人気ブログランキング |

タグ:シベリウス ( 97 ) タグの人気記事

冬の使者来たる

 11月。朝夕の寒さが身に沁みます。冬タイヤへの交換も済ませ、冬物も用意して…冬支度もしています。

 冬と言えば、彼らがやってきます。
f0079085_22132151.jpg

 白鳥。田んぼのそばを運転していたところ、落穂をついばむハクチョウの群れの遭遇しました。もう来ていたんだ。嬉しくなり、時間もあったので車を停めて、近くまで寄ってみました。驚かせないようにゆっくりゆっくり、静かに近づく…ちょっと写真撮らせてね、あやしい人間じゃないよ…。あまり近づき過ぎないところで観察。

f0079085_2216295.jpg
f0079085_22163732.jpg

 美しい白。飛んでいる姿も美しいですが、こうやってのんびりと落ちた米をついばんでる姿も気品があり、可愛らしくもあります。灰色の幼鳥もいますね。
 コンパクトデジカメで、ズーム撮影したのですが、それなりに撮れますね。

f0079085_22185394.jpg

 幼鳥と親鳥?いっぱい食べて、春には大きくなるんだよ。

f0079085_22193750.jpg

 ハクチョウを見ると、毎年、遠いところよく来たね、という気持ちになります。長旅疲れただろうね。この群れはここで冬を越すのかな?春までゆっくり休んで、よく食べていってね。

 白鳥と言えば、シベリウスの交響曲第5番。シベリウスが住んだ家・アイノラの上を飛んでいった16羽の白鳥に感銘を受け、作曲を始めた。第3楽章の白鳥の飛翔のテーマは何度聴いてもじわりと来ます。初演されたのはシベリウス50歳の誕生日、1905年12月8日。100年前です(ただその後、改訂し1919年に現在通常演奏されている版が出ます)。この白鳥たちを見ている時も、頭の中ではシベリウス5番が鳴り響いていました。または2番交響曲。今日は5番ほど冷たくなかった、暖かかった。

 この冬は何度飛んでいるハクチョウたちに遭遇できるだろう?
by halca-kaukana057 | 2015-11-05 22:27 | 日常/考えたこと
 最近シベリウスに関しては歌曲とか声楽付き管弦楽曲が多い気がします…(でもPromsとシベリウス音楽祭では交響曲も聴いたよ)。シベリウスイヤーもそろそろ追い込みの季節。今日は最近聴いた交響曲第4番について書きます。

 聴いたのは、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル。1976年の録音です。
 カラヤンがシベリウス4番を録音したのは、調べてみたら3回あるそうで。1953年にフィルハーモニア管と1回目、1965年にベルリンフィルと2回目。そして1976年にベルリンフィルともう一度録音したのが、今回私が聴いた演奏。公式にCDになってないライヴを含めるともっとあるんだろうなぁ。

 最初、このカラヤンBPOの4番を聴いた時、あれ?と思いました。そしてだんだん怖くなってきた。暗くて重くて怖い。シベリウスの交響曲の中でも4番は特に好きな交響曲です。最初はなかなか親しめませんでしたが、聴けば聴くほどこの暗さにハマっていく。この4番からシベリウスの独特の音楽が更に深まっていくのだろうなと感じます。チェロのソロの暗さ、第4楽章は一瞬明るくなるけれども、また暗くなって静かに沈むように終わる。落ち込んでいる時、ひとりになりたい時にもよく聴く曲です。そんな時にこそすっと入ってくる。あと、「夜の騎行と日の出」op.55、弦楽四重奏曲「親しい声」op.56、「吟遊詩人」op.64、「ルオンノタール」op.74など、この交響曲第4番op.63と同じ時期に書かれた作品には好きなものが多いです。

 なのですが、カラヤン&BPO(76年版)の4番…聴いていて今までにない怖さ、暗さを感じた。聴き終わった時には、なんだこのシベ4…!?と呆然としていた。シベ4で特に暗くて凄みのある演奏といえば、ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団のもの。これは本当に真っ暗。パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキフィルや、オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響も結構暗め。一体何に私は「怖い」と思ったのか。ケーゲル盤を聴いてみたが、最初から最後まで、ただならぬ緊張感で、やっぱり真っ暗。でも、カラヤン&BPO(76年版)とはまた違う。カラヤン&BPO(76年版)はそこまで真っ暗ではないけれども、ずっしりと重く、暗く、険しいものを感じます。金管の音色や弦の響き、ティンパニの強さ、テンポ、トーンがそう感じさせるのかなと、別の演奏と聴き比べつつ何度か聴いて思いました。

 私がシベ4をどんな音楽か表現する時、いつもこんな風に答えます。
 澄んだ透明な冷たい湖の水の中にいて、光はあまり差し込んでこなく暗い。音も余計な音は聴こえず静か。水は澄んでいるのに底が見えない。深い湖の水の中に、ずっと漂っている。湖面は鏡のようで、静かに森と空を映している。
 この表現は、ベルグルンド指揮ヨーロッパ室内管の演奏を聴いた時に思いついたのですが、他のシベ4もそんな雰囲気だなと聴いていました。ですが、このカラヤン&BPO(76年版)の演奏は、湖の水の中というよりも、暗い暗い、深い森の中。その森がフィンランドの森なのか、ドイツの森なのか、どこの森なのかはわからないのですが、これまでのシベ4とは違ったものを感じました。

 何度か聴いた今は、最初に聴いた時の「怖さ」はあまり感じなくなったのですが、シベ4で怖いと感じたのは初めてだったので驚きました。聴いた時の精神状態もあったのかもしれない。
 ちなみに、聴き比べしようと持っているシベ4をひたすら聴き続けていたら、気分が悪くなってしまいました…。好きだけど、さすがにあの暗い曲をいくつも聴き続けていたら精神的にやられるのだな…。危険なのでおすすめしませんw

 シベリウスイヤーの今年のうちに聴きたいシベリウス作品・演奏、やってみたいことがたくさんあるのですが、全然消化しきれません。しかも、ネットラジオ・オンデマンドでライブもどんどん増えているので手に負えない状態に。シベリウスの誕生日は12月8日、この日で生誕150年を迎えるので、生誕150年は今年の12月8日から来年の12月7日ということで、シベリウスイヤー延長してもよろしいでしょうか…(勝手にやりなさいw)

・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団のシベリウス4番:真っ暗4番
・シベリウスイヤー記念、Proms&シベリウス音楽祭まとめ:Proms2015 シベリウスプログラム&シベリウス音楽祭 まとめ
 Promsはもう聴けなくなってしまいましたが、シベリウス音楽祭はまだ聴ける演奏があります。
by halca-kaukana057 | 2015-10-29 22:31 | 音楽
 今日、9月20日はシベリウスの御命日。ちょうどお彼岸なので、毎年、アイノラにあるシベリウスのお墓にお墓参りに行きたい…と思ってしまいます。
 9月、フィンランドは秋も深まってきていると思います。そんなフィンランドの秋と、シベリウス没後58年に寄せて何を聴こう…今回も声楽・歌曲から。「5つの歌」op.38の第1曲「秋の夕べ(Höstkväll)」と第2曲「海辺のバルコニーで(På verandan vid hafvet)」。どちらもスウェーデン語の歌詞です。

 歌曲ですが、私が聴いたのは伴奏はオーケストラによるもの。なので、歌曲よりもスケールが大きく感じます。「秋の夕べ」…北欧の短い夏が終わり、陽はどんどん短くなる。暗く、雨も降り、寒く、寂しい北欧の秋。その風景の中、孤独を歌う。歌う、というよりは、語るように。作曲されたのは1905年。初期の作品ですが、後期交響曲、特に4番の頃のような暗さを感じます。「クレルヴォ交響曲」op.9の第3楽章、クレルヴォとその妹の歌の雰囲気にも似ているかもしれない。「クレルヴォ交響曲」の第3楽章は、オペラのような雰囲気もあるし、声楽つきの管弦楽作品の雰囲気もある。初期と後期で、シベリウスの作風は大きく変わりますが、この「秋の夕べ」を聴いていると、シベリウスの音楽に変わりはない、とも思います。
 
 「海辺のバルコニーで」も、内面に問いかけるような孤独を感じる歌。やはり歌うというより、語る雰囲気。海も、北欧の夏の青く爽やかな海ではない、夏が過ぎた寒々とした海を思わせます。そして孤独だけでなく、儚さも感じさせる歌詞。結局は消えてしまう。そんな暗さに病みつきになります。

 このop.38の次、op.39は交響曲第1番。そう思うと、交響曲第1番のイメージも変わってくるかも。やはり、初期と後期で作風は大きく変わるけれども、シベリウスはシベリウスなんだなと感じます。そう思わせてくれる歌曲です。
by halca-kaukana057 | 2015-09-20 23:47 | 音楽
 何度も書きますが、今年はシベリウス生誕150年の記念年。世界各国でシベリウス作品が演奏会でいつも以上に取り上げられています。いいことだ…。その中でも、イギリスで現在開催中の音楽祭「BBC Proms2015」、そして現地時間8月31日から9月6日まで開催されたフィンランド・ラハティ・シベリウス音楽祭での交響曲チクルスは気合が入っています。どちらも、オンデマンドでまだ演奏が聴けるものがあります。ということで、自分用メモも兼ねてまとめておきます。

【BBC Proms2015】
Prom 1: First Night of the Proms
・組曲「ベルシャザールの饗宴」op.51
 /サカリ・オラモ指揮BBC響 (こちらでどうぞ)
 プロムスの初日、幕開けの「ファーストナイトコンサート」。今年メモリアルイヤーのシベリウスと、同じく生誕150年(同い年)のデンマークの作曲家・カール・ニールセンの「仮面舞踏会」序曲も取り上げられています。北欧コンビを指揮するのが、BBC響の首席指揮者のフィンランド出身、サカリ・オラモ。昨年のラストナイトコンサートはめちゃくちゃ楽しかったw
 「ベルシャザールの饗宴」、初めて聴きました。組曲版は4曲から構成されていて、第1曲はこれもシベリウスの作品?と思うようなエキゾチックなメロディー。2曲目以降はシベリウスだなぁ、と感じます。第3曲のフルートがしんみりといい。
 このファーストナイトは先日NHKFMでも放送されました。ばっちり録音しました。

Prom 40: Sibelius – Symphonies Nos. 1 & 2
・交響詩「フィンランディア」op.26
・交響曲第1番 ホ短調 op.39
・交響曲第2番 ニ長調 op.43
/トーマス・ダウスゴー指揮BBCスコティッシュ交響楽団
 プロムスでのシベリウス交響曲チクルスその1.デンマーク出身のダウスゴーの指揮。「フィンランディア」に始まり、1番、2番。
 オンデマンドは9月15日まで公開中。

Prom 42: Sibelius – Symphonies Nos. 3 & 4
・交響曲第3番 ト長調 op.52
・ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
・交響曲第4番 イ短調 op.63
/イラン・ヴォルコフ指揮BBCスコティッシュ交響楽団
 ヴァイオリン・ソロ:ジュリアン・ラクリン
 シベリウス交響曲チクルスその2.指揮のヴォルコフも、ヴァイオリンのラクリンも存じ上げませんでした。プロムスはこんな今まで聴いたことのない演奏家にも出会えるのがいいところ。
 オンデマンドは9月16日まで。

Prom 43: Sibelius – Symphonies Nos. 5, 6 & 7
・交響曲第5番 変ホ長調 op.82
・交響曲第6番 (ニ短調) op.104
・交響曲第7番 ハ長調 op.105
/オスモ・ヴァンスカ指揮BBC響
 シベリウス交響曲チクルスその3.待ってましたヴァンスカ!!しかも5,6,7番とはわかっていらっしゃる!!これはもう聴いたのですが、1曲目の5番から凄かった。これ1曲目だよね、この後6番7番と続いたらどうなるの?と思ってしまう演奏でした。6,7番もよかった!

Prom 47: Sibelius, Jón Leifs, Anders Hillborg & Beethoven
・交響詩「タピオラ」op.112
/サカリ・オラモ指揮BBC響
 再びオラモ&BBC響。1曲目に「タピオラ」。「タピオラ」の荘厳な雰囲気がたまりません。
 オンデマンドは9月21日まで。

Prom 58: Sibelius – Kullervo
・交響詩「エン・サガ」op.9
・「クレルヴォ」交響曲op.7
/ヨハンナ・ルサネン=カルタノ(ソプラノ)、ワルテッリ・トリッカ(バリトン)、ポリテク合唱団、BBCシンフォニー合唱団(男声合唱)、サカリ・オラモ指揮BBC響
 交響曲チクルスにはこれも入れていいと思う、「クレルヴォ」交響曲。と、「エン・サガ」。初期の作品を再びオラモ&BBC響で。声楽ソロの2人とポリテク合唱団もフィンランド出身。「エン・サガ」を聴いたのですが(「クレルヴォ」に関しては後で書きます)、躍動感あふれる演奏。あの大太鼓のリズムには心躍ります。
 オンデマンドは9月29日まで。
 プロムスは以上。交響詩・管弦楽曲をもっと演奏してもいいのにな。
 スマートフォンから聴く際は、BBCの再生アプリを入れると聴けます。iOSは「BBC iPlayer」、androidは「BBC Media Player」を入れてください。

【ラハティ・シベリウス音楽祭】
 交響曲チクルス・管弦楽作品はオンデマンドで配信されています。しかも動画で。演奏会後すぐに公開。フィンランド国営放送YLEさん、素晴らしい…!!でも、休憩時間の指揮者インタビューなどは全てフィンランド語。全くわかりませんw
 ちなみに、こちらもYLEのアプリを入れるとスマートフォンからも観られます。「YLE Areena」というアプリを入れてください。ブラウザで観たい動画を選択するとアプリが起動します。ただし、アプリもフィンランド語です…。

◇1日目:レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル
交響詩「タピオラ」op.112(動画:こちらでもどうぞ)
コンサート全編(音声のみ)
ルオンノタール op.70(動画)
(ソプラノ:アヌ・コムシ)
レンミンカイネン組曲(4つの伝説)op.22(動画)
・アンコール:「カレリア組曲」より第3曲「Alla marcia(行進曲風に)」
 幕開けはセーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィルによる管弦楽曲集。「タピオラ」で始まるとはいいですね。そういえば、どれもフィンランドの民族叙事詩「カレワラ」にちなんだ作品。

◇2日目:オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響
森の精op.15 / 動画その2
交響曲第3番 / 動画その2
交響曲第4番 / 動画その2
・アンコール:伯爵夫人の肖像
コンサート全編
 ラハティ響にヴァンスカが帰ってきました!1曲目の「森の精」は演奏されるのはなかなか珍しい作品。4番はラハティ響の緻密な音に聞き入ります。時に熱いヴァンスカ。アンコールの「伯爵夫人の肖像」、初耳の作品です。さすがヴァンスカ&ラハティ響。マニアックです!

◇3日目:サカリ・オラモ指揮BBC響
エン・サガ / 動画その2 / BBC radio3での放送(11月26日まで)
クレルヴォ交響曲 / 動画その2 / BBC radio3での放送(11月29日まで)
コンサート全編
 (ソプラノ:ヨハンナ・ルサネン、バリトン:ワルテッリ・トリッカ、男声合唱:ポリテク合唱団)
 BBC Promsと同じく、オラモ&BBC響で「エン・サガ」と「クレルヴォ」。合唱の規模(BBCシンフォニー合唱団はいない)が違いますね。Promsと違うのは、やはり動画で観られるところ。「エン・サガ」は初めて演奏風景を観たのですが、思った以上に難しい曲なんだなと感じました。ヴィオラソロが何度もあったのが嬉しかった。この演奏はかなり好き。
 「クレルヴォ」はこれまであまり聴いてこなかった。この際だからお近づきになりたいと聴いてみた。「カレワラ」のクレルヴォの章を読んで頭に入れてから。救いようがない物語ですが、聴いていて、過酷な運命にも立ち向かう毅然としたたくましいクレルヴォの姿をイメージしていました。ドラマティック。3楽章は「カレワラ」の5拍子で、合唱と独唱(ソプラノ:クレルヴォの妹、バリトン:クレルヴォ)の歌に引き込まれる。「クレルヴォ」面白い!好きになった、少し距離を縮められたかも。今度は持っているCDを聴きます。

◇4日目:オッコ・カム指揮BBC響
ヴァイオリン協奏曲 / 動画その2 / BBC radio3での放送(11月25日まで)
 (ヴァイオリンソロ:セルゲイ・マーロフ)
交響曲第2番 / 動画その2 / BBC radio3での放送(11月27日まで)
・アンコール:悲しきワルツ
コンサート全編
 BBC響を、今度はオッコ・カムが指揮します。ヴァイオリン協奏曲のソロ、マーロフさんの服装がかなりラフで、カッコイイ兄ちゃんという雰囲気。演奏もスリリングです。一方の2番はしみじみしてしまう。第4楽章がじんわり味わい深い。
 BBC響はPromsで忙しいところを駆けつけてくださってありがたいですね(オラモが連れてきた?)

◇5日目:ユッカ=ペッカ・サラステ指揮ラハティ響
交響曲第1番 / 動画その2
吟遊詩人 / 動画その2
交響曲第5番 / 動画その2
・アンコール:鶴のいる情景
コンサート全編
 再びラハティ響に戻って、今度はヴァンスカの後にラハティ響を率いたサラステで。1番はシベリウスの交響曲の中でも私はあまり聴かない曲です。でも、この演奏で1番もいいなと思いました。メリハリがあって、第4楽章はじわじわときました。やっぱり1番もいい。ハープがどこか物寂しい「吟遊詩人」。5番は今年は何度も聴いています。聴く度に好きになってます。

◇6日目:オッコ・カム指揮ラハティ響
大洋の女神(波の娘) / 動画その2
ポホヨラ(ポヒョラ)の娘 / 動画その2
交響曲第6番 / 動画その2
交響曲第7番 / 動画その2(アンコールのフィンランディア付き)
・アンコール:フィンランディア
コンサート全編
 最後は、現在のラハティ響の首席指揮者のオッコ・カム。「ポホヨラの娘」の疾走感がたまらない。6,7番はもう言葉は要らない…。アンコール、交響曲チクルスの最後に「フィンランディア」。胸が熱くなります。

 以上、交響曲、管弦楽曲のまとめでした。いつまでオンデマンドで聴けるのかちょっとわからないのですが、お早めに。全員世界で活躍中のフィンランド人指揮者。それぞれ指揮や解釈、音遣いの個性が出ていて面白いなと観ていました。ラハティ響だけでなく、ヘルシンキフィル、BBC響とオーケストラの個性も違う。毎日動画がアップされると観て、聴いて、毎日楽しかった!ありがとうございました!
 ちなみに、交響曲・管弦楽曲の他にもピアノ曲や室内楽も公開されています。更に、同じ頃演奏会をしていたハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送響の演奏会も。大変ですw
【追記】
 個別の動画のなかった1日目・セーゲルスタム指揮ヘルシンキフィルの動画があったので追加しました。あと、昨年2014年のシベリウス音楽祭(オッコ・カム指揮ラハティ響)、12月6日のフィンランド独立記念日コンサートの「フィンランディア」(男声合唱付き)、「吟遊詩人」「クリスティアン王二世」の動画もあるサイトもありました。素晴らしいです。「エン・サガ」を聴いたら、あれ、音が違う…いや、これは初稿だ!!「エン・サガ」の初稿は初めて聴きました。ヴァイオリン協奏曲も初稿です。気になってたけど聴いたことない…という方は是非。
ClassicLive:Sibelius 150 years

【追記その2】
 フィンランド国営放送(YLE)のサイトで公開されていた動画は、1ヶ月間の公開だったようです。10月15日現在は残念ながら観られません。しかし、別に公開しているサイトがあったので、そちらでどうぞ。「動画その2」のリンク先で観られます(追記その1に書いてあるサイトと同じです)。ラハティ響を中心に演奏会の動画を載せているサイトのようです。

【追記その3】
 BBC radio3で、BBC響による演奏が放送され、オンデマンドで聴けるのでリンクを貼っておきます。期間限定なのでお早めに。

【追記その4】
 ラハティ響のコンサート映像を中心にアップしているサイト(「動画その2」のサイト)で、シベリウス音楽祭全ての演奏動画がアップされました。高画質で嬉しいです。あと、12月7日から9日まで、NHKFMでも放送しています。(サラステ&ラハティ、セーゲルスタム&ヘルシンキフィル、カム&ラハティ)

 この秋・冬にはオッコ・カム&ラハティ響や、ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送響、ヴァンスカも読売響と、来日公演もあります。日本フィル次期首席指揮者となったピエタリ・インキネンも、交響曲チクルスはもう終わったので今年は交響詩・管弦楽曲を取り上げています。10~12月の間に、フィンランド指揮者が4人(既に上半期にはサロネン&フィルハーモニア管、サラステとストルゴーズがN響に客演。計7人!!相変わらずフィンランドの指揮者の勢いが凄い…)、フィンランドオケが2つ来日…なんてこった!!
 私は行けないので、テレビ放送、ラジオ放送があるといいなぁ…。(追記:リントゥ&フィンランド放送響は既に11月末のEテレ「クラシック音楽館」で放送が決まっています。やった!カム&ラハティ響もお願いします!!)
YLE:Areena radio:Radion sinfoniaorkesteri ja Hannu Lintu konsertoivat Japanissa
 一足お先に、音源だけならフィンランド国営放送YLEでも放送され、オンデマンドで聴けるようになっています。海外ツアーでの演奏を演奏会のすぐ後にラジオ放送し、ネットでオンデマンドで聴けるYLE…本当に凄い。公開期間はいつまでなのか不明ですが、多分1ヶ月あたり?お早めにどうぞ。

 まだまだシベリウスイヤーは続きます!
by halca-kaukana057 | 2015-09-07 23:14 | 音楽
 久々にオーケストラのコンサートが近場であったので行ってきました。オケはお馴染みN響。久々の国内プロオケ。N響は2008年に一度行った以来。
・その時の記事:悲愴交響曲の重さ
 ↑N響と一言も書きませんでしたが、N響だったんです。

【プログラム】
・ベートーヴェン:「エグモント」序曲 op.84
ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 op.37
交響曲第5番 ハ短調 <運命> op.67
 ピアノ:アリス・紗良・オット
 ヨーン・ストルゴーズ指揮NHK交響楽団

 指揮のヨーン・ストルゴーズ(John Storgårds)さん。何も知らずにチケットを取り、北欧っぽいお名前だけどどこの方だろう?と後から調べたら、なんとフィンランドのご出身。シベリウス音楽院指揮科ヨルマ・パヌラ門下です。なんと…!スウェーデン語のお名前でしたか。ついにフィンランドの指揮者の演奏を聴く機会に恵まれた!プロフィールを読むと、エサ=ペッカ・サロネンの元でスウェーデン放送交響楽団のコンマスを務めていた。その後指揮に転向したとのこと。そういえば、サロネンの指揮でデビューした演奏家ってそれなりに多い気がする。パヌラ門下生が更に新しい指揮者や演奏家を発掘・育成している。フィンランドの指揮者・音楽家が引き継がれていっているのだなぁ。嬉しいことです。
音楽事務所 ジャパン・アーツ:アーティスト情報:ヨーン・ストルゴーズ(指揮)
 ↑ストルゴーズさんプロフィール。検索すると「ストゥールゴーズ」との表記も。スウェーデン語も難しい…。
BBC Proms 2015:Prom 5: Haydn, HK Gruber & Stravinsky
 今年のプロムスにも、BBCフィルハーモニックを指揮していました。動画はこちら(「ペトルーシュカ」)

 私の席は2階の後ろのほう。開演前から、楽団員さんの何人かは舞台で音出ししていたり、舞台裏からも金管楽器の練習している音が聴こえてきました。コンサート開演前のこの雰囲気が好きです。そして開演。N響の皆さんが登場。コンサートマスターは「まろさん」篠崎史紀さん。おお!いつもテレビで観ているまろさんがコンマスとは嬉しい!N響はFMでの定期演奏会生中継や、Eテレ「クラシック音楽館」の放送もよく観ているので、団員さんもそれなりにお名前は覚えている。しかし…私の席からはお顔が判別できない…。木管もどなたが乗っているのかわからないぞ…。いつもはオーケストラ全体を見渡せて、音の響きもいいなら後ろの席でも構わない、と思ってきたのですが…今回は団員さんたちのお顔、表情が確認できる席を取ればよかったとちょっと後悔。または双眼鏡持ってくればよかった。

 指揮のストルゴーズさんが登場して、1曲目、「エグモント」序曲。有名だけど、私はあまり聴いたことがありませんでした。配置は左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ。この曲ではトロンボーンはなし。最初の音から、N響の音の厚みに驚きました。普段ラジオやテレビでよく接しているオーケストラのはずなのに、生の音は違う。これから壮大なドラマが始まると予感させるドラマティックな音楽。刻む弦が印象的。最後は長調で終わるのは5番交響曲に通じるところがある。好きな曲だなと思いました。
 そして、ストルゴーズさんの指揮が熱い。身体全体でダイナミックな指揮。フィンランドの指揮者はスマートでクール(でも熱い時は熱い)、キリッとした指揮をするイメージがありました。キリッとしているのだけれども、動きが大きくて、熱い。でも熱過ぎる、暑苦しい感じはしない。フィンランド人指揮者の個性の幅、そして層の厚さに感心しました。拍手拍手。

 ピアノをセッティングして、2曲目、ピアノ協奏曲第3番。ベートーヴェンのピアノ協奏曲の中でも一番好きな作品です。アリス・紗良・オットさん、明るい緑のドレスが素敵です。アリスさんの演奏も初めて聴きます。後から知ったのですが、アリスさんはコンサートではいつも靴を履かず裸足なのだそう。このコンサートでもそうでした。ロングスカートで、私の席からは確認できなかった。確かに、靴によってペダリングも微妙に変わってしまうし、女性ならヒールの高い靴だと尚更。合理的だな、と感じました。
 いつもCDで聴いている曲ですが、生で聴かないとわからないことが沢山ありました。編成が小さい。ホルンは2管。やっぱりトロンボーンはいない。大きなホールで聴くとちょっと地味なようにも感じました。ピアノの音域が広い。オーケストラとの掛け合いが何度もあり、お互いを引き立てたり、競い合ったり、一緒に渾身の演奏をしたり…オケもピアノもとても楽しい。
 大きなホールで聴くとちょっと地味?と書きましたが…演奏はピアノもオーケストラもダイナミック、迫力があり、華麗でした。第1楽章のカデンツァの華麗さ、難しさも見て聴かないとわからない。アリスさん、難しい箇所も華麗に弾いてしまう。細いのに力強くて、凄いなと見ていました。第2楽章の弱音もきれい。ピアノもオケも魅力的な曲だと再確認。ますます好きになりました。
 演奏後、大きな拍手にこたえてアンコール。
・ショパン:ワルツ イ短調 遺作
 ベートーヴェンとは打って変わって、愛らしくやさしい演奏。本当に弱音がきれい。この曲は私もかつて弾いてみたいなと思っていた曲。ピアノを弾く人ならよく知っている曲ほど、プロが演奏するのは難しいと思うのですが、魅力的な演奏でした。アリスさん、ありがとうございました!

 休憩を挟んで、後半は交響曲第5番。トロンボーンも出てきて、ヴィオラとコントラバスも人数が増えていた。ホルンも4管に戻りました。第1楽章、速い!テンポはかなり速めです。でもN響の音色は相変わらず厚いし、乱れない。暗く悲劇的なイメージの強い第1楽章ですが、そんなに悲劇という感じがしない。疾風怒濤という感じ。繰り返しもきっちり演奏してます。ストルゴーズさんの指揮はやっぱり動きが大きく熱いのですが、「エグモント」序曲と同じく、熱過ぎず暑苦しくない。速いけど速過ぎない。重過ぎず、軽すぎず。第2楽章以降はそんなに速めには感じませんでした。2・3楽章はヴィオラとチェロのみせどころ。ここで、チェロの首席が藤森さんだったことに気がつきました。動きが大きく、活き活きと演奏されてました。ヴィオラもいい音が出ていて、ヴィオラ好きとして嬉しい。第4楽章は、ベートーヴェン5番ではここでしか出番のないトロンボーンを自然と応援してしまいます。全体を通して、明るく迫力があって、活き活きとして、希望を感じさせる5番でした。第4楽章を聴きながら、楽しいな、かっこいいな、でももうすぐ終わっちゃうのが寂しいな…と感じていました。フィナーレは圧巻でした。会場大拍手。私も手が痛くなるまで拍手していました。ストルゴーズさん、何度もお辞儀をして、コンマスのまろさんや首席の皆さんと握手したり、各パートを立たせて挨拶したり。演奏後のこのカーテンコール、挨拶も好きです。N響の皆さん、ありがとう!ストルゴーズさん、Kiitos!(せっかくなのでフィンランド語で)と心の中で叫んでいました。

 そして、アンコール。ストルゴーズさん、一言言って、指揮台に立ちます
・シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ
 最初の音を聴いた瞬間、何の曲かわかりました。シベリウス!!アンダンテ・フェスティーヴォ!!!この曲を生で聴けるとは…もう胸がいっぱいになりました。プロオケでシベリウスの作品を生で聴くのは初めてです。しかも、「アンダンテ・フェスティーヴォ」とは!!嬉しくて嬉しくて…!澄んだ美しい、やさしくあたたかいけれども威厳もある弦楽合奏。N響の弦はいいなぁ。コントラバスの低音がまたいい。ヴィオラも普段は陰に隠れがちだけど、いい音が聴こえる。いとおしむように、耳に焼き付けるように聴いていました。涙腺攻撃容赦ないです。
 ストルゴーズさんがフィンランドのご出身と知って、ならばシベリウスが聴きたいなと思っていました。ベートーヴェンはピアノ協奏曲第3番はいいけど、メインはシベリウスの交響曲2番とか…せっかくの来日なのに、そして今年はシベリウス生誕150年のメモリアル・イヤーなのに。そんなことを思っていましたが、このアンコールで吹き飛びました。
 最後、ティンパニも入って最後の音…ここでストルゴーズさんが右手を上にふわりとあげる指揮を。音もふわりと広がって、曲が終わっても余韻が。この音がとてもきれいでした。その余韻をたっぷりと味わってから大拍手。ストルゴーズさん、Kiitos paljon!!(やっぱりフィンランド語が出てしまうw)最高に嬉しいアンコールでした。

 思えば、N響でシベリウス「アンダンテ・フェスティーヴォ」…思い出があります。昨年2月。東京へ旅行に行った時。ちょうどN響定期公演が、尾高忠明さん指揮のオール・シベリウス・プログラム。1曲目が「アンダンテ・フェスティーヴォ」で、これは行きたい!と同行の友人たちに説明して、でも私一人で行くことに。しかし、その日、東京は大雪。雪の中でシベリウス、いいじゃないか、雰囲気出るじゃないか、シベリウス日和じゃないか!と逆にテンションが上がるw雪国在住、雪なら任せろ!雪靴、コート、雪対策・防寒対策も完璧だ!…しかし、交通等の関係で、渋谷NHKホールまで行けませんでした…。その悔いを晴らしました。きっちりN響で。東京まで行かなくても晴らせたよ!しかもフィンランドの指揮者さんの演奏で!
・その時の記事:大雪の東京へ
・代わりにムーミンカフェでフィンランド成分補充?:雪降る街、ムーミンたちとお茶をしよう

 本当に楽しい演奏会でした。ホールから出ると、薄雲に半月が。やっぱりシベリウス「アンダンテ・フェスティーヴォ」の余韻に浸りつつ帰途へ。
 N響の皆さん、またいらしてくださいね。ツアーも明日が最後。盛況になりますように。ストルゴーズさんも、また来日してくださいね。Hyvää matkaa!(よい旅を!)
f0079085_23114185.jpg


 この秋から、N響の首席指揮者にはパーヴォ・ヤルヴィさんが就任します。今年の就任前のコンサートもよかった。パーヴォさんと更にレベルを上げたN響を聴きたいです。今度はパーヴォさんとの演奏も是非生で聴きたい。パーヴォさんと全国行脚してくださらないかな…。
by halca-kaukana057 | 2015-08-30 23:21 | 音楽

矢車菊?ひな菊?

 先日の記事で、種から育てた矢車菊(ヤグルマギク、矢車草)が咲いたと書きました。
真夏のバラと花々

f0079085_22513417.jpg

こんな濃いピンクの花もありました。
f0079085_22514519.jpg

やっぱり青もきれいです。

 矢車菊といえば、シベリウスのピアノ曲にも「矢車菊」というタイトルのついた小曲があります。5つの小品op.85、「花の組曲」とも呼ばれる曲集の第1曲です。スタッカートが軽快な可愛らしい曲です。
'Bellis' (The Daisy) Op.85 No.1 Sibelius - P. Barton FEURICH 218 piano


 矢車菊の花にちなんで、この曲について書こう…と思ったら、上の動画に書いてある通り、英語でのタイトルは「Bellis」.「ひな菊」と訳されます。更に他のサイトでは「Daisy」デイジーはひな菊の別名。同じ種類の花だったんだ。矢車菊はヤグルマギク属。ちょっと違う。あれ?
 では、フィンランド語ではどうだ。調べてみると、「Kaunokki」.これを和訳すると「矢車菊」。あれ…?一体どっちなんだ…?
 曲から考えても、どちらでも合う気がする。参った。曲について書こうとしたら、タイトルの和訳で盲点が。矢車菊かひな菊かのどちらか、ということにしておきます…これ以上わからん!
 タイトルの和訳がどちらであれ、可愛らしい曲には変わりありません。爽やかなフィンランドの夏を思わせる曲でもあります。猛暑の日本から見れば、フィンランドの夏は爽やかで快適なんだろうなぁ。冬は寒い以上に暗い、日照時間が短いのが大変そう。

 このop.85、第2曲の「カーネーション」や第4曲の「金魚草」もきれいな曲です。ちなみに、今金魚草を種から育てています。遅く蒔いたので、花はもう少し先です。

 op.75の「樹の組曲」といい、シベリウスのピアノ作品には自然の樹、草花がタイトルの曲が多い。樹は沢山あっただろうけど、アイノラの周りには色々な花が咲いていたのかなぁ…?と思ってしまいます。
by halca-kaukana057 | 2015-07-27 23:17 | 音楽
 今年はシベリウス生誕150年。記念年です。先日のEテレ「らららクラシック」ではヴァイオリン協奏曲、テレ朝「題名のない音楽会」では藤岡幸夫さん指揮日本フィルで「フィンランディア」と交響曲第5番第3楽章を特集、演奏していました。Eテレ「クラシック音楽館」では、ユッカ・ペッカ・サラステ指揮N響の「クオレマ」と交響曲第2番。少し前には庄司紗矢香さんヴァイオリンソロ、パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響のヴァイオリン協奏曲。アンコールは「水滴」(シベリウス10歳の時の、人生最初の作曲作品!元はヴァイオリンとチェロの二重奏です)。テレビ放送で確認しただけでもこんなにある。もっと盛り上がってもいいですよ!嬉しい限りです。

 今日、こんなのを見つけました。
ゴールデンタイムズ:クラシック音楽でこれだけは聴いておけ!という曲を貼っていくよ
 クラシック初心者向けの有名曲、定番曲と思いきや、マニアックな選曲、作曲家ばっかりです…。有名な作曲家でもかなりひねってます。これは面白い。知ってる曲、好きな曲、名前も初めて聞く曲・作曲家。他者の聴いている曲、おすすめを教えてもらうのもいいですね。

 この中に、シベリウスもありました。民族叙事詩「カレワラ」のクレルヴォの物語を題材にした「クレルヴォ交響曲」。初期の作品で、私はまだ馴染めていないのですが、合唱の「Kullervo,Kalervon poika(クレルヴォ、カレルヴォの息子)」の部分は何故か口ずさんでしまいます。

 そしてもうひとつ。歌曲集「5つの歌」op.37より、第4曲「あれは夢だったのか?(Var det en dröm?)」。クレルヴォ交響曲も声楽つきの交響曲ですが、再び声楽・歌曲と来ましたか。これまた渋い選曲を。動画もあるのでどんな曲かすぐ聴けます。でも、歌詞はどんな歌詞だったっけ?私、CDとか持ってたっけ?探してみたらありました。よかった…(安堵

 タイトルの通り、歌詞はスウェーデン語です。作詞はヴェクセル。
梅丘歌曲会館 詩と音楽:ジャン・シベリウス:あれは夢だったのか?
 歌詞はこちらに対訳もあります。

 聴いたのは、ソプラノのバーバラ・ボニー盤、メゾソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッター盤、テノールのハンヌ・ユルム盤。
 作曲されたのは1902年。交響曲第2番と同じ年です。歌曲でも、シベリウス作品は前期と後期では雰囲気が異なる。前期に当たるこの「あれは夢だったのか?」を聴いて、まず思ったのが伴奏も歌もドラマティックな曲だな、と。歌詞も過去の恋人との思い出を情熱的に語っている。歌詞を見ずに音楽・歌だけ聴いていると、夢見るような曲想に惹かれます。短い曲ではあるけれども、エネルギーをじわじわと爆発させている。

 他にも、op.37の曲があったので聴いてみた。第5曲「逢い引きから戻った娘(Flickan kom ifrån sin älskings möte)」はシベリウスの歌曲の中でも有名だと思う。これは聴いた記憶がちゃんとあった。詩はルーネベルイ。作曲は1901年。やはりスウェーデン語の歌詞です。
梅丘歌曲会館 詩と音楽:ジャン・シベリウス:デートから戻った娘
 これまた詩も曲もドラマティック。恋をした娘の恋の成就と別れ…シューマンやシューベルトの歌曲を思います。が、曲はシベリウスだなと思うところがある。細かく刻まれる音や、歌を追いかけるようなゆるやかな伴奏。交響曲第2番でもあるようなうねうねとした部分も。伴奏を聴くのも楽しい。ピアノでも、オーケストラ伴奏でも。オーケストラ伴奏だと、よりシベリウスらしさを感じます。

 第3曲「日の出(Soluppgång)」。詩が暁、日の出、夜明けの情景を美しく描いている。となると曲も雄大で美しい。素朴さもあるのがまたいい。

 ということで、「5つの歌」op.37、いい歌曲集です。せっかく声楽やってるんだし、歌えたらなぁと思うのですが、日本語版の楽譜がない…。シベリウスの歌曲の日本語版の楽譜は悲しいことに皆無。スウェーデン語の発音もわからない。日本語版の楽譜なら、スウェーデン語の発音解説も書かれるはずなので(イタリア歌曲集にはあります)。ピアノ曲でも日本語版の楽譜は少ない。ようやく少しずつ増えてきていますが、曲の数はまだ少ない。いい曲いっぱいあるのに…。シベリウス生誕150年記念年だし、日本では著作権保護期間も切れてアマチュアでも演奏しやすくなっているので、どんどん楽譜出しましょうよ!アマチュアが演奏しやすいピアノやヴァイオリンなどの器楽曲、室内楽、声楽・合唱曲は特に。声楽・歌曲集の日本語版楽譜は本当に出しましょうよ!!

 歌曲・声楽作品もどんどん聴くことにします。
by halca-kaukana057 | 2015-07-21 23:16 | 音楽
 今日は二十四節気で「雨水」。雪から雨に変わる頃、とされています。当地も、一日中氷点下の真冬日で大雪・猛吹雪という日は少なくなってきました。先日は猛吹雪、短時間の大雪に見舞われましたが、その後は穏やかで、春が少しずつ近づいていることを感じます。それでも、そのうちまた真冬に戻ったりする…まさに「三寒四温」。

 こんな季節になると、シベリウスの交響曲第2番を聴きたくなります。まさに冬から春に移り変わる今の季節を描いているかのような交響曲。シベリウスの交響曲の中で最もメジャーなので、録音もたくさんあります…。その中から、この演奏を。
HMV:シベリウス:交響曲第2番 サカリ・オラモ&フィンランド放送交響楽
 フィンランド人指揮者とフィンランドのオーケストラコンビによる演奏。2006年、シベリウス没後50年の時のライヴ録音です。この演奏会はシベリウス・チクルス(交響曲全曲演奏会)で、部屋の中を探したら、NHKFMで放送されたのを録音したMDが出てきました。でもCD買っちゃった。
 オラモは、以前バーミンガム市交響楽団とのシベリウス交響曲全集で聴いています。バーミンガム市響とのは2000年。それから6年後。オケも違う、録音環境も違う、フィンランド放送響の方はライヴ。そしてオラモも6年とは言え年齢と経験を重ねてきた。しかもこのオーケストラはオラモがコンサートマスターを務めていた古巣、故郷のようなオケ。音楽だけ聴こうと思っても、こんなことも考えてしまいます。

 これまで私が2番で気に入っている箇所は、第1楽章の冒頭、せせらぎのような弦の澄んだ音。あと、第3楽章終盤で弦楽器も管楽器もうねうねとしながら雄大な第4楽章に入っていくあたり。第4楽章も朗々としているけれども明るさと暗さを繰り返して、輝かしいフィナーレを迎える。この辺りが好きなのですが、このオラモ&フィンランド放送響の演奏でいいなと思ったのが第2楽章。全体的に暗い楽章。時に、雲間から陽が差すようなうっすらとした明るさもある。トランペットのソロが印象的。メリハリがあってキリリと冷たく引き締まったテンポとトーン。強い音の部分も強過ぎない。シベリウスの音楽は、音楽そのものは暗くても、感傷的な陰鬱・メランコリーとは違うと思っている(後期交響曲・作品は特に)のですが、オラモ&フィンランド放送響の2番の第2楽章はまさにそんな感じ。

 第1楽章の弦のささやきも、第4楽章のファンファーレも澄んでいる。第4楽章は少しテンポ速いところも。メリハリ効かせてます。弱音から強音までの幅が広い。盛り上げるところは盛り上げて、抑えるところは抑える。第4楽章の最後のあたり、短調で盛り上げて長調に変わるあたりから最後にかけても、冷静でいて内面の熱さがある感じ。いい演奏です。
 バーミンガム市響のと聴き比べてみましたが、こっちのほうが落ち着いているかな?

 今年はシベリウス生誕150年。本国フィンランドは気合入ってます。日本でも、年明け前からあちらこちらでシベリウス作品が演奏されています。ああ、せっかくのアニバーサリーイヤーだし、何かひとつでもいいから生でシベリウスを聴きたいなぁ。

 ということで、現在フィンランド放送響のサイトでは、この2番を含む、オラモ指揮の2006年のシベリウス交響曲全曲を無料で配信しています。シベリウス気になっているんだけど聴いたことない。聴いてみたい。そういう方には是非。
◇1番~3番: yle.fi:Elävä arkisto:Sibeliuksen sinfoniat nro 1-3
◇4番~7番: yle.fi:Elävä arkisto:Sibeliuksen sinfoniat nro 4-7
 フィンランド語ですが、番号さえわかれば大丈夫

yle.fi:Klassinen:Jean Sibelius 150v
 フィンランド国営放送YLEのシベリウス生誕150年記念サイト。フィンランド語ですが…。
Sibelius 150
 こちらは英語のシベリウス生誕150年記念サイト。

・過去関連記事:さらに フィンランド人指揮者でシベリウス
by halca-kaukana057 | 2015-02-19 22:15 | 音楽
 今日12月8日はシベリウスのお誕生日。1865年。今年で149年。来年はいよいよ生誕150年です。シベリウスは私にとって、最も(と言ってもいい)親しみ深い作曲家。7曲(プラス「クレルヴォ交響曲」)の交響曲、ヴァイオリン協奏曲、管弦楽曲や劇音楽。室内楽や合唱、ヴァイオリンやピアノ曲は交響曲とはまた違った面が伺えて、どんどん聴きたくなる。でも、シベリウスも結構多作で、まだまだ知らない曲、聴いたことのない曲があります。CDは持っているのに聴いてない曲も。今日はそんなCD持ってるのに、今まであまり聴いてこなかった作品を。

 シベリウスの作品で有名な作品と言えば?と聞かれたら、多くの人は交響詩「フィンランディア」op.26と答えると思います。フィンランドの作曲家・シベリウス。ロシアの統治下にあるフィンランドの独立を願って書かれたという、力強く、美しい作品。中間部の「フィンランディア讃歌」は合唱曲にもなり、フィンランド第二の国歌として親しまれています。フィンランド語で歌えるようになるんだ、いつかきっと。

 その「フィンランディア」は元々、「愛国記念劇」という歴史劇の音楽の7曲目から生まれたもの。元々の題名は「フィンランドは目覚める」というタイトルでした。その「愛国記念劇」の曲も残ってはいるのですが、あまり演奏されない。ただ、シベリウスは「フィンランディア」発表後、「愛国記念劇」の中から3曲を選んで編曲し再発表。それが、この記事で取り上げる組曲「歴史的情景」第1番op.25.

 3曲にはそれぞれタイトルが付いていて、第1曲「序曲風に(All'Overtura)」、第2曲「情景(Scena)」、第3曲「祝祭(Festivo)」。どれも聴いていてとても楽しい。「フィンランディア」よりも牧歌的。聴いていると、シベリウスは金管楽器を使うのがうまいなと思う。弦楽器も木管楽器もだけれども、ここぞというところで金管が出てくる。時には高らかに歌うように、時には厳かに、時には勇ましく。第2曲「情景」は木管で静かに始まるけど、この曲も金管がポイント。ファンファーレのように登場する。第3曲「祝祭」は明るく朗らかに、リズミカル。「祝祭」と言っても、どんちゃん騒ぎのお祭りにならないところはシベリウスらしい。「アンダンテ・フェスティーヴォ(邦題:祝祭アンダンテ)」にも通じてゆくのかな。カスタネットとタンバリンが出てくるのが面白い。シベリウスがカスタネットを使うのは珍しいんじゃないのか?

 シベリウス作品は交響曲第4番、第6番、第7番のような幽玄で独特の暗さも、澄んだ弦も魅力的。でも、こんな明るいシベリウス作品もある。お誕生日お祝いにはちょうどいい、と聴いています。こんないい曲があったんだなぁ。しかも、「フィンランディア」と元は同じだったとは。
 ちなみに、私が聴いたのは、ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ響。

 この「歴史的情景」、演奏会用の第2番もあるそうで。そちらも聴いてみたい。
by halca-kaukana057 | 2014-12-08 23:49 | 音楽

シベリウスの”心の歌”

 今日9月20日はシベリウスの御命日。日本ではお彼岸の入り。フィンランド・ヤルヴェンパーのシベリウスの家「アイノラ」にあるシベリウスのお墓にお墓参りに行けたらなぁ…と毎年思います。

 今日はがっつりシベリウスを聴こうと聴いたのですが、記事に書くのは歌曲。今年はオペラ・声楽強化中ということで、シベリウスでも声楽もの、歌曲で行きます。シベリウスはオペラは書いたけれども、とてもマイナーでまずほとんど知られていないらしい。私もよく知らない。

シベリウス:歌曲集 第2集

ハンヌ・ユルム(テノール)/ヨウニ・ソメロ(ピアノ)/ Naxos



 選んだのがこのCD.このCDを聴くきっかけになったのが、あの「フィンランディア讃歌」がテノールソロで歌われていること。「フィンランディア讃歌」は普通は合唱です。私も合唱しか聴いたことがなかった。それが、テノールだけで。ユルムさんの深く、力強く、朗々とした声がとてもダイナミック。ピアノ伴奏も迫力あり、歌に入ると静かに寄り添う。テノールだけの「フィンランディア讃歌」もいいな。いつかは「フィンランディア讃歌」を原語:フィンランド語で歌いたいと思っているのですが、こういうやり方もあるんだなとも思いながら聴いています。ただ、楽譜が無い…日本語訳付きの日本版楽譜が、合唱版ですら見つからない…。メロディー譜は持っているのだが、伴奏もついている楽譜がない…。これはどうしたことか…。

 このCD,とても面白いです。第1集はスウェーデン語での歌曲が中心なのですが、この第2集はフィンランド語の歌曲中心。しかも、歌曲だけでなく、先ほどの「フィンランディア讃歌」他、劇付随音楽「クリスティアン2世」op.27の「蜘蛛の歌」、「ペレアスとメリザンド」の「3人の盲目の姉妹」、「クレルヴォ交響曲」の「クレルヴォの嘆き」といった通常なら声楽付き管弦楽で演奏される曲が、ピアノ伴奏で歌曲のように演奏される。伴奏がピアノでシンプルになり、歌の魅力がより引き立つ。「クリスティアン2世」の「蜘蛛の歌」は元々のオーケストラでの演奏も好きなのですが、ピアノ伴奏でもとても好きです。「クレルヴォの嘆き」もより力強くドラマティックに。人間の声、歌の表現の豊かさを感じます。

 そしてこのCD,フィンランド語の歌曲が収められている…と書きましたが、マイナーな、マニアックな、珍しい曲ばかり。世界初録音の曲もいくつかあるから凄い。残念なことに、このCDには歌詞がついていない。なので、何と歌っているのかさっぱりわからないのだが、曲の雰囲気と歌う声の調子で味わえればそれでいい、とも思う。「おばあさんの誕生日の歌」JS136、という歌もある。穏やかな、ゆったりとした、優しい明るさの歌。長い人生を優しく祝福しているのだろう。
 一方で、しっとりとした曲も多い。「朝露にぬれて」JS9a、「歌いつぶした声」op.18-1、「カリオの教会の鐘」op.65-2など。歌詞はわからないのに、曲と歌声が心を打つ。「歌いつぶした声」op.18-1は、「失われた声(毀れた声)」とも訳され、カンテレ伴奏で歌い継がれてきたフィンランドの民族音楽・カンテレンタル。特に気に入っているのが「わが心の歌」op.18-6.

 歌詞がわからないと思っていたが、検索したら出てきた。とてもわかりやすい訳です。
シベリウス男声合唱曲について:Sortunut ääni(毀れた声)
シベリウス男声合唱曲について:Sydämeni laulu(わが心の歌)

 どちらもかなしみを歌った歌だった。「わが心の歌」は、亡き子を偲ぶ歌。シベリウスの葬儀でも演奏された曲なのだそうだ。歌詞の中身を知らなかったのに、御命日にぴったりな曲を選んでしまった。かなしみであふれる心の奥底から、静かに語るように歌われる歌。バリトンならもっと落ち着いた、暗さも表現されるだろうが、テノールならではのやさしさ、やわらかさもいい。亡き子を偲ぶ歌なら、女声でも歌われてもいいと思う。

 シベリウスの作品は交響曲・管弦楽曲が著名ですが、歌曲やピアノ曲も数多く、管弦楽とはまた違った面が伺える。歌曲・合唱曲もまたいいなぁ。しかし、CDもだが、楽譜が無い…。日本では著作権保護期間も過ぎたのだから、もっと出版されてもいいのに。出版されれば、アマチュアも演奏するだろうに…フィンランド語の発音・発声を教えられる先生が少ないか…。
by halca-kaukana057 | 2014-09-20 22:37 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30