人気ブログランキング |

タグ:ドリトル先生シリーズ ( 16 ) タグの人気記事

 ドリトル先生シリーズ第6弾。4巻「サーカス」の続きのお話です。

ドリトル先生のキャラバン
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二:訳/岩波書店・岩波少年文庫


 「サーカス」でサーカス団の団長になったドリトル先生。そのドリトル・サーカスのもとにやってきたのが今回の主役であるカナリアのピピネラ。メスであるにも関わらず、素晴らしい歌を歌い、またこれまで波乱の人生(鳥生?)を歩んできた。そんなピピネラを主役にしたオペラを作り、サーカスで上演することに。

 このピピネラの生き様がドラマティックで生き生きしている。飼っている鳥かごの鳥、水槽の金魚はいつも同じ景色だけを見て、退屈ではないのだろうかと子どものころ思ったことがある。ピピネラはひとつの場所に留まらない生きかたをしていたが、鳥は鳥で、金魚は金魚で毎日違うものを見ているのかもしれない…そう思った。

 そのピピネラのカナリア・オペラには、なんとあのパガニーニもやってきます。そう、あのヴァイオリンの名手であるパガニーニ。まさかドリトル先生シリーズに実在した音楽家が出てくるなんて驚いた。ということは、ドリトル先生のお話の舞台はパガニーニと同じ時代…19世紀前半だったのか。物語自体は第一次大戦中に書かれたので、そのぐらいの時代を設定しているのかと思っていた。その時代であれば、ドリトル先生の動物への愛情と活動は人の目にますます奇妙に映るのではないか。やっぱり当時としては革新的なお話だったと思う。

 これまで、動物と話が出来ることを、変だと人々に見られていたドリトル先生。しかし、この「キャラバン」ではちょっと事態が変わってきます。ドリトル先生の動物と話が出来る能力と、動物に対する知識を活用させてほしいという人々が現れる。カナリア・オペラで成功した結果のひとつなのだが、それでもドリトル先生のこと、動物のことを理解しようという人々が現れたことは、物語のひとつの転換に当たると見た。これからはドリトル先生と周りの人々についてもよく読んでいこう。

 さて、7巻から9巻までは月シリーズ。ドリトル先生が月へ向かいます。これは楽しみだ。
by halca-kaukana057 | 2008-05-19 21:59 | 本・読書

ドリトル先生の動物園

 「ドリトル先生」シリーズ第5弾。トミー君との「航海記」の続編に当たります。トミー君が登場して語る巻の文章が好きだ。

ドリトル先生の動物園
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳/岩波書店・岩波少年文庫


 タイトルの「動物園」は、現代の人に動物を見せるための施設のことではなく、動物たちの町のことを指します。パドルビーの自宅に、動物たちの町を作ったドリトル先生。「雑種犬ホーム」や「ネズミ・クラブ」など、動物たちが幸せに暮らせる町・家を作ることは、ドリトル先生最大の願いだったと思う。

 物語の大半は、「ネズミ・クラブ」の個性豊かなネズミたちの思い出話。代表して4匹のネズミの思い出話、経験談、そして武勇伝が語られる。世界中のいたるところに棲み付くネズミたちが、彼らの経験談を話してくれたら…。きっと、人間の視点では理解しきれない物語が詰まっているんじゃないかと思う。何かを聞き、読み、理解しようとする時、その人の視点や考え方のパターンは大きく影響してくると思う。その視点や考え方のパターンから脱却して、新しい考え方で物事を見るのは難しいと私は感じる。だから、ドリトル先生の物事の考え方、世界を見る視点は私のものとはずっと違っているのではないか。ドリトル先生のお話を読んでいると、そんな狭い・固まった自分の視点に気付く。そして、人間の視点とは違う視点の世界を、ドリトル先生がそっと見せてくれていると感じる。

 物語の後半は、名探偵犬・クリングの謎解きミステリー。ドリトル先生のお話は冒険ものだけじゃない。ミステリーまであったなんて。でも、普通のミステリーのように「犯人はお前だ!」と突き止め、犯人が逮捕されてめでたしめでたし…ではない終わり方がドリトル先生らしい。余計なことは言わない。言葉は少ないけれど、言葉以上にものを語る何か…雰囲気とか、空気とか、そういうものがドリトル先生からにじみ出ていて、そこがこの物語の面白さだと感じた。

 そのクリングの登場シーンがユニーク。ネズミを食べて(ネズミばかりが出てくる、しかもそのネズミたちが活躍する物語で、いきなりこの流れは厳しい…)、お腹を壊したクリングに、ドリトル先生の犬・ジップがこう言う。
「いまどき、ネズミをたべるなんて、きみは何も知らないのかい?Rのはいらない月には、ネズミをたべちゃいけないんだぜ。ものすごく毒があるんだから。」
「そのRっていうのは、何のことですか?」
「そりゃ、もちろんRatのことさ。」(277ページ)

…ネズミは牡蠣ですか。
by halca-kaukana057 | 2008-04-29 21:24 | 本・読書

ドリトル先生のサーカス

 ドリトル先生シリーズ第4弾。今度はイギリス国内での大冒険です。

ドリトル先生のサーカス
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二:訳/岩波書店・岩波少年文庫

 お金に困っているドリトル先生は、アヒルのダブダブやブタのガブガブ、犬のジップ、それにオシツオサレツたちを連れてサーカス団に入る。そこでドリトル先生は、オットセイのソフィーに出会う。ソフィーはあることで困っていた…。



 「サーカス」の物語の大きな柱は2つ。オットセイのソフィーの逃亡支援と、「ドリトル・サーカス」。動物の言葉を理解し、動物たちに大きな愛情を注いできたドリトル先生だが、この「サーカス」でドリトル先生が動物たちのために積極的に行動し続ける。

 夫と離れ離れになり、何とかして故郷のアラスカに戻りたいと嘆くオットセイのソフィー。そのソフィーをサーカスから逃がすため、あらゆる手を使い、イギリスでの大冒険がはじまる。それはソフィーにとって辛い道だったが、先生にとっても難しい冒険だった。先生にとって、動物たちが幸せに暮らしているかどうかが一番の問題なのだ。自分のことよりも、動物たちのこと。ソフィーの他にも、恵まれた暮らしができず困っている動物たちが「サーカス」では多く登場する。その動物たちのために、先生は財産を投げ打ってでも救おうとする。動物のことをこれだけ真剣に考えられる先生…先生の動物たちへの愛情、信頼が強く伝わってくる。

 人間と動物がともに生きるには。ドリトル先生を読んでいるとそんなことを考えてしまうのだが、この「サーカス」は特にその問いかけを強く感じた。
by halca-kaukana057 | 2008-04-05 21:25 | 本・読書

ドリトル先生の郵便局

 ドリトル先生シリーズ第3作。ドリトル先生たちが再びアフリカへ向かいます。

ドリトル先生の郵便局
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳/岩波書店・岩波少年文庫

 ドリトル先生、今度はアフリカのファンティポ王国で郵政大臣になってしまいます。ドリトル先生の郵便局では、人間ではなく鳥たちが配達をするのです。郵政民営化ならぬ、郵政鳥営化。この発想がドリトル先生らしい。その郵便局を支える鳥たちも個性的。ツバメのリーダーである「韋駄天のスキマー」、「飛脚のクイップ」、ロンドン・スズメのチープサイド。鳥にも住んでいるところで得意分野があることを、ちゃんと表現しているのがいい。

 ドリトル先生も郵便局の仕事だけでなく、冒険したり、他の事件に巻き込まれたり。こうやって読んでいると、ドリトル先生はお人よしだなと思う。自分の研究があるのに、それを中断してでも誰かのために他の仕事を始めてしまう。とても優しい人でもある。

 特に面白かったのが、本編とはちょっと話がずれるが第3部の動物たちの話。これも、寝る前に読みたいお話ばっかり。白ネズミの話があまりにも悲しくて、読んでいて辛くなる。一方でフクロのトートーの話が興味深い。「恐れというものは、たいてい無知からくるんでございます」ドリトル先生が世界中を冒険し続けているのは、世界がどんなものか行ったことはなくても理解しているからからもしれない。すごいや。

 ドリトル先生の視点の広さに感服いたしました。

(ドリトル先生シリーズは白人の視点で書かれていて、アフリカ原住民の文化を尊重していないという指摘もあるけれども、この作品が書かれたのが第1次世界大戦中のイギリスであることを考えると、しょうがないとも思う。)
by halca-kaukana057 | 2008-03-19 22:42 | 本・読書

ドリトル先生航海記

 大人になってから読む"「ドリトル先生」シリーズ"。第2作目です。

ドリトル先生航海記
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二・訳/岩波書店・岩波少年文庫

 ドリトル先生は相変わらず動物たちの診察と、先生自身の研究で大忙し。そんなドリトル先生のもとへ、トミー・スタビンズ少年がやってくる。怪我をしたリスを保護し、そのリスの手当てをして欲しかったからだ。トミーはドリトル先生が動物の言葉を理解し話せること、ありとあらゆる生き物の研究をしていること、そしてその研究のために世界中を旅していることを聞き、ドリトル先生の助手になる。ドリトル先生は貝の研究をしていたが、その手がかりを南米に住むインディアンの博物学者・ロング・アローに学びたいと思っていた。しかし、ドリトル先生に使われてロング・アローを探していた紫ゴクラクチョウは、ロング・アローが行方不明になっていると告げる。ドリトル先生とトミー、動物たちは船でロング・アローが住んでいる島へ向かうのだが…。


 この第2作で、物語の語り手となるトミーが登場。第2作はトミー視点で語られているところもポイント。

 「航海記」の冒険は第1作「アフリカ行き」のそれとはケタが違います。「アフリカ行き」で海賊をやっつけたシーンでドリトル先生のカッコよさ、勇ましさに惚れてしまったのですが、「航海記」はそれ以上。研究熱心で真面目、勇敢で力もある。正義を大切にし、人も動物も思いやる。権力や地位に驕ることなく、質素に自分のすべきことだけを遂行する。ドリトル先生の凄さについて作品中で何度も触れられているが、こういう形で触れなくても読み手はその凄さを読みながら噛みしめていける。ドリトル先生なりの生き方・生き様・哲学は、現代人の生き方にいいヒントを与えてくれるのではないかと思う。この作品が書かれたのは第1次世界大戦中。その当時は、ドリトル先生のような生き方は斬新だったのではないだろうか。

 先日はてなハイク:いま読んでる本にドリトル先生のことを書いたら、予想以上に反応が返ってきた。皆子どもの頃に読んで、強く印象に残っていたんだな…と思いながらレスを読ませていただきました。このレスで、ドリトル先生の名前について面白いことが書いてあった。この「航海記」で王様にされてしまうドリトル先生。その際、「ドリトル」では偉い人に似つかわしくないので「ジョング・シンカロット」という名前にされてしまう。何故「ドリトル」では偉そうではないのか。理由はこうだ。
ぼくは子供のときに読んだので、ドリトル先生が「シンカロット」って別名を名乗るのがわかりませんでした。
do little→think a lot なんだよな。
いま読んでる本:lovelovedogさんの回答より

 「ドリトル」=「Do little」,「シンカロット」=「Think a lot」だったのです。確かに、「little」では偉そうに聞こえない。「a lot」ならまさしく。実際のドリトル先生は「Think a lot,do a lot」だと私は思うのですが。机上の研究も、旅で得られるものも大切にしている。こういう姿勢で学び、生きられたらと思う。

 ちなみに、私がこの「ドリトル先生」シリーズを読むきっかけになったマンガ「本屋の森のあかり」2巻第7話にも、このドリトル先生の名前の秘密が関係しているんじゃないかと思っている。書店副店長で超読書家の寺山と、彼に想いを寄せる店員の主人公・あかり。寺山がドリトル先生で、あかりがトミーと例えているのだが、この寺山がまさに「Do little,think a lot」な人間に思える。本ばっかり読んで、ゾウを実際に見たこともない。知識と思考だけは沢山あるのに、それを裏付ける体験・経験は多くは無い。そういう意味なのかな?と考えた。深読みしすぎ?

 そう言えば、ドリトル先生シリーズって全12巻でした。13巻と間違えてた…。
by halca-kaukana057 | 2008-03-05 22:45 | 本・読書
 読んだ本に関して、一気に3冊いきます。テーマは、「ひとつの道を究める人たち」

ニュースの読み方使い方
池上 彰/新潮社・新潮文庫/2007


 NHK「週刊こどもニュース」の初代"お父さん"で、元NHK記者の池上彰さんが教える情報収集・整理・読解・解釈術。こどもニュースは好きな番組で、放送開始当時から観てました。毎週毎週複雑な社会情勢や分かったつもりでいたニュースについて、分かりやすく、丁寧に解説してくれた番組の裏ではこんなことをしていたのか、と目からうろこ。池上さんの新人記者時代の話も面白い。こうやってニュースに立ち向かい、深く読み解く力を付けていったのか。

 この本を読んでいると、池上さんはアナログの情報を大切にされているなと思う。本や新聞など、紙に書かれた情報。今ネットで莫大な情報を手に入れることは出来るけど、量は多すぎるし情報が入れ替わる速さも速いし、私もアナログの方がとっつきやすいと感じる。しかし新聞を読む量と言い、読書量と言い…尋常じゃない。しかも守備範囲も広い広い。さすが。

 池上さんの頃の「こどもニュース」にはなかったと思うが、番組の最後に出演者とスタッフが皆でカメラに向かって手を振るシーンがある。あのシーンの和やかさ・和気藹々な雰囲気がどうやって出来たか「あとがきにかえて」を読んで納得した。それと、この本を読んで、かつてやっていた新聞スクラップを再開してみたんです。新聞を切り抜く作業って楽しい。ニュース・情報をじっくり読めるし、紙で実際に手に取ることが出来るのも重要かな、と。



*****

ドリトル先生アフリカゆき
ヒュー・ロフティング/井伏 鱒二・訳/岩波書店・岩波少年文庫


 「本屋の森のあかり」2巻で登場する「ドリトル先生」シリーズのはじまりの物語。実は読んだことがなかったのです。「本屋の森のあかり」を読んで、読んでみたくなった。

 動物の言葉を理解できるドリトル先生が、伝染病で苦しむサルたちを助けるためアフリカへ向かう。飼っている沢山の動物たちを連れての大冒険。こういう冒険ものは久しぶりに読んだ。オモシロイ。子どもの時に読んでおけばよかったと激しく後悔。ドリトル先生の自由奔放さ・お気楽さが、読む人の心を軽くしてくれる。でも、バンポ王子の姿を薬で一時的に変えた部分で切なくなった。自由になりたいけれどもどうやってもその願いを叶えることが出来ないバンポ王子。ドリトル先生も、自由なようでお金や借りたものなどの面では自由になりきれていない。薬を使った後で「気の毒なことをした」と言うドリトル先生。深い言葉に思える。

 ドリトル先生シリーズはこれからも読んでいきたい。全13作。どうなるのか楽しみです。



*****


雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集
中谷 宇吉郎/池内 了・編/岩波書店・岩波少年文庫


 "雪の科学者"中谷宇吉郎のエッセイ集。雪の研究のこと、湯川秀樹や師である寺田寅彦、永岡半太郎など交友のあった科学者たちとの話、身の回りの科学のことなど、話題は多岐にわたっている。雪はいつも見ているけど、そう言えば雪がどんなつくりをしているか、どうやって出来るのか、どうやったら作れるのかについてはそんなに考えたことがなかった。「千里眼」や「立春に立つ卵」など、今で言う「ニセ科学」に関する話もあって面白い。もし、宇吉郎が「水からの伝言」の話を聞いたらどう答えるんだろうか。天国でヤキモキしているかもしれない。

 読んでいて、宇吉郎の視点や考え方の鋭さに敬服するばかり。自然に対する視線。雪という自然の一部を相手にしていた科学者の言葉の重さ、面白さ。何かをじっくりと見つめ、試行錯誤して、考える。科学の基本とはこういうことなのかなと思う。

 雪の研究を始める前は、寺田寅彦のもとで学んでいた。駆け出し研究者で、色々なことを研究していた。その科学(実験物理)の道に進むまでも、試験に落ちたり方向転換したりしていた宇吉郎。「私の履歴書」の最後の部分が印象的だ。
将来の希望を早く決めて、その方向に進むなどということは、ふつうの人間には出来ないことである。だからその時々に若気の至りでもよいから、ちゃんとした希望をもって進めば、それで十分である。それが何度変転してもかまわない。その時々に大まじめでさえあれば、きっと何かが残るものである。注意すべきことは打算的な考え方をしないという点だけである。と、この頃考えるようになった。
(256ページ)

 「比較科学論」「地球の円い話」にもなるほど~と感心。「イグアノドンの唄」は寝る前に読みたい。ワクワクする、楽しい夢が見られそうだ。


******

 以上3冊でした。

 ここでちょっと連絡。のんびり更新にしていたこのブログですが、徐々にペースを戻していこうかと思っています。積読本はまだまだ増える予定ですが、読みたいんだからしょうがない(開き直ったw)。アナログの世界とデジタルの世界、まだまだ試行錯誤ですが自分なりにバランスをとりながら付き合っていけたらなと思います。時々、予告無しに本や他のものに没頭するかも知れませんけどw
by halca-kaukana057 | 2008-02-19 22:22 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31