タグ:宇宙開発 ( 345 ) タグの人気記事

 今朝、起きてこのニュースが気になっていました。
JAXA:宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の大気圏への再突入完了について

sorae:「こうのとり7号機」再突入ルートは日本上空を通過予定。11月8日にはISS分離ライブ中継も
sorae:宇宙から帰還。小型回収カプセルを無事回収完了

「こうのとり」カプセル 太平洋に着水後回収 「計画は成功」


 9月下旬に打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に到着、物資を運んだ「こうのとり」7号機。ISSのバッテリーとなるリチウムイオン電池や、生鮮食品などを運びました。8日にISSから分離した「こうのとり」。これまでは、汚れた衣服などの不要物を積んで、大気圏で燃え尽きるだけ…(切ない)。しかし、今回は地球に帰還することのできるカプセルを搭載。大気圏再突入しても燃え尽きず、「きぼう」で実験した試料を持ち帰るミッションが追加されました。

 また、今回の大気圏再突入のコースは日本上空を横切るコース。もしかしたら火球かなにか見えるかも…と期待されていましたが、既に明るい時間帯、雲などで見えなかったとのこと。私も見ようとしましたが、雲であきらめました。それ以前に私の地域からは遠い。

 カプセルは予定通りにパラシュートを開き、太平洋上に着水。カプセルは無事に回収されました。おめでとうございます!カプセルは外から見たところでは、特に問題はない模様。13日に筑波宇宙センターに到着し、中身を確認します。中身も無事だといいなぁ。中には、タンパク質の実験資料が入っています。

 「こうのとり」が打ち上げられ、ISSに到着し、中身を取り出し整理するまでの読み物がありました。
三菱電機 from ME : DSPACE 読む宇宙旅行:「こうのとり」7号機に見る『宇宙の宅配』事情
 今回は打ち上げが何度も延期されました。バルブのトラブルで中止になったのは、本当に珍しいことでヒヤヒヤしました。ISSに物資を届けるために打ち上げ成功は絶対条件。その後の打ち上げは安定の打ち上げ成功。カプセル回収まで、無事に成功して本当によかった。

・打ち上げの時の記事:祝・「はやぶさ2」MINERVA-II1着陸成功! & H2B/「こうのとり」7号機打ち上げ成功!

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-11-11 21:41 | 宇宙・天文
 小惑星リュウグウ上空に滞在中の小惑星探査機「はやぶさ2」。先日、リュウグウがあまりにも岩がゴロゴロした地形で、タッチダウンを来年1月に延期する、というニュースがありました。でも、タッチダウンに向けて、今出来ることをしています。

 そのひとつが、着陸リハーサル。リュウグウに降下し、出来る限り近づきます。その第3回目のリハーサルでは、タッチダウンの際の目印になるターゲットマーカーが分離されました。

JAXA:小惑星探査機「はやぶさ2」搭載ターゲットマーカの小惑星Ryugu(リュウグウ)への投下について

アストロアーツ:「はやぶさ2」着陸リハでターゲットマーカーの着地に成功

 「はやぶさ2」は、10月25日、高度12mまで降下しました。その際、ターゲットマーカーを分離。ターゲットマーカーは無事にリュウグウに着陸しました。上記リンク先に画像があるのですが、はやぶさ2の影が、これまで以上に詳細まではっきりとしています。そこまで近づいたんですね。リハーサルも順調だった模様。あとは、着陸に適した場所が見つかればなぁ…。

 ターゲットマーカーには、初代「はやぶさ」と同じように、一般から募集した名前が印字されています。勿論、私も応募しました。

「はやぶさ2」メッセージキャンペーン応募開始+イプシロンロケットも…!
「はやぶさ2」に襷をつなげ 「はやぶさ」帰還3周年&「はやぶさ2」メッセージキャンペーン募集中のお知らせ
【大切なお知らせ】「はやぶさ2」メッセージキャンペーン、締め切り迫る!
【大事なお知らせ】「はやぶさ2」名前・メッセージキャンペーン、募集期間延長!

 2013年のことです。この時、こう書きました。
応募した後に表示される「登録ID番号」は、大切に保管しておいてください、だそうです。
 この理由が、これです。
JAXA はやぶさ2プロジェクト:星の王子さまに会いにいきませんか ミリオンキャンペーン2 ターゲットマーカ・再突入カプセルへの搭載位置を調べよう
 応募した名前が、ターゲットマーカーのどの部分に印字してあるのか検索できます。その際、「登録ID番号」を使います。こういうことだったのか。…しかし、5年も前。ID番号、どこ行ったっけ…?という人も大丈夫。登録した名前で検索できます。が、同じ名前の方もいると、候補がいくつか表示されます。
 メールボックスを念入りに調べたところ、ID番号を記録したメールが出てきました。場所がわかりました。よかった。

 ターゲットマーカーは全部で5個あります。5個とも同じ位置に印字されています。このターゲットマーカーが「はやぶさ2」を導きますように。
 ターゲットマーカーそのものは、初代「はやぶさ」と同じです。相模原のJAXA宇宙科学研究所(ISAS)相模原キャンパスに展示されている「はやぶさ」模型に、ターゲットマーカーの模型も付いています。お近くの方、相模原に行く予定の方は是非見に行ってみてください。そして、カメラのシャッターの光をターゲットマーカーに当ててみてください。光ります。
・光るターゲットマーカーについてはこのレポをどうぞ(ちょっと長いです):緑の中に、宇宙科学の最前線  JAXA・宇宙科学研究所 相模原キャンパスに行ってきた
 今は、新しい展示棟ができました。展示もグレードアップしているそうです。また行きたいなぁ。

[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-10-26 21:34 | 宇宙・天文
 昨日、国際水星探査計画BepiColombo(べピコロンボ)の、日本とヨーロッパの探査機2基が、アリアン5ロケットで打ち上げられました。打ち上げ成功、探査機は太陽電池パネルを開いて、無事に航行中です。
水星磁気圏探査機「みお」(MMO)の打上げ結果について
sorae:「みお」水星へ出発!日欧探査機、アリアン5ロケットで打ち上げ成功
アストロアーツ:水星探査機「ベピコロンボ」打ち上げ成功

◇打ち上げライブ中継の模様はこちらで観られます:国際水星探査計画BepiColombo/アリアン5型ロケット打上げライブ中継

 南米、フランス領ギアナのクールーにある、ギアナ宇宙センターから打ち上げられました。日本時間では午前中でしたが、現地は夜。
f0079085_22221243.png

 夜のため、打ち上げのスクリーンショットはあまりうまく撮れませんでした。
 アリアンスペースの打ち上げライヴ中継は、とても洗練されています。デザインもすっきりしていて、見やすい、わかりやすい。第1段分離などの映像が来るのが早い。生中継を観ていましたが、とてもスムーズなきれいな打ち上げでした。現地には國中先生も。中継に写っていました。管制室のスタッフの方々は、JAXAとESAの両方のロゴの入ったシャツを着ていました。

 ベピコロンボ計画の探査機は2基。まず、日本の「みお」。水星の磁気や薄い大気を観測します。ESAの「MPO」は、彗星表面の地形や鉱物の種類を観測します。水星までは2基は「MTM」に載りくっついていますが、水星周回軌道投入後、分離してそれぞれで観測します。ESAの「MPO」は愛称はつけないのだろうか。

 大変なのは水星にたどり着くまで。7年かかります。地球や金星、水星で9回ものスイングバイを行います。これまでの惑星探査機の中では最多。水星周回軌道投入も、太陽の熱や引力に負けないように行います。とても厳しい旅路です。
 水星には、これまでNASAの「マリナー10号」と「メッセンジャー」しか探査に行ったことがありません。大きな壁になるのが、太陽の熱。「みお」も「MPO」も耐熱対策はばっちりです。

 長い旅ですが、見守っていきたいです。どうぞご安全に!

◇「みお」JAXA/ISAS公式サイト:JAXA:ISAS:水星磁気圏探査機「みお」


ベピコロンボの壮大な冒険 | パート1:ロケット発射点へ!

 ESAによる、ベピコロンボ計画のアニメーション。「ロゼッタ/フィラエ」も可愛かったが、今回も可愛い。英語で観たいという方はこちらで:The epic adventures of BepiColombo | Part 1: to the launch pad!
 他にも、ドイツ語、フランス語、イタリア語などあります。


【過去記事】
水星探査機「MMO」の名付け親になろう! & 水星にメッセージを送ろう!
金井さん帰還、「はやぶさ2」往路イオンエンジン運転完遂、水星探査機「MMO」愛称決定
 「みお」の愛称選定も困難でした。本当に思いついて応募、当たった方はすごいです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-10-21 23:01 | 宇宙・天文
 昨日の夜から今朝にかけて、大きな宇宙関係のニュースが2つ。おめでたい話題です。

 まずは、小惑星「リュウグウ」にいる小惑星探査機「はやぶさ2」。大きなイベントのひとつ、探査ローバー「MINERVA-II1」の分離、「リュウグウ」への着陸、撮影です。初代「はやぶさ」の「ミネルバ」では、「はやぶさ」の姿勢を制御するリアクションホイールが故障してしまっていたため分離のタイミングが合わず、失敗。「ミネルバ」は小惑星イトカワに着陸することなく、宇宙を漂うことになってしまいました。その失敗があるので、今回はリベンジ。「MINERVA-II1」は2機1組のローバーです。初代「ミネルバ」と同じく、重力の小さな小惑星の上をぴょんぴょん跳ねて移動し、画像も撮影します。

アストロアーツ:「はやぶさ2」、小型機「MINERVA-II1」の分離に成功
 まずは、9月20日、「MINERVA-II1」を分離する運用開始。21日午後、リュウグウに60mまで近づいた「はやぶさ2」は、「MINERVA-II1」を分離します。分離の際、リュウグウの表面に「はやぶさ2」の影が写っている。初代「はやぶさ」でも同じような画像があるのですが、今回も「はやぶさ2」がリュウグウにいる、太陽電池パネルはちゃんと開いていることが確認できる、胸の熱くなる画像です。
 分離はできましたが、「MINERVA-II1」が着陸できたかどうかはすぐにわかりません。「MINERVA-II1」の分離後、その箇所が夜になってしまったため地球と通信できません。判明するのは22日ということで、心配しながら待っていました。

JAXA はやぶさ2プロジェクト:ミネルバⅡ1、写真撮影・リュウグウ着地・ホップによる移動に成功!

NHK:はやぶさ2 探査ロボットが「リュウグウ」着陸成功
 昨日の夜、着陸に成功、画像の撮影にも成功したとの報せが入ってきました。おめでとうございます!!送られてきた画像は3枚。リュウグウと、「はやぶさ2」を写した画像、リュウグウのゴツゴツした表面がわかる画像、リュウグウと太陽光を撮影した画像。3枚の画像はそれぞれ位置が違うので、「MINERVA-II1」は移動できていることがわかります。よかった!!

 「はやぶさ2」が撮影した画像でもそうでしたが、「MINERVA-II1」で撮影したリュウグウも、やはりゴツゴツ岩だらけです。「はやぶさ2」のタッチダウン候補地点は出来るだけ平坦なところを選んで既に絞られていますが、慎重さが求められます。タッチダウンは来月の予定。うまくいってほしいです。その時、この「MINERVA-II1」の画像が活かされれますように。「MINERVA-II1」できるだけ長く活動して、また画像を送ってきてほしいです。


 今日夜中、度々延期されていたH2Bロケット/「こうのとり」7号機が打ち上げられました。天候不良の次はバルブに異常が見つかって延期。H2A/H2Bが打ち上げ直前になって機体の異常が見つかるのは珍しい。H2Bは初めてのこと。1週間で異常を直し、打ち上げへ…と思ったらまた天候不良。今度こそ。
JAXA:H-IIBロケット7号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の打上げ結果について
 
 打ち上げは、夜中の2時52分。起きれたら…と思って寝ましたが、起きれませんでした。日曜ですが早めに目が覚めて、チェックしたら打ち上げ成功。よかったです。

「こうのとり」7号機/H-IIBロケット7号機打上げライブ中継( KOUNOTORI7 / H-IIB F7 launch live broadcast. )

 JAXA公式の打ち上げライブ中継録画。打ち上げシーンは23分ごろから。

【現地中継】H-IIBロケット7号機 打上げ / H-2B Rocket F7 launch

 こちらはロケット打ち上げ生中継やJAXAの記者会見などの生中継をしているNVSさん撮影の打ち上げ映像。解説も丁寧でしっかりしていて面白いです。打ち上げは53分ごろから。

 今回の、「こうのとり」7号機は今までで一番重くなっています。目玉は大気圏再突入の際、地球に帰還するカプセルを搭載していること。実験試料を入れ、「こうのとり」本体は燃え尽きてしまいますが、カプセルは地球に帰還します。実験試料を持ち帰ることができる技術。今まであってほしいと思っていたことなので、とても楽しみです。
 ISSへの到着、ロボットアームで把持し結合は27日夜の予定。ISSまでご安全に!
 現在、ISSは日没後空に見えます。もしかしたら、「こうのとり」も見られるかも。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-09-23 22:28 | 宇宙・天文
 中継局の天候不良で延期になっていた、H2B/こうのとり(HTV)7号機の打ち上げは金曜、14日の朝6時20分ごろ再延期で15日、土曜朝5時59分になりました。小惑星「リュウグウ」にいる「はやぶさ2」も、タッチダウンへのリハーサルを進めています。

 さて、今年度中に打ち上げるイプシロンロケット4号機。イプシロンの機体には、赤いロゴマークがデザイン、ペイントされています。そのロゴマークをよく見ると、小さい文字の集まり。応援メッセージを募集して、そのメッセージを機体のデザインに組み込むということを毎回やっています。今回、4号機でも勿論やっています。

ファン!ファン!JAXA:革新的衛星技術実証1号機&イプシロン4号機 プロジェクトメンバーへ応援メッセージを送ろう!

 今回のペイロードは「革新的衛星技術実証1号機」超小型衛星、キューブサット(超小型衛星よりさらに小さい)、これらの衛星を搭載し、放出する技術を実証する機器を搭載。超小型衛星・キューブサットの打ち上げ時の、負担などがより軽くなります。

 プロジェクトチームへの応援メッセージや、イプシロンへの想いを、ロケットに載せてみませんか?大分前から募集はしていたのですが、記事にするのを忘れていました。

 メッセージは40文字まで。基本的にメッセージだけで、個人を特定できる情報は受け付けられません。この40文字なのですが、全角40文字なのか、半角40文字なのかわかりません。私は全角で30文字以上で応募できたので、多分全角40文字でOKだと思います。40文字以上入力すると、「40文字以内で入力してください」と出ます。

 締め切りは、9月30日(日)17:00 まで。まだまだ間に合います。イプシロンを応援しましょう!上記リンク先から送れます。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-09-11 22:03 | 宇宙・天文
 数日前のニュースですが、遅れても書いておくことだ、これは。

 小惑星「リュウグウ」を目指し、飛行を続けていた小惑星探査機「はやぶさ2」。27日、「はやぶさ2」がリュウグウに到着したことが確認されました。
JAXA:小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について
 おめでとうございます!!現在、「はやぶさ2」はリュウグウ上空20kmの「ホームポジション」というところにいます。ここが基準点になります。到着のポイントは、この20kmの位置だけでなく、
「はやぶさ2」の化学推進系スラスタの噴射が予定通り行われたこと
「はやぶさ2」が小惑星リュウグウとの距離を維持できていること
「はやぶさ2」の状態が正常であること
 これらも到着したかの判断の基準になるそうです。
 「はやぶさ2」の機体の状態は良好。イオンエンジンも、スラスタも、リアクションホイールも問題なしです。とても順調な往路でした。よかった…。

アストロアーツ:【レポート】小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ到着に関する会見
 津田雄一プロジェクトマネージャーを中心にした、記者会見の模様について読めます。
 リュウグウは、上記のJAXAのプレスリリースにある20kmからの画像を見ると明るい感じですが、実際のリュウグウは、炭素を多く含み暗いのだそうです。カラー画像で撮影したリュウグウの写真はほぼ真っ黒。
 リュウグウの詳しい姿が見えるまでは、リュウグウは丸い天体だと思われていました。しかし、近づいてみると、コマのような四角い形。大きなクレーターがあって、表面は思った以上に岩石でゴツゴツしている。どこにタッチダウンするか悩ましい。これから詳細な探査をして、タッチダウンできるところが見つかればいいなぁ。
 本当に、実際に行ってみないとわからないことはたくさんあるものです。これぞ深宇宙探査の醍醐味。
 タッチダウンは、9月~10月に行われます。8月に、予定地点を最終決定します。


 リュウグウ到着にあわせて、こんな企画も。
ローソン:ローソン研究所:小惑星「リュウグウ」をイメージしたぷるるん水ゼリーがいよいよ登場!
 コンビニのローソンは、「ローソン宇宙プロジェクト」を展開中。漫画「宇宙兄弟」とコラボしたからあげクン(ブラックホール味)や、ISS滞在中の金井宇宙飛行士との交信イベントなどをやってきました。
 今度は、リュウグウをイメージしたスイーツのアイディアを募集していました。その結果、生まれたのが、「バタフライピーティーのぷるるん水ゼリー(レモン)」。ハーブティ「バタフライピーティー」にレモンを入れ、星をイメージした金粉をいれた水ゼリー。薄紫色ですが、黒い器に乗せると金粉が星のよう。
 水ゼリーはこれからの季節にぴったりの涼しげなデザートですね。どんな味がするんだろう。発売は7月10日。楽しみにして待ちます。

 「はやぶさ2」の冒険はこれから。引き続き、ご安全に!!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-06-29 22:14 | 宇宙・天文
 宇宙関係で色々なことがあったのに、体調を崩していてネットのチェックが出来ませんでした。まだ本格的に復帰はできない状態なので、体調をみながらぼちぼちと書いていきます。

 まず、金井宣茂宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在(第54次/第55次長期滞在)を終え、無事に帰還しました。帰還生中継も観られませんでした、はい。
JAXA:金井宣茂宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(53S/MS-07)の帰還について
◇帰還生中継録画はこちら:ファン!ファン!JAXA:金井宣茂宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(53S/MS-07)帰還ライブ中継 / Live coverage of the Soyuz (53S/MS-07), the spacecraft carrying astronaut Norishige Kanai
 お帰りなさい!お疲れ様でした。「きぼう」での科学実験から、船外活動、ロボットアーム操作までイベントてんこ盛りの約半年でした。もう半年経っちゃったの?という気持ちです。アカウントがなくても見るだけなら出来るので、公式Twitterも見ていました。
 
 帰還の2週間ほど前、ISSのいい可視パスがあったので見ていました。画像も撮ったんですが…
f0079085_21272940.jpg

 あまりいい画像を撮れませんでした。なので、ISSを見たという記事は書かなかったのですが、これが金井さんがいる最後のISSになってしまいました…残念です。
 今後、金井さんはNASAで、順調にいけば、今月中旬には帰国して、JAXAでリハビリを行います。すごいなぁ。以前は帰還後数週間後に帰国なんて考えられなかった。ISSでの思い出話が楽しみですね。今後は、野口総一飛行士、星出彰彦飛行士と続きます。星出さんは日本人2人目のISSコマンダーに。楽しみです。



 次。小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星リュウグウまで後少しのところまで来ました。
JAXA はやぶさ2プロジェクト:イオンエンジン往路完走
マイナビニュース:小惑星探査機「はやぶさ2」、6月27日前後に小惑星リュウグウに到着予定
JAXA はやぶさ2プロジェクト:2600kmの距離から見たリュウグウ
 「はやぶさ2」、往路のイオンエンジンの運転を完遂しました。エンジンは順調です。よかったよかった。本当に順調にここまできました。リュウグウまではあと約2000km.画像を撮影してみましたが、まだ点にしか見えません。でも、地球からは大きな望遠鏡を使っても、もっとぼんやりとした点にしか見えません。もうそこまで来ているんです。この点が、徐々に大きくなって、リュウグウの姿を見せてくれるのを待っています。


 次。以前募集していた、水星探査機「MMO」の愛称募集の結果が出ました。
JAXA:水星磁気圏探査機MMOの愛称決定について
水星探査機「MMO」の名付け親になろう! & 水星にメッセージを送ろう!

 愛称は、「みお」(MIO)です。

 …全く思いつきもしませんでした。外しました。完敗です。

 「みお」は、河川や海で船が航行する水路や航跡のこと。これを、探査機の研究開発の道程や、航海安全、太陽風のプラズマの流れの中を航海する様をイメージしたとのこと。あと、船が航行するときの目印にする標識を、古くから澪標(みおつくし)と呼び、和歌では「身を尽くし」…努力と挑戦を続けるプロジェクトメンバーの思いを表現する、とのことです。

応募総数は、6494件。このうち、「みお」提案者数は、19件。
難関過ぎます。今回当てた方、本当にすごいです。愛称募集、宇宙機名付け親の中でも一番難しかったのではないかと思います。
 でも、いい名前ですね。ただ、「MMO」で「MIO」…ちょっとややこしい感じもします。

 以上、最近の宇宙関係の話題でした。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-06-08 21:53 | 宇宙・天文

雷、霰、のち晴天とISS

 今は国際宇宙ステーション(ISS)が日没後の空に見えています。これまで、2回ほど国際宇宙ステーション(ISS)を目視したのですが、どれも撮影に失敗。観ただけでもブログに書いてもいいのですが、一文だけになってしまう。こういう時、twitterって便利だだったなと思います(でも戻る気は一切ない。再開したいとは全く思わない。本当の意味での独り言つぶやきツールで、フォローしない、フォロワーもいない、リプライもリツイート等も受け付けないのなら考えますが、それじゃSNSじゃないね。)。

 今日は夕方、空が暗くなったなと思ったら、雷が一発落ちました。その後強くあられが降る。当地では4月に入っての雪は珍しくありません。昨日一昨日も雪は降ってた。しばらくして、窓の外が明るくなったなと思ったら、晴れてる。これは、ISS見えるかもしれない。時間と方角を調べて待ちます。

f0079085_22010785.jpg

北の空を行くISS.左から右へ飛んでいっています。ISSの軌跡の上に、北斗七星のひしゃくの部分の4つの星が。金井さーん、手を振りました。

f0079085_22011060.jpg

東の空へ向かうISS.雲に入り、ISSも見えなくなりました。画像左には、北斗七星の柄の部分。北斗七星を分割撮影する構図になりました…北斗七星とISSを撮りたかった。

 本日、水星探査機「MMO」の愛称・メッセージの応募が締め切られました。愛称は全くわかりません。読めません。当たるといいなぁ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-04-09 22:14 | 宇宙・天文
 日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんが、12月から国際宇宙ステーションに滞在中。それ以後、金井さんのいるISSを見たいと思いつつも、天候やタイミングでずっと見られませんでした。6月までだからチャンスはまだあるけど、早いうちに見たいなぁ…と思っていました。ようやく、条件のいい可視パスで、天候も良好。久しぶりのISS観望です。

 南西の空から、ISSが昇ってきます。明るい。ようやく見られた、金井さーん!と心の中で叫びながらちょっと手を振りつつ、撮影を。ルートを知って、このパスを狙いました。

f0079085_20543918.jpg

 オリオン座を通過するISS.撮っている間は興奮していました。なんといい構図!ISSはどんどん明るくなります。明るい星だらけのオリオン座にも負けません。

f0079085_20564797.jpg

 さらに明るさを増したISSは月のそばを通って、空の高い位置に。そのあたりを撮影しました。撮影している時は、そこに何の星座があるのかわからず。PCに取り込んで確認して、おお!と思いました。
 ISSの軌跡の右側、裏返しの?マークが横倒しになっているのがわかるでしょうか。しし座の獅子の大鎌です。しし座の主な全景も撮影できています。やった!今回はとてもいいパス、満足の画像が撮れました。

 ISSを見ながら、金井さんは日本上空ということで見ているだろうか…と思いました。お天気もよいので、日本列島の夜景がきれいに見えたと思います。金井さんの長期滞在は折り返しを過ぎました。これから、天候はよいと思うので、できるだけたくさんISSを見られればいいなと思います。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-03-25 21:04 | 宇宙・天文
 プレスリリースが発表された時は、締め切りはまだ先…と思っていたら、いつの間にか締め切りが近づいてきてしまいました。ギリギリになってしまう前にブログに書いておきます。

JAXA:水星磁気圏探査機MMOの愛称、探査機に搭載するメッセージ等の募集について

水星磁気圏探査機MMO愛称募集キャンペーン


 日本とヨーロッパ宇宙機関(ESA)が共同で進めている水星探査ミッション「ベピコロンボ(BepiColombo)」。ESAが担当する、表面・内部の観測を行う「水星表面探査機 (MPO) 」と、JAXAが担当する、磁場・磁気圏の観測を行う「水星磁気圏探査機(MMO)」の2機で構成されます。今年10月、フランス領ギアナから、アリアン5型ロケットで打ち上げ予定。

 その、JAXAが担当する「MMO」の愛称と、搭載するメッセージの募集をしています。
※締め切りは4月9日(月)10:00

 愛称だけ、メッセージだけの応募も出来ます。メッセージは、寄せ書きやイラストを郵送することも可能です。応募は上記キャンペーンサイトからどうぞ。

 「MMO」の愛称…考えているのですが、思いつかない…。先日の「しきさい」「つばめ」よりも難しい。水星は金星のように親しまれている和名、呼び名がない。磁気圏を観測するので「じきけん」と思ったが既にある。灼熱の惑星…イメージしにくいです。何だろうなぁ。4月9日までいい案が出てくればいいのですが…。

 メッセージは、文字数制限はないみたいです。データファイルの容量は1MBまで。動画も受け付けるとは、変わりましたね。

 愛称は、思いついたら何でも送る。これはないよね、と思ってもボツにしないで送る。ボツ案が採用されることはあります(「こうのとり」の時の教訓です)
 ギリギリまで考えてみます。休憩に、メッセージも考えます。

 最後にもう一度。締め切りは4月9日(月)10:00
[PR]
by halca-kaukana057 | 2018-03-20 21:56 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31