タグ:おかあさんといっしょ ( 125 ) タグの人気記事

 「おかあさんといっしょ」6月の歌です。「きらきらきらりん・みゅーじかる」タイトルで、某アイドルアニメを連想してしまったのは私だけではないはずだ(多分)。作曲は「モノランモノラン」の音楽も担当している斉藤ネコさん。

 曲想は、まさにブロードウェイのミュージカル。雨があがった、光あふれる街で毎日を謳歌する。喜びも悲しみも全部受け止めて。人生はミュージカル。曲の雰囲気は全く違いますが、「リトル・チャロ」のルイが歌う「Song and Dance Dog」の歌詞の雰囲気に似ている。こちらもミュージカルをイメージした歌でしたものね。

 クリップも歌い踊るお兄さんお姉さんたちが素敵です。だいすけお兄さんは、さすが劇団四季出身。しかし、オールバックのようなあの髪型。主役というよりは、三枚目的な役どころ?前にも書いた気がしますが、だいすけお兄さんにもうちょっとカッコイイ役をやらせてあげたいと思うのは、私だけでしょうか…。たくみお姉さんは完全にヒロインです。また、今回のクリップは沢山のエキストラが出てきます。不思議な雰囲気。ミュージカルと言うより、サーカスのような雰囲気に感じました。

 朝聴くと、穏やかに元気の出る歌です。アッパー系ではなく、凪いだ気持ちの中から「今日も頑張ろう」と思えるような。梅雨のジメジメ、暗さも吹き飛ばしたいですね。


【Eテレ0655】
 ついでに0655も。「のりこえる歌」。これもじわじわと元気が出てくる歌ですね。毎日辛いことばかり。心も身体もクタクタ。でも、時間は止まらない。明日は必ずやってくるし、今日を乗り越えていかねばならない。気負いすぎてしまいそうですが、この歌を聴くと、プレッシャーは感じずに「頑張ろう」と思えます。

 6月の朝の教育テレビは、静かに元気を出してくれる歌が揃っています。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-06-12 22:35 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週の教育テレビは再放送ばっかりでしたが、以前も書いたとおり、この再放送システムが貴重なのだと思っています。新作ばっかりだと追い続けるのに疲れるし、見逃しても再放送があると安心できる。さらに、何度でも観てじっくり楽しめる。NHK教育の再放送システム、ありがたいです。

【おかあさんといっしょ】
 今月の歌「ジューキーズこうじちゅう!」完全にハマりました。1ヶ月、とても楽しく観て聴きました。重機たちの特徴に合わせた個性・キャラクター設定も面白いし、曲・詩もいい。間奏のだいすけお兄さん「離れて応援してくれよ」のセリフがツボ。だいすけお兄さんが、戦隊ヒーローものの主題歌を歌う歌手にしか思えなくなってきたw舞台では普段の2割増以上にはじけるだいすけお兄さんは、ファミリーコンサートではきっと熱く踊りまくって歌ってくれるに違いない。ファミコン放送まだかー!
 1番「設計図は夢で見た~」の部分で出てくる設計図。書いてある文字を解読しようと思ったのですが、英語ではない単語もあり、解読できず。基本は英語らしいのだが…。

 「モノランモノラン」も再放送。3人が両親について話し合う回は、何度観てもいいです。そういえば、雷神・水神・風神のお祖父様たちは出てくるのに、両親は何をしているのだろうと疑問だった。プウートの父も風神として、世界各地を飛び回って風を起こしているのか。両親はそれぞれの仕事が忙しいので、指導は師匠でもある祖父の大神にお願いしているという訳か。両親のもとを離れ、モノモノランドで修行を積む3人。そりゃあ、両親が恋しいでしょうに…。それでも、一人前の雷神・水神・風神になるために、その恋しさ、寂しさにめげず修行を積み、3人で遊んで助け合って、モノモノランドの住人たちと仲良く暮らして…。本当にいい話だな。
 ということは、例えばライゴーなら、雷神は雷神同士で結婚して、その子どもも雷神になる…のかな。雷神はひとりではなく、何人もいる。日本的多神教の世界観だ。さすがは畠中恵さん。
 おっと、深読みしすぎましたw


【クインテット】
 ショパンのコンサート新曲もよかったですが、これまでの曲の再放送もよかった。「浜辺の歌」と「原始時代へウエルカム」。「浜辺の歌」でしっとり…の流れから陽気な「原始時代~」。曲そのものもいいのですが、映像も楽しい。原始時代の楽器が凝ってる。アキラさんの骨ピアノは、面白いと思いつつ、シュールですw
 「練習だいきらい」も久々に登場。間奏でイライラしながら練習して「でも練習だいきらい~」と歌う部分が好き。

 もうすぐサッカーワールドカップが始まりますが、始まったら「おかいつ」はプゥートが、「クインテット」はシャープ君がサッカーネタを出してくると確信。「めざせワールドカップ」も出てくるだろうなぁ。楽しみ。あと他にETVサッカー好きキャラクタはいたかしら?「いないいないばあっ!」のワンワンと、「みいつけた!」のサボさんは何でもできそうな気がするwまいんちゃんでも、サッカー関連料理とか、出ないかな。

 私の場合、それ以上に8日のシューマン誕生日、13日の「はやぶさ」帰還ですがね…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-06-04 23:24 | Eテレ・NHK教育テレビ
 先週は「クインテット」コンサート新曲だけで精一杯だったので、今週は通常+αの教育テレビ感想を。

【おかあさんといっしょ】
 まず、5月の歌「ジューキーズこうじちゅう!」
「ジューキーズ」…? 何のことかと思ったら、重機。工事現場の重機のことでした。その重機たちを戦隊ヒーローっぽくして、さわやかカッコイイ。普段は優しげな歌声のだいすけお兄さんも、張り切ってます。重機の特徴がすぐにつかめる歌詞とアニメもいい。間奏の「離れて応援してくれよな」のセリフも好き。この歌はコンサートで映えるのではないかと思う。舞台いっぱいに走り回り、踊りまくる4人が目に浮かびます。先月が可愛らしい歌だったので、先月とのメリハリも出ていいなぁ。好きです、この歌。
 パイルドライバーの名前と実物がようやくリンクしました。パイルドライバーというと、プロレス技の方が先に出てきてしまいますwプロレス技とは全くかけ離れたパイルドライバーのキャラがいい。
 重機が出てくるアニメといえば、「ボブとはたらくブーブーズ」、それからETVで放送していた「ショベルカーディグスとはたらくくるまたち」がありましたね。擬人化文化なら日本サブカル!と思いがちですが、「きかんしゃトーマス」もそうですし、海外アニメに車などに人の感情を持たせるアニメが多いですね。機械に感情を込めるのは、人類共通なのかも…?


 5日は春のファミリーコンサート「モノランモノランとくもの木」の放送。
 お兄さん・お姉さんと遊びに行くことにしたモノラン3人組。しかし、スイリンとプゥートが意見の食い違いでギクシャクした状態に。そこへ、綿毛のようなものが3本落ちてきたかと思ったら、また空に飛んでいってしまった。3人のおじいさまの話によると、それは雲を生み出す「雲の木」で、これがないと雲が作られない。雲の木は、3人の仲が悪くなったので飛んでいってしまったらしい。スイリンとプゥートはケンカしたまま、雲の木を探しにいくことに…。
 モノラン3人組は雷神・水神・風神の孫という設定なので、お天気や自然に関わる物語になりがちなのが厳しいところ。それでも、3人の友情と雲の木探しで昨年春のコンサートよりはお話に幅が出たかな?プゥートとスイリンは各々の技を使って雲の木を手に入れるが、ライゴーだけは違ったのがよかった。しかし、昨年春のコンサートでも思ったのだが、ライゴーは実はかなり強いのではないだろうか…。前回は怪物みたいな台風の目に向かって雷を食らわせたが、今回はドラゴンにも怖がることなく、にこやかに挨拶をしてドラゴンの唸り声に雷で対抗…。そしてさらっとスイリンとプゥートを仲直りさせ、ドラゴンとも仲良くなってしまう…。やっぱりライゴーはおっとりしていようで、最強かもしれん。最終回はライゴー覚醒で…ダメ?覚醒したライゴーが見たいですw
・昨年の春コンサート:新旧融合 「モノランモノランこんにちは!」

 他の見所としては、だいすけ&よしお兄さんのカッパ。「カッパなにさまかっぱさま!」をまた聞けたのが嬉しい。コミカルな役が得意な2人にピッタリw「ずんずんあるいて」をモノランも歌っているのがよかった。さらに、「タンポポ団にはいろう!!」をたくみ&プゥートで歌った所で、プゥートとジャコビの声の人が同じことを思い出した。声が被るw


【クインテット】
 コンサート以外にも見所満載でした。
 火曜のドラマ。ジングルで本編と、ジングル後にその後の顛末をスコアさんが話すのが新鮮。シャープ君のいたずらは見事に失敗。それをうまく語れるのは、やはりスコアさんだけです。
 木曜のドラマ。歌は「汽車」。アキラさんのピアノ「鉄道メドレー」にも出てくるあの曲です。一番速いのは新幹線、リニアモーターカー(実用化されていないので却下)、飛行機、スペースシャトルと挙げるも、スコアさんは汽車が一番速いと言う。「汽車」のアレンジが軽快で、楽しくなってくる。で、宇宙好きとしてシャトルは確かに速いです。でも、今年で引退予定。ソユーズの名前を今のうちに広めておきません…?ロケットとひとくくりにしても、載せるのが人か、人工衛星・探査機か、どんなミッションかで速度も変わってくるしなぁ…(そんな面倒な説明、番組内でできるわけ無いだろうとセルフツッコミ)
 金曜のドラマは母の日。おふくろの味について語り合う4人。スコアさん以外の3人の答えが…現代的というか、皮肉っているというか、何というか…。ちょっと危険かもしれない。

 コンサートの「マイムマイム」を観直したら、シャープ君のマレットの動きが面白い。マレットをくるんとまわし、柄の部分でシンバルを叩く。ティンパニと木魚は普通に。さらに、ティンパニの音程を変えるところも写っている。このティンパニの音程を変えるシーンは、「剣の舞」でもあった。楽器の仕組みについて、ティンパニを演奏している人にも、楽器そのものを見たことがない人にもどんな楽器が、どう演奏しているのか伝わるのがいい。しかし、「マイムマイム」がかっこよすぎる。これ、本当にフォークダンスのあれですか。信じられん。

【クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!】
 今週は「お弁当」。お花見やハイキングにもって行きたくなるようなお弁当です。毎日一品ずつ作り、金曜でお弁当を完成させる新しいスタイル。いいねこれ。
 驚いたのが、ハート型の卵焼き。普通の卵焼きにひと手間加えるだけで、可愛い卵焼きになるとはびっくり。知りませんでした。やってみよう。オムやきそばも飾りつけが可愛い。流行のデコ弁ですな。


【プチプチアニメ・鬼警部アンパン】
 先週のですが、書き忘れたので書いておく。「ビップとバップ」のスピンオフアニメ「鬼警部アンパン」に新作が。待ってました!バス停で出会った少女にアンパンをあげたアンパン。しかし、少女はカバンを置いて行ってしまう。カバンを返すため、少女を探すが…。カッコいい所を魅せるも、ドタバタオチ。安心のオチでした。今後も続くのか?楽しみ!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-05-07 21:47 | Eテレ・NHK教育テレビ
 教育テレビの新年度が始まって2週間も経ってしまいましたが、箇条書きで感想を。

【おかあさんといっしょ】
朝の放送が8時から。番組内のコーナー編成も変わりました。スタジオでオープニング復活。歌が最初に戻りました。
・でこぼこフレンズは木・金に。「ふしぎなあのこはすてきなこのこ」に、「パンツぱんくろう」が復活!「ぱんくろう」が戻ってきたのは嬉しかった。またトイレ様の渋い声が聞ける…!
・日替わりコーナーもちょっと変更。水は「あっぱれ!たまてばこ」お姫様のたくみお姉さんが可愛い。木は「かおのてんらんかい」。だいすけお兄さんが…ひたすら顔芸。合うんだけどw、だいすけお兄さんにはもっとカッコイイ役をやらせてあげたいと思ってしまったw
・4月の歌は「コロンパッ」。遊び歌です。ほのぼの可愛い歌です。4月にぴったり。
・モノランモノランへの前振りが無くなった。寂しい。
・土曜の前半はよしまゆコンビがリード。いいねいいねー。

【うっかりリペネロペ】
・再放送キター!
・このあと、「みいつけた!」「プチプチアニメ」「おかいつ」と続くのが最高。テレビから離れられないwww

【みいつけた!】
・2年目もパワフルです。
・EDクリップと歌の編集が変わった。詳しくはトータス松本さんのアルバムでフルを聴いてね。
・日曜に30分枠で「みいつけた!さん」。30分枠ですよ!!
・「さん」はコッシーとレグちゃん、サボさんがリード。ゲストコーナーがいいね。
・「さん」EDの「みいつけた!」レグver.が可愛い。キュートなガールズポップ。

【クインテット】
・夕方のみの放送に。
・スタジオのあるビルの屋上シーンが。クインテットメンバーが活動する建物がどんな場なのか、8年かけて明らかになってきました。
・そうなんですね、8年目ですよ。

【クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!】
・OPが変わった!!「ミラクル☆メロディハーモニー」可愛い!「キッチンはマイステージ」も好きだったが、これもまいんちゃんらしくていいね。しかもアニメがよく動く。
・DJソルト解雇卒業…!!!新しく「キャプテン・シェイク」が登場。まだ慣れない。ソルトのノリは、あれはあれで好きだった。
・料理をひらめく(妄想)シーン(ひらめきバンク?)のアニメの動きが…半端無くなった。すごい。NHKが更に本気出した!

【はなかっぱ】
・「ぜんまいざむらい」がBShiに移籍。新アニメ。原作は「パンツぱんくろう」「まめうし」シリーズ等の絵本作家・あきやまただしさん。
・ほのぼのとしつつ、はなかっぱとがりぞーの追いかけっこが楽しい。でも、ストーリーの柱がどことなく「おじゃる」と似ているような…。
・OPがMy Little Lover!!フルを聴きたい!

【リトル・チャロ2】
・チャロ2期スタート!OPは倉木麻衣さん。OPアニメの飛翔感がいいね。
・やっぱりアニメは1期とタッチが違う。観続ければ慣れるか?
・曜日を追うごとにじっくりと物語を楽しめます。
・フル英語木曜。日本語字幕に頼らず、聞き取れるようになりたい!
・ナムタカ、気に入りました。渋いキャラ好みの方にはツボかとw渋いのだけど、声は優しい。
・チャロはやっぱりけなげです。
・一番の苦労人は、翔太のお父さんだよなぁ。1年間息子の飼い犬を探し回って、今度は息子が重体に…。お父さんが報われて欲しいと思うのは私だけですか?

【いないいなばあっ!】
・歌に再びつんくさんが!「はしって、ダァー!」爽快ですね。

 以上です…。入院中の録画をまだ観きれていません。病室で「みいつけた!」は観れましたが、「おかいつ」を観るのは抵抗がありました…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-04-12 22:58 | Eテレ・NHK教育テレビ
 教育テレビ年度末週です。今週はおかいつがすごかった。

 月曜に特番「スペシャルステージ 青空ワンダーランド」(さいたまスーパーアリーナ)の放送。いつもの「ファミリーコンサート(ファミコン)」のように物語・ミュージカル的なものではなく、お兄さんお姉さんが歌って踊りまくるライブステージといった方が近いです。
 本当に楽しいステージでした。舞台ではいつも以上に活き活きするだいすけお兄さん。すっかり舞台慣れして、歌もダンスもキュートなたくみお姉さん。ダンスがカッコイイよしお兄さん・まゆお姉さん。「でかけよう!」のダンス、最高でした!「BSおかあさんといっしょ」のみきお姉さん、おさむお兄さん、ゆうお兄さんも元気いっぱい。モノランモノランに、ぐ~チョコも!「モノラン~」ではプゥート役、「ぐ~チョコ」ではジャコビ役を担当している山口勝平さんは2役…大変だろうなぁと思いましたが、2人が重ならないようにうまく配慮されていたようです。

 さらに、すりかえ仮面も。自転車で登場するすりかえ仮面様はインパクトがありましたwもう大人気だ、大好きだすりかえ仮面wすりかえ仮面様の「よし、行くぞ!」の掛け声に対して手下が「北島三郎!」と言っていたのですが…空耳かと何度もリプレイしてしまいました。「よし、行くぞ」…吉幾三さんですか…w

 後半は歌のオンパレード。「おかあさんといっしょ」のコンサートというより、アイドルのライブステージかと思いました。おかいつのお兄さんお姉さんはアイドルだよ!と再確認したコンサートでした。元気に歌い踊るお兄さんお姉さんを見ていると、元気が出ます。子どもがいなくても行きたい…と本気で思いました。無理だよなぁ…。

 今回のステージは、BSおかあさんといっしょの3人の卒業・番組終了の記念コンサートでもあります。普段BSを観る機会が無いので、ファミコンでしか3人の歌を聴く機会がなかったのですが、3人も本当に魅力的なお兄さんお姉さんでした。特に今回のコンサートで、ゆうお兄さんの株が個人的にあがりました。また会えるといいなぁ。お疲れさまでした!!BSで放送が続いていたぐ~チョコも今回でラスト。完全にモノランにバトンタッチです。楽しい物語を、どうもありがとう。BSおかいつオリジナルソングもいくつか歌われましたが、どれもいい歌です。「いち!に!のさんにん」「アタラシイキモチ」…本家おかいつでも歌ってくれないかな。

 さいたまスーパーアリーナには、客席に企業の看板が。BSおかいつソングである「チ!ヨ!コ!レート」を歌っている時、某お菓子会社の看板が。NHK的にこれはいいのか?会場の仕様だから、仕方ないのか…。


 金・土は春特集。今年度の月歌全曲放送です。ボロボロロケットに乗って、宇宙を旅しながら今年度の歌を振り返ります。宇宙の旅は、宇宙ファンとしては突っ込みどころ満載でしたが(ブラックホールとか)、月歌をたっぷり聴けたから気にしない気にしない。来年度はどんな歌が出てくるか、楽しみです。被り物付きネタソングも、増えたらいいなw

 さて、新年度、来週から放送時間が変わります!朝の放送は、8時から!!
お間違えの無いように!!他にも放送時間の変わる番組があるので、気をつけないと…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-03-27 22:44 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週の教育テレビが、ツッコミどころ満載な件について。

【おかあさんといっしょ】
 「モノランモノラン」が弾けすぎな一週間でした。ポス太郎さんがものものランドに別れを告げ旅に出たり、3人がアイドルグループを組んだり。ポス太郎さんのオチには私も「ヘコー!」と一緒にコケたくなりましたwポス太郎さんにそんな趣味があったとは。意外とロマンチストなのかも。アイドルグループの回は、「キャンディーズ」かと。普通の子鬼に戻ります…ってか?

 歌は「ボロボロロケット」のクリップ版が登場。いつもはスタジオで子どもたちと一緒に歌いますが、クリップ版なのでお兄さんお姉さん4人だけ。CGは一緒だけど、衣装や振り付けを見ているのが楽しい。「ボロボロロケット」なんてタイトルだけど、衣装は近未来的。ボロボロ…なんて歌っても、やっぱりロケットのイメージって、近未来的なものなのかなぁ。
 金曜に登場した「らっこのこもりうた」。たくみお姉さんがラッコのぬいぐるみを抱いて歌っているのですが…、隣でだいすけお兄さんも一緒に座って歌っている。ラッコの抱き方、さらにあやしてみたり…2人の子どもですか。「ふわふわバスタオル」で、パジャマで歌い踊る2人がカップルにしか見えないと以前書いたような気がするのですが、今回はさらに…。狙っているのか、それとも…。

 土曜のオープニングに、ライゴーも登場。「モノラン~」へのつなぎは、「今日はどんなお話かな」だったのが、変化。「ぐ~チョコ」では、「望遠鏡でのぞいてみよう」と2種類あったのが、「モノラン~」になってから1種類だけで、寂しいなと思っていたのです。こんなバリエーションがあったんだ。今後も期待。



【クインテット】
 今週から春テーマです。一年がめぐりました。「さくらさくら」はまだちょっと早いようです。
 水曜、ひなまつりの回。おひなさまの人形で遊ぶフラットさんとアリアさん。フラットさんがお雛様、アリアさんがお内裏様。アリアさんのお内裏様の声、カッコイイです。そんな2人を見て、シャープ君「人形のくせに」。ここで吹きましたwシャープ君も人形だろうがぁ!!オチは…見事に回避したシャープ君。フラットさんなら、ハマっていたかもしれない。
 この水曜は、ショパン祭り。生誕200年のショパンのお誕生日(と思われる日)が近いから。「英雄ポロネーズ」をCDに入れて欲しいです。…ということは、6月8日近辺には、同じく生誕200年のシューマンもやってくれるか…コンサート曲がない。雑唱団の「トロイメライ」しかない。新曲で…。
 金曜、海援隊「贈る言葉」が来ました。卒業シーズンですね。愛犬・フォルテへ贈る歌。フラットさん、卒業式で泣くタイプですね。
 最後に、今週のフラットさんは、全力で不運でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-03-06 22:11 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週の教育テレビです。

【おかあさんといっしょ】
 今週もOPトークが面白かった件。火曜は温泉。だいすけお兄さんの「お肌がツルツル」に吹いたwお肌のことを気にするのは、お姉さんだけではありません。お兄さんもお肌を気にするんです。
 水曜はダンボールでボクシング人形を作る「ボックスボクサー」。たくみお姉さんがボクサーになって挑みます。グローブで連続パンチをくらわせるたくみお姉さん、カッコイイ!そのたくみお姉さんのパンチで、眉毛のたわしが取れてしまった…。ストレス発散用に欲しいな…。

【プチプチアニメ】
 久々に「プチプチアニメ」を取り上げます。現在水曜に放送中の「ビップとバップ」。名探偵ビップと相棒のカエル・バップ。怪盗ピカロが事件を起こし、ビップとバップが立ち向かう…という5分アニメ。ピカロの被害に遭ったヒロインを助ける…なんてロマンスもあり、ドタバタあり、5分間目いっぱい楽しめます。
 その「ビップとバップ」が、今週は脇役の警部・アンパンが主人公。「鬼警部・アンパン」。スピンオフ作品ですか!こういう発想は大好きです。
 ピカロの起こす事件を追う警察の警部・アンパン。その名の通りアンパンが好物で、捜査の時もいつもアンパンを食べている。これまでそんなにアンパン氏のことを見ていなかったから知らなかった(名前すら知らなかった)。アンパンで事件を解決してしまったり、新たな事件に巻き込まれたり…。"鬼警部"とタイトルにありますが、鬼のような怖さはありません。むしろほのぼの。事件を起こしてしまった容疑者にも、厳しいけれども時に優しく穏やかに一緒にアンパンを食べる感じなんだろうな。いいじゃないかスピンオフ!もっとやれw
 24日にまたアンパンの回があるようです。

 ところで、16日(23日再放送)は、「ロボットパルタ」の新作が来るらしい。それは楽しみだ!「ロボットパルタ」は「ニャッキ!」と同じく長寿ミニアニメ。新作とは嬉しいなぁ。

NHKアニメワールド:プチプチアニメ


【リトル・チャロ】
 これも教育テレビなのでここに。再放送はいよいよクライマックスへ。シリウスとキャサリンの絆、いいなぁ。

 木曜、来年度からの新シリーズ「リトル・チャロ2」についての予告がありました。チャロの新しい冒険が始まります。ストーリーは完全なファンタジーに。チャロの首輪に付けられるあるモノが、あまりにもファンタジー的な設定で驚いた。赤い星は取っちゃったのね…。
 またしても翔太と離れ離れのチャロ。物語の舞台の設定だけを考えると、英語の必要があるのだろうか…。翔太まで英語を自然に話していた。今度の舞台は架空の世界だけど、共通言語は英語とか…?(無理やりすぎる)第1シリーズがニューヨークなら、次は別の都市にすればよかったのではないかなどと思ってしまう。
 不安に思う点、疑問に思う点はあるが、まずは第1週を観るべし。3月29日、23:00~23:10放送月~木で10分ずつの放送なのでご注意を。月~木曜の各曜日を入門者・初級者・中級者・上級者向けとレベル別にし、毎日見ればレベルアップできるような構成になっているらしいです。これはまた斬新な放送の仕方。アニメパートは5分のままで、あとの5分で解説。ひとつのアニメを4つの異なる視点・語学でのレベルで観ることが出来るのは面白いかも。ここは期待します。

 あと、予告を観て気づいたことが2つ。まず、翔太の顔が公開されます。第1シリーズでは髪に隠れて見えなかった。翔太はこういう表情の男の子だったのか。
 もうひとつ、アニメの動きが第1シリーズと違う。第1シリーズは絵本・紙芝居…フラッシュアニメのような平坦な描き方だった。それが、第2シリーズでは走っているチャロを、視点をぐるっと360度回転させるようにして描いているシーンもあり、立体的。第1シリーズがクレヨンや筆で描いたような絵だったのが、第2シリーズはCGらしい画に。第1シリーズの独特の描き方が好きだったのだが、アニメーション製作スタッフが変わったのだろうか。それとも、舞台を変えたので演出も変えたのかな?スタッフについても情報を…。

 第2シリーズがはじまったら、「リトル・チャロ」タグも「リトル・チャロ2」に変えるか、どうしようか…。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-02-12 22:21 | Eテレ・NHK教育テレビ
 2月に入りました。「おかあさんといっしょ」新しい歌です。「ママのたからもの」。お母さん視点の歌です。歌では「ケンちゃん」と子どもの名前を呼ぶ部分があるのですが、なんとこの名前の部分が日替わり。「はるちゃん」やら「ともちゃん」やら…。名前ごとに全部撮影、レコーディングしたのだろうか。すごい…。今後さらに増えるのかな。CDやDVDにはどの名前で収録されるんだろう?

 歌そのものはお母さん視点で、お母さんと子どもと呼びかけあいながら歌えるほのぼのソングです。名前の部分は子どもの名前に変えて歌える。最初はぱっとしない歌だなぁ…と感じていたのですが、聞き続けるといい歌かも。来月もこの歌のはずなので、2ヶ月間ゆっくりと聴きます。

 「すりかえかめん」、今週は宇宙ステーション。現実の国際宇宙ステーション(ISS)のようだけど、ちょっと違う。でも、ちゃんと日本実験棟「きぼう」が付いてます。「きぼう」のあの形は目立ちます。


【クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!】
 来週はバレンタインということで、今週はチョコレートがメインのお菓子。みちかさんは本当に器用です。木曜のミサンガの存在がバレそうになる回。ドキドキしました。これまで、まいんパパにミサンガの存在がバレそうになったことは何度もある。今回の件でまいんパパはミサンガの存在を知ってしまったと思いますが、ミサンガと一緒にいたいというまいんの強い想いを受け止め、知らないフリをする。まいんパパの懐の大きさに、心が温かくなりました。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-02-05 22:37 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週の教育テレビ、いってみます。

【おかあさんといっしょ】
 水曜のプゥートの動きがやけによかった気がする。特に、最後の「あしたてんきになぁ~れ」。子どもたちへのサービス精神が旺盛すぎます。いや、それだけではない。月曜の「モノランモノラン」でも、サッカーボールを華麗に操るプゥートの動きにも注目してしまった。本当に機敏だ。「いないいないばあっ!」のワンワン、「みいつけた!」のサボさんと勝負させたい。この2人(2匹?)もいい動きをする。中の人h…いや、なんでもない。

 金曜はオープニングからはじけていただいすけ&たくみ。ねずみのかぶり物で、チューチュー言い合っている。そして歌では「でんぐりがえしくるん」。初めて観た。子どもたちに混じって、前転をする2人。貴重だった、録画しとくんだった。子どもたちをサポートするよしお兄さんが、まさに「体操のお兄さん」でした。体操の先生?

 金曜の「モノランモノラン」。宇宙の本を見ているライゴー。宇宙には、色々な星があるとスイリン・プゥートに説明する。宇宙に行ってみたいな~と歌うのが「うちゅうはゆうえんち」。「モノランモノラン」でも宇宙ネタをやってくれるのが嬉しい限りの宇宙天文ファンです。
 ところで、この回で判明したことがある。モノモノランドは地球にあるのだ、ということが。ライゴーの読んでいた宇宙の本には、木星や土星の写真があり、それをライゴーが説明している。つまり、モノモノランドは太陽系にあり、太陽系に関する観測・研究結果と知識を手に入れる手段がある。そういえば、人々が大事に使ったモノが役目を終えた後、モノモノランドにやってくる…という設定だった。つまり、人々が暮らす地球のどこか、異世界のようなところを想定しているんだなぁとようやく気がついた。いや、こういう設定と、それを裏付ける内容が物語の中に出てくるのって、当たり前のようで結構大事かも。(子ども向け番組で何語ってんだ自分…とセルフツッコミ)
 ということは、もしかすると望遠鏡や人工衛星などの宇宙機も大事に使われ、役目を終えればモノモノランドに行けるということか。モノモノランドの宇宙に関する情報は、言葉を得た彼らが語り、綴っているのかもしれない…。

ここで重要なお知らせ。4月、新年度からおかいつの放送時間が変わります。
朝日新聞:NHK朝の連ドラ、今春から8時開始に 48年ぶり変更
教育テレビの「おかあさんといっしょ」も開始を午前8時35分から午前8時にする。

 4月からは8時からの放送です。ということは、朝のETV番組表は大きく変わりそうだ。要注意。



【クインテット】
 20日に新CDが発売されました。

NHK you gotta Quintet 夢のつづき~キヅツノメユ~

スコア・シャープ・アキラ・アリア・フラット / ワーナーミュージック・ジャパン


 発売日から数日遅れて、私の家にも届きました。じっくり聴いてから書きます。

 木曜の、「冬の夜」の歌の歌詞、雰囲気がとても好きです。家の中、暖かい囲炉裏を囲んで子どもたちは両親の話を聞く。外では吹雪いている…。囲炉裏そのものの暖かさ、家族が集う温かさと外の吹雪が対照的で、よりくっきりと温かさが強調される。でも、"熱さ"・"暑さ"ではない。温かさ、ぬくもり。こんな雰囲気を出すことの出来る日本語と音楽の技に脱帽するばかり。「クインテット」では家族団らんではなく、それぞれPCに向かっていたりゲームをしていたり、音楽をヘッドホンで聴いていたりと現代的ですが、同じ場にいればそれでいいのかもしれない。
 その木曜のコンサートはヴィヴァルディの「四季より冬」。「冬の夜」が日本的な冬の寒さの中にあるぬくもりだとしたら、「四季より冬」は西洋的な表現。でも、根底にあるものは同じなのかなと思う。時代も国も、気候も違うのに。不思議なものだな、音楽とは。


【クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!】
 今週(先週)は「あたたまる料理」がテーマ。まいんが寒さに凍える人々のために、身体も心もあたたまる料理を作ります。この時期、こんな料理を見ていると自分も食べたくなる。ミネストローネと鶏団子たまごスープが美味しそうだ。
 アニメも面白かった。特にみちかの「北風小町」の回。新番組のため、ひらすらトレーニングに励むみちか。みちかもたくましく、そしてひたむきなんです。努力しているんです。そんなみちかのロケ先が…。みちかのために料理を作りたいというまいんの気持ちがよくわかる。頑張っている人を自分の出来ることで応援できたら。いい回でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-01-22 22:15 | Eテレ・NHK教育テレビ
 「おかあさんといっしょ」今月の歌は「ひみつのパレード」。中欧あたりをイメージさせるアニメーションと、神秘的な曲想。聴けば聴くほど好きになる曲です。「黒ネコダンス」にも雰囲気が似ているのだけど、ちょっと違う。「黒ネコ~」よりはクラシック寄り。だいすけ&たくみはこんな歌もいけるなぁ…と感じました。だんだん歌・曲想の幅が広くなってきたみたい。ポップな歌、コミカルな歌、穏やかな歌、クラシカルな歌。明るい楽しい歌も、悲しい寂しげな歌も。もう2年目も終盤。春からは3年目だもんなぁ。早いなぁ。
 アニメイラストは工作コーナーの製作指導もしているユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)。このアニメイラストも好きだなぁ。このアニメの中に出てくる、手足の生えた花瓶、どこかで見たことがあるようなイラスト…。どこだっけ?思い出せない。

 今週は過去の歌のだいすけ&たくみverも次々と登場。「くじらのとけい」はたくみお姉さんひとりで。たくみお姉さんが声の使い分けをしている。くじらのこもったようなのんびりとした声、カモメの細い声、イルカのオペラ歌手のような声。全部たくみお姉さん?!と驚いてしまった。特にイルカの声。そうだ、たくみお姉さんだって音大の声楽科出身だ(しかも昨年卒業したばかり)。50周年記念コンサートの「おかあさんといっしょのトルコ行進曲2009」でも、いつもの優しい可愛い声ではなく、張りのあるソプラノ声だった。3年目はさらに歌の幅が期待できると思う。期待してる。

 もう1曲初登場なのが、「ちょんまげマーチ」。来ましたよ、おかいつ伝統の歌が。だいすけお兄さんがはっちゃけてますw太い眉毛のメイクもw一方、たくみお姉さんは…。たくみお姉さんのキャラ崩壊はいつだろう。ちょっと楽しみしているのだが…。


 ようやく最新アルバムを聴きました。

NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト ぼくらのうた

TVサントラ / ポニーキャニオン


 新OPに「あしたてんきにな~れ」も入ってます。表題曲の「ぼくらのうた」、初めて聴いたときはこれもおかいつ?と思ったが、今はこれもアリだと思う。だいすけ&たくみの声質・雰囲気に合っているし、こどもたちも小さい頃から色々な曲に触れておくのもいいだろう。音楽教育という意味ではないけれど、どんなジャンルの音楽も楽しめる素地を作ってあげるような。シングルカットもされた「ドンスカパンパンおうえんだん」テンション上がります。しかも、振りを完璧に頭の中で再生できるw「ドンスカ~」だけでなく、すべての歌で。…自分、どんだけおかいつ好きなんだよと思ってしまった。そして是非聴いて欲しいのがだいすけお兄さんの「ブーツをはいたぞうさん」。うまい。だいすけお兄さんの優しい声が活きる。ところどころで芯の太い低音も響く。最高です。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2010-01-08 21:24 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30