lion(世界初演)
 ・パリー:告別の歌 Songs of Farewell
  / サカリ・オラモ:指揮、BBCシンガーズ
 テーマは「人生の終わり」。イギリスの作曲家による、臨終の時を歌った無伴奏合唱曲を集めたプロムです。ローラ・マヴーラさんはイギリスのシンガーソングライター。パリーの「告別の時」は6曲の組曲です。
 歌うのはBBCシンガーズ。指揮はオラモさん…?BBC響はいません。オーケストラはいません。オーケストラなしの合唱指揮は初めて聴きます。どんな感じなんだろう?オーケストラの指揮とはちょっと違うんだろうか。

◇8/20 Prom 51: Strauss, Wagner & Per Nørgård
 ・ワーグナー:「パルジファル」第1幕への前奏曲
 ・リヒャルト・シュトラウス:4つの最後の歌
 ・ペア・ノアゴー:交響曲第3番 (イギリス初演)
  / マリン・ビストレム (Malin Bystrom) (ソプラノ)、London Voices、ナショナル・ユース・チェンバー合唱団、トーマス・ダウスゴー:指揮、BBCスコティッシュ交響楽団
 前半はワーグナーとリヒャルト・シュトラウス。
 後半は、デンマークの現代作曲家、ノアゴーの3番。世界初演は1976年。ようやくイギリスで演奏されることになりました。ノアゴーが開発した独自の作曲技法「無限セリー」が用いられています。合唱も入りますが、指定では2つ、らしいです。過去のCDを見ると、必ずしもそうではないものもありますが…。ちょっと聴いてみましたが、幻想的なSFのような感じ。ダウスゴーさんは2002年にデンマーク国立響と6番をプロムスで演奏しています。あと、7番もプロムスで演奏されていますが、こちらはストルゴーズ指揮BBCフィル(2012)
 ダウスゴーさん、今年は出演が多いです。スウェーデン室内管、BBCスコティッシュの2回ずつで全部で4回。これが今年最後のプロムスです。

◇8/21 Prom 52: Edward Gardner & Bergen Philharmonic
 ・ワーグナー:さまよえるオランダ人 序曲
 ・ロルフ・ヴァリーン (Rolf Wallin):ヴァイオリン協奏曲(世界初演)
 ・シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 op.43
  / アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)、エドワード・ガードナー:指揮、ベルゲン・フィルハーモニック管弦楽団
 Prom41でBBC響を指揮したガードナーさんが、今度はベルゲン・フィルと登場です。ロルフ・ヴァリーンはノルウェーの作曲家。メインはシベ2.

◇8/22 Prom 54: Iván Fischer & Budapest Festival Orchestra (I)
 ・エネスク:組曲第1番 第1曲:Prelude a l'unisson
 ・バルトーク:弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106, BB 114
 ・マーラー:交響曲第4番 ト長調
  / アンナ・ルチア・リヒター(ソプラノ)、イヴァン・フィッシャー:指揮、ブダペスト祝祭管弦楽団
 フィッシャーさんとブダペスト祝祭管は2回登場します。その1回目。フランス語表記のGeorges Enesco ジョルジュ・エネスコとも呼ばれているエネスクが1曲目。バルトークはハンガリーの作曲家、マーラーは現在のチェコ生まれと東欧プログラムです。マーラーの交響曲の中でも、4番は特に好きです。

◇8/23 Prom 55: Iván Fischer & Budapest Festival Orchestra (II)
 ・リスト:ハンガリー狂詩曲 第1番 嬰ハ短調
 ・ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番 ト短調
 ・リスト:ハンガリー狂詩曲 第3番 変ロ長調
 ・サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
 ・ブラームス:ハンガリー舞曲 第11番 ニ短調
 ・ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 op.68
  / József Lendvay Sr , József Lendvay Jr(ヴァイオリン)、イェヌー・リステシュ(Jenő Lisztes)(ツィンバロム)、イヴァン・フィッシャー:指揮、ブダペスト祝祭管弦楽団
 ブダペスト祝祭管の2日目。前半は、ジプシー音楽を元にしたヴァイオリンソロが華麗な作品。József Lendvay親子のヴァイオリンと、ツィンバロム…ハンガリーなどの民族楽器で、バチで弦を叩いて演奏します。後半はブラームスの1番。

【追記】
 YouTubeに動画がアップされました。お早めにどうぞ。ツィンバロムが入ると、これまで聴きなれた曲も違って聴こえます。
BBC Proms – Franz Liszt: Hungarian Rhapsody No. 1 in C sharp minor
BBC Proms – Johannes Brahms: Hungarian Dance No. 1 in G minor
BBC Proms – Franz Liszt: Hungarian Rhapsody No. 3 in B flat major
BBC Proms – Pablo de Sarasate: Zigeunerweisen
BBC Proms – Johannes Brahms: Hungarian Dance No. 11 in D minor
BBC Proms – Johannes Brahms: Symphony No 1 in C minor

BBC Proms – Encore! Johannes Brahms: Hungarian Dance No. 4
 ↑アンコールのブラームス:ハンガリー舞曲第4番。楽団員さんたちが歌っています。

◇8/24 Prom 56: Mozart & Bruckner
 ・モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ト長調 K.467
 ・ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調
  / ベンジャミン・グローヴナー(ピアノ)、サカリ・オラモ:指揮、BBC交響楽団
 今年もモーツァルトのピアノ協奏曲とブルックナーの交響曲の組み合わせが。モーツァルトは21番。朗らかで、第2楽章もきれいですね。ブルックナー…少しずつ聴いてお近づきになりたい作曲家です。ブルックナーは版が沢山ありますが、プロムスではプログラムに表記されません。聴いてわかる方はすごいなぁ。
 ピアノのグローヴナーさんはProm46にも登場しました。指揮のオラモさんも今年は計5回の登場。これが今年のプロムス最後の登場です。ラストナイトは、9月はじめにロイヤル・ストックホルム・フィルとの来日(日本・スウェーデン国交樹立150年記念演奏会)のため今年はお休みです。

◇8/27 Proms at ... Cadogan Hall 7: Bernstein on Broadway and Beyond
 ・バーンスタイン:La bonne cuisine(4つのレシピ)
 ・ブシュラ・エル=トゥルク (Bushra El-Turk):Crème Brûlée on a Tree(世界初演)
 ・バーンスタイン:バレエ音楽「ファンシー・フリー」より Big Stuff
         :Conch Town(Tom Owen / Nigel Simeone:補筆) (イギリス初演)
 ・コープランド:パストラーレ
 ・バーバー:隠者の歌 op.29 より 第6曲:海難、第8曲:修道士と猫
 ・マーク・ブリッツスタイン (Marc Blitzstein):Modest Maid’; ‘Stay in My Arms’
 ・スティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim):ミュージカル「リトル・ナイト・ ミュージック」より 粉屋の息子
 ・バーンスタイン:歌劇「タヒチ島の騒動」より 信じられない!ひどい映画ね
  / ワリス・ジウンタ(Wallis Giunta)(メゾソプラノ)、Michael Sikich、イアン・ファリントン(ピアノ)、トビー・カーニー、オーウェン・ガネル(パーカッション)
 バーンスタインをはじめとするアメリカの作曲家の歌曲、オペラ、ミュージカルの歌のプロムです。バーンスタインのオペラもあるんですね。情報が少なく、日本語訳できなかった作品も…。ミュージカルではソンドハイムの「リトル・ナイト・ミュージック」日本でも上演されているんですね。

◇8/27 Prom 59: Relaxed Prom
  / ジュリー・ドイル(歌)、ジェームズ・ローズ:指揮、BSO Resound、シャーン・エドワーズ:指揮、ボーンマス交響楽団
 昨年から始まった「Relaxed Prom」.小さいお子さんや、視覚・聴覚など様々な障碍を持つ方も一緒に楽しめるようにプログラムされているプロムです。去年聴いて、イギリスの子ども番組、子ども向けコンサートってこんな感じなのかな、と思いました。楽しいですよ。のんびりピクニック感覚で聴けます。

◇8/27 Prom 60: Marin Alsop & Baltimore Symphony Orchestra
 ・バーンスタイン:スラヴァ!
         :交響曲第2番 「不安の時代」
 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47
  / ジャン=イヴ・ティボーデ(ピアノ)、マリン・オールソップ:指揮、ボルティモア交響楽団
 オールソップさんがボルティモア響と登場です。バーンスタインもショスタコーヴィチも戦争を意識した作品です。バーンスタインのショスタコ5番(ニューヨーク・フィル)はお気に入りの演奏です。そのバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」。聴いたことがなかった。タイトルはイギリスの詩人、ウィスタン・ヒュー・オーデンの詩から。ピアノ独奏が入ります。ピアノソロと別に、オーケストラの中にもアップライトピアノが入っているのだそうです。
 8月27日(グリニッジ標準時・サマータイム)は聴くものがいっぱいだな。
【追記】
 YouTubeに動画がアップされました。以下からどうぞ。
BBC Proms – Leonard Bernstein: Slava! (A Political Overture)
BBC Proms – Leonard Bernstein: Symphony No 2 'The Age of Anxiety'
BBC Proms – Encore! Franz Schubert: Kupelwieser Waltz
BBC Proms – Dmitri Shostakovich: Symphony No 5 in D minor
BBC Proms – George Gershwin: Porgy and Bess - Extracts
BBC Proms – Dmitri Shostakovich: General Dance and Apotheosis

◇8/28 Prom 61: Yannick Nézet-Séguin & Rotterdam Philharmonic
 ・リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ長調 S.125 R.456
 ・ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
   / イェフィム・ブロンフマン(ピアノ)、ヤニック・ネゼ=セガン:指揮、ロッテルダム・フィルハーモニック管弦楽団
 今年のプロムス2曲目のブルックナー。4番はまだ聴けばわかります(聴かないと思い出せない…)。前半はリストのピアノ協奏曲。

◇8/29 Prom 62: Diana Damrau sings Strauss
 ・エルガー:南国にて(アラッシオ) op.50
 ・Iain Bell:Aurora(世界初演)
 ・リヒャルト・シュトラウス:セレナーデ Ständchen op.17-2
              :バラのリボン Das Bächlein op.36-1
              :明日の朝 Morgen! op.27-4
              :献呈 Zueignung op.10-1
 ・バルトーク:管弦楽のための協奏曲
  / ディアナ・ダムラウ(ソプラノ:Iain Bell)、ミア・パーション(ソプラノ:R.シュトラウス)ヴァシリー・ペトレンコ:指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
 今年のプロムスには「ペトレンコ」という名前の指揮者が2人出ます。こちらはヴァシリーさん。ロイヤル・リヴァプール・フィルとは来日もしましたね。もうひとりは、9月に登場するキリル・ペトレンコさん(ベルリン・フィルの新音楽監督)。姓は同じですが、ロシアではよくある姓らしく、親戚でも何でもないそうです。
 エルガーの「南国にて」きれいな曲ですね。リヒャルト・シュトラウスの歌曲も楽しみです。後半は打ってかわってバルトーク。
【追記】
 リヒャルト・シュトラウスの歌曲に曲目変更がありました。あと、歌手も当初の表記と変わりました。訂正しておきます。

◇8/29 Prom 63: Sir András Schiff plays 'The Well-Tempered Clavier' (Book 2)
 ・J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻 (BWV870〜893)
  / アンドラーシュ・シフ(ピアノ)
 2015年の「ゴルトベルク変奏曲」、昨年2017年の「平均率クラヴィーア曲集」第1巻に続く、アンドラーシュ・シフさんのバッハシリーズです。今年も楽しみです。
【追記】
 YouTubeに動画が一部アップされました。第3曲と第12曲の2つです。
BBC Proms – Johann Sebastian Bach: The Well-Tempered Clavier Book 2, No. 3
BBC Proms – Johann Sebastian Bach: The Well-Tempered Clavier Book 2, No. 12

◇8/30 Prom 64: Verdi Requiem
 ・ヴェルディ:レクイエム
  / リゼ・ダヴィドセン(ソプラノ)、カレン・カーギル(メゾソプラノ)、ドミトロ・ポポフ(テノール)、トマス・コニエチュニー(バス)
   ロンドン・フィルハーモニー・コーラス、アンドレス・オロスコ=エストラーダ:指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 大曲が来ました。ヴェルディの「レクイエム」、「怒りの日」のコーラスが印象的ですが、全体的に聴くときれいなんですよね。というのを、数年前、最近知りました。

◇8/31 Prom 65: Stravinsky, Ravel & Berio
 ・ラヴェル:ラ・ヴァルス
 ・ベリオ:シンフォニア
 ・ストラヴィンスキー:春の祭典
  / London Voices、セミヨン・ビシュコフ:指揮、BBC交響楽団
 ラヴェルの「ラ・ヴァルス」は、ラヴェルが第一次大戦後の発表した作品。ラヴェルは第一次大戦中健康を害し、さらに母の死のショックで苦しい状況に。その後のこの作品は、19世紀オーストリアの宮廷でのワルツをイメージしたものなんだそう。
 ベリオの「シンフォニア」…ほとんど聴いたことがない作品です。調べてみると、第3部にマーラーの交響曲第2番の第3楽章の断片が用いられているとのこと。それだけなく、他にも数多くの作品の断片が継ぎはぎされているらしい。その中には、このプロムの「ラ・ヴァルス」も「春の祭典」もあるんだそう。聴いて、どこかわかるかな?ちなみに、BBC響の首席指揮者でもあったブーレーズが得意とした曲でもあります。CD化はされていませんが、BBC響との演奏はあるんだろうか?
 「春の祭典」はご存知の通り。「ラ・ヴァルス」と「春の祭典」は踊りの曲ですね。


 盛りだくさんの8月後半でした。ついて行けるか…。9月もラストスパートで盛りだくさんです。9月に続きます。
・9月:BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その4 [9月]
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-14 22:16 | 音楽
 今年もやって来ました。ペルセウス座流星群(ペルセ群)の季節です。

アストロアーツ:【特集】ペルセウス座流星群 2018
国立天文台:夏の夜、流れ星を数えよう 2018 ~ペルセウス座流星群を眺めて、みんなで報告しよう
 ↑今年もやってます、国立天文台の報告サイト。

 今年は月は夕方に沈んでしまっているので、月明かりの影響は全くなし。絶好の条件です。
 ただ、お天気が良くなるかどうか…日中は曇っていたので、無理かなぁと思っていました。

 夜、薄い雲がちらほらとありますが、晴れました。部屋の窓から、夜11時ごろから1時間程度観測しました。天頂近くには秋の四辺形、ペガススの四辺形が。月明かりはなかったのに、ご近所さんの家の明かりが目に入ってきて残念。それでも、明るい流星は3個ほど、全部で5個程度見られました。

 何より、南の空でオレンジ色に明るく輝く火星が印象的でした。ギラギラと、禍々しい…。

 今日は雲が多い。見られたら見ます。
 観測した人、曇ってて観測できなかった人も、上記の国立天文台のキャンペーンサイトで報告してね。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-13 21:50 | 宇宙・天文

天文の世界史

 火星の大接近と夏の夜の惑星祭り、ペルセウス座流星群と様々な天文現象があり、今年も何かと天文・宇宙は話題になっています。これまで、様々な天文・宇宙本を読んできましたが、その宇宙を人類はどのように見つめてきたのか。ルーツ、歴史を紐解いてみたいと思いません?ということでこの本。


天文の世界史
廣瀬 匠 / 集英社、集英社インターナショナル、インターナショナル新書 / 2017

 天文学の歴史というと、まずメソポタミアやエジプトと言った古代文明のもとで生まれた天文学に続いて、西洋の天文学の歴史について語られる。あと、アラビアの天文学。しかし、インドや中国といったアジア諸国でも天文学は進歩していった。古代マヤでも天文学は進んでいた。世界史は世界史でも、天文学の世界史、人類が宇宙をどう捉えていたのか、その歩みを辿る本です。
 著者の廣瀬さんは、アストロアーツで働いた後、天文学史の研究へ。古代・中世インドがご専門。ツイッターをやっていた時、フォロワーさんでした。何度か言葉を交わした方が本を出されている…不思議な世の中です。

 身近な太陽、月、地球に始まり、惑星、星座、流星や彗星、銀河などの記録や民俗、文化などなど。時間、年月日の概念と誕生、暦の作成…宇宙、太陽や月、星(星座)はそれらを生み出してくれた。運行に規則があって、一定である。そこから、権力者が変わり無く、絶え間なく、統治できるかという指針にもなった。動きが一定でない惑星や、彗星、超新星などは不吉とされた。星占いもそこから発展した。人類が宇宙の中で生きてきた、宇宙があって人間の生活や文化が生まれ変わっていったことの証でもある。現代人の多くの人は、天文現象があれば何だかんだと騒いで空を見上げるが、古の人々にとって宇宙は、もっと身近で、もっと見続けていたものなんだろうなと思った。昔は夜はこんなに明るくはないので、もっと星や月を見えたのもあるのかな、と。

 地域によって、星の見方も違う。メソポタミアの流れにある西洋の星座と、中国の星座は違う。でも、似ているところもある。星の並びが印象的なものだと、どこの地域でも結び方は同じになってしまう。星座だけでなく、太陽や月、暦、惑星などに関しても。インドについては今まであまり知らないことが多いので、興味深かった。

 近現代の天文学についても書かれています。望遠鏡の発達により、遠くの銀河や星雲なども観測できるようになった。天の川についても、銀河だったとわかる。さらには相対性理論、暗黒物質、ビッグバンと今現在も研究が続いている天文学、物理学に繋がる。遠くの宇宙が見えるようになれば、また謎が生まれる。新しい発見があれば謎も生まれる。天文学の歴史はその連続。今、研究している宇宙の謎が解けたら、また新しい謎が出てくるのだろうか。とても面白いです。

 新しいことだけではない。244ページの「「天文学の歴史」を疑うことこそ理解への第一歩」とあるように、天文学の歴史も諸説ある。ある概念が時間を経て、違う概念に変わってしまったことはよくある。過去も知ればまた謎や疑問、噛み合わないことが出てくる。専門家でない限りなかなか文献を探すのは大変だが、色々な説や文献に触れて、天文学の多様性を実感する。天文学の歴史の膨大さも、宇宙のように広がっているのだなと感じました。すごいね。

 宇宙天文についての基礎についても書かれているので、宇宙天文+天文学史の入門書になると思います。内容はちょっと難しいところもありますが、文章も親しみやすいと思います。


【過去関連記事】
天文学者の江戸時代 暦・宇宙観の大転換
カリスマ解説員の楽しい星空入門
「ブルームーン」とはそもそも何ぞや

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-11 22:22 | 本・読書
 先日発行された「日本・スウェーデン外交関係樹立150年」切手。
・前の記事:日本とスウェーデンの150年 切手&特印(手押し印)

 この切手の、郵頼していた押印機印の特印が届きました。
f0079085_21265019.jpg


日本・スウェーデン外交関係樹立150年オフィシャルサイト
 このサイトにもある、150周年記念ロゴマークが図案です。日本をあらわす赤い丸。スウェーデンをあらわす黄色と青の四角。なのですが、特印になると全部鳶色(特印の赤い色は「鳶色(とびいろ)」)になってしまっている…。切手にはない図案、150年のいい記念です。切手は、ストックホルム市庁舎です。切手も、スウェーデン側は黄色と青、日本側は赤と白が上下に配色されています。
 ちなみに、切手に、ストックホルム・コンサートホールを入れてくれたら嬉しかったなぁ。

 今年はスウェーデン、北欧も30度まで気温が上がっている猛暑だそう。暑さに慣れていない、暖房はしっかりあるけど冷房はないであろう北欧の家は暑苦しくて大変ですね…。スウェーデンではあちこちで山火事も起きているということ。心配です。長い冬に備えて、夏を謳歌したいところでしょうが、この猛暑では早く秋になってほしい…のかな?


[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-06 21:34 | 興味を持ったものいろいろ
 切手、特印の話題再び。今年は、日本とスウェーデンの国交樹立150年。両国で様々なイベントも開催されています。
日本・スウェーデン外交関係樹立150年オフィシャルサイト
 
 こういう記念の時には切手も発行されます。
郵便局:特殊切手 日本・スウェーデン外交関係樹立150周年

昨年はデンマークで、とても可愛かったので期待。
日本とデンマークの150年切手&特印
日本・デンマーク国交樹立150年切手押印機特印

 今年のスウェーデンの切手のデザインをネットで見て、可愛いんだけど…デンマークほどでは無いなと思っていました。スウェーデンらしさも出ているし、水彩の絵はきれい。でも、日本の部分はあまり…。
 そう思っていたのですが、実際に切手を手にとって見て…あれ、可愛い。色合いとか、ネットで見たのとかなり違います。手にとって見ると、水彩のやわらかさ、素朴な可愛らしさがより伝わってくる。日本のほうも可愛いじゃないか。スウェーデンもいいじゃないか!

 切手と手押し印です。
f0079085_22045262.jpg

 切手は、スウェーデンのコーヒー休憩「フィーカ(fika)」を。一緒に食べるお菓子はシナモンロールがポピュラーなんだとか。切手は他にも、ストックホルム市庁舎、民族衣装、スウェーデンの赤い家とリンネ草、ガムラスタン(旧市街)の図案。リンネ草は、分類学の基礎を築いたスウェーデンの博物学者、カール・フォン・リンネが自分の名前を学名につけてしまった。
 特印は民族衣装の図案です。特印は8月8日まで押すことができます。特印を置いている郵便局へどうぞ。

 同じ北欧ですが、昨年のデンマークとは異なる。似ているようで個性がはっきりしている北欧の国々。来年は、フィンランドと日本の国交樹立100年。楽しみにしていますよ日本郵便さん。

 今回も押印機印も郵頼したので、届いたらまた記事を書きます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-08-02 22:16 | 興味を持ったものいろいろ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31