人気ブログランキング |

タグ:ラフマニノフ ( 3 ) タグの人気記事

 今夜のN響定期公演を、NHK-FMで聴いていました。今日のは楽しみにしていました。指揮はヘルベルト・ブロムシュテット。ピアノソロはレイフ・オヴェ・アンスネス。ブロムシュテットはスウェーデン出身、アンスネスはノルウェー出身、北欧コンビですね。

 演目は、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」。以前、アンスネスは2番をN響と共演してましたね(この時、元々は3番の予定だった。それが2番に変更になった)。私は、3番はあまりじっくりと聴いたことがありません。とてつもない難曲というイメージしかない。なので、今回じっくり聴こうとラジオに耳を傾けていました。

 アンスネスの演奏というと、音がキラキラしていて、繊細。あまり性能のよくないラジオでも、美しい音色が伝わってきました。サラサラと流れるように、柔らかく。かと思うと、第1楽章のカデンツァで、激しい演奏も。激しい演奏をするアンスネスは、あまりイメージが無かったのでビックリしました。

 都合で、風呂に入りつつ(ジップロックにラジオを入れて、風呂に持ち込んだw)聴いたので、細部までじっくり聴けなかったのが残念。それでも、耳にあの音が残っています。

 アンコールは、故郷ノルウェーの作曲家・グリーグ「抒情小曲集」第5集op.54より第2曲「ノルウェーの農民行進曲」。行進曲でもあるけど、舞曲にも聴こえる不思議な、魅力的な作品。キラキラ煌めく光の粒のような音色で、民謡調の音楽が奏でられる。お風呂の中で聴き入っていました。ピアノって、こんな美しい音が出る楽器なんだよなぁ…。思えば、アンスネスの名前と、その演奏を知ったのは、偶然図書館で借りた「抒情小曲集」のCD。それで気になり、聴き込んで、気に入り、今に至ります。そのCDには、「ノルウェーの農民の行進曲」は収められていませんが、もっとこのピアニストの演奏を聴きたい、どこへ向かうのか聴き続けていきたいと感じました。

 仕事に勉強に、家のことなどで心がガザガザの今日この頃。更に、今日は残暑が厳しかった。そんな乾いた、ひび割れそうな心に潤いをもたらす水のような演奏でした。

 今回、ソロリサイタルも含めて来日してくださってありがとうと伝えたいです。
・インタビュー記事があるのでどうぞ:ピアニストたちの素顔:アンスネスへの来日直前インタビュー

 今日の公演の模様は、11月13日、BSプレミアム「特選オーケストラ・ライブ」で放送されます。ちょっと先だなぁ。これでじっくり聴こう。その前に、「N響アワー」での放送は無いのかな。告知待ちです。

 と言うわけで、勉強の休憩?でした。休憩してばっかりなんですが…(汗 でも、他にも書きたいことがあるんだよなぁ、読んだ本とか…

・前回のN響との共演・ラフマニノフ2番協奏曲の記事:秋の星空的ラフマニノフ
by halca-kaukana057 | 2011-09-16 22:53 | 音楽

秋の星空的ラフマニノフ

 現在来日中の、私のお気に入りのピアニスト・レイフ・オヴェ・アンスネス。今回も来日公演に行けず…。でも、今日はNHK交響楽団との共演ということで、NHK-FMで生中継されてました。プログラムはラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18」。以前聴いた「時々無性にラフマニノフ」(2007.2.4)でパッパーノ指揮ベルリン・フィルとの共演のCDに、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番が入っていた。このCDでの演奏も好きなのだが、今回のN響との演奏も聴き入ってしまう演奏でした。

 実は、ラジオでの今日の生中継を19:30からだと勘違いしていた。本当は19:00からで、19:15ぐらいにラジオをつけたらもう既に始まっていた悲劇…。1・2楽章は携帯に付いているラジオで、外を歩きながら聴いていた。今日は山で雪が降るほど寒く、その冷たい空気の中で雨上がりの澄んだ星空を眺めながら聴いていた。空には秋の星座…アンドロメダやペガスス、カシオペア、みずがめ座ややぎ座も見えていた。聴きながら、秋の星空に似ているなと感じた。

 秋の星空は、とても地味だ。一等星が多い夏や冬のきらびやかな星空とは違って、目立つ星が少ない。一等星はみなみのうお座のフォーマルハウトのみ。しかも南の空低く輝いているので、あまり明るく見えない。みずがめ座やくじら座など、大きな星座は多いのに、明るくない星が多いので探すのに苦労する。でも、秋の星座は物語が面白い。エチオピアの王女・アンドロメダがお化け鯨の生贄にされる話を中心に、壮大な物語が展開する。星の輝きは淡くとも、昔の人々が紡いだ物語が見えてくる。雨の後の澄んだ空と、冷たく引き締まった空気がその星空をさらに美しくする。アンドロメダ銀河(M31)他、銀河も多いので望遠鏡を向ければもっと楽しめる。

 アンスネスの演奏も、派手さよりも曲そのものの美しさ、壮大さを感じられる演奏でした。パッパーノ&ベルリン・フィルとのCDでもいいなと思った第2楽章は特に。星空の下で聴くにはぴったりの演奏でした。ピアノのキラキラとした音が、星の瞬きに合う。3楽章もこんな聴き所があったんだと発見もあったり。そのうち「N響アワー」などで放送されると思うので(お願いしますNHKさん)、その時にまたじっくり聴き直したい。


 アンコールがドビュッシーの「前奏曲集」第1巻より「西風の見たもの」。これまで聴いたことがなかったので、何の曲かと終わるまで疑問だった。現代的な和音と激しい音の波。ドビュッシーの作品だと知った時には驚いた。ドビュッシーには苦手意識を持っているのだが、すんなりと聴けてしまったから。これをきっかけに、ドビュッシーも聴いていけるかもしれない。「前奏曲集」から聴いてみよう。

 妄想妄言過多な記事になってしまったのでこの辺で。
by halca-kaukana057 | 2008-10-29 22:57 | 音楽

時々無性にラフマニノフ

 時々何故か無性にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が聴きたくなる時がある(他の曲でも宗だけど。突然ふと「○○が聴きたい」と思いつく。何故だ)。この曲と言えばアシュケナージやリヒテルの演奏も大好きですが、私が一押しするのはこのCD。

Rachmaninov:Piano Concertos Nos.1&2
レイフ・オヴェ・アンスネス(p),アントニオ・パッパーノ指揮,ベルリン・フィル/EMI


 これまでにグリーグやブラームスで紹介してきたノルウェーのピアニスト・アンスネス。ラフマニノフでもやってくれました。第1楽章は勿論ですが、第2楽章もじっくり聴いてほしい。木管もピアノもゆったりと歌う、目を閉じて聴きたくなる演奏。ご存知の通りこの曲は交響曲第1番の初演に失敗し精神を病んでいたラフマニノフは、精神科医のダーリ博士の暗示によりこの曲を書いたわけですが、だんだんと癒えてゆくラフマニノフの心を表しているかのよう。

 同じく収録されているピアノ協奏曲第1番嬰へ短調op.1,これは初めて聴いた。CDの解説によるとアンスネスはこの第1番をかなり気に入っているようで、演奏にもその気持ちが表れている。2番や3番のように壮大な曲ではないけれど、ラフマニノフらしいドラマを持った曲だと思う。
3楽章がなかなか興味深い展開で好きです。


 これまでのアンスネスのCD記事
ブラームス…その後:間奏曲op.117
ノルウェーとグリーグと「抒情小品集」:グリーグ「抒情小品集」。グリーグのCDで良いのを見つけたのですが、その話はまた今度。グリーグイヤーですから、今年はグリーグもたっぷり聴きますよ。

 さらにYouTubeでアンスネスのドキュメンタリーを見つけた。こちらからどうぞ。全部で8つあります。そう言えば、アンスネスも明日から来日だったはず。ちくしょう…。
by halca-kaukana057 | 2007-02-04 21:19 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31