人気ブログランキング |

タグ:みいつけた! ( 35 ) タグの人気記事

 旅行記の最後です。ようやく書き終わるよ…。

 有楽町国際フォーラム「はやぶさi」を出て、徒歩で東京駅に向かいます。またしても雨…。またしてもスニーカーは雨で濡れる。雨に降られてばっかりなんだが、この旅行。ちなみに、東京駅に入る前に丸の内オアゾに寄ったのですが、昨年末閉鎖になったJAXAの広報施設「JAXA i」の跡地は、リラクゼーション・マッサージ店になっていました…。「JAXA i」、東京駅のすぐそばだし、もう一度来たかったんだけどな。

 そして東京駅へ。すぐに改札を通らず、八重洲口方面にある地下街「東京駅一番街」へ。向かうは、NHKキャラクターショップ。本当は渋谷・NHKのスタジオパークに行きたかったのですが、スタジオパークはこの時は改装中で入れず。なので、お土産としてNHK・NHK教育(Eテレ)グッズを見て、買おう、と。地元でもNHKのキャラクターグッズを売っているお店はあるのですが、取り扱い商品の種類が少なかったり、番組やキャラクタが偏っていたり。「NHKキャラクターショップ」、つまり、専門店。ならば色々あるはずだ!と期待して乗り込みました。

 ここには何度か来たことがある(東京駅に来る度来ている気がするw)のですが、リニューアルしてからは初めて。あと、その間に新番組も始まり、キャラクターも増えました。

 まず、狭いのに人が多かった。多過ぎだった。日曜だったこともあり、混雑していました。なのに、あまり広くないんですよね…。メインは「みいつけた!」。ぬいぐるみ、雑貨、CD,DVD…とにかく多かった。店員さんもコッシーTシャツを着ていました。「サボさんまいったな」の歌について語っているお客さんもいましたw
 あとは、どーもくん、ななみちゃん、「いないいないばあっ!」と定番キャラ・番組から、「ともだち8にん」、「はなかっぱ」など比較的新しいキャラクタ・番組も。狭いせいか、キャラクタ・番組が偏っていたような気もする。専門店なのに…。

 「クインテット」に関しては、以前の”今週の「クインテット」”で書いたとおりです。
言葉で、音楽で、遊ぼう 今週の「クインテット」
 DVD「ゴール!」が店内で流れていたのはよかった。

 私としては、やはり渋谷の本家に行きたかったな、スタジオパークを見学、遊んで、ショップでお土産をゆっくり選びたかったです。これはリベンジせねば。

f0079085_2231456.jpg

 とりあえず、「クインテット」シールの他に、「みいつけた!」グッズを。巾着と新CD「パーティー」。思えば、帰ってから熱を出して動けなかったので、ここでCDを買っておいてよかった…。CDは楽しいです。「サボさんまいったな」(フルもあり!)、「オフロスキーかぞえうた」など、強力ソングが目白押しです。

f0079085_227095.jpg

 それと、「リトル・チャロ」のチャロぬいぐるみ。くたっとしていて可愛いです。でも、このチャロは「2」・第2シーズン(間の国編)のほう。個人的には第1シーズン(ニューヨーク編)のほうが欲しかった。赤い星付きの。

 そして、新幹線へ乗って帰途へ。東京駅は人が多過ぎです。人混みで具合が悪くなりそうになりました…。以上、旅行記でした。他にも行きたいところは色々あり、行く前に予定を立てるのにかなり悩みました。今度はもっとゆっくりと行きたいな。あと、自分も体力をつけておかなければ…。
by halca-kaukana057 | 2011-09-08 22:11 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週も、「おかあさんといっしょ」は夏の特集。先週は大阪での「あつまれ!土曜日」を3日間。あれ、夏の特集ってこんなもん?と思っていたら、今週が本番でした。

 以前、twitterでのツイートを読んで、同感だ、実現しないかなと思っていたことがありました。おかいつのお兄さん・お姉さんが被災地を回って、子どもたちを励ます、という企画。それが、実現しました。
・その時の記事:教育テレビで元気を! 今週の教育テレビ

 宮城県南三陸町、青森県八戸市、福島県いわき市、茨城県鹿島市、岩手県宮古市の保育園や避難所に作られた保育所へやってきたお兄さん・お姉さん。子どもたちと歌って、遊んで、給食を食べたり、描いた絵を見せ合ったり…。3月11日の大震災から、まもなく5ヶ月。未だ続く避難生活。津波の爪あとを見ると、今も心が痛みます。そんな場所でも、お兄さん・お姉さんは笑顔で、子どもたちに元気を振りまきます。歌や「ぱわわぷたいそう」のいつものコーナーもいいのだが、いいなと思ったのは、お兄さん・お姉さんが子どもたちと楽しそうに遊んでいる風景。最初、いきなりお兄さん・お姉さんがやってきて、驚く子どもたち。でも、すぐに打ち解けて、一緒に思う存分遊んでいる。子どもたちにとって…いや、大人にとっても、子どもたちが遊んでいる風景は、日常にありふれた風景だった。でも、あの日を境に、変わってしまった。保育園の建物が津波の被害を受けても、先生方の努力で元通りになったところもある。その一方で、元の園には戻れず、別の場所を園としているところもある。建物が元通りになっても、子どもたちの心は元気だろうか。そんな心配もしていたのですが、笑顔で楽しそうに遊ぶ子どもたちを見ていると、打ちのめされて落ち込んでばかりもいられないなと感じます。私のような大人が、手を差し伸べて、手を、力を合わせて、子どもたちが元気に成長できる環境を整える。これも復興のひとつなのかなと感じました。

 今回は5つの地区・保育園だけだったけど、今後も続けてほしいなと思う。避難している、復興できていないところがあって、そこで不自由な想いをしている子どもたちがいる限り。


【みいつけた!】
 こちらは通常通り。月曜は、曜日の歌が面白かった。あと、木曜のコッシーが賞を取りたいと言っていた回がよかったなぁ。

 さて、これを聴きました。

あっというまっ!

トータス松本 / ワーナーミュージック・ジャパン


 新エンディング「あっというまっ!」。1番が晴れ、2番が雨でした。テレビサイズではサビに入る前に「あーあー」と音が高揚するのですが、フルだとそれが無く、最初「あれ?」と拍子抜け。テレビサイズは単なる短縮バージョン、とも言えないなぁ。でも、フルも元気が出る歌です。
 シングルの次は…アルバム第2弾!

みいつけた! パーティー

VARIOUS / ワーナーミュージック・ジャパン


 あのDVDに入っている「サボさんまいったな」のフルバージョンも収録。それは楽しみだ…。
by halca-kaukana057 | 2011-08-05 22:46 | Eテレ・NHK教育テレビ
 短いけど、今週のNHK教育テレビ(Eテレ)。
・短い理由:教育テレビ大改編で思うこと

【おかあさんといっしょ】
 月歌「それがともだち」、最初に聴いた時と随分印象・感想が変わりました。歌詞も曲もじわりと来る、いい歌だなと思います。
 ただ、この歌を聴いていると切ない気持ちになります。歌詞の冒頭、
どこどこどこどこ どこまでいったら あえるだろう
なになになになに なにをはなせば いいんだろう
なかよしに なりたいな

 子どもの頃も、大人になった今現在もですが、誰かと友達になるまでの時間が辛いと感じることがあります。例えば新しいクラスで友達を作りたいと思っても、何から話せばいいのかわからない、どう話しかけたらいいのかわからない…。部活などクラス以外の場でも、ここで友達を作れるだろうか、という不安を感じることも。心の中では「仲良しになりたいな」と思っていても、行動に移せない…。そんな昔の記憶が蘇ってきて、切なくなります。
 だいすけお兄さん・たくみお姉さんの歌声はとても優しくて、穏やかで温かいのですが、その歌声で切なさが更に倍増してしまいます。という、とても個人的な感想でした。

 月曜から、夏特集週です。月~水はファミリーコンサート、木~土は夏特集。今年は何だろう?楽しみです。

【みいつけた!】
 コッシーロボットの回が切なかった…。サボさんがサボテンになってしまう回といい、「みいつけた!」は切ないシリアス回が時々あって、グッと来ます。
 新エンディング「あっというまっ!」聴けば聴くほどいい歌です。CDはまだ買えていません…。

 先日、「みいつけた!」ガシャポンをみいつけた!ので、やってみました。
f0079085_2293198.jpg

 オフロスキーコッシーが出てきました!何と、シークレットアイテム!ラッキー!
カブやチョコン、スイちゃんも欲しかったなぁ。まだあったらやってみようと思います。
8月には布製のフワフワマスコットが登場するそうです。いいなぁ。集めちゃおうかなぁ(またしてもコレクション…何度目だw
by halca-kaukana057 | 2011-07-24 22:18 | Eテレ・NHK教育テレビ
 「クインテット」以外の今週…だけじゃなくて先週も含む、教育テレビ感想です。

【みいつけた!】
 先週、DJコッシーの回。「みいつけた!」番組内で歌われた歌のリクエスト大会!…って、リクエストしているのは、歌っている本人ではないですかw その中で初登場したのが、コッシーえかきうた。おお、ついに「みいつけた!」でも絵描き歌が出たか!コッシーの形を捉えて描くのは、結構難しいなと思っています。絵描き歌なら描けるはず。で、描いてみた。
f0079085_21191668.jpg

 ペンタブで描きました。形がいびつすぎる…orz慣れないペンタブのせいにしておこう(オイw

 絵描き歌は、何と口から描き始めます。鼻、目、と描いて椅子の形、脚、最後に頭と目。この順番にはちょっと驚きました。

 そして今週、新エンディングが!「みいつけた!」と同じく、トータス松本さんで「あっというまっ!」。2バージョンあります。雨が降るいすのまちバージョンと、子どもたちがボール遊びをしているバージョン。トータスイスさんも登場、歌います。雨も、転んで流れた血も涙も、痛みも、あっという間に消えてしまう。雨のいすのまちバージョンのアニメのあたたかさが好きです。

あっというまっ!

トータス松本 / ワーナーミュージック・ジャパン


 CDも、7月13日にシングルとして発売されます!早いよ!
 ちなみに、6月に2枚目のDVDが出ました。

NHKDVD みいつけた!リサイタル うたうッス おどるッス

日本コロムビア


何と、「サボさんまいったな」の2番が収録されているという…。それは気になる!アルバムCDはまだかなー?


【おかあさんといっしょ】
 6月の歌「新幹線でゴー!ゴ・ゴー!」にすっかりやられてしまいました…。鉄道大好きNHK…容赦ないですwスルメ曲だなと感じました。音だけを聴いていると、疾走する感じがサウンドに出ていていいなぁ、と。CDでも聴きたいですが、あのクリップがあってこその歌でもあると思う。コンサート映えはする歌だなとも感じています。

 で、聴いていて、新幹線ではなく探査機・人工衛星・宇宙機で替え歌できるんじゃないかと思ってしまった宇宙オタクです…w「のぞみ」(火星探査機)、「はやぶさ」(小惑星探査機)と名前が被る、という理由もあります。疾走する感じは、宇宙機にも合います。ちょっと練ってみようかと思います。出来たら発表するかどうかは…出来次第ですw

 「ポコポッテイト」、ムテ吉のデッキブラシが取り上げられる回がよかった。何をするにも、ムテ吉にとってはデッキブラシが相棒。そして「デッキブラシロック」が好きです。ミーニャがファッション誌を読んでモデルさんに憧れ、それを見たムテ吉がデッキブラシを流行らそうとする回も楽しかった。デッキブラシ、結構おしゃれでカッコいいじゃん。

 そういえば、今まで書いていなかったのですが、土曜日の放送で流れる「きょうのひらがな」と「10かぞえたら」。水曜のパッコロリンのリンちゃんのコーナーもですが、どちらも教育的要素が強いなぁ…。「きょうのひらがな」は、武田双雲さんによる書。無駄に豪華w「10かぞえたら」でH2Aロケット打ち上げのバージョンもあり、反応してしまいました。ちなみに、あのH2Aロケットは17号機。金星探査機「あかつき」、ソーラーセイル実証機「IKAROS(イカロス)」他小型衛星たちを搭載したロケットです。ロケット打ち上げ映像を観れば、大体どの号なのか、わかります…。
 そして、消えてしまったでこぼこフレンズ、パンツぱんくろう…かなしい限りです。
by halca-kaukana057 | 2011-07-03 21:50 | Eテレ・NHK教育テレビ
 「おかあさんといっしょ」の6月の歌が鉄道ソングで、「クインテット」も鉄道ネタ=鉄道大好きNHKの本気が発動されないかハラハラしています。今週も回避でした。でも…6月が過ぎても、その後で歌のコーナーで登場、そして「クインテット」と被る危険性はある。まさか、おかいつが「クインテット」に代わって、10月14日「鉄道の日」スペシャルをやるつもりか!?(それはそれで期待w

 さて、本題。今週の「クインテット」。ドラマパートは「おもちゃのマーチ」。何故か散らかっているおもちゃ。犯人はシャープ君かと思いきや、おもちゃが夜に勝手に動き出したのだ、と。散らかっているおもちゃを見て、驚き怒り叫ぶフラットさんの声が癖になりますwフラットさんの叫び声って、聞いているだけで笑える。本人にとっては大体良くないことが起こっているのだが、本当に心から叫んでいる様が伝わってくるあの表情、そしてあの声。フラットさんの表情は豊かだなぁと感心します。
 シャープ君の歌う「おもちゃのマーチ」、いい歌声です。ところで、おもちゃが散らかっていることに関して、先のように述べたシャープ君だが、「それは~アレですよ」と、ちょっと考えた言い訳のような感じでもあった。もしや、思いつき?器用なシャープ君なら、その位の言い訳もできるかもしれない。でも、これが、エンディングまで伏線となるのです…。

 この回、メインは「おもちゃのマーチ」なのですが、散らかっているおもちゃにかけて「ちゃんとしまうま」も鍵を握る歌になっています。雑唱団アニメも「ちゃんとしまうま」。部屋を片付ける・掃除する時、「ちゃんとしまうま」、「おそうじワルツ」、「いないいないばぁっ!」の「そうじきロック」が脳内再生、もしくは鼻歌を歌っていることが多いです。毎日の暮らしを楽しくするNHK教育(Eテレ)ソング。歌は、音楽は身近にあるものなんだと思わせてくれます。

 コンサート前は、ドラマパートと打って変わって現実的なシャープ君。元に直せる・戻せる機械があったら、いろいろと直したい(治したい)・戻したいものがたくさんあります。シャープ君の言うとおり、「そんなわけ、ないよね…」だけど。

 コンサートは、おもちゃ繋がりで「おもちゃの交響曲」(レオポルト・モーツァルト)。先日、ラジオで全楽章が流れていて、2・3楽章を初めて聴きました。第1楽章だけしか聴いたことが無かった。楽しいです。クインテットでも、いつものコンサートとはちょっと違う。まず、シャープ君がトランペットではなく、ゴムホースホルンを演奏している。そして、アキラさん。ピアノはあるけど、一度たりとも触らない。たくさんのおもちゃを楽しそうに鳴らして、演奏している。とても楽しそうだw
 あとの4人は真面目に演奏しているけど、心の中ではリラックスして、楽しく演奏しているのだろうな。演奏前に、アキラさんが楽譜を開いていたのだが…おもちゃの演奏のための楽譜なのか?それとも、全パートのスコア(総譜)かな?おもちゃのための楽譜だとしたら…見てみたいw

 今週も、コンサートになってやっとアキラさん登場。またしても「アキラさんはどこへ行った?」状態ですか!!そして、エンディングの後、再び映るおもちゃたち。誰もいない部屋で、動いている。言い訳のつもりだったシャープ君の話が本当になった、本当だった、ということなのかな。不思議な感じ。各コーナーがはっきりと分かれて、メリハリが付いている普段の編成もいいですが、ミュージカル回とか、ヤギさんが楽譜を食べちゃった回のように、10分でひとつのドラマとして作られている回もあるのが、この番組の面白いところ。下山啓さんの脚本・構成(近藤康弘プロデューサーも)の巧さに唸ります。

 この「おもちゃのマーチ」の回で、おもちゃが夜中に動いているという話を「友達の近藤君から聞きました」と言っていたが、この「近藤君」は、近藤康弘プロデューサーのことかな?「うそ」の回でも、「友達の近藤君」発言が出てきます。ちょっとニヤリとします。

 ここで、気が付いた。ドラマパートでも、ピアノが演奏されていない。チェレスタの音は聞こえるが、ピアノは入ってない。雑唱団アニメ「ちゃんとしまうま」は別として、この回はアキラさんがピアノをほとんど弾いていない!珍しい…。

 ところで、ゴムホースホルンは、簡単に作れるらしい。ゴムホースと、漏斗と、ホルンのマウスピースがあればすぐ出来るらしい。…問題はホルンのマウスピースだ。持ってないよ!

 しかし、1週間で10分(再放送を加えても20分)…足りません。
・過去関連記事:コンサート新曲ラッシュ!! 今週のクインテット
 「おもちゃの交響曲」含む、2007年度コンサート新曲感想。ゴムホースホルンについてもこちらに詳しく書いてます。


【みいつけた!】
 今週も再放送。でも、この週は好きな回が多い。スイちゃんがおぼあちゃんに電話をかける回は、ちょっと感動します。その一方で、虫眼鏡の回。最後に、壁についた手形を見て、誰のものか探るスイちゃん(隊長)とコッシー。よく見ると…それはスイ隊長のものだった!助手のコッシーに「拭いておいてくれたまえ」と雑巾を渡し、去ってゆく。コッシーと一緒に「何のために…」とつぶやきたくなりました。謎です、スイ隊長!!w

今週のおまけ【続きを読む】
by halca-kaukana057 | 2011-06-18 22:40 | Eテレ・NHK教育テレビ
 「おかあさんといっしょ」今月の歌が6月版に変わりました。

 「新幹線でゴー!ゴ・ゴー!」
  冒頭で、新幹線「はやぶさ」(探査機ではなく)の映像が。最初、昔の歌がリメイクされて放送されているかなと思ったのです。しかし、歌詞に今年デビューした「さくら」(九州新幹線)、「はやぶさ」(東北新幹線)とある時点で、月歌なのだと確認。「こまち」(秋田新幹線)も、よく見ると新型E6系。現在はまだ一般導入されていない型です。「ドクターイエロー」まで出てくるし、さすがは鉄道大好きNHK!本気出してます。

 だいすけお兄さんも、運転士さんの制服で、歌い踊ります。サビの部分の歌とダンスは、ミュージカルっぽい雰囲気です。カッコイイ。似合ってます。たくみお姉さんの運転士さん制服姿も似合ってる。2番では、たくみお姉さんが車内販売のお姉さんに。可愛い…。乗客によしお兄さん・まゆお姉さんがいるのですが、すりかえ仮面&手下も。だいすけお兄さんが駅弁を買うのですが、その後ろで怪しげな笑みを浮かべるすりかえ仮面&手下。中身をすりかえるつもりだな!w

 と言うことで、NHKがいかに鉄道好きかを実感できる月歌でした。これで、鉄道ソングが比較的多い「いないいないばぁっ!」や「クインテット」でも鉄道ソングが来たらどうしよう…と思ってしまいました。特に「クインテット」は鉄道ソングの確率が高い。「鉄道唱歌・山手線」とか、土曜日に放送されるんじゃないかとハラハラしました。6月の歌の間、「クインテット」との鉄道ソングが被るかも。それでこそ、NHKの本気か!?

 本気といえば、月曜の冒頭。おかいつの名曲「ぼよよん行進曲」をスタジオで。だいすけお兄さんが本気でした。さすがは劇団四季出身。だいすけお兄さんの優しく柔らかく、でも内に力強さも感じる歌声で聴くのもいいものです。オリジナルのゆうぞうお兄さんの甘い爽やかな歌声の「ぼよよん~」に、何度励まされたことか。今日で東日本大震災から3ヶ月ですが…、震災直後、気が滅入っていた時にラジオからこの歌が流れてきて、思わず涙が出てきてしまったのを覚えています。


 さて、先日、twitter経由でおかいつ収録レポを読みました。
Togetter:NHK「おかあさんといっしょ」スタジオ録画に行ってきました。

 レポから伝わってくるお兄さん・お姉さん、スタッフの方々の様子やスタジオの雰囲気から、この番組のプロ魂を感じました。50年間(今年で51年目)続いている、長寿番組。NHK教育の看板番組。その信念とノウハウが詰まっている、のだなと。

 それから、この部分。
【おかいつ収録】私の大きな勘違い。主役はたくみお姉さんとだいすけお兄さんだと思っていました。が、違う!主役は子どもたち。子どもたちがスタジオに入るときはランスルー全部終わってて、子どもたちのペースでリハーサル1回、本番1発撮り!お姉さんたちの段取り確認とかいっさいナシ。

【おかいつ収録】お姉さんたち、スタッフさんちは一貫して子ども優先。子どもたちは楽しく遊んでたらいつの間にか終わってた、とかそういう感覚だったんじゃないかな。


 震災後、通常のスタジオ収録が出来ず、4月はスタジオに子どもたちのいない、お兄さん・お姉さんと「ポコポッテイト」の3人(3匹)のみの収録で放送されていました。それを観て、凄く寂しいなと感じていたのですが、その理由がわかりました。以前、「この番組は子どもたちあってこその番組なんだ」と感じましたが、それだけじゃない。「子どもたちが主役の番組なんだ」と。スタジオの子どもたちも、テレビの前の子どもたちも、一緒に歌って踊って、楽しい時間を過ごす。その間、子どもたちには関係のないスタッフ同士の打ち合わせなどはしない。全ては、子どもたちのための番組の収録だから。この番組が、50年続いてきた理由もわかった気がします。これからも、ずっと続いていって欲しい。「おかあさんといっしょ」という番組の形で、子どもたちに伝えていきたいことを、これからも放送していって欲しい。そう感じました。まさに「NHKの本気」です。

◇関連リンク:制作者と視聴者の架け橋テレビコ:「おかあさんといっしょ」インタビュー第1話
 古屋光昭チーフプロデューサーのインタビューです
・過去関連記事:こどもたちがいて、教育テレビもある


 他の番組も少し感想。
【みいつけた!】
 再放送ですが、再放送を観ても面白いのが、教育テレビのいいところ(全てがそうとは言えないところもありますが…今年度は)。喜ぶサボさんを見て、スイちゃんとコッシーも喜ぶ。喜びを共有したいとダンスユニット(サンバチーム?)を結成した2人。この回がけなげで可愛い。最後のオチはちょっとかなしいですが、喜び合うって、いいなぁと感じました。

【デザイン あ】
 第6回、「デッサン あ」に漫画家・楳図かずお先生が登場!!以前も、「シャキーン!」のジュモクさん役である片桐仁さんが出てました。片桐さんもNHK教育の常連になりつつある模様。嬉しい。
 その楳図かずお先生の絵は、さすがでした。楳図先生の絵と言うとちょっとおどろおどろしいイメージがあるのですが、デッサンは緻密。ちなみに、描いたのは船外活動用宇宙服。JAXAから借りてきたのかしら。
 「デザインの人」も、毎回凄い人ばかり。目が離せません。
by halca-kaukana057 | 2011-06-11 22:04 | Eテレ・NHK教育テレビ
 本題に入る前に、このニュースから。
毎日新聞:NHK:教育テレビをEテレに、来月から名称変更
 これまで、番宣などで教育テレビを「Eテレ」という愛称で呼んできましたが、この「Eテレ」が正式名称になるそうです。そういえば、画面右上も、「NHK E」から「NHK Eテレ」の表示に変わっていましたね。今までずっとNHK教育テレビと呼んできたので、慣れない、さらに軽い感じに違和感を覚えます…。とりあえず、このブログでもカテゴリ名を「Eテレ・NHK教育テレビ」とします。やっぱり「教育テレビ」が呼びやすいよ!


 では本題。今週の「クインテット」。ドラマパートは「花はどこへいった」。久しぶりな気がします。ピート・シガー作詞作曲で、原題は「Where have all the flowers gone?」。実は反戦歌だったのだそう。ほほう…。
wikipedia:花はどこへ行った

 その歌とは裏腹に…「花はどこへいった?」とのタイトルを聞きつけてやって来たのは、フラットさんならぬコロ畑ニンボブロー。これまで数々の事件を解決…いや、勝手に事件をでっち上げ、オヤジギャグを連発して去ってゆく、謎の人物…。今日もやってくれました。「はな」にまつわるギャグを連発。そして、シャープ君のお弁当を見つけ出し、シャープ・アリア・スコアの3人が歌っている間に食べてしまった…。全く、このフラットさん…じゃない、コロ畑氏のノリは最高です。テレビに向かってひたすらツッコんでましたwそして最後のオチは爆笑wお弁当を食べられてしまったシャープ君はご愁傷様です…。
 ところで、コロ畑氏がやってきて、歌い、オチまで、どこかへ行ってしまっていたアキラさん。楽譜を探していたのだと思いますが、「花はどこへ行った」ならぬ、「アキラさんはどこへ行った」と思ってしまいました。

 今日はシャープ君の「楽器の話」。「コントラバスのバースデー」。シャープ君の渋く色っぽい声に惹かれます。このコントラバスの曲ですが、サン=サーンス「動物の謝肉祭」第5曲「象」でした。と言うのを、夕方の放送中に、おふぃすベガさんのツイートで知りました。…白状します。「動物の謝肉祭」ですが、全曲を聴いたことがありません!お許しください、お代官様~!(フラットさんの声で
 「象」の原曲ですが、コントラバスがメロディーラインをずしずしと演奏します。ベルリオーズの「ファウストの劫罰」の「妖精のワルツ」、メンデルスゾーンの「夏の夜の夢」の「スケルツォ」が組み入れられているそうです。「化石」も、自身の作品である「死の舞踏」の「骸骨の踊り」や、フランス民謡「きらきら星」「月の光に」などがミックスされている。サン=サーンスも面白い作曲をするなぁ。
 ちなみに、「象」の原曲はこんな曲でした。
Saint Saens: Carnival of the Animals~L'Elephant (The Elephant)


 さて、コンサートはショパン「24の前奏曲 作品28」より第7曲。はい、胃薬のあの曲ですね。でも、「クインテット」版を聴いて以来、そのイメージが見事に覆されました。アキラさんがひとり、ピアノだけで演奏しているシーンから始まり、スコアさんのチェロ、アリアさんのヴァイオリン…と映像が浮かび、いつものステージに。編曲も、たった17小節のピアノソロの作品をここまで膨らませるとは…と驚きます。昨年度のコンサート新曲で同じく驚かされた「マイムマイム」とは別方向で凄いなと思います。「マイムマイム」はフォークダンスの曲という概念をひっくり返し、スピード感と迫力満点の作品に。一方、「前奏曲第7番」は原曲を生かしながら、更に膨らませてゆく。そしてカメラワークも凝っています。アキラさんの指のアップが多くて嬉しいです。はい、ピアノ弾きの指を見るのが大好きです(何事w
 「クインテット」、いい番組です。(某胃薬のCM風に…)
・「前奏曲第7番」過去記事:2010年度クインテットコンサート新曲+1

 コロ畑氏で笑い、「前奏曲第7番」でゆったりと。このメリハリがいい。ボケる時はボケ、コケる時はコケ、笑う時は笑う。歌う時は心を込めて歌い、演奏する時は集中して演奏する。このしっかりとした切り替えに落ち着きます。

 さて、5月も最後、次回放送は6月ということで、春テーマも聞き納め。来月からはヨットが踊る夏テーマです。春テーマになってから、本当に沢山のことがありました。春テーマになった3月。ああ、年度末が近づいてくる…と寂しさを覚えていたら、震災が。平日放送ラストをゴタゴタしたまま見届け、土曜放送の新年度スタート。平日放送が終わっても、土曜日に見られるから大丈夫だよ!と思っていたら、欠乏症に陥っていた…。
 何とも激動の3ヶ月でした。夏テーマの3ヶ月は、落ち着いて観られるといいなぁ。


*****

 久々に他の教育テレビ(まだ5月なのでこっちで!)感想を
【おかあさんといっしょ】
 月歌「キッチンオーケストラ」が楽しいです。アニメのお鍋とフライパンが可愛いです。歌も曲もいい。指揮真似したくなってきます。今日土曜の放送では、クリップ版が初登場。いつもはスタジオでこどもたちと歌っていましたが、クリップ版は、お兄さんお姉さんがシェフ風衣装で踊ります。可愛い。
 「ポコポッテイト」にも慣れてきました。最初、「ムテ吉うるせえええ!!」と何度思ったことか。最近はその元気すぎるところも可愛いなと思えてきました。「ウザ可愛い」ってやつか?ムテ吉の家の温泉は、何にでも良く効く温泉。いいなぁ。ムテ吉の元気の源はこの温泉なのだろうか。この温泉に入って、慢性疲労もストレスも無くしたいです。歌では「デッキブラシロック」が気に入った。エアギターならぬ、デッキブラシギター。子どもの頃、ほうきでギター弾きまねごっこをやったなぁw
 ミーニャはいい意味で女の子。お洒落で可愛いものに目が無い。何となく、アネムやアリアさんと相性が良さそう。そしてメーコブ。ちょっと弱気だけど、いい奴だよ。こどもながら、オペラが好きで夢はオペラ歌手というところがまた惹かれる。しかも美声。メーコブが今後どう成長するかが楽しみです。ゾウガメの長老さんもいいキャラだなぁ。教育テレビのおじいさんキャラの活き活きっぷりは見事です。

【みいつけた!】
 再放送なのですが、のんびりと観てます。スイちゃん、コッシー、サボさんの日常は本当に楽しい。毎日何かを見つけて、楽しむ。この姿勢を忘れていました。
 何週間か前、デデコのコーナーが歌のコーナーに。レグ、スワリン、カブの3人のユニット「フルーツバスケット」の歌が可愛い。以前「いすのまちのコッシー」で、のど自慢大会で歌ったあの歌です。3人も目指すはアイドル?

【シャキーン!】
 最近、朝は総合「おはよう日本」と決めているのですが、「シャキーン!」を観ることも多くなりました。「ジャストタイム」でジャストを出せると最高に嬉しいです。「シャキーン!といこう」、ノリノリで楽しい歌です。そしてあやめちゃんとあゆちゃんが歌う「さーYOU!」、面白い!歌詞も、2人のダンスもいい!1回しか観られなかったので、来週また観たいなぁ。
by halca-kaukana057 | 2011-05-28 22:21 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今日から教育テレビは新年度(「リトル・チャロ2」は地震関係の番組変更のため、今週が最終週です)。色々と変わったところが多い新年度です。初日雑感を。

【フック ブック ロー】
 「ハッチポッチステーション」「クインテット」に続く音楽パペットバラエティー第3弾。「クインテット」の後継ということで、気合入れて観ましたw
 雰囲気としては、「ハッチポッチ」を優しく穏やかにしたような感じ。まだ各キャラの個性が立っていない、はっきりと見えてきていないため、そう感じるのかもしれない。いや、脚本が下山啓さんから山川啓介さんに変わったからかもしれない。とりあえず1週間観よう。
 テーマ曲や番組内で流れた歌が、耳に残っています。気がつくと「フック ブック ロー♪」と口ずさんでいます。…服部隆之さんの音楽の力か。今日はオリジナルソングだけだったけど、今後「ハッチポッチ」「クインテット」のように童謡唱歌・ポップスなども歌われるのかな?楽しみ。
 傑作(けっさく)さんを演じる「ザ・ニュースペーパー」の谷本賢一郎さんが歌がうまくて驚いた。「ザ・ニュースペーパー」というと、小泉さんや麻生さんのモノマネといった政治コントを連想しますが、そのコントをしていた人たちだけではなかったのね。谷本さんは「ザ・ニュースペーパー」でも歌を歌っていたとの事。あと、しおり(赤いリボンをつけた女の子)役の折笠富美子さんも歌がうまい!折笠さんと言えば、私の中では「電脳コイル」のヤサコです。今は「スイートプリキュア」の奏/キュアリズム役ですね。
・参考リンク:ザ・ニュースペーパー 公式ホームページ

【クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!】
 3年目です。OPがまた変わりました。何やら新キャラも出てきました。
 おや、と思ったのが、まいんちゃんが料理を思いつく時、またOPでも出てきた魔法のステッキのようなフライ返し。まいんちゃんの道具といえばフライパンだろと突っ込んだのは私だけ?これまでとちょっと雰囲気が変わる…気もする。

【おかあさんといっしょ】
 「ポコポッテイト」初回。思ったよりも色々なキャラが出てくる。ムテ吉のムテとは、「無敵(ムテキ)」から来ていたのか。しかし、ラーテル、マンチカンネコ、ジャコブヒツジと説明されてもピンと来ないなぁ…。
 とりあえず1週間様子を観ます。4月の歌についても1週間様子を。
 あ、「パンツぱんくろう」のいってきま~すのコーナーで、ぱんくろうが出なかった。これは…。
 新アニメ「ともだち8にん」。あれ、「でこぼこフレンズ」は?
 あと、エンディングの「あしたてんきにな~れ」まさかの続投!「モノランモノラン」が終わったので、変わると思ったが、この歌詞なら「ポコポッテイト」でもOKなのね。

 ところで、「フック ブック ロー」でも「ポコポッテイト」でも、フェイスミュージックの名前が。はい、「クインテット」でも出てきた会社名なので気にならずにはいられませんでした。服部隆之さん、斎藤ネコさんもフェイス所属なのでした。どちらも番組でも音楽に注目ってことですね。
株式会社フェイス音楽出版

【みいつけた!】
 3年目。今日のクルットさん金太郎飴に驚いたw何あれ欲しいw

【いないいないばあっ!】
 ことちゃんが卒業して、ゆうなちゃんへ。体操が「ぐるぐるどっか~ん!」から「わ~お!」に変わってた!こっちの方が驚いた。
 ちなみに、ことちゃんは「ワンワンわんだーらんど」で続投です。

【パッコロリン】
 おかいつ、みいつけた!、いないいないばあっ!をひとつのゾーンとしてまとめるアニメ。こちらも1週間様子見。

【はなかっぱ】
 OPがhitomiに。マイラバの次はhitomiと来ましたか。EDは、緊急地震速報で見られず。やっぱり1週間様子を見ます。

 結局1週間様子見の番組ばかりでした。
by halca-kaukana057 | 2011-03-28 23:20 | Eテレ・NHK教育テレビ
 今週の「みいつけた!」。まさかの新エンディングが来ました!

 「ハーイ&バーイ」.スイちゃんが初めてメインボーカルの歌に挑戦です。これまでは「はじめまちおんど」「ぼくコッシー」「サボさんまいったな」でコーラスを担当。サボさんの歌が出てきた時点で、次はスイちゃんの歌かなと思っていたので、予想通りでした。しかし、年度末近くに来るとは思いませんでした。

 作詞はなんと谷川俊太郎さん。「朝のリレー」は中学の国語の教科書で読んで、今も大好きな作品のひとつです。谷川さんの詩は、優しく柔らかいけれど強さがあって、そこが好きです。そして、作曲は谷川賢作さん。作曲家で、谷川俊太郎さんのご長男です。親子合作。豪華です!

 谷川俊太郎さんの詩で、「みいつけた!」のエンディングソング…どんな歌かと思ったら、思った以上にポップで明るい歌です。俊太郎さん、こんな詩も書くんだ~と嬉しくなりました。「はひふへほへふひ(ハーイ) ばびぶべぼべぶび(バイバーイ)」のあたりの詩はうまいなぁと思いました。賢作さんの曲もノリがよく、スイちゃんとお友達のダンスにピッタリです。そう、このエンディングでは、スイちゃんが同年代のお友達と踊っているクリップが流れます。「朝になったら おひさま(ハーイ) 日本語(ハーイ) 英語で(ハーイ)」このあたりからの振り付け、映像がテンポよく切り替わり、観ていてとても楽しいです。「英語で」とあるあたりは、現代的・国際的ですね。正統派のごあいさつソングなのだけれども、新しい要素も入って新鮮に聞こえる。いい歌です。

 谷川賢作さんの公式サイトによると、3月25日の年度末まで、このエンディングが続くそうです。年度末、色々なことを考えてしまいますが、朝はこの歌で元気に一日を始めたいと思います。

【参考サイト】
谷川賢作 official web site - top page
 谷川賢作さんの公式サイトです。
twitter:谷川賢作
 twitterもあります。
twitter:谷川俊太郎
 俊太郎さんもtwitterやってます!
by halca-kaukana057 | 2011-03-06 22:19 | Eテレ・NHK教育テレビ
 「クインテット」CD&DVD発売情報とは別に、今週のEテレです。

【おかあさんといっしょ】
 今月の歌「リンゴントウ」。第一印象もいいなと思ったが、聞けば聞くほど味が出てくるスルメ曲でもあります。ただ、これまでのおーなり由子さんが作詞した「ハオハオ」「あめふりりんちゃん」とは違う雰囲気に「?」と感じていました。「ハオハオ」も「あめふりりんちゃん」も絵本の物語をそのまま歌にしたようだった。ほのぼのしていて可愛らしい。そこがだいすけ兄&たくみ姉の歌声にピッタリだった。
 一方、「リンゴントウ」は歌詞に謎が多い。「リンゴントウ」そのものも
「どこにあるのか だれもしらない ふしぎなおかしよ リンゴントウ」
と謎の存在。謎の存在ではあるけれども、食べると幸せになれる…と歌われる。歌詞がこれまでの2作品のような”物語”になっていない。何かが違う。可愛いのだけれども、どこか寂しさやとらえどころがないものを感じる。何だろうこれは…と思って、おーなり由子さんの公式HPを見たら、謎が解けました。
おーなり由子HP Blanco
 「News」のページに書いてあるのですが、裏テーマがあったのです。それを読んでなるほど!と納得しました。幸せだけじゃない、寂しさやとらえどころのなさ、謎めいた雰囲気…。裏テーマを考えつつ聴いてみると、深いなと思う部分がいくつもあります。


 私個人としては、裏テーマなしに、子どもたちが純粋に楽しめる歌が聴きたかったとも思います。今おかいつを観ている子ども達が成長して、その時に思い出して「そういう意味もあったのか」と振り返るのもいいな、とは思います。ただ、裏テーマのことを考慮するとおかいつというよりも、「みんなのうた」向きなのではないか、と感じています。
 おかいつの歌と「みんなのうた」の違いって何だろう…。時々感じます。

 火曜の「モノランモノラン」では、カメラを使って、いつも見ているものを違った角度から見てみようというお話。「ピタゴラスイッチ」風ですwモノモノランドにもデジカメはあるんですねwアリを熱心に撮影するライゴー君、カメラのセンスがあるかもと感じました。



【みいつけた!】
 月曜から飛ばして来ました。「オフロスキーかぞえうた」の振り付け講座です!ダンスを丁寧にレクチャーするオフロスキー。そして最後はスイちゃん、サボさんも踊る。サボさんのダンスはさすがですw ETVキャラクターがゲスト出演する「いないいないばあっ!」のコンサート「ワンワンわんだーらんど」にオフロスキーがゲストとして来ないだろうか。ワンワンに踊らせてみたい!w
 イントロクイズの回も面白かった。サボさんが某クイズ番組の司会者風wいいのかNHKw 最後の「ゆき」の替え歌「げんき」がよかった。風邪やインフルエンザで具合の悪い子に歌ってあげると、喜ぶかも。もし私が風邪・インフルエンザ等に罹ったら誰か歌ってくださいw
 金曜は「みんなからのみいつけた!」その後。スイちゃんが、のっぽのサボテンがその後どうなったか取材へ。スイちゃんの「すわってみたよ」等、スタジオを飛び出して視聴者や一般市民と触れ合う回はいいなぁと感じます。

《追記》
 今週の観てなかった放送で、サボさんの新曲が出たそうなのですが、今日日曜の「みいつけた!さん」でも放送されました。「サボさんまいったな」作曲は横山剣さん。つまり、演奏はクレイジーケンバンド!!なんと豪華な!これまでコッシーは「はじめまちおんど」「ぼくコッシー」、オフロスキーは「おふろがスキー」「オフロスキーかぞえうた」、レグちゃんは「みいつけた!(レグver.)」と、サボさんの歌がないと寂しく思っていたのですが、ついにサボさんの歌が来ましたよ。しかも、その分豪華ですよ!
 曲は歌謡曲調。歌詞は情熱的です。砂漠の熱さなのかwサボさんがひと昔前の歌謡スターになりきって歌います。アニメも派手ですw
 これも「オフロスキーかぞえうた」と共に中毒になりそうだなぁ。既に2枚目のCDリリースも待ち遠しいです。

 ちなみに、「みいつけた!」のコッシー・スイちゃん・サボさんのコーナーの脚本・キャラクター設定、ならびに「サボさんまいったな」の作詞を担当されている、ふじきみつ彦さんのブログに詳しいことも書いてあるのでどうぞ。
ふじきみつ彦の日記:サボさんまいったな初オンエア
by halca-kaukana057 | 2011-01-15 22:49 | Eテレ・NHK教育テレビ

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31