人気ブログランキング |
 以前、「満願」を読んで作者の米澤穂信さんのことを知りました。米澤さんの代表作でデビュー作と言えば、「氷菓」に始まる「古典部」シリーズ。タイトル、「古典部」シリーズのことは名前は聞いたことがあったけど中身はよく知らない。アニメ本編も見たことはない。気になるから原作を読んでアニメも観てみようと思っていたら…こんなことに…。
満願


氷菓
米澤 穂信/KADOKAWA、角川文庫/2001(初版は角川スニーカー文庫、2001)


 高校に入学した折木奉太郎。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとする「省エネ」主義者。これといって趣味もなく、何かに活力を持つことを浪費と思っている。そんな奉太郎は、世界中を旅している姉の供恵から、彼女が所属していた部活「古典部」に入れという手紙が届く。部員がおらず廃部寸前の「古典部」を守りなさい、と。
 その通りに古典部に入部した奉太郎は、部室の地学講義室に向かう。鍵を開けると、一人の女子生徒がいた。同じ新入生の千反田える。さらに、奉太郎の旧友の福部里志もやって来る。えるは鍵を持っていないのに講義室の中にいた。その時鍵は開いていたという。奉太郎がやって来るまでえるは部屋に閉じ込められていた…えるは疑問を持つ。

 ミステリーものと聞いていて、人が死んだりするのは全く駄目ではないがあまり気分がよくないなぁ…と思っていたが、そういう話はない。あらすじにも書いた、えるが教室に知らない間に閉じ込められていたこと。些細なことで、まぁいいかと流してしまいそうなことだ。えるには何も危害もなく、奉太郎も困ることも何もない。でも…。えるの一言「わたし、気になります」ここから全ては始まった。

 ミステリー、推理ものは殺人事件ばかりではない。「シャーロック・ホームズ」シリーズも殺人事件だけではない。よく考えてみると奇妙なことも依頼される。(そんな奇妙な話をうまく学園ものにアレンジした三谷幸喜:脚本のNHK人形劇「シャーロックホームズ」は素晴らしい、本当に面白かった)
 ほんの小さな違和感。些細な出来事。日常生活に埋もれて、そのまま見過ごして通り過ぎてしまうようなこと。そんな「日常の謎」に、「わたし、気になります」と興味を持つえる。情報通で様々な知識を提供する里志。えるの好奇心から逃れたいと思いつつも、興味を持ってしまい、それらをまとめて、推理する奉太郎。ホームズは、「君はただ眼で見るだけで、観察ということをしない。見るのと観察するのとでは大違いなんだ。」と言う。ただ「見て」いないで、「観察」した上で「気になる」と言うえる。「観察」して答えを導く奉太郎。とても面白い。導き出された答えも、日常の些細なこと。でもよく「観察」すれば面白い。奉太郎がこんなに推理力があるのは何故なのだろうか。成績もとてもいいわけではない(学業に関しても「省エネ」だから)。そのあたりは後のシリーズで明かされていくのだろうか。
 「古典部」にはもう一人、奉太郎の幼なじみの伊原摩耶花も入部する。私はまだ摩耶花のキャラがつかめていない。これも後々か。

 「古典部」の活動は特に決まってはいない。ただ、文化祭で文集を出すことが伝統となっているらしい。この文集と、えるの過去、家の話が大きな謎に向かっていく。
 最初読んで、随分堅い、古めかしい言葉遣いをする高校生だなと思った。奉太郎も、里志も、えるも、摩耶花も。でも、この雰囲気が彼らの通う高校・神山高校の雰囲気に合っているし、この大きな謎に対してちょうどよく感じる。
 前の記事の「ファースト・マン」、アポロ11号の月面着陸は、私にとっては歴史だ。でも、当時リアルタイムで生中継を見ていた人には実際の体験だ。このある過去についての「歴史」と「実際の体験」の差。私にも、奉太郎たちにとっても「歴史」だった出来事が、文集の謎を解くことで、「実際の体験」にはならなくても、もう少し身近な「過去の実際の出来事」になる。それが、今現在や未来につながることもある。不思議だなと思う。

 「古典部」に入ったことで、「省エネ」だった奉太郎に変化が。奉太郎は、青春を「薔薇色」と表現し、一方自分は「灰色」と例えている。こんな箇所がある。
俺だって楽しいことは好きだ。バカ話もポップスも悪くはない。古典部で千反田に振り回されるのも、それはそれでいい暇つぶしだ。
 だが、もし、座興や笑い話ですまないなにかに取り憑かれ、時間も労力も関係なく思うことができたなら……。それはもっと楽しいことではないだろうか。それはエネルギー効率を悪化させてでも手にする価値のあることではないだろうか。
 例えば、千反田が過去を欲したように。
(180ページ)
 奉太郎がえるの過去や叔父のこと、そして文集のことで触れたことは、奉太郎の「省エネ」とは正反対のことだった。それは、「薔薇色」とはちょっとちがうけれども、熱意がある。その熱意を受け取った奉太郎。今後、どう変化していくか楽しみ。
 続きのシリーズも読みます。


 では、アニメの話も少し。ちょうど小説を読んでいたら、GYAO!でアニメが配信開始されました。

GYAO!:アニメ:氷菓

 観てみました。まだ2話までしか観ていませんが面白い。原作を絵にするとこうなるんだなぁ、と思う。伏線、推理の鍵となるものが何気なく登場しているのがいい。ああ、これか、と。登場人物の口調も上述の通り、高校生にしては堅い、古めかしいが、今風のキャラデザのアニメに合うのがすごい。「古典部」の世界だと思えてしまう。アニメで観るとまた違う。面白さが倍になる。アニメも最後まで観ます。
 オープニングの映像もきれいで、Chouchoさんの歌もいい。奉太郎のことであり、えるの願いのようにも思える。そして、オープニングを観ていたら何故か涙が溢れてきた。ちょっと切ない歌のせいだろうか。それとも、スタッフクレジットを読んだせいだろうか。事件が起こった時はとにかくショックだった。このブログでも、「けいおん!」や「日常」を取り上げてきた。大好きなアニメだ。何かできることはないかとささやかだが募金もした。他のアニメを観ていても、大勢のスタッフさんたちがいて、このアニメはできているんだと思うようになった。この「氷菓」は、アニメそのものも面白いけれども、作り手のことを思わずにはいられない。アニメ「氷菓」は、その意味でも見届けたい。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
# by halca-kaukana057 | 2019-08-26 22:54 | 本・読書
 この7月で、アポロ11号の月面着陸から50年。私も月やアポロ関係の本を読んでいますが、この本は読まねばならないだろうと思って読んだ。映画の原作ですが、映画は観ていません(上映館がない)

ファースト・マン 上: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生

ジェイムズ・R. ハンセン:著、日暮雅通、水谷淳:訳/河出書房新社、河出文庫/2019


ファースト・マン 下: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生

ジェイムズ・R. ハンセン:著、日暮雅通、水谷淳:訳/河出書房新社、河出文庫/2019



 ポルノグラフティが歌う「アポロ」の歌詞…「ぼくらが生まれてくるずっとずっと前には…」普段は、自分は生まれていなくても実際にあったこと、歴史上の事実、人類は月まで行って月に降り立ったことは変わらない、と思ってきたのだが、この本を読んでいたら何故かその歌詞に共感してしまった。自分は生まれていなかった時代に、宇宙開発は黎明期から月を目標にした時代になり、月へ向けて奮闘してた人々がいた。とても遠い時代のことに思えてしまった。自分に関係がないわけじゃないけど、遠い世界、遠い時代のことなんだな…と思ってしまった。それは、私が今までアポロ計画や、その前のジェミニ計画、そしてアポロ計画で一番有名な人物と言っていいニール・アームストロングという人について知らないことがたくさんあったことに気づいたからだ。

 アームストロングは、自分のことをあまり語ろうとしなかった。アームストロングの自伝を出すことに対しても、彼はとても慎重だった。ちなみに、この本は2005年に最初の版が出版され、2012年、アームストロングが亡くなった後第2版が出版された。そして、2018年アームストロングが亡くなった時のことなどを加筆、アポロ11号月面着陸50年を記念して2018年新版が出版された。

 宇宙開発の黎明期のNASAの宇宙飛行士というと、明るく快活、おおらかな性格で、アメリカの英雄という輝きを上手に纏う人をイメージする。しかし、アームストロングは違った。根暗なわけではない。引っ込み思案なわけでもない。明るく快活ではある。しかし、思慮深く、控えめで、言葉を慎重に選んで話し、物事を緻密に考えてから行動する人だった。ジョークを言って場を和ませることはするので、堅物というわけではない。愛想もよく人に好かれていた。機転が利き、トラブルが起こっても慌てない。月着陸訓練機(LLTV)での訓練中、制御不能となり、アームストロングは脱出装置で脱出し一命を取り留めたことがあった。しかしその約1時間後、アームストロングは何事もなかったかのようにオフィスで仕事をしていた。事故のことを知った他の宇宙飛行士は平然としているアームストロングにとてお驚いたそうだ(当然だ)。そして、月面着陸をした後も、隠遁生活をしたわけではなかったが、「ファースト・マン(月面に初めて降り立った男)」と権力を振りかざすことも、出しゃばることはしなかった。不思議な魅力の人だなと感じた。

 アームストロングは、根っからのパイロットだった。子どもの頃から飛行機が大好きで、自動車免許を取るより先に飛行機を操縦するようになった。大学在学中、兵役で海軍に所属し、実戦にも赴いた。大学卒業後はNASAの前身、NACAのテストパイロットになり、超音速での飛行を繰り返した。今まで誤解していたのだが、アームストロングは宇宙飛行士になった時、軍人ではなく民間人だった。民間人初の宇宙飛行士だった。テストパイロットというと、映画「ライト・スタッフ」を思い出すが、あの映画で描かれていることは事実と反することも知ってショックだった。違うのか…。
 そんなアームストロングが何故宇宙を目指すようになったのか。詳しくは書かれていない。ただ、関係することがいくつか書かれている。あるとても悲しい出来事について書かれているが、それがアームストロングを宇宙に向かわせたのだろうか。

 アームストロングはアポロ11号の船長。でも、その前の宇宙飛行の実績については知らなかった。1966年のジェミニ8号での飛行。トラブルにより、予定されていた全てのミッションを行うことができず、アームストロングは残念がっていた。その帰還の数日後には現場に戻り、後続のミッションを支えた。ジェミニ計画の箇所も興味深かった。まさに宇宙飛行黎明期。

 そして、アポロ計画へ。アームストロングが11号の船長になったことは決まっていたが、11号で月面に着陸、EVA(船外活動、つまり、月の上を歩くこと。EVAというと私にとってはシャトルやISSでの船外活動のイメージなので、アポロ計画の月面での活動もEVAと呼ぶのに驚いた)を行うのは最初から決まっていたわけではないのに驚いた。1969年になってから、月着陸を行うかもしれない、と告げられる。その後の、誰が最初に月に降りるのか。アームストロングとオルドリンの反応が正反対。アームストロングの性格だったからこそ、様々なものに耐えられたのかもしれない。アポロ11号のクルー3人の関係は不思議な関係だ。宇宙飛行士というと、誰とでも仲良くできて、チームワークを大切にする。意見が違うことがあっても冷静に話し合って理解し合う。何が起こるかわからない、命の危険もある宇宙空間。お互いの命を預けても構わないぐらいに信頼し合うことを大事にするイメージがある。この3人はちょっと違う。信頼していないわけではないけど…。これで耐えることができた3人はすごいと思う。

 月着陸の箇所も、知らなかったことがいくつもあった。そういえば、アポロ計画、ならびに11号の飛行を支えたジョン・ハウボルトとマーガレット・ハミルトンの名前が出てこなかったのが残念。アームストロングの伝記だから仕方ないか。
 残念なのは、月面での写真にアームストロングの写真はほぼないということだ。写真はほとんど全てオルドリンのものだった。アームストロングの控えめな性格のせいなのだろうか。それとも、そこまでのことを想定していなかったということなのだろうか。6分の1の重力は、歩くこと以外でも不便なことがある。無重力(微小重力)ではないのだから、ISSほどの慣れと苦労はしないのだろうと思っていたが、どうも違うらしい。月面での生活を描いたSF作品を見る目が変わりそうだ。
 アポロ11号の月面着陸というと、星条旗を月面に立てたのも印象的で、その意味を考えてしまう。その一方で、国に関係なく宇宙に挑んできた人たちへの敬意を示した記念品を月面に残していた。

 帰還後、アポロ11号のクルーは地球の英雄となった。注目されればされるほど、各々の利害のためにデマを流して利用しようという人もいる。メディアは追いかけ回す。しかし、アームストロングの性格や考えはぶれることはなかった。アームストロング個人を勝手に英雄視する商品などに対しては抗議をした。少しも舞い上がることもなく、謙虚であり続けた。そして、アームストロングはパイロットであった。これは現代も変わらないのだが、読んでいて、アポロ11号の船長である宇宙飛行士のアームストロングと、一個人のニール・アームストロング。これを切り離して報道なり、捉える、認識することは人類にはできないのだろうか。人類は月まで行ったというのに。現代なら、できている国や地域はあると思う。しかし、日本はできていないと思う。読んでいて悲しくなった。

 映画はどんな感じなのだろうか。この原作から映画を作るのは難しそうだ。「Hidden Figures(邦題:ドリーム)」みたいになっているのだろうか。こちらも原作はとても堅いノンフィクションだった。
 この本のこの堅さ。これこそが、アームストロングなのだと思う。
 
# by halca-kaukana057 | 2019-08-22 23:09 | 本・読書
 今年もこの季節がやってきました。ペルセウス座流星群。

アストロアーツ:【特集】ペルセウス座流星群 2019年

 今年の極大は13日。しかし、お天気がよくなかった。しかも、今年は月明かりがあり条件が悪い。諦めて寝ていました。

 今日未明、夜中に目が覚めた。もしかしてと外を見たら、晴れている。快晴。満月直前の月も大分西に傾いて、東の空なら大丈夫そう。極大は過ぎてしまったが、やっぱり今年もペルセ群が観たい。ということで、月明かり等が目に入らないようにして、東の空を中心に、午前2時半頃~3時半過ぎまで観測することにしました。

 東の空には、おうし座が大きく見えました。「すばる」プレアデス星団もはっきりと見えました。徐々にオリオン座、ふたご座も上ってきています。本当に快晴で空も澄んでいて、観測には申し分ない夜空でした。これで月明かりがなかったら、もっとたくさんの星が見えただろうに…。
 極大を過ぎたため、なかなか流れないなと観ていたら、オリオン座で火球クラスの明るい流星が。とても明るかったです。その後はぽつぽつ小さいのが流れていました。多分どれもペルセ群の流星だったと思う。もうひとつ明るい流星も観られました。
 約1時間で5個程度。流れ星の観測も楽しかったですが、徐々に上ってくるオリオン座やふたご座を観るのが楽しかった。地球は自転しているのだなと実感しました。3時半を過ぎると、東の空がぼんやりと明るくなってきた。昼間のためにもう一眠りしようとここで切り上げ。流星観測はどこで切り上げるかに迷います。あと1個流れたら…を繰り返すw

 今年はふたご座流星群も月明かりで条件が悪いらしい…。ペルセ群よりも、ふたご群の方が見やすいのだが…。
# by halca-kaukana057 | 2019-08-15 21:34 | 宇宙・天文
 ロンドンで絶賛開催中の「BBC Proms」。8月後半の私が選んだプロムリストです。8月後半も盛りだくさんです。そろそろ、オンデマンドを聴くのに遅れが出てきました…。
 7月はじめの頃のプロムのオンデマンド配信が終わりに近づいているものもあります。聴き逃しのないよう確認を。バイノーラル・サウンド配信の楽曲も増えています。


・7月の各プロムの記事BBC Proms ( プロムス ) 2019 私選リスト その1 [7月] (随時追記中)
・8月前半BBC Proms ( プロムス ) 2019 私選リスト その2 [8月前半] (随時追記中)


 今年の大きなテーマのひとつが、プロムスの創始者、サー・ヘンリー・ウッドの生誕150年。それを記念して、ウッドが初演(世界初演、イギリス初演、プロムス初演など)した作品を数多く取り上げています。公式サイトでは、ウッドの初演した作品には「Henry Wood Novelties」と表記があります。とにかく多いです。
 もうひとつの大きなテーマが宇宙。アポロ11号月面着陸から50年を記念してのプログラムです。宇宙に関する作品も多く演奏されます。

 プロムスの全公演は、BBC Radio3で放送されます。生放送を聴けなくても、30日間のオンデマンド配信があるので時間のある時にゆっくり楽しめます。再生はBBC Radio3の各プロムのページでどうぞ。今年はプロムス公式サイトで再生できない、リンクもないので、Radio3へのリンクを貼っておきます。
 パソコンからはそのままブラウザで。スマートフォンからは「BBC iPlayer Radio」のアプリを使うと便利です。無料でダウンロードできます。
 通常の放送だけでなく、Radio3の番組「Afternoon Concert」はプロムス期間中、各プロムの再放送をしています。オンデマンドの配信が期限切れで聴き逃してしまった、日本時間の22時からの放送でちょうど聴ける、という方はこちらもどうぞ。放送されないプロムもあるので注意。
BBC Radio3:Afternoon Concert

 今年も、バイノーラル・サウンドでの配信もしています。一部公演ですが、立体音響で楽しめます。普通のヘッドホンで構いませんので聴いてみてください。随時追加されていくと思います。配信公開期限はいつまでなのかわかりません。通常のオンデマンド公開期限の30日を一応目安にしておくと安心かと思います。
BBC Proms:Binaural Proms 2019

 去年のバイノーラル・サウンド配信もまだ残っているのでリンクしておきます。
BBC Proms 2018:Immerse yourself in music with spatial headphone mixes from the Proms

 では、8月後半の各プロムを見ていきましょう。

◇8/16 Prom 40: Queen Victoria's 200th Anniversary
   ◇(Prom40:Radio3)
 ・アーサー・サリヴァン:バレエ音楽「ヴィクトリア朝とメリー・イングランド」組曲
 ・メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲 第1番 ト短調 op.25
 ・サクス=コバーグ=ゴータ公子アルバート:歌曲集
 ・メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 op.56「スコットランド」
  / アレッサンドロ・フィッシャー(テノール)、スティーヴン・ハフ(ピアノ)、アダム・フィッシャー:指揮、エイジ・オヴ・インライトゥンメント管弦楽団

 ヴィクトリア女王生誕200年を記念してのプロムです。サリヴァンはオペレッタ「ミカド」の作曲家。ヴィクトリア女王はメンデルスゾーンがお気に入りでした。ピアノ協奏曲1番と、「スコットランド」交響曲を。ヴィクトリア女王の夫、プリンス・コンソート・アルバートは作曲もしていました。その作曲した歌曲も。プロムスのメイン会場、ロイヤル・アルバート・ホールは、アルバート公に捧げられたホール。2017年のラストナイトのテレビ放送で、ロイヤル・アルバート・ホールの歴史を紹介していましたね。
 ピアノ協奏曲のピアノですが、ヴィクトリア女王のエラールのピアノなのだそうです。公式の写真を見ましたが、金ぴかのとても豪華なピアノ。音色も現代のピアノとは違う音色。アルバート公の歌曲集は、このピアノで伴奏をしています。ピアノ演奏はピアノ協奏曲に続きハフさん。アルバート公に捧げられたホールで、ヴィクトリア女王のピアノを演奏し、アルバート公の作曲した歌曲を演奏する。こういう趣向のプロムもいいですね。
 ラジオ録音で聴いているからいいのだが、実際のコンサートではあの大きなホールであのピアノはどう響いたんだろう。後ろの席、一番上のバルコニーまで音は届いたのだろうか。

 ハフさんのアンコールの映像がYouTubeに上がっていました。すごいピアノだ…。
Proms encore played on Queen Victoria's golden piano (BBC Proms 2019)
 ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2


◇8/17 Proms at … Holy Sepulchre London
   ◇(Proms at … Holy Sepulchre London:Radio3)
 ・ウォルトン:Where does the uttered music go? 絶対音楽はどこへ行くのか
 ・ブリテン:Sacred and Profane op.91 神聖と世俗
 ・アイアランド:聖なる少年
 ・シア・マスグレイヴ Thea Musgrave:Rorate coeli
 ・エリザベス・マコンキー Elizabeth Maconchy:Three Donne Songs – No. 1: A Hymn to God the Father
 ・ヴォーン=ウィリアムズ:真理のために勇敢に Valiant for truth
 ・ジュディス・ウィアー Judith Weir:Missa del Cid エル・シッドのミサ
 ・ジョアンナ・リー Joanna Lee:At this man’s hand (世界初演)
  / ソフィ・イェアンニン Sofi Jeannin:指揮、BBCシンガーズ

 BBCシンガーズの無伴奏合唱プロム。イギリスの宗教合唱曲を集めています。


◇8/17 Prom 41: Rimsky-Korsakov, Rachmaninov, Lyadov & Glazunov
   ◇(Prom41:Radio3)
 ・リムスキー=コルサコフ:歌劇「ムラダ(Mlada)」組曲
 ・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 op.1 (1891年初稿)
 ・リャードフ:バーバ・ヤガー op.56、キキーモラ op.63、ヨハネの黙示録より op.66
 ・グラズノフ:交響曲第5番 変ロ長調 op.55
  / アレクサンドル・ギンジン Alexander Ghindin (ピアノ)、ウラディミール・ユロフスキ:指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 ユロフスキさんとロンドン・フィルのオール・ロシア・プロムです。しかも、全曲ヘンリー・ウッドが初演しました。リムスキー=コルサコフとラフマニノフは世界初演。リャードフとグラズノフはイギリス初演。すごい。
 ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番は1917年に改訂されています。今回演奏するのは初稿です。ラフマニノフが卒業試験のために作曲しました。
 Prom18でも書きましたが、ロンドン・フィルの次期首席指揮者が、エドワード・ガードナーさんに決定しました。


8/18 ◇Prom 42: Youthful Beginnings
   ◇(Prom42:Radio3)
 ・ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 op.21
 ・クララ・シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 op.7
 ・ソフィア・グバイドゥーリナ Sofia Gubaidulina:おとぎ話の詩
 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 op.10
  / マリアム・バタシヴィリ(ピアノ)、ラファエル・パヤーレ:指揮、アルスター管弦楽団

 作曲家たちの若き日の作品を集めました。ベートーヴェンの1番は、全音のソナチネアルバム1巻に第2楽章が収録されていますね。注目はクララ・シューマンのピアノ協奏曲。ロベルト・シューマンの妻で、ピアニストとして活躍したクララ。作曲作品も残っています。ロベルトのピアノ協奏曲と同じイ短調。ピアノソロのバタシヴィリさんは先日来日してましたね。ショスタコーヴィチも交響曲第1番。


◇8/19 Proms at … Cadogan Hall 5: Louise Alder
   ◇(Prom CH5:Radio3)
 ・シューベルト:糸を紡ぐグレートヒェン D118、夜と夢 D827、ます D550
 ・メンデルスゾーン:歌の翼に op.34-2、月 op.86-5、新しい恋 op19a-4
 ・ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル:山の喜び op.10-5、なぜばらはこんなに青ざめているの op.1-3、南へ op.10-1
 ・リスト:喜びでいっぱい、そして悲しみでいっぱい S.280、おお愛せよ、お前が愛しうるかぎり S.298、もし素敵な芝生があれば FWV.78、おお!私が眠る時 S.282、「どうやって」彼らは尋ねた S.276
 ・ショパン:願い op.74-1、素敵な若者 op.74-8
 ・ロッシーニ:スペインのカンツォネッタ
  / ルイーズ・オルダー(ソプラノ)、ゲイリー・マシューマン(ピアノ)

 カドガンホールシリーズ、5回目はロマン派の歌曲を。ファニー・メンデルスゾーンはフェリックスの姉。リストやショパンの歌曲はあまり聴かないので聴いてみる。ドイツリートは今私も取り組んでいるものがあるので、作品は違いますがドイツリートの発音や歌の雰囲気などを学べたら。
 リストの「おお愛せよ、お前が愛しうるかぎり」は、ピアノ曲「愛の夢 第3番」として有名なあの曲です。


◇8/19 Prom 43: Beethoven’s Ninth Symphony
   ◇(Prom43:Radio3)
 ・ジョナサン・ダウ:We Are One Fire (世界初演)
 ・ディーター・アマーン Dieter Ammann:ピアノ協奏曲 (世界初演)
 ・ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125「合唱付き」
  / アヌ・コムシ(ソプラノ)、ヒラリー・サマーズ(コントラルト)、ミカエル・ヴェイニウス Michael Weinius(テノール)、ミカ・カレス Mika Kares(バス)
アンドレアス・ヘフリガー(ピアノ)
BBCシンフォニーコーラス
ネイル・フィリス、サカリ・オラモ:指揮、BBC交響楽団

 8月19日は声楽回か。第九も毎年どこかのオケが演奏するプロムス定番曲。今年はオラモさん指揮、BBC響です。その前に世界初演作品を2つ持ってくるのがプロムスらしい。1曲目のダウさんの作品は合唱曲。BBC響の合唱監督のフィリスさんが指揮します。アマーンさんのピアノ協奏曲新曲と第九はオラモさん。昨年のロイヤル・ストックホルム・フィル来日(日本・スウェーデン国交樹立150年記念演奏会)で、第九もあり、聴きに行きたいなと思ったのですが行けず。オケは違いますが(あと、プロムスという舞台も特殊だと思う)オラモさんが指揮する第九を聴いたことがないので聴いてみたい。


◇8/20 Prom 44: Belshazzar’s Feast
   ◇(Prom44:Radio3)
 ・シャルル・ケクラン Charles Koechlin:レ・バンダール・ログ
 ・ヴァレーズ:アメリカ(1921年初稿)
 ・ウォルトン:ベルシャザールの饗宴
  / ジェラルド・フィンリー(バリトン)、Orfeó Català、Orfeó Català Youth Choir、ロンドン・シンフォニー・コーラス、サイモン・ラトル:指揮、ロンドン交響楽団

 ラトルさんとロンドン響の登場です。1曲目のケクランについては初めて知りました。小説「ジャングル・ブック」を基に作曲されたそう。ヴァレーズの「アメリカ」は初稿。現行版は何度か聴いたことがあるのですが、初稿は初めて。メインはウォルトンの方の「ベルシャザールの饗宴」。シベリウスではない。バリトンソロは、昨年のラストナイトで大活躍したフィンリーさん。


◇8/22 Prom 46: City of Birmingham Symphony Orchestra
 ・ドロシー・ハウエル Dorothy Howell:交響詩「ラミア」
 ・エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調 op.85
 ・オリヴァー・ナッセン:ヤンダー城への道 op.21a
 ・ヴァインベルク:交響曲第3番 (ロンドン初演)
  / シェク・カネー=メイソン(チェロ)、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ:指揮、バーミンガム市交響楽団

 グラジニーテ=ティーラさんとバーミンガム市響(CBSO)の登場です。1曲目、ドロシー・ハウエルはイギリスの女性作曲家。バーミンガムの生まれだそうです。この「ラミア」は、ウッドが世界初演しています。どんな曲だろう。エルガーのチェロ協奏曲のソロは、ヘンリー王子の結婚式で演奏したことで有名になったカネー=メイソンさん。昨年プロムス直前に亡くなったナッセンさんの作品も取り上げます。メインは再び登場ヴァインベルク。これもロンドン初演。


◇8/23 Prom 47: Leipzig Gewandhaus Orchestra
   ◇(Prom47:Radio3)
 ・J.S.バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
       :カンタータ147番 BWV147「心と口と行いと生活で」
       :前奏曲 BWV552 「聖アン」
       :シュープラー・コラール集 第1曲「目覚めよと呼ぶ声あり」 BWV645 より「主よ、人の望みの喜びよ」
       :フーガ BWV 552 「聖アン」
 ・ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調 (1890年版 ノヴァーク版)
  / ミヒャエル・シェーンハイト Michael Schönheit(オルガン)、アンドリス・ネルソンス:指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 ネルソンスさんとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の登場です。前半はバッハの作品を、ライプツィヒのオルガニスト、シェーンハイトさんの演奏で。バッハがオルガンを弾いていたのライプツィヒ。後半はブルックナー8番。Prom31でも書きましたが、今年のプロムスは、演奏する版・稿を明記しています。


◇8/24 Prom 48: Rachmaninov, Prokofiev & Silvestri
   ◇(Prom48:Radio3)
 ・コンスタンティン・シルヴェストリ Constantin Silvestri:弦楽オーケストラのための3つの小品
 ・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.16
 ・ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 op.27
  / チョ・ソンジン(ピアノ)、クリスティアン・マチェラル:指揮、BBC交響楽団

 指揮のマチェラルさんは、新シーズンからケルンWDR交響楽団の首席指揮者になる方。サラステさんの後継です。1曲目のシルヴェストリ。シルヴェストリはルーマニアの指揮者で作曲家。今年、没後50年です。ボーンマス響の首席指揮者で、イギリスに帰化しました。2曲目からはロシアの作曲家たちを。


◇8/26 Proms at … Cadogan Hall 6: Amatis Trio
   ◇(Prom CH6:Radio3)
 ・シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調 op.70
 ・クララ・シューマン:3つのロマンス op.22
           :ピアノ三重奏曲 ト短調 op.17
  / Amatis Piano Trio

 シューマン夫妻の室内楽作品を。元々はピアニストを目指したシューマン、ピアニストのクララ。ピアノとは相性がいい2人です。クララの「3つのロマンス」はピアノとヴァイオリンのための作品。


◇8/26 Prom 50: Orchestre de Paris
   ◇(Prom50:Radio3)
 ・シューマン:ゲノフェーファ 序曲 op.81
 ・イェルク・ヴィトマン Jörg Widmann:バビロン組曲 (ロンドン初演)
 ・ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 op.68 「田園」
  / ダニエル・ハーディング:指揮、パリ管弦楽団

 ハーディングさんは先日パリ管の首席指揮者を退任。でも、パリ管とプロムス登場です。2曲目のヴィトマンは、作曲家で指揮者でクラリネット奏者。今回演奏するのは、自作のオペラ「バビロン」からの組曲。ロンドン初演です。メインは「田園」。来日公演でも演奏していましたね。


◇8/27 Prom 51: The Magic Flute
   ◇(Prom51:Radio3)
 ・モーツァルト:歌劇「魔笛」 K.620
  / デイヴィット・ポーティロ David Portillo(タミーノ)、ソフィア・フォミナ Sofia Fomina(パミーナ)、ビョルン・ブルガー Björn Bürger(パパゲーノ)、アリソン・ローズ Alison Rose(パパゲーナ)、ブラインドリー・シャラット Brindley Sherratt(ザラストロ)、Caroline Wettergreen(夜の女王)、イェルク・シュナイダー Jörg Schneider(モノスタトス)、他
Glyndebourne Chorus、ライアン・ウィッグルスワース:指揮、エイジ・オブ・エンライトゥメント管弦楽団

 今年のプロムスのオペラ1作品目。聞き所がたくさんの「魔笛」。楽しみたいと思います。


◇8/28 Prom 52: Mozart, Tchaikovsky, Stravinsky & Ryan Wigglesworth
   ◇(Prom52:Radio3)
 ・モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365
 ・チャイコフスキー:組曲第4番 ト長調 op.61 「モーツァルティアーナ」
 ・ウィッグルスワース:ピアノ協奏曲 (世界初演)
 ・ストラヴィンスキー:妖精の口づけ
  / マルカンドレ・アムラン(ピアノ)、ライアン・ウィッグルスワース:指揮・ピアノ、Britten Sinfonia

 ウィッグルスワースさんが2日連続の登場。モーツァルト「魔笛」の翌日は、モーツァルトと、モーツァルトに影響を受けたチャイコフスキー、チャイコフスキーに影響を受けたストラヴィンスキーというインスパイアの連鎖プログラムです。面白い。ストラヴィンスキーはバレエ音楽。
 ウィッグルスワースさんは作曲家でもあり、ピアニストでもあります。1曲目のモーツァルトの協奏曲、3曲目のウィッグルスワースさん自身のピアノ協奏曲でソロを務めます。モーツァルトでは、アムランさんが共演。元々はポール・ルイスさんでしたが変更です。
 ウィッグルスワースさんは9月9日、カドガンホールシリーズ8でも登場します。


◇8/29 Prom 53: Elgar's The Music Makers
   ◇(Prom53:Radio3)
 ・ヴォーン=ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲
 ・ヒュー・ウッド Hugh Wood:コーモスからの場面 op.6
 ・エルガー:ミュージック・メイカーズ op.69
  / ステーシー・タッパン Stacey Tappan(ソプラノ)、サラ・コノリー(メゾソプラノ)、アンソニー・グレゴリー Anthony Gregory(テノール)、BBCシンフォニーコーラス、アンドリュー・デイヴィス:指揮、BBC交響楽団

 アンドリュー・デイヴィスさんとBBC響のイギリスプログラムです。ヒュー・ウッドもイギリスの作曲家。ジョン・ミルトンの詩を、ソプラノとテノールが歌います。デイヴィスさんとBBC響でCDが出ています。
 エルガー「ミュージック・メイカーズ」はメゾソプラノと合唱と管弦楽のための作品。エルガーの過去の作品がいくつも引用されます。


◇8/30 Prom 55: Handel's Jephtha
   ◇(Prom55:Radio3)
 ・ヘンデル:イェフタ HWV70
  / アラン・クレイトン(イェフタ:テノール)、Jeanine De Bique(イフィス、ソプラノ)、ヒラリー・サマーズ(ストルゲ、メゾソプラノ)、ティム・ミード(ハモル、カウンターテナー)、コーディ・クアトルバウム(ゼブル、バスバリトン)、ローワン・ピアース(天使、ソプラノ)
 スコティッシュ室内合唱団、リチャード・エガー:指揮、スコティッシュ・室内管弦楽団

 ヘンデルのオラトリオ。初めて知る作品です。聖書の「士師記」(ヨシュアの死後、サムエルが登場するまでのイスラエル人の歴史の物語。他民族に侵略されるイスラエル人を救済する英雄たちが登場する)第11章のエフタの話に基づいています。エフタもその英雄の一人。アンモン人に虐げられてきたイスラエル人を救おうとするイェフタ、娘のイフィスが犠牲となるのか…というお話。


◇8/31 Prom 56: Henry Wood Tribute
   ◇(Prom56:Radio3)
 ・ラヴェル:スペイン狂詩曲
 ・ジョン・アイアランド:ピアノ協奏曲
 ・ドブリンカ・タバコヴァ Dobrinka Tabakova:Timber & Steel (世界初演)
 ・ドビュッシー(ウッド:編曲):前奏曲 第1巻 第10曲「沈める寺」
 ・グラナドス(ウッド:編曲):スペイン舞曲集 アンダルーサ(祈り) op.37
 ・ワーグナー(ウッド:編曲):ヴェーゼンドンク歌曲集 より第5曲:夢
 ・グレインジャー(ウッド:編曲):ストランド街のヘンデル
 ・ラヴェル:ラ・ヴァルス
  / ナサニエル・アンダーソン=フランク Nathaniel Anderson-Frank (ヴァイオリン)、レオン・マッコウリー Leon McCawley (ピアノ)、ブラムウェル・トヴェイ Bramwell Tovey:指揮、BBCコンサートオーケストラ

 ヘンリー・ウッド生誕150年を記念してのプロム。ラヴェルはイギリス初演、アイアランドは世界初演でした。さらに、ウッドが編曲した作品も並びます。ウッドはどのような音使いをしていたのだろう。グレインジャーの「ストランド街のヘンデル」は、木靴踊りを模して作曲された、元はピアノ曲。


Online ジャーニー:世界最大級の音楽の祭典 BBC Proms、今年の見どころは?
 何故かこの8月後半からのプロムが多めのプロムス紹介記事です。

 9月に続きます。もう9月…。

・9月のプロムリスト:BBC Proms ( プロムス ) 2019 私選リスト その4 [9月] (随時追記中)
# by halca-kaukana057 | 2019-08-12 21:43 | 音楽

ユルスナールの靴

 須賀敦子さんの作品を。生前最後の作品だそう。


ユルスナールの靴
須賀敦子/ 河出書房新社、河出文庫/1998(単行本は1996)


 20世紀フランスの女性作家、マルグリット・ユルスナール。「ハドリアヌス帝の回想」、「アレクシス、あるいは虚しい闘いについて」、「黒の課程」、「東方綺譚」、「なにを?永遠を」などの著作がある。第二次世界大戦の前にパートナーの女性に誘われアメリカへ渡った。ユルスナールの作品を愛する須賀さんが、ユルスナールの足跡を追い、須賀さん自身の人生に重ね合わせる。

 マルグリット・ユルスナールのことはこの本で初めて知りました。どんな作家なのか、どんな小説なのか、さっぱりわからないので読んでもよくわからないところがたくさんあった。でも、須賀さんがユルスナールのことが好きで、ユルスナールの文章、作品が好きで、それを追いかけていきたい、というのが伝わってくる。

 この本はこのように始まる。
 きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。行きたいところ、行くべきところぜんぶにじぶんが行っていないのは、あるいはあきらめたのは、すべてじぶんの足にぴったりな靴をもたなかったせいなのだ、と。
(9ページ)

 わかる、と思った。「靴」は実際の靴そのものでもあるし、機会、チャンスとか、様々な手段、境遇、環境…様々なものに置き換えることができると思う。ユルスナールについての本なのに、何故こんな文章から始まるのか。靴の話からユルスナールの話にどうつながるのか。そう思って読んでいくと、ユルスナールは須賀さんにとってとても大きな存在なのだと思う。須賀さんにとって目標であり、理想であり、深く深く共感できる存在なのだと思う。
 とは言え、須賀さんがユルスナールの作品に出会ったのは、そんなに昔ではなかった。

 だれの周囲にも、たぶん、名は以前から耳にしていても、じっさいには読む機会にめぐまれることなく、歳月がすぎるといった作家や作品はたくさんあるだろう。そのあいだも、その人の名や作品についての文章を読んだり、それらが話に出たりするたびに、じっさいの作品を読んでみたい衝動はうごめいても、そこに到らないまま時間はすぎる。じぶんと本のあいだが、どうしても埋まらないのだ。
(31ページ)

 ユルスナールはそんな存在だったという。でも、読んだらぐいぐいと惹かれていった。ユルスナールを追って、イタリアやギリシア、アメリカも訪れる。自身とユルスナールを重ね合わせる須賀さん。様々なものごとを消化(昇華)できなかった須賀さんの過去を、ユルスナールが紡いだ言葉がほどいていく。本を読んで、自分の過去や境遇と重ね合わせることは私もある。何かを経験した後、あの本のようだなと思うこともある。でも、須賀さんがユルスナールの作品に思うことはもっと深い。須賀さんとユルスナールが静かに対話しているように思う。

 須賀さんは、ユルスナールを追うだけでなく、「ユルスナールのあとについて歩くような文章を書いてみたい」(256ページ)とこの本につながった。同じ作家、物書き、言葉で生きている2人だからこそできることだ。本文中でユルスナールの各作品の一節が引用されていて、雰囲気は感じられる。でも、ユルスナール作品を読んだらもっと楽しめるし、深みを感じられるのだろうなと思う。日本語訳が結構出ているので読んでみたい。上記引用のように、なかなかたどり着けないかもしれないけれど…。須賀さんの本は読んでいて、静かな、凪いだ気持ちになれる。私も、そんな文章を書くなり、歌を歌いたい。
# by halca-kaukana057 | 2019-08-09 22:48 | 本・読書

真夏の夕涼みのISS

 夏真っ盛りです。当地も昼間は暑いですが、朝夕は涼しい風が心地よく感じます。そんな夕涼みのISSです。
f0079085_21125987.jpg


 まだ空が明るい時間だったので、30秒の撮影だと長かった。ISSは、うしかい座のアルクトゥールスの下を通過。アルクトゥールスから上へ、ネクタイのような形に星が並んでいるのがうしかい座。うしかい座は春の星座ですが、この時間にはまだ見えています。この後、南の空に明るく輝く月、木星、土星のそばを通り過ぎて行きました。


 今の季節になると、気になるのがペルセウス座流星群。お天気がよくなさそうなのと、月明かりで条件が悪いので、あまり期待できなさそう。台風が3つも…被害が何もないことを祈ります。

 明日、8月7日は伝統的七夕です。
国立天文台:ほしぞら情報:スター・ウィーク、伝統的七夕(2019年8月)
アストロアーツ:【特集】七夕/伝統的七夕

 今年は仙台の七夕祭りに代表される月遅れの七夕と同じ日にちになりました。7月の七夕と違って、夜の早い時間に織姫(こと座ベガ)と彦星(わし座アルタイル)が見えます。月が沈んで暗くなれば、空の暗いところでは天の川も見えるかもしれません。


# by halca-kaukana057 | 2019-08-06 21:31 | 宇宙・天文

天文台の古切手

 先日、アンティークもののイベントでこれを見つけました。
f0079085_22085429.jpg

 東京天文台…国立天文台の前身です。その創立75周年の記念切手。天文台の切手だ、と惹かれてそのまま買いました。

 1953年10月に発行されたものだそうです。図案は、国立天文台三鷹キャンパスにある、「第一赤道儀室」。
国立天文台:第一赤道儀室
ドーム内にあるのは口径20cmの望遠鏡。黒点のスケッチ観察のために使われました。もう10何年も前に、三鷹キャンパスに見学に行ったことがあるのですが、その時にこの建物を見た記憶があります。また行きたいなぁ。

 図案は、天文台側は電波望遠鏡を候補に挙げたらしいのですが、当時の一般市民にはわかりにくいというので却下。さらに、星座も描いてほしいという要望もあり、北斗七星、カシオペア座、北極星が描かれています。

 現在のカラフルでかわいい切手もいいですが、このモノクロでシンプルな古い切手も味があって素敵です。古い切手はハードルが高いように思っていたのですが、チャンスがあればまた探してみようと思います。
# by halca-kaukana057 | 2019-08-04 22:25 | 宇宙・天文

ある一生

 よく、本屋や図書館で偶然目にした本を読んでみたら面白かった、ということはあります。ネットではそういうことがない、と。でも、ネットでも、たまたま見つけた本が気になって、読んでみたら面白かった、ということもある。そんな本です。


ある一生
ロベルト・ゼーターラー:著、浅井晶子:訳/新潮社、新潮クレスト・ブックス/2019

 20世紀初頭、アルプスのふもとの村。アンドレアス・エッガーは私生児として生まれ、母親はエッガーが幼い頃に亡くなった。4歳ぐらいのエッガーを引き取った農場主のクランツシュトッカーは、エッガーに厳しい労働を課し、事あるごとに体罰を与えてきた。その体罰が原因で、エッガーは右の脚が不自由になってしまう。それでも、エッガーはたくましく成長し、18歳の時農場を出て一人で暮らすようになった。その後、29歳になった頃、エッガーは山の中に小さな小屋つきの土地を買い、そこに住んでいた。吹雪のある日、エッガーはヤギ飼いの老人「ヤギハネス」の小屋に立ち寄り、ヤギハネスが瀕死の状態にあるのを見つける。村にヤギハネスを運ぼうとするが、その途中、ヤギハネスは「死ぬ時は氷の女に会う」と言い残し、吹雪の雪山へ向かってしまう。その後のエッガーは…。


 そんなに長くない物語です。でも、とても濃い。「ある一生」のタイトルのとおり、エッガーの生涯について語られる。恵まれない…と思うのは、エッガーにとってはどうなんだろう。エッガーは「恵まれない」と思っていたようには思えない…。過酷な環境で育った少年時代。虐待により、脚に障碍を負ってしまう。でも、この物語は「障碍者」としてのエッガーの物語ではない。あくまで、ひとりの人間としてのエッガーという男の物語だ。だから、エッガーを「恵まれない」「かわいそう」とは思ってしまうが、それはエッガーにとっては本望ではない。

 エッガーはとてもたくましい、力強い男で、どんな過酷な仕事もする。エッガーの住む村・山を観光のために開発していた会社で仕事をする。不平不満を一言も言わず、黙々と仕事をする。山で仕事をするには過酷な冬でも仕事をする。それは、愛する妻のため。素直で、朴訥で、仕事以外の面では不器用なエッガーのけなげさがまっすぐ伝わってくる。そんな、エッガーのある喪失。素直でけなげだからこそ、そのかなしみもまっすぐ伝わってくる。

 エッガーの生涯は、20世紀の歴史そのものでもある。第二次世界大戦が始まり、エッガーもナチス・ドイツ軍に召集される。戦場での出来事。戦時中でも、エッガーの生き方は変わらない。やれと言われた任務を遂行し、環境の厳しさに辛さを覚えることはあるが、置かれた環境では文句ひとつ言わない。ただ、時代、世の中の流れに乗って、その時その時を生きている。エッガーの住む山もどんどん変わっていく。でもエッガーは一歩一歩、ゆっくりと歩いていく。

 エッガーの生涯は、自然とともにあった。育ったアルプスのふもとの村の自然は、刻々と移り変わる。山は人間にはどうしようもない試練を与える。その厳しい自然はむごい結果を生む。エッガーもその被害に遭っているのに、山や自然を恨むことはしない。自然と一緒に生きている。戦争から帰って来たエッガーは、観光客と接することになるが、その観光客とエッガーが自然に何を感じるかの対比を描いたシーンが印象的だ。
「どこもかしこもこんなにきれいなのに、あんたには見えてないのかい!」エッガーは幸福感で歪んだ男の顔を見つめて、言った。
「見えてるが、すぐ雨になる。地面がぬかるんできたら、きれいな景色もなにもあったもんじゃない」
(111~112ページ)

 あと、134ページも、エッガーの生き様をよく語っている。長く、実際に読んで味わって欲しいので引用はしません。

 ひとりの男の生涯。この物語そのものも、エッガーのように無駄なことを一言も話さない。エッガーは、環境を、時代を、境遇をそのまま受け入れた。ごまかすことも、誇張することもしない。私も、過去も今もそのまま受け入れる…読後、そんな気持ちでいた。
# by halca-kaukana057 | 2019-08-01 21:18 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31