人気ブログランキング |

晴れた夜明けの空

 現在、夜明けの東の空に惑星が並んでいます。
f0079085_21564810.png

Stella Theater Webさんよりシュミレート。「明けの明星」の金星、木星、空低くには細い月や土星もあります。

 しかし、当地は朝は晴れることがまずない。曇りか雪か。
 そんな中、今朝は晴れました。東の空を確認すると、結構明るくなっていました。金星が明るく輝き、その右上に木星も見えました。月と土星は建物に隠れて見えず。
f0079085_21565453.jpg

 画像も撮ってみましたが、うっすらと金星しか写っていません。木星は無理だったか。もう少し早い時間ならよかったな。久しぶりに晴れた夜明けの空を見て、清々しい気持ちになりました。
# by halca-kaukana057 | 2019-02-03 22:04 | 宇宙・天文

音楽のたのしみ 4 オペラ

 全4巻のシリーズ「音楽のたのしみ」。3巻まで読んで、4巻は読まずにいた。10年間も。10年越しで読みます。
【これまでのシリーズ】
音楽のたのしみ 1 音楽とはなんだろう
音楽のたのしみ 2 音楽のあゆみ ― ベートーヴェンまで
音楽のたのしみ3 音楽のあゆみ ― ベートーヴェン以降


音楽のたのしみ 4 オペラ
ロラン=マニュエル/吉田秀和:訳/白水社・白水Uブックス/2008

 作曲家・音楽評論家のロラン・マニュエル氏と、若手ピアニストのナディア・タグリーヌ嬢が音楽について語り合う同名のラジオ番組が元になったこのシリーズ。最終巻の第4巻はオペラがテーマ。オペラの始まりから発展、多様化を経て現代に至るまで、そしてこれからを語ります。

 オペラは私にとってまだまだ未開拓の世界。数年前に声楽を習い始め、古いオペラアリアなどを集めた「イタリア歌曲集」を歌ってきたが、課題となった歌を声楽的に美しく歌うことで精一杯な状態で、そのアリアがどんなオペラのどんな場面で歌われるアリアなのか、調べきれていないものも多い。「イタリア歌曲集」に収められているアリアは、アリアは残っていてもオペラそのものは失われてしまったか、残っていても滅多に演奏されないものも少なくないからだ。でも、歌詞の意味だけは必ず頭に入れて、感情も込めるようにしている。

 声楽レッスンで歌っている範囲以外のオペラについて少しずつ聴いて勉強していたが、今は止まってしまっている。なので、この本を読んでも、さっぱりわからないことが多い。作曲家の名前や、具体的なオペラのタイトルは知っていても、どんな曲だっけ?どんな物語だっけ?と思ってしまう。勉強不足を実感。

 それでも、ロラン=マニュエル氏とナディア嬢のやりとりは面白い。ナディア嬢はこれまで通り、わからないことがあれば遠慮なくロラン=マニュエル氏に質問する。ナディア嬢なりの考えを話してみる。ロラン=マニュエル氏から教えられることもあるし、その考えが合っていてロラン=マニュエル氏を驚かせることもある。知らないこと、わからないことは恥ずかしいことではない。これから勉強していけばいいんだ。ただ鵜呑みにするのではなく、自分なりに考えること、疑問を持つことも大事。10年経ってしまったがまた原点に戻ることができたようで嬉しい。

 フランスのラジオ番組が元になっていて、2人ともフランス人。なので、イタリアから生まれたオペラが、フランスでバレエが加えられ、歌以外の台詞を含むオペラ・コミークとなっていく。イタリアとフランスのオペラ論争、オペラに対する考え方の違いは読んでいて面白かった。この本の半分ぐらいは、古楽のオペラを扱っている。モンテヴェルディやアレッサンドロ・スカルラッティ、リュリ、ラモー、パーセルなど。この辺りは作曲家もタイトルも名前は知っているけど聴いたことがないオペラが多い。ぜひ聴いてみようと思う。

 モーツァルトが登場し、ドイツ語のオペラが誕生するが、モーツァルトのオペライタリア・オペラの流れがあるというのは面白かった。また、モーツァルトのオペラ論も。
「オペラでは、詩は音楽の従順な僕であるべきだ」
「最も恐ろしい状況でも、音楽は耳を満足させなければなりません。ひと言でいえば、音楽はいつも音楽でいなければなりません」
(第14話、164、165ページ)
 私が以前(正直に言うと今も)オペラをとっつきがたいものと感じるのは、音楽だけじゃない、という理由がある。物語があり、台詞があり、アリアや重唱、合唱があり、演出・演技があり、舞台装置があり…芝居である。同じオペラでも演出が違えば、見方が全然変わってしまう。そこが難しいと感じる。オペラをテレビや生で観ると、歌や歌声に圧倒されると同時に、物語を追う。台詞や歌詞の内容を追う。オペラを観た後の感想は、歌や歌声、音楽よりも、物語について思うことが多いかもしれない。なので、音声だけ、CDでオペラを聴くとよくわからないことが多い。対訳をずっと自分で読み続けていないと歌詞の意味がわからないからだ。オペラにとって大事なのは、音楽なのか、物語なのか。第29話「あたらしいオペラへの展望」、第30話「音楽的表現の価値に関する省察」で詳しく語られる。第29話のゲスト、アンリ・バロ氏はこう語っている。
「ところが、わたしの望んでいる密度の高い活気は、たとえ言葉がわからなくても理解できるくらい、簡単な動きを前提としているんです」(349ページ)
さらに、第30話では2人はこう語っている。
N(ナディア):でも、いいですか、わたしが自分の好きなオペラをきく場合、音楽は言葉や状況に結びついています。音楽は劇の感動にその反響をつけ加え、それを敷衍拡大します。
R-M(ロラン=マニュエル):どうしてあなたは、いってみれば、旋律にのせられた色褪せた言葉のおかげで、無意識のうちに、もともと音楽のものじゃなくて言葉から借用したにすぎない表現を音楽に付属するものと考えさせてしまうんだってことに、気がつかないのかな。
N:ああ、うまいことを考えましたわ。イタリア・オペラのグランド・アリアを原型どおりにきかせていただきましょう。わたしはイタリア人じゃなくて、言葉の意味はわからない。それでも、いまきいたアリアが喚起する状況とか、それが表現する人物の性格や感情を、思いちがいしないのじゃないかと思うのですけど。
(中略)
R-M:お望みなら、音楽の表現の可能性は、テンポの性格を示すのに使われるイタリア語の形容詞の術語集の中に、正確に包括されていると申し上げましょう。この種の術語を翻訳すれば、とりちがえることなく、ある音楽が快速だとか、活発だとか、軽妙なおしゃべりだとか、よく流れるとか、楽々としているとか、荘厳だとか、厳粛だとか、いえます。
N:そうすると、音楽が感情自体を表出しているような幻覚を与えるのは、何かの感情にぴったりするリズム、歩きぶり、性格などを組合わせているからだ、というわけですか?
(356~358ページ)
 よく考えると私も同じことをしている。声楽のいつものレッスンでは先生と1対1だが、発表会となると様々な人が聴きに来る。私が歌う歌を聴いたことがない人もいる。そんな人にも、どんな内容の歌なのか伝わるように歌いたい。発表会は勿論だが、聴く人が先生しかいないいつものレッスンでも、歌う時に欠かせないものがある。強弱や速さ、軽さや重さ、明るさや暗さ、クレッシェンド、デクレシェンド、だんだん速くなるのか遅くなるのか、なめらかなのか、一音ずつ切るのか、音を保つのかなどを示す演奏記号だ。発想記号も。発音や発声による、声楽的な美しさに合わせて、これらのことを元に歌っていく。歌ではないが、ピアノを弾いていた時も同じだ。歌詞がつこうとつかなくとも、やっぱり第一に「音楽」なのだ。

 この本を読むと、「音楽」の広さと深さを実感する。途方もない広大な、どこまでも深く、どこまでも空高い世界なのだと。自分には大き過ぎてつかめないと感じる。でも、何十年かかっても、少しずつ聴いて、「音楽のたのしみ」を味わえる瞬間を大事にしたいと思う。途中ブランクが空いて時間はかかったが、やっぱり読みきってよかった。オペラも、この本に登場したものを聴いていこう。
# by halca-kaukana057 | 2019-02-02 23:05 | 本・読書
 以前から読もう読もうと思っていた本。2015年のニールセン生誕150年に合わせて出版された本でした。


カール・ニールセン自伝 フューン島の少年時代 デンマークの国民的作曲家
カール・ニールセン:著、長島要一:訳/彩流社/2015

 デンマークの作曲家、カール・ニールセン。彼が1927年に刊行したこの自伝。生まれてから、1884年にコペンハーゲンの音楽アカデミーに進学しコペンハーゲンに向かうまでのことが書かれている。1994年には映画化もされたそうだ。ニールセンはデンマークのユラン半島のすぐそばにあるソーテルンに生まれた。家は貧しい農家。12人兄弟の7番目。姉の何人かは病気で亡くなっていた。また、きょうだいは大人になるとアメリカやオーストラリアに移住した。

 ニールセンの子ども時代は、とてものびのびとしていた。デンマークの豊かな自然の農村で、別の農家や瓦工場で手伝いをしていた。この本にはきょうだいたちのことがいきいきと書かれている。家は貧しく、モノはなかったが、おおらかな家族の姿には親しみを感じられる。
 ニールセンは14歳になる前に堅信式(キリスト者として成人したことを示し、キリスト教への入信を完成させる儀式)を挙げ、学校を終えた。学校を終えると、奉公に出なくてはならない。ニールセンは雑貨屋で働くようになった。
 一体どこで音楽を学んだのか。ニールセンの父はヴァイオリンとコルネットを演奏し、宴会でヴァイオリンを演奏して家計の足しにしていた。ニールセンもヴァイオリンを弾くようになり、父の代わりに演奏することもあった。母は歌が得意で、澄んだ声でよく歌っていた。ニールセンが小さいころ、薪が1本ずつ違う音を出すことに気づき、槌で叩いて「演奏」することもあった。ニールセンは音楽を特別なものと学んだわけではなかった。両親との生活の中に音楽があって、それをよく聴いて、模倣するところから始まっている。そして自分なりにアレンジしたり、宴会の場で演奏する曲を作曲したこともあった。オーデンセの町で初めてピアノを見て弾いた時のことは印象的だ。後に、ニールセンは他の学校の先生からヴァイオリンのレッスンを受けることもあり、どんどん上達していく。

 ニールセンが音楽を生業にしたのは14歳の頃。働いていた雑貨屋が倒産し、家に戻っていた頃、オーデンセの軍楽隊に欠員が出たので、応募することにした。軍楽隊には管楽器しかない。ニールセンは父からコルネットを教えてもらい、猛練習し、試験に合格した。軍楽隊では信号ラッパを吹くことと、アルトバスーンを担当した。ニールセンにとって、音楽は仕事であった。プロとして十分に演奏できるようになっていた。演奏したことのないアルトバスーンをすぐに演奏できるようになったのは、耳から覚えた感覚と実践力があったからだろう。
 軍楽隊での仕事が安定すると、ニールセンはピアノを買い、J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」などを練習するようになった。同時期に、酒場でオウツェンという年老いたピアニストと出会う。ニールセンはオウツェンからピアノや音楽を学び、また、オウツェンのピアノとニールセンのヴァイオリンで、ハイドン、モーツァルトやベートーヴェンのヴァイオリンソナタを演奏していた。

 やがて、ニールセンはオーデンセ大聖堂の音楽監督のラールセンからヴァイオリンの個人レッスンを受けるようになる。それが当時フューン島で教師をしていたベアンツェンの目に留まり、コペンハーゲンの音楽アカデミー進学へ繋がっていく。

 この自伝には、音楽をどうやって学び、仕事としていったかについても書いてあるが、多くは家族のこと、日常のことだ。兄弟とこんな遊びをした、兄弟がこんなことをした、ある日の食卓はこんなことがあった。ほのぼのとしている。一方で、農場は、動物の生と死にも直面する。さっきまで生きていた家畜を殺して、その日の夕飯になることもある。こんな毎日の中でニールセン少年は人間として成長していく。音楽家の面だけでない、人間としての、農家の息子としてのニールセンが描かれている。その姿は素朴で、おおらかだ。後に作曲する交響曲にも、そんなタイトルがつくことになるのは偶然だろうか。

 自伝の本編の後には、解説としてその後のニールセンについても書かれている。音楽アカデミーを卒業し、作曲家として歩み始めたニールセン。様々な作品を作曲する。

 ニールセンの音楽がどのように始まったのか。それ以前に、ニールセンがどんな人間だったのか。興味深い本だった。
# by halca-kaukana057 | 2019-02-01 20:48 | 本・読書
 年の初め(今月初め)に、正月に聴いた音楽についてこれから書いていこうと思うと書いたが、もう1月も終わりになってしまった。

 海外ネットラジオを聴いていて、偶然サティの「グノシエンヌ」を聴いた。今まで、サティの作品はそんなに聴いたことがない。「ジュトゥヴー(あなたがほしい)」「3つのジムノペティ」ぐらい…?

 「グノシエンヌ」(Gnossiennes)とは、ギリシア語の「知る」(Γνωρίστε:Gnoríste グノリステ)の語幹をもとにして作ったサティの造語。また、古代クレタ島にあった古都「グノーソス宮」や、神秘教会グノーシス派も語源になったと言われている。
 「3つのグノシエンヌ」の1番から3番、4番、5番、6番と続き、7番は「星たちの息子」として作曲され、その後「グノシエンヌ」7番となったが、現在は「梨の形をした3つの小品」の第1曲となっている。

 聴いて、不思議な音楽だなと思った。最初の第1番から第3番は暗い。重い。ゆったりとしていて、夜、小川が静かに流れているかのよう。もしくは、夜の湖のほとりの波打ち際。海だと激し過ぎるので、湖かなと思った。響きは東洋風。音の流れ、変化が不思議。第4番が一番好き。これも暗い。分散和音のアルペジオの低音が心地いい。第5番はようやく長調に。ころころとした高音のメロディーが美しく、ロマンティックでもある。第5番ではあるが、一番最初に作曲されたのがこの曲(1889年)。第1番から第3番は翌年1890年、4番は91年の作曲。この1年の間に、何が起こって暗い短調になったのだろう。5番を1番先に聴くのと、番号順に聴いてみるのとでは印象が変わるから面白い。第6番はより不思議な響きの曲。
 第7番(「星たちの息子」)では、それまでになかった激しい強い音も出てくる。装飾符のタターンという音は、第1番にも出てくる。どこか似ている。第1番を思い返しているのだろうか。作曲されたのは91年。

 「知る」というギリシア語が語源になっているというので、夜、静かに考え事をしたい時に聴きたい曲だと思った。思索の時間に合うと思う。

 聴いたのは、ジャン=イヴ・ティボーデ、小川典子、ブリュノ・フォンテーヌ、ニコラス・ホルヴァート、他。
# by halca-kaukana057 | 2019-01-30 22:52 | 音楽
 この本は面白かった。

宇宙はなぜ「暗い」のか? オルバースのパラドックスと宇宙の姿
津村 耕司/ベレ出版/2017


 宇宙は何故暗いのか。夜空は何故暗いのか。え?太陽の光が当たってないから?宇宙は真空だから、光が大気で拡散しないから?星が沢山あるのに…星(恒星)はそんなに密集していないから…?宇宙は広過ぎるから…?違うの?この本を読み始めた時、そう思っていました。わからない。考えたこともない。当然じゃないの?と思っていたら、当然ではないらしい。宇宙はなぜ「暗い」のか?何だか、某テレビ番組でそのうち取り上げられそう、そして答えられない出演者が「叱られ」そうな…。
(【追記 2019.4.5】本当に取り上げられましたよ…「夜はなぜ暗いの?」この本は取り上げられなかったですが、この本の通りの答えでしたよ…答えられましたよ…)

 この本のサブタイトルに、「オルバースのパラドックス」とある。「無限の空間に無限の恒星が一様に散らばっているとしたら、空は太陽面のように明るいはず」ちょっとよくわからない。この本では、森の中の木々に例えて説明している。森の中の木が全て同じ、同じ種類で同じ太さと仮定すると、手前の木は大きく見え、その木の間に奥の木が見えて、その奥の木の間には更に奥の木が見えて…どこまでも木々が、全ての方向に見える。宇宙も同じで、手前の星は明るく見えて、その間にその奥にある星が見え、その奥の星々の間にはさらに遠くの星が見えて、どこまでも、どの方向にも星が埋め尽くされているように見えるはず。
 でも、実際にはそうではない。これが「オルバースのパラドックス」。こういう謎があったのか。

 このオルバースのパラドックスを解明していくのですが、解明する途中で物理学や天文学の様々な法則や知識、歴史を用いて、宇宙や天文の仕組みをひとつひとつ学べるようになっている。これが面白かった。今まで私も学んできたことを確認しながら読みました。金星の満ち欠けが地動説の証拠になったというのは知らなかった。天動説での金星の満ち欠けと、地動説での金星の満ち欠けの仕方は違う。天動説での金星の満ち欠けがどのようなものか知らなかった(天動説でも金星は満ち欠けするという説自体はあったのに驚いた)。皆既・金環日食や金星の日面通過など、ここ数年の天文現象を振り返りながら解説があるのも興味深い。天文現象が何を意味するのか。天文現象を観測した先人はそこから何を見つけたのか。天文現象があると私も宇宙に生きているのだなと思うが、それだけでなく、天文現象の観測はは宇宙と地球の仕組みの解明の鍵になっている。観測にかける研究者の気持ちはいかばかりかと思う。

 オルバースのパラドックスの謎解きまで、近くの宇宙から遠くの宇宙の謎へと移っていくのも面白いが、可視光線や赤外線、紫外線、X線、電波など様々な波長の電磁波から解明していくのも面白い。人間が夜空や宇宙を見て「暗い」と思うのは可視光線だけだが、他の波長で「見たら」どうなるのか。その波長における仮説を解きながら、その波長で「見える」宇宙の姿も明らかにしていきます。その波長を観測できる人工衛星も登場します。

 「オルバースのパラドックス」を紐解く過程で、ブラックホールや重力波、ビッグバンまで出てくる。宇宙、天文学の1から10が学べてしまう。いくつもの謎解きを経て、ついに「オルバースのパラドックス」の謎が解ける箇所はそうだったのか!とスッキリしました。本の中では、結論を先に読みたい人のためにどこを読めばいいかも書いてありますが、最初からひとつひとつ謎解きしていって読むと達成感も味わえる。推理小説のようでもある。実際は、数学的に計算して求めることができるという。それを一般向けに分かりやすく、様々な天文学の知識も吸収しながら読めるのはありがたい。

 「オルバースのパラドックス」がなく、夜空がもし星々で埋め尽くされ、明るかったら、星座も生まれなかっただろう。今の季節なら、オリオン座の雄姿やギラギラと輝くシリウスを楽しめるのは、宇宙が暗いおかげだったんだ。宇宙が暗いことによって、多種多様な恒星や、星雲、銀河の研究も進んだはず。私の中では、宇宙が暗くてよかったという結論になった。宇宙をいつもと違う方向から、一から学べる本です。

# by halca-kaukana057 | 2019-01-26 21:59 | 本・読書
 最新の国連による「世界幸福度ランキング」によると、フィンランドが1位らしい。2位はノルウェー、3位はデンマーク、4位はアイスランドと北欧諸国が名を連ねる(スウェーデンは9位)。この他にも、様々な「幸せ」に関する調査を行うと、大体北欧諸国がトップに来る。デンマークの「ヒュッゲ(Hygge)」やスウェーデンの「ラゴム(Lagom)」、最近だとフィンランドの「シス(Sisu)」も「幸せ」に繋がる「ウェルビーイング」や「心地よさ」を表現する言葉として紹介されてきている。この本は、フィンランドに焦点を当てて、フィンランドの「幸せ」を紐解いている。

ノニーン! フィンランド人はどうして幸せなの?
スサンナ・ペッテルソン、迫村 裕子/ネコ・パブリッシング/2018

 フィンランド人のペッテルソンさんと、フィンランドでの仕事、生活経験の長い迫村さんが、フィンランドの様々な面についておしゃべりしながら紹介していきます。ペッテルソンさんは美術史家。フィンランド国立アテネウム美術館の館長を務めたこともある方。現在は、スウェーデン国立美術館館長で、各地の大学でも教えている。
 迫村さんは文化プロデューサー。展覧会、セミナー、イベント企画などの仕事をしていて、90年代からフィンランドに関わり、フィンランドと日本を行ったり来たりしている。

 本の帯を見ると、煽ってるなぁ…という印象。
「世界幸福度ランキング2018」第1位フィンランド!日本は54位…
この差って何だろう?
 こんな煽る帯なので、フィンランドはこんなところがあるから幸せ、日本にはない…という内容なのだろうな、と思ったら、違いました。
 基本は、フィンランドの人々のライフスタイルや文化、生活習慣、国民性・考え方、自然、子育て・教育、社会制度、仕事の仕方、女性の社会進出などを2人のおしゃべりの形で紹介している。別に、フィンランドを持ち上げて、日本を下げる、ということはしていない(フィンランドにはあるけど日本にはない、という言い方はしているけど)。このタイトルと煽り帯で損してるんじゃないかと思う…。

 確かに、社会制度や仕事の仕方、女性の社会進出、ライフスタイルでは、日本とフィンランドは大きく違うところがある。フィンランドに学ぶところはある。でも、日本がダメということは書いていない。日本は日本の歴史がある。国民性はフィンランドと似ているところはあるけれども、違うところもある。フィンランドの教育が注目を浴びた時も思ったが、フィンランドと日本を単純に比べるのは無理だと思う。バックグラウンドが違うのだから。

 タイトルの、「ノニーン」(「no niin」)以前読んだ、「FINNISH NIGHTMARES(日本語題:マッティは今日も憂鬱)」でも出てきた、「便利なフィンランド語」。「そうだね、そうですね」「うーん」「ちょっと」「さあ」などに当たる。声のトーンや場面によって、色々な使われ方をする。日本の「すみません」にも似ているかもしれない。

 この本を読んでいて、別に特別なことは書いてはいない。
 毎日の生活や仕事を丁寧に、時に効率よく手抜き(いい意味で)して、ウェルビーイングを感じながら暮らす。家族や友人を大事にして、美味しいものを味わって、自分を大切にする。森や海などの自然の中で気分転換したり、恵みを味わったり。持続可能な運動や趣味を大事にして、自分をケアする。仕事とプライベートを分けて、コンディションよく仕事できるように休む時は休む。学ぶことを大事にする。挑戦もどんどんする。失敗から学び、うまくいかない、思い通りにいかない時は自分を見つめ直す。感謝の心を大事にする。正直でいる。
 やろうと思えば、日本でも出来ることはたくさんある。毎日忙しいとないがしろにしていることも多く省みる。やはり、「今、ここ」を大事にして、自分も周囲の人も大事な存在だと思い行動するのがポイントだろうか。

 毎日忙しくしていると、忘れそうになることが、この本には書かれています。著者の2人はこう考えているけれども、他のフィンランドの人々もそうなのだろうか?2人とも、文化的な仕事をしている。もっと色々な立場のフィンランド人の声を聞きたいと思った。


・関連記事
フィンランドの幸せメソッド SISU(シス)
マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議
マッティ、旅に出る。 やっぱり今日も憂鬱 FINNISH NIGHTMARES 2

# by halca-kaukana057 | 2019-01-19 22:48 | 本・読書
 久々に山本周五郎を。この本の存在を知った時、かなり驚きました。


山本周五郎探偵小説全集 第二巻 シャーロック・ホームズ異聞
山本周五郎/末國善己:編/作品社/2007

 山本周五郎の探偵小説を集めたこの全集。第2巻は、山本周五郎による「シャーロック・ホームズ」のパスティーシュ/パロディを筆頭に、「猫目石殺人事件」、「怪人呉博士」、「出来ていた青」、「失恋第五番」、「失恋第六番」を収録。
 山本周五郎の探偵小説・推理小説というと、「寝ぼけ署長」。以前読みました。この他にもたくさん発表していたんですね。しかも、山本周五郎が「シャーロック・ホームズ」のパスティーシュを書いていたとは!山本周五郎のホームズ…どんな感じなんだろう?と思って読みました。

 東京。浮浪児の凡太郎は夜になるとどこかの建物にもぐりこんで寝る。深夜1時。空き家のお屋敷に明かりがついている。おかしいと思って見ていると、女性の悲鳴が聞こえる。屋敷に入ると、女性が倒れていた。凡太郎は警察へ向かう。
 翌朝、帝国ホテルに警視庁刑事課長の村田が、一人のイギリス人紳士に会いにやって来る。3週間ほど前から滞在しているイギリス人、ウィリアム・ペンドルトン。ペンドルトンの部屋にやってきた村田は、奇怪な殺人事件が起こったと告げる。「シャーロック・ホームズさん」と…。
 ホームズがある目的のために、正体を隠して日本にやってきていたが、第一発見者の凡太郎と共にこの殺人事件の捜査に加わることになる。凡太郎は現場であるものを見つけて持っていた。これが、ただの殺人事件では無く、さらなる謎を呼ぶことになる。

 今も世界中でパスティーシュや解説本が出版されたり、映像化され続けている「シャーロック・ホームズ」。山本周五郎も「ホームズ」を読んで、もし、日本に来たら…という物語を書いてみたかったのだろう。第1発見者の凡太郎が、ベイカー・ストリート・イレギュラーズ(ベイカー街遊撃隊)のウィギンズのようにホームズを手助けする。他にも、正典を意識(リスペクト)した要素があちらこちらに仕掛けられている。最初の殺人事件が、ホームズが日本にやってきた目的と重なり、大冒険が始まる。ホームズお得意の変装も勿論出てくる。「ホームズ」のエッセンスをこの作品で味わえる。少年雑誌に掲載されたとのこと。凡太郎とホームズの活躍は子どもの頃に読んだらワクワクしただろう(大人になっても)。ただ、残念なのが、ホームズものだけどワトスンが出てこない…寂しい。そして、最後。ホームズなら絶対にしないであろうあることを、ホームズがしてしまう。これはないだろう!と思いつつも、少年雑誌に掲載されたことと、山本周五郎らしいといえば周五郎らしいかも…と思ってしまう…。

 その他の作品も面白い。「猫目石殺人事件」は、日本のアルセーヌ・ルパンとも呼ばれる「侠盗」と、推理力に優れた新聞記者の春田三吉の闘いを描く。この作品も少年雑誌に掲載されたとあって、ワクワクするようなスピーディーな展開。探偵ではなく、刑事でもなく、新聞記者が活躍するというのも面白い。一方の「侠盗」も、いつの間にかいたり、消えたり、不思議な存在。新聞社の社長もいいキャラしてます。「寝ぼけ署長」の五道に雰囲気が似ている。
 「怪人呉博士」はミステリアス。一方の「出来ていた青」は大人向けの作品。殺されたマダムを取り巻く男性たちとの関係が大人向け。謎解きも凝っている。

 「失恋第五番」「失恋第六番」は、雰囲気がまた違う作品。タイトルに「失恋」なんてあるものだから、悲しいラブロマンスかと思いきや、闇の深い、男たちの闘いの物語。合成樹脂会社の社長の一人息子で、連絡課長、千田二郎は仕事は秘書に任せっきり。スポーツマンで女好き。様々な女性に恋をしては振られている。また、新しい女性に恋をして、デートに向かう途中、二郎は昔なじみの男たちに出会う。二郎も、彼らも戦中は海軍にいた。その男たちは二郎をある場所に連れて行くのだが…。

 横溝正史の「金田一」シリーズは、戦後まもなくの日本各地が舞台になっている。登場人物も戦地から引き揚げてきたり、戦争の色が濃く残っている。この周五郎の「失恋~」シリーズも、戦争の色が濃く残っている作品。戦争は終わったが、戦地で戦っていた元兵士たちの「戦争」は終わったわけではなかった。戦争は終わっても国は混乱し、暮らしは安定せず、「平和」は簡単にはやってこなかった。そんな時代の物語。昔なじみと共に、ある使命を帯びることになった二郎。戦争中の過去に向き合い、未来の日本のために使命を果たそうとする。暗く、かなしく、重い。第五番はスリリングで、第六番はじっくりと心理戦。この「失恋~」シリーズが気に入りました。この続きも書かれる予定だったが、何らかの理由でなくなってしまったらしい。とても残念だ。

 山本周五郎のまた違った一面を楽しめる1冊でした。この「探偵小説全集」、こうなったら全巻読もうか…?
・過去記事:寝ぼけ署長

↓「山本周五郎」と「シャーロック・ホームズ」タグが並んでる…!
# by halca-kaukana057 | 2019-01-18 21:50 | 本・読書
 今年最初の特印・風家印は、この切手から。
日本郵便:グリーティング切手 リサとガスパール

 アン・グットマン:文、ゲオルク・ハレンスレーベン:絵、の絵本「リサとガスパール(Les Catastrophes de Gaspard et Lisa)」シリーズ。今年で誕生20周年。これを記念して、切手になりました。
 同じ作者コンビの作品としては、「ペネロペ(うっかりペネロペ)」シリーズはアニメが大好きなのですが、リサガスも可愛い。とはいえ…原作絵本そのものはそんなに読んでいません…。パリが舞台だったり、日本にもやって来たり。切手の絵柄は絵本から使用しています。

 特印はこれ。
f0079085_21140585.jpg

 可愛い。特印も消印ですが、消印というのを忘れてしまう可愛さです。ハト印と共演してるのがまたいい。
# by halca-kaukana057 | 2019-01-16 21:16 | 興味を持ったものいろいろ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30