人気ブログランキング |

タグ:あさりよしとお ( 6 ) タグの人気記事

 今年中に今年読んだ漫画の感想書ききれるかな、の記事です。今日は夏に出た漫画です…。もう年末ですよ…。


アステロイド・マイナーズ 2
あさり よしとお/徳間書店・リュウコミックス/2013

 小惑星に移住し、小惑星で生まれ育ったタカシ。小惑星内部の氷を掘って水にし、ないものは地球から運んでくるしかない。食料も土地もものも、空も自然もない…地球へ行きたいと思うタカシたちを描いた「小惑星(やま)の日」。「宇宙戦闘機」をとある国の独裁者から発注されてしまい、更にその独裁者相手に「模擬戦」を担当することになった女性社員、ルナ。世界一の「戦闘機」で派遣を握りたい独裁者と、宇宙を知らない独裁者に一泡ふかせてやろうと思うルナの「独裁者の幻想」。月の北極の地下にある氷の試掘をする男2人が、宇宙の理想・夢と現実の狭間で落胆しつつも働く「月は地獄だ」。小惑星で資源採掘を行うために派遣されてきた男が、とんでもない目に遭ってしまう「ドワーフの村」。この4作品が収められています。

 1巻の発売から随分経ちました。2巻の発売を待っていました!
 1巻の3話が、2巻の「小惑星(やま)の日」の続きに当たります。成長したタカシたちが実習生として働きながら、進路志望を出す時期になりました。1巻の2話の続きが「独裁者の幻想」。文月の勤務する会社で、とんでもない宇宙船の発注を受けることに。

 「月は地獄だ」でも、「ドワーフの村」でも、月や小惑星での限られた生活が描かれている。今、月や火星、小惑星の探査をしているけれども、後に有人探査になり、開拓することになれば…こんな生活が待っているはずだ。地球では当たり前にあったものが、他の天体ではない。食料も、地球のような豊かなものではない。でも、私たちは宇宙を、宇宙で暮らすことを夢見ている。国際宇宙ステーション(ISS)が今はその場になっている。ISSに滞在している宇宙飛行士たちは、過酷な訓練を経て、ISSで行われている実験を専門外でもこなし、日々暮らし、地上の私たち一般向けに様々な広報活動を行っている。その様を観ていると、宇宙に行って見たい、無重量(微小重力)を体験してみたい、青い地球を見てみたい…と思うけれども、様々な苦悩や暮らしで困ることはあるだろう。ISSはまだ地上400km,宇宙の波打ち際に過ぎない。もっと遠く…月や火星、小惑星では、ISSとは異なるところがたくさんあるだろう。まだまだ人類は宇宙を知らない。そんな部分を、ユーモアも交えて、リアルに表現しています。描き方によっては、宇宙なんてとんでもないところ、何故こんなところに行きたがるのか…とも思えてしまうことを、巧い塩梅で描いている。1巻よりも更に深いところまでリアリティを表現しています。

 「独裁者の幻想」は、笑えます。これを読むと、一部宇宙SFアニメ・漫画にいちいちツッコミを入れたくなるかもしれませんw宇宙での重力の法則を知らない独裁者が滑稽。でも、最後はちょっとしんみりしてしまいます。

 「ドワーフの村」はそっちの方向なのか!?wと思いつつも、最後でとても重要なことを語っています。宇宙には、地球に普通にあるものがない。地球では難なく生きられる条件が、宇宙にはない。それなのに、人類は宇宙に行こう、住もうとしている。そんなところで、重視されるのは何か…。そう思うと、地球での普通の生活が、生きることが、ちょっと違うものに見えてきます。

 3巻はいつになるかなぁ。楽しみです。
・1巻:アステロイド・マイナーズ 1
by halca-kaukana057 | 2013-12-23 21:45 | 本・読書

小惑星に挑む

 今日、11月26日は、小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)が小惑星イトカワへの第2回のタッチダウンを行った日。2005年のこと…もう8年も前になるのですね。久々に「はやぶさ」関連の本を。


小惑星(ほし)に挑む
あさり よしとお/白泉社・楽園コミックス(書籍扱い)/2013

 「なつのロケット」、「まんがサイエンス」シリーズなど、科学・宇宙関係の漫画と言えば、あさりよしとお先生。そのあさり先生も、ずっと「はやぶさ」を追い続けてきました。「まんがサイエンス」で「はやぶさ」について言及されているものもありますし、「アステロイド・マイナーズ」は小惑星探査・小惑星開拓の物語(2巻が出て、読んではいるのですがまだ感想書いてません!)。でも、1冊まるごと「はやぶさ」を描いたのはこの作品が初めて(だと思う)。あさり先生が、どう「はやぶさ」を描くのだろう、と思ったら、思わぬ視点から来ました。

 思わぬ視点…地球よりもはるかに高度な科学文明を持った、異星人の少女2人。高度な科学文明はあるけど、閉塞していた…。彼らが見失った何かがあるに違いない…と異星の文明を調査しに来た。そして、太陽系で小さなある機械を見つける。それは、「はやぶさ」のローバー・ミネルバ。「はやぶさ」のことを知った2人は、「はやぶさ」の苦節の旅を見守り続ける。地球という惑星にあるであろう文明と人類が、この探査機に何を託したのかもともに…。

 高度な科学技術を持った地球外文明からの視点とはやられました。0話での、太陽系・地球の文明について調査に来た理由を話すところで、グッと心をつかまれました。科学文明の進んだ先に、何があるのだろう。それはわからないけど、何かが生まれた黎明期のことには、学ぶことや忘れてはならないことが沢山あると思う。「はやぶさ」なら小惑星探査・深宇宙探査ですが、宇宙開発、科学技術、その他のこともにも言えるのではないかと思う。もし、今がその黎明期なのだとしたら、私たちはそのことをしっかりと見て、心に刻んで、後世に伝えてゆかねばならない。

 異星人の2人は「はやぶさ」の旅路を見つめ続ける。次から次へと起こる「はやぶさ」のトラブルや、「はやぶさ」が何をしようとしているのか、そしてどうトラブルを乗り越えて、何を為そうとしているのか…。「はやぶさ」の仕組みやトラブルなどに付いては、さすがあさり先生、とてもわかりやすい解説です。でも、それが、地球からの視点ではなく、偶然「はやぶさ」に出会ってしまった高度な科学文明を持った異星人の視点なのが面白い。彼らなら、その場で「はやぶさ」を直すこともできる。でも、手出しせずに、何が目的でここまで来て、トラブルも乗り越えて地球に還ろうとするのかを見守る。「はやぶさ」自身の視点にも近いかもしれない。

 異星人たちも、「はやぶさ」に感情移入する。私たちがしたように。「はやぶさ」の地球大気圏再突入も。そしてたどり着いた、「はやぶさ」に託された本当の使命と、「はやぶさ」の先にあるもの。

 「はやぶさ」の旅路・物語は数多く語られ、語られ過ぎている。語られつくした…のかもしれないと思ったが、違うと思う。小惑星探査・深宇宙探査の黎明期である今、「はやぶさ」に何を託していたのか、「はやぶさ」が何の始まりであるのかを、何度でも確認する必要があると思う。「はやぶさ」のドラマティックな旅路の思い出に浸るのとは違う。勿論「はやぶさ」だけじゃない。太陽系を脱出し、未知の太陽系の外側へまだまだ飛行を続けている「ボイジャー」や、他の惑星で探査を続けている数多くの探査機たち。深宇宙探査の新時代の鍵になるであろう、ソーラーセイル実証機「IKAROS(イカロス)」。今も金星に辿り着こうと、粛々と飛行を続けている金星探査機「あかつき」(PLANET-C)のことも忘れてはいけない。そして、来年12月、「はやぶさ2」が打ち上げ予定であることも。

 コンパクトにまとまった「はやぶさ」漫画なので、「はやぶさ」・小惑星探査入門にもいい本です。

 最後に、JAXA公式に、あさりよしとお先生のインタビューがあるので、貼っておきます。現在、民間ロケット「なつのロケット団」でロケット開発・打ち上げにも関わっているあさり先生。あさり先生のロケットへの想いがつまっています。
ファン!ファン!JAXA!:ロケットを作ろうと誘われたら、断る理由はない 漫画家 あさりよしとお
by halca-kaukana057 | 2013-11-26 21:54 | 本・読書
 「宇宙兄弟」他、宇宙SF漫画が盛り上がっていますが、ついにあの漫画家が宇宙SF分野に。そう、「まんがサイエンス」、「なつのロケット」のあさりよしとお。これは期待せざるを得ない!!


アステロイド・マイナーズ 1
あさりよしとお/徳間書店・リュウコミックス/2010

 時は21世紀終盤。人類は宇宙へ進出し、移住できる天体として小惑星を開拓しようとしていた。第1話では小惑星を開拓する一人の男を、第2話では低軌道ステーションへ向かう新米パイロットとある少女の物語、第3話では小惑星に移住した後の人類を描いています。時系列としては2→1→3となっている模様。

 3話どれも、リアリティのある宇宙SFになっています。現在の技術や研究中のものが活かされている。今の宇宙開発が進んで、100年ぐらい経ったら、本当に人類はこんな未来を迎えているのかもしれないと思えてしまう。流石あさりよしとお先生。第1話では、移住候補と挙がっている小惑星で水を採掘する。採掘するのはロボットだが、そのメンテナンスと機械を作る機械を製造するのは人間の役目。宇宙を夢見て志願した一人の男だが、現実は…。「蟹工船」が語られるタイミングと、たんぱく源として食べられるある生物のところで笑ってしまった。実際、そのたんぱく源は現在、宇宙での食事として研究中。あまり食べたいなとは思わないけど、実際どんな味なんだろう。

 第2話のでは宇宙航行の原理・技術が話の中心に。「無重力」と「無重量」の違い。現在国際宇宙ステーションがある辺りの高度で、地球の引力はどのくらい働いているのか。その答えに唖然とした。そんなもんなのか。なんとなくはわかっていたが、「まんがサイエンス2 ロケットの作り方おしえます」で、月に向かう際"重力穴"という説明をしていた。これがこの「アステロイド・マイナーズ」でも出てきます。しかも、その"重力穴"という考え方で見ると、さらに資源の面でも月を開拓するより小惑星を開拓したほうが人類の移住天体として適していると考えられる。流石です…。

 そして第3話。小惑星に移住し、小惑星で生まれ育った少年・タカシ。水も大気も食料も、全て小惑星で自給自足できるようになっているが、その実態は…。地球という星があまりにもよく出来た環境であることを、私は完全に忘れてしまっている。地球の外に出た時、それを作り出すことがいかに大変で、しかし生命が生きてゆくうえで必要不可欠であるかを実感する。こんなシビアな面もしっかりと描かれていて、ますますリアリティを感じられる。本当に流石としか言いようが無い。

 今後はタカシを中心に話が進んでいくのだろうか。2巻が出るのが待ち遠しい!!
by halca-kaukana057 | 2010-02-18 21:30 | 本・読書
 以前紹介した「まんがサイエンス2 ロケットの作り方おしえます」の「まんがサイエンス」シリーズ最新刊。今でも「5年の科学」「6年の科学」での掲載は終わっていなかったのです。学研の科学なんて小学生以来読んでいないから知らなかった。

まんがサイエンス 10
あさり よしとお/学研・ノーラコミックスDELUXE/2007

 サブタイトルの通り、生命・人体の不思議と最新科学技術に迫る短編集。あさりよしとおの科学漫画はどれも本当に面白い。ギャグ満載で笑いながら科学に親しめる。しかも内容が濃い。そのあさりよしとお科学漫画を今の子どもたちも読んでいるのかと思うと、先輩?として嬉しくなる。さぁ、「まんがサイエンス」読んで科学好きになれよ、と(洗脳w)

 人体に棲みつく細菌、インフルエンザと予防接種、クーラーの仕組み、DVDは何故大容量なのか…など、身近な科学についても多いので、新たな発見にもなる。身近なモノにも現代科学技術・医療の断片が隠れている。それをずっと紐解いてゆくと、その元となる"原理"にたどり着く。理科の教科書に書いてある科学の原理が、一体何に役立つのか。原理や公式だけだと無味乾燥で良く分からなくても、具体的なものがあれば考えやすい。何かを学び、考え、追求していくことも、子どもの時この漫画に教わっていたんだと、大人になった今思う。

 個人的に好きなのが後半。宇宙開発の技術が満載です。ロケットの固体燃料、ロケットエンジンの「スカート」、天体望遠鏡の仕組み、火星探査、宇宙開発の未来…。ロケットエンジンのノズルスカートの話で、"ロケットエンジンの妖精"レナちゃんが出てくるのだが、その名前の由来に撃墜されました。リアルでしばらく動けませんでした。反則ですよ!「LE-7A」を「レナ」と読ませるなんて…!!さらに、未来の宇宙開発で、日本が有人探査で向かう先が…!さすがはあさり先生。最高の展開です。

 もうこうなったら全巻揃えて、一家に1セット。大人になった今だからこそ大人買い…と簡単にはいきませんが、揃えますよ、ええ。

 最後に、あやめちゃんとあさりちゃんのボケツッコミ最高。「ロケットの作り方~」でも強烈なボケを連発していたあやめちゃん。10巻でも健在、いや、パワーアップしてる…。
by halca-kaukana057 | 2007-11-24 22:11 | 本・読書
 前回の「なつのロケット」に続き、あさりよしとおの宇宙科学漫画をもうひとつ!


まんがサイエンス (2)
あさり よしとお/学研・ノーラコミックスデラックス/1992

 今から15年ほど前に学研の「5年の科学」で連載されていた漫画。私はこの漫画をリアルタイムで読んでいました。毎月学研の科学が届く度に、楽しみに読んでいた。ページを開いてまず発した言葉が「懐かしい!!」。はっきりと覚えているシーンがいくつも出てくる。今思えば、私がこんな宇宙バカになったのはこの漫画の影響もあるのだろうな。

 小学生5年生のよしお君とあやめちゃんの元に、ある日「ロケットの神様」が落ちてくる。宇宙で暮らしていたのだが、ちょっとしたミスで地上に落ちてきてしまったのだ。宇宙に帰りたいが、神様は自分のためにロケットを出すことは出来ない。そこで、よしお君とあやめちゃんにロケットを作ってもらい、それで宇宙に連れて行ってくれないかと提案する神様。宇宙へ行けるチャンスと喜ぶ2人。でも、ロケットってどうやって作るのだろう…?



 こんなストーリーで物語は始まる。ギャグマンガのノリでロケットの原理、仕組み、歴史を紐解いてゆく。ちょっと強引でイジワルな神様と、そんな神様に振り回され体当たりで(時には傷だらけになって)ロケットのことを学ぶ2人。とにかく笑える展開なので、笑いながらロケットのことがわかってしまうなんて、今でも素敵過ぎますよこのマンガ。途中から、ロケット開発の歴史を辿りながら2人がロケットを作れるようにと、神様はロケット開発史の重要人物たちを先生として呼んで来る。ツィオルコフスキー、ゴダード、オーベルト、そしてフォン・ブラウン。この4人もまた個性的でオモシロイ。耳が遠くのんびり屋のツィオルコフスキー、研究者肌のゴダード、ネクラ?のオーベルトに、やりたい放題のフォン・ブラウン…。子どもの頃は「へぇー」って思いながら読んでいたが、今思えば凄い展開だなぁ…と思う。個人的にはハゲ頭のゴダードがお気に入り。カワイイ。

 よしお君とあやめちゃんは、この4人の苦労や試行錯誤を体験しながらロケットを作ってゆく。こんな過程でロケットは今の形になって行ったのか…と思うと歴史の重さをひしひしと感じる。そしてロケットの打ち上げ。121ページ、よしお君のロケットの打ち上げを見守る4人が印象的。ロケットを作って誰よりも宇宙に行きたかったのは、彼らロケット開発者だったはずだ。それなのに、彼らはロケットに乗ることすら出来なかった。その無念、悔しさは…どれほどのものだったのだろうか。興奮の打ち上げの一方で、しんみりしてしまった。


 しかし、そんな4人が大暴れするのが第2部。何と月を目指すことになってしまったよしお君とあやめちゃん。超絶展開にワクワクが止まりません。特にフォン・ブラウンの大暴れ振りには爆笑。天国のフォン・ブラウンはどう思っていることやら…。それでも、201ページからの部分に釘付け。特に、205~206ページのこの言葉にやられました。
人間は何でそこまでして宇宙へ来たくなるんだろう?
それは、きっと人間が宇宙へ乗り出すために生まれてきた生き物だからよ!


 宇宙開発の原点って何だろう?宇宙を目指す理由って何だろう?そう迷った時に読み返したい本でもあります。勿論、宇宙好きな大人だけでなく子どもにも読ませたい本(…元々小学生向けの本だっての)。しかし、あさりよしとおの絵って、本当にかわいいなぁ。あらためて思う。
by halca-kaukana057 | 2007-06-30 22:09 | 本・読書

なつのロケット

 ずっと以前から読もう読もうと思っていたのに、読まずにいた漫画。タイトルの通り、宇宙への夢がぎっしり詰まった作品です。

なつのロケット
あさり よしとお/白泉社・ジェッツコミックス/2001


 型破りな女教師・藤根は理科の授業で児童たちにペットボトルロケットを作らせる。藤根のクラスの科学少年・北山泰斗はそのペットボトルロケットの飛距離もダントツだった。しかし、彼のロケットをやすやすと越えてしまったのが転校生・三浦とぼんやりした少年・ヘチマの作ったロケットだった。三浦のロケットと態度が気に食わない泰斗。そこへ、泰斗は藤根の行動から、型破りな授業が原因で彼女が学校を辞めるのではないかと憶測する。藤根先生の教えてくれることは間違いじゃない。それを証明するために、泰斗たちは本物のロケットを作ろうと決心する。一方、三浦とヘチマは別の場所で動き出していた…。



 タイトルでピンと来た方もいると思われますが、私も以前感想を書き、今も大好きな作品である川端裕人の小説「夏のロケット」をヒントにこの作品は作られたのだそう。「夏のロケット」では中年のオジサンたちがロケットを作る話でしたが、あさり版「なつのロケット」は小学生が本物のロケットを作ってしまう話。しかも、このロケットにはとんでもない秘密が隠されているのだ。何といってもこのロケットの構造が面白い。宇宙へ飛んでゆくロケットは、普通大きなものだ。最初は糸川英夫のペンシルロケットのように小さなものだったが、その後どんどん巨大化してゆく。しかし、この作品に出てくるロケットは…小型化しているのだ。小さいロケットが本当に宇宙を目指せるのか。そしてこのロケットには更なる秘密が隠されている。それはこの作品を実際に読んでからのお楽しみ。ロケットって…本当に奥が深い。以前川端版「夏のロケット」の感想でも書いたとおり、ロケットの原理はとても単純でローテク。シンプルだからこそ、様々な応用が出来てしまうのだ。こんな応用も出来てしまうのか…。

 ロケットをめぐり、対立する泰斗と三浦。結果のためなら手段を選ばない三浦のストイックさにハラハラさせられるが、それには理由がある。泰斗の甘さをはっきりと見抜くが、多くは語らない三浦。三浦の態度に反発しつつも、彼が心の奥底に隠している「何か」に気付き始める泰斗。そして、製作が進んでゆくロケット。対立はしつつも、目指すものは同じ。読み進めてゆくうちに、三浦が隠している内面、そして現実があらわになってくる。と言っても、はっきりと描かれているわけではない。その「はっきりと描かれない」ことによって、三浦に何が起こっているのかを色々と想像してしまう。はっきりと描かれるよりも説得力があり、訴えかけてくるものも強く感じてしまうのは何故だろう…。

 そして完成したロケットの打ち上げ。泰斗が三浦に最後にかけた言葉が本当に切ない。三浦が見せたかすかな笑みも。打ち上げ後のロケットの行方も。134ページのラストシーンがたまらない。宇宙は、今も私たちの真上にある。手を伸ばせば、本当に届くかもしれない。こんなロケットを作って、自分も宇宙を目指せないだろうか。そう思ってしまったのは私だけではないはず。

 この作品のロケットの構造に関しては、JAXAのロケットエンジニア・野田篤司氏(通称:野田司令)によって計算されています。巻末には野田氏の解説付き。さらに、野田氏のサイトにはもっと詳しい計算が解説されています。
「マッド・サイエンティスト研究所 研究報告11 なつのロケットは本当に飛ぶか!?」
 そして、「夏のロケット」の川端裕人さんも巻末に解説を寄せています。その文章がたまらなくいい。それを読んで、以下のようなことを考えた。

 川端版もあさり版も書かれたのは1990年代後半。さらに、この解説で川端さんが挙げている野尻抱介の「ロケットガール」シリーズが書かれたのも90年代(アニメ化を機に新装版が出ましたが、元は10年も前に出た作品だったのです)。90年代は日本が宇宙開発へ本格的に参入していった時期。日本人宇宙飛行士の宇宙飛行と活躍に、日本人も宇宙を目指せるんだ!!と実感した一方で、H2ロケット8号機の失敗などで不足しているものを見せ付けられた時期でもあった。私が本格的に「宇宙バカ」になったのもこの時期。情熱だけでは宇宙へは行けない。情熱が無ければ、その失敗を乗り越えられない。90年代は成功も失敗もあったけれども、宇宙へのまっすぐな情熱が見えていた時期だった。

 しかし、2000年代になって、その情熱は少し薄れてしまったのではないかと思う。スペースシャトル・コロンビア号の事故、国際宇宙ステーションの計画は延び延びでようやく完成が見えてきたところ。スペースシャトルも2010年に引退すると決定した。それでも今日本は宇宙への情熱がぶり返してきた時期なんじゃないかと私は読んでいる。小惑星探査機「はやぶさ」のドラマティックすぎる活躍、「ロケットガール」もアニメ化され、主人公・ゆかりや茜と同年代の女子高生を対象にした「ロケットガール養成講座」も注目された。そして来年は土井・星出・若田宇宙飛行士の日本人宇宙飛行ラッシュが控えている。まだ日本にも宇宙を目指すチャンスが、技術がある。失敗を知って、乗り越えて、また新しいスタートを切りなおした日本の宇宙開発。そんな今を引っ張ってくれるのは、「なつのロケット」のような作品なんじゃないかと私は思う。「ロマンだけでは宇宙へは行けない。でも、ロマンがなければ宇宙には行けない」からだ(しかしこの言葉、誰の言葉だったかなぁ…、調べても出てこない…)。あの90年代の情熱を忘れないためにも、語り継いで、後の世代に受け継ぐためにもこんな作品が必要なんだと私も感じる。もっと時代が進んで、簡単に宇宙に行ける日が来たら、こんな杞憂は滑稽に見えるかもしれない。ちょっと話は飛ぶが、同じく宇宙開発系漫画である柳沼行作「ふたつのスピカ」12巻にも、こんな言葉がある。
「必死になって苦しい訓練に耐えて
時には傷ついたり何かを失ったりしながらも懸命になって
そういうたくさんの想いを経た人でなければ見えないものも
必ずあると思うよ
今の時代を生きている
チビちゃんたちにしか見えない宇宙がね」
(102~103ページ)


 今の私たちに見える宇宙、私たちにしか見えない宇宙。それを後世に伝えて行ってくれる作品。それのひとつがこの「なつのロケット」ではないかと思う。川端さんの解説には「遠い空の向こうに(原題:October Sky)」として映画にもなった、NASAのエンジニアホーマー・ヒッカム・Jr.の自伝「ロケットボーイズ」も挙げられていたが、宇宙開発を常に引っ張ってきたアメリカにはこういう話がゴロゴロしているのだそうだ。日本にもこういう話はそれなりにあるらしいが、日本には日本なりの別の伝え方がある。日本が世界に誇る漫画・アニメという手段が。フィクションでしかないけれども、その作品に込めた感情はリアルだ。技術・原理も計算して現実に沿った作品を創ることが出来る。アメリカやロシアのようには行かないけれども、私たちは私たちなりに宇宙を目指そう。そう、この作品や他の宇宙開発系小説・漫画を読んで感じる。


 しかし、ロケットには夏が似合うなぁ。それから、「ロケット・ボーイズ」も再読したくなってきた。まずは「遠い空の向こうに」をDVDで観るか…。
by halca-kaukana057 | 2007-06-27 23:09 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31