タグ:宇宙開発 ( 338 ) タグの人気記事

恐るべき旅路 火星探査機「のぞみ」のたどった12年

 1998年に打ち上げられた、日本初の火星探査機「のぞみ(PLANET-B)」。火星の大気を調べる探査機として注目されていたが、火星へ向かう軌道へ投入する際にトラブルが起き、持ち直すも更なるトラブルで火星周回軌道に乗せることが出来ないままミッションを終了することになってしまった。その「のぞみ」のドキュメント・ノンフィクションであるのがこの本、「恐るべき旅路」です。以前紹介した「宇宙へのパスポート3」の著者の一人、宇宙開発ジャーナリスト・松浦晋也氏によるものです。おお、期待。


恐るべき旅路 ―火星探査機「のぞみ」のたどった12年―
松浦晋也/朝日ソノラマ/2005

 日本初の惑星探査機開発を目指し、PLANET-Bの構想が動き出したのが1975年。その時は、火星ではなく金星探査機としての構想だった。その後、調査内容の変更により目標は金星から火星にシフトする。火星を目指す探査機の開発と共に、宇宙科学研究所(ISAS)はそれに見合ったロケット「M-V」を開発し…と道のりは長い。さらにロケットの推進力に合わせて探査機を極限までダイエットさせたり、ロケット開発の遅れと火星の動きに合わせて複雑な軌道を計算したり…と困難は尽きない。「のぞみ」に関わった多くの研究者・技術者の話が、その困難な状況をリアルに物語る。私はこんな話が大好きだ。ハードなメカニックの陰にある、ソフトな人間の思考と感情と、そのメカニックに託している想い。その息遣いが蘇ってくるようで、科学者・技術者はカッコイイと心から思わずにはいられない。さすがは松浦晋也氏。


 そして、この「のぞみ」にはもうひとつ重要なミッションがあった。それが、27万人の名前が刻印されたプレートを火星へ運ぶことだ。今まさに地球へ帰還中の小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」や、この夏に打ち上げられる月探査衛星「セレーネ(SELENE)」でも、衛星に募集した人々の名前を載せるということをしているが、「のぞみ」はその最初の試みだった。集まった署名は27万件。今はネットで募集もしたが、「のぞみ」の時はハガキのみ。そのハガキに名前と共に書かれた人々の想いについても、この本で取り上げている。家族や恋人、友人、クラスメイト、亡くなった家族や両親・親友の思い出や宇宙への夢などなど、「のぞみ」は「宇宙灯篭流し」という役割も担うことになった。間章にある、名前と共に送られてきたメッセージを読んでいたら、思わず涙があふれてきた。ひとつの探査機の小さなプレートに、27万もの人々の想いが詰まっている。そのメッセージがあまりにもストレートにその人の人生を物語っていて、そしてその27万の全ての想いは火星へ向かっている。こんなに多くの人々が、この「のぞみ」の企画をきっかけに火星に、「のぞみ」に関心を寄せている。そして、科学主任である山本達人氏の訃報。探査機の開発に尽力していた途中病に倒れ、打ち上げ前にこの世を去ってしまったのだ。そんなことを読みながら考えていたら、涙が止まらなくなってしまった。

 

 そして打ち上げ、「のぞみ」は火星へ向かう。順調な飛行だったが、火星へ向かう軌道変更時にトラブル発生。軌道は修正できたが、燃料不足のため火星周回軌道に乗せることが困難になる。そのトラブルの原因が、軽量化や部品のひとつや、順調すぎた飛行を楽観視しすぎたことなど、しっかりと分析している。一言で言ってしまえば「失敗」。メディアもその「失敗」した結果だけを大きく報じるけれども、何が不十分だったのか、どんな対策を打てばよかったのか。プロジェクトチームもしっかりと分析・反省している。その部分はなかなか報道されない。そこをじっくり考える上でも、この本はとても重要なところをついていると思う。また、JAXAは「のぞみが遺したもの」で、探査によって得られたこととトラブルのことについてまとめている。

 現在、「のぞみ」は、火星と似た軌道で太陽を回る人工惑星になった。27万件の名前は火星には届かなかったが、宇宙を飛び続けている。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-05-17 21:26 | 本・読書

セレーネ「月に願いを!」キャンペーン 締め切り迫る!

 先日このブログでも紹介した月周回探査衛星「セレーネ(SELENE)」に、あなたの名前とメッセージを載せて月まで届けることが出来る「セレーネ『月に願いを!』キャンペーン」。その名前とメッセージの募集締め切りが、明日28日に迫りました。今ならまだ間に合います!


 応募は上バナーリンク先、JAXAのキャンペーンサイトからどうぞ。必要事項を記入するだけで、簡単に応募できます。メッセージは全角20文字以内。半角英数だと40文字までOK。
こちらでは、各界著名人の皆さんからのメッセージも読めます。

 詳しい解説記事はこっち↓
月に願いを…「セレーネ」プロジェクト +α


 
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-02-27 21:14 | 宇宙・天文

月に願いを…「セレーネ」プロジェクト +α

 あなたが月に願いを届けることが出来たら、何を願いますか?

JAXA:セレーネ「月に願いを!」キャンペーン


 日本が今年夏に打ち上げ予定の月周回衛星「セレーネ(SELENE)」。この人工衛星に名前とメッセージを載せて、月まで届けようというキャンペーンを展開しているのをご存知でしょうか?ご存知の方、もう応募はされました?ご存じない方、この記事を読んで、是非応募してみてください。

 「セレーネ」は月の周りを回りながら、月の環境や月がどのようにして出来たかを調べることが目的の観測衛星。月は一番身近な天体なのに、何故かよくわからないことが多い。例えば月がどうやって出来たのか。小惑星が地球にぶつかって、その破片が集まり月になったという説(ジャイアント・インパクト説)が有力と言われているが、まだはっきりしないことが多い。今年はアポロ計画以来の月探査ラッシュで、日本だけでなくアメリカやロシア、インドも観測衛星を打ち上げる予定。

 その月周回衛星に宇宙を夢見る人々の名前とメッセージを載せて、月まで持っていってしまおうというのが、この「月に願いを!」キャンペーン。以前も、火星探査衛星「のぞみ」や、小惑星「イトカワ」へ向かい、数々のトラブルにもめげずミッションを続け現在地球へ帰還途中の小惑星探査衛星「はやぶさ」にも人々の名前を載せるプロジェクトを行ってきました。私も「はやぶさ」に私と家族の名前を(勝手に)載せ、宇宙の彼方へ飛ばしました。(はやぶさに関しては関連記事「はやぶさとイトカワ」もご覧下さい。)


 私はまだ宇宙へは行けない。同じように、宇宙へ行ってみたいけれども行けないと思う人は多いはず。そんな人々と少しでも宇宙への夢を共有したい。名前だけでも宇宙空間を旅するチャンスをくれたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の心意気が、とてもカッコよく感じる。その衛星のニュースを見るたびに、宇宙空間を飛んでいる自分の名前を思い出す。決して宇宙は手の届かない場所ではない。また、宇宙開発は税金の無駄遣いだとか反対意見もあるけれども、宇宙を知ることで見えてくることは、お金で買えるとかそういう次元の問題じゃないと私は考える。そんな宇宙開発を少しでも応援したいという意味もこめて、私は今回も名前とメッセージを月に送るべく、このキャンペーンに参加しました。


 この記事を読んで少しでも興味を持った方、是非応募してみてください。記事冒頭のリンク先から、応募することが出来ます。勿論無料。家族や友人、恋人やペットの名前もまとめて送ることが出来ます。応募締め切りは2月末日。今からゆっくりメッセージを考えても間に合います。



*****


 今日はもうひとつ宇宙開発関連ニュース。

若田光一さん、宇宙ステーション長期滞在要員に(朝日新聞)

 今年冬の予定が、延期になって多分来年夏あたりには土井隆雄さんの宇宙飛行が予定されていますが、来年秋に若田さんの宇宙飛行が決定。しかも、国際宇宙ステーション(ISS)に3ヶ月滞在予定。おおおおお、ついに来たか、と思いつつニュースを見ていました。これまで96年、2000年とスペースシャトルに搭乗し、ロボットアームで衛星を捕まえたりISS建設に加わったりとキャリアを積んできた若田さん。しかも、そのアーム操作が神業級。2度目の飛行で、アームに付いているカメラが不調でそのカメラ無し、つまり取り付ける先が見えず、様子がよくわからない状態で操作したにも関わらず、見事ISSの部品を取り付けてしまったことも。あの時は見ているこっちまで興奮してしまった。

 土井さんのミッションでもそうですが、主なミッションは日本の実験棟「きぼう」の建設。3ヶ月の長期滞在ということで、仕事も多いと思うのですが…、ここはこの間のNHKのISS生中継のように、週1ぐらいでISSから生中継レポートなんてやってほしい。ISSがどうなっているのかとか、最近のミッションの様子とか。ハイビジョンカメラで撮った地球の映像もつけて。そうすれば、日本でももっと宇宙開発への関心と理解が深まるんじゃないかと思ってみた。もし出来るなら、ISSからブログ連載とかどうでしょう?面白いと思うんだ。

 もっと詳しくはJAXAのプレスリリースをどうぞ。先に飛行予定の土井さんとのミッションの順番図説や、各日本人飛行士からの祝福メッセージもあります。
 あと、まだ関連する記事はないのですが、きっと報告記事があると思うので、野口聡一さんのブログ野口聡一blog:宇宙日記2007も参考リンクとしてどうぞ。久々に宇宙にワクワクさせていただきました。


《追記》
 その野口さんのブログで、このISS長期滞在に関する報告記事が。以下リンクからどうぞ。
野口聡一blog:宇宙日記2007 : 御報告
 野口さんは、若田さんが飛行できなくなった時のためのバックアップメンバーでもあります。毎日新聞の記事(下のリンク)によると、
「私たち2人組が、宇宙飛行士の史上最高のデュオと言われるよう頑張りたい」
と抱負を語る野口さん。ええ、2人の活躍に期待します。土井さんの飛行と合わせて、当ブログでは盛大に応援します。またNASA-TVにかじりつくんだろうなぁ。来年は久々に日本人宇宙飛行士のニュースで楽しめそうです。
若田さん:「日本の子供たちもあこがれではなく、目標に」(MSN毎日インタラクティブ)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2007-02-13 21:47 | 宇宙・天文

LIVE! from国際宇宙ステーション

 NHKで放送された「史上初!ハイビジョン生中継 LIVE宇宙ステーション」、中継は録画したが先ほどのアンコールも観た。これまで宇宙から生中継は色々あったが、ハイビジョンカメラを使ったのは初めて。さすが画像がきれいだ。映像が時々途切れ途切れになったしまったのは残念だが、生放送だし仕方ない。時間は短かったけど面白かった。


 興味を持ったのは実験施設。低温で血液などを保存しておく機器もある。宇宙でそういうものが運用されているところが驚き。こういう宇宙ステーションの役割を、週1とは言わないから月1で1時間ぐらい生放送してくれたら、もっと宇宙開発への理解が深まるんじゃないか?と思う。

 米村でんじろう先生の実験には絶句。「宇宙遊泳」を実演するために飛行士に平泳ぎを頼むでんじろう先生。「宇宙遊泳」っていっても、ステーション内には空気もあるし、何のつもりで頼んだんだろう?慣性の法則を確かめるのにはちょっと条件が悪すぎる。それよりならこの間の野口聡一宇宙飛行士の船外活動の映像を観ながら、野口さん本人に聞いたほうが分かりやすい気がする…。

 JAXA宇宙飛行士代表で山崎直子さんが出演。こういう番組には決まって毛利衛さんが出るんじゃないかと思っていた私。外れた。山崎さんもそうだけど、JAXA宇宙飛行士4期生が宇宙へ行けるのはいつの日なんだろうか…。心配である。

 こういう番組は一発花火ではなく、何度か続けてやっていって欲しい。日本人飛行士の宇宙飛行もそんな頻繁にあるわけではないし、各国の飛行士の話も聞きたい。さっきも書いたけど、せめて月1での放送希望。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-11-18 21:51 | 宇宙・天文

宇宙船に最も多く乗ったのは誰だ?

 先日、毎度お馴染みNHK教育テレビ「クインテット」の老チェリスト・スコアさんが歌う「今だから話そう」を聴いてふと思った。この「今だから話そう」、説明するとスコアさんが「ヤングマン諸君、自慢話をするわけじゃないが、今だから話そう!まぁ、聞いてくれたまえ!」と自分の昔話を始める。船乗りに始まり、大工、コック、猛獣使い、野球選手、横綱…と、本気なのか冗談なのか分からない経歴を披露する。その極め付けがこうだ。
「昔私が宇宙飛行士だった頃 楽しかったよロケットに100回も乗ったのさ
もう一度歩こう 月の上を」
(下山啓作詞・宮川彬良作曲「今だから話そう」より 歌詞は2バージョンあり、これは2つ目のほう。1つ目はCD「NHKクインテット・ソングス」参照のこと)


 スコアさん、アポロ計画にも関わっていたんですか…という長い前置きはここまでにして、実際にロケット・宇宙船に最も多く乗った人は誰なんだろう?と疑問が湧いた。早速調べてみることに。

 とりあえずこういう記録なら「ギネスブック」にあるだろう。見てみると、ロシアの記録とアメリカの記録がある。やっぱり…。ロシアの方はVladimir DzhanibekovとGennadiy Strekalov(読めないのでカタカナ表記不能。だれか読み方を教えてください…)の5回。一方アメリカはジェリー・ロス(Jerry Ross)とフランクリン・チャン=ディアス(Franklin Chang-Dìaz)による7回。ロスに関してはJAXAのNASAステータスレポートにもあった。純粋に数だけ数えればロスとチャン=ディアスの7回が最高記録か。

 ついでに宇宙に滞在した時間の最高記録も調べてみる。同じくギネスによると、ロシアのSergei Krikalevによる803日9時間39分が最高記録。これは一回の飛行で803日ではなく、何回かの飛行の日数を合わせての記録らしい。一回の飛行での最高滞在日数は書いていない。そっちはどうなんだ?ISSなら、シャトルの不調のおかげ(?)で記録が伸びていそうな気がする。ソユーズもあるけど。

 7月1日(日本時間では2日)、スペースシャトル・ディスカバリー(STS-121)が打ち上げられる。(JAXAによる解説ページ)NASAのはここから。安全性もまだ全て解決しているわけじゃないらしいが…。前回の飛行で問題になった耐熱パネル落下の危険がまだ残っているのだそうだ。うーん、どうなるんだ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-06-28 21:47 | 宇宙・天文

10年ぶりの宇宙へ

Excite エキサイト : 国際ニュース 土井隆雄さん07年末宇宙へ 日本実験棟を建設(共同通信)

科学:MSN毎日インタラクティブ 土井隆雄さん:日本棟組み立てでシャトル搭乗、来年宇宙へ


 久々に宇宙開発関係のニュースを。上記の通り、土井隆雄宇宙飛行士の二度目の飛行が決まった模様です。建設中の国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟「きぼう」の一回目の建設がそのミッション。また、後輩の山崎直子宇宙飛行士も地上からの支援に加わるとのこと。

 土井さんは前回97年の飛行で日本人初の船外活動を経験している。ということは次回も船外活動を担当するかも知れない。それは楽しみだ。またこの間のSTS-114・野口さんの時のようにNASA-TVに張り付きそう…。楽しみだ。その97年の時、コントロールの利かなくなった人工衛星を手掴みで回収するという珍しいことがあった。無重力だから重さはないけれども質量があるので、回転している実際には重い衛星を手で止めるのが難しかったとか。衛星を手でつかむなんて、最終的には機械よりも人間の手が一番使えるのかもと思った。


 その前にストップしているスペースシャトル計画をどうにかしないと。また延び延びになりそうな…。そう言えば、土井さんって最初に宇宙に行く時も結構待たされていたような。同期で宇宙飛行士に選ばれた毛利さん、向井さんの陰に隠れているように感じていた。


 宇宙関係の話をしたので、今話題のシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星のことも。天候不順のため未だ自分の目で確認できず。彗星は3つぐらいに分裂しているらしい。天気のいい時を狙って双眼鏡で見てみるつもり。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2006-05-06 20:49 | 宇宙・天文

はやぶさとイトカワ

 先日、小惑星探査機「はやぶさ」が目標の小惑星「イトカワ」に到着し、観測を始めました。

jAXA 宇宙科学研究本部・はやぶさについて

 この「はやぶさ」の任務は、イトカワの表面から星のかけらを採取して地球に持ち帰ること。これまでそのようなサンプルリターンが行われたのは月だけ。大気が無いので太陽系が誕生したときとほぼ同じ形・成分をしている小惑星のかけらを研究することで、太陽系誕生時の様子がわかるのだそうです。見たこともない星のかけらを持ち帰るなんて、開発には相当の時間と労力がかかったんだろうな。

 今後、「はやぶさ」はイトカワの表面にタッチダウンし、サンプルを採取。採取後地球に帰還するのは2007年の予定。太陽系でも遠いものです。

 しかし、新しく開発された電気推進エンジンのことがよくわからない。と言うわけで「トコトンやさしい宇宙ロケットの本」という本を借りてきた。ロケットがなぜ飛ぶのかという原理から、エンジンの仕組みやどうやって軌道にのせるのかなどについて解説してある。勉強しよ。

*追記
 「はやぶさ」の「ターゲットマーカー」には、希望者の名前を刻印したプレートが乗せてあります。勿論私も(さらに家族も)登録しました。そのプレートを乗せた衛星の名前を忘れてしまっていたのですが…探してみたらはやぶさでした。自分の名前が「イトカワ」に残る。すごいな。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-09-15 22:53 | 宇宙・天文

夜な夜なNASA-TV

 また寝不足です。何故か。昨日の野口聡一宇宙飛行士の船外活動を見ていたから。6時45分ごろの開始から、日付が変わって1時過ぎの終了までずーっと。本当にアホですか私は。

 でも、見ていると結構面白いのです。無重量で動くのは、ふわふわ浮くから楽かと思いきや、物を止めておいたり動きを止めるときに力が要り結構動きにくそうで応援したくなってきます。

 耐熱パネルの補修実験では、せっかく新しく作った機械では補修剤が出てこないわ張り付かないわで、結局筆のようなものに補修剤をつけてぺたぺた塗る作戦に出た野口さん。こっちのほうがうまくいくので、あの機械の運命やいかに。こうやって改良を重ねていくのだろうけど、次のスペースシャトルがいつ飛ぶかわからないので、いつ試験が出来るかもわからない。プールや飛行機の中で擬似的に無重量空間を作って訓練しても、本物の宇宙そのものではないんだなと感じました。

 宇宙では何が起こるかわからない。でも、その地球の常識とかけ離れた世界で作られたものが地球上での生活に役立ったり、新たな発見があったりして興味がつきません。宇宙開発は無駄だという意見もありますが、地球の常識を打ち破って技術や文化をより高めることを考えれば、大事なのではないかなと思います。宇宙という世界を知ったことは、人間にとってマイナスではないと思います。

 船外活動は後2回。見るかどうかは決めていません。見たかったら見る。という訳でNASA-TVのリンクはここ↓
 http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html
 ページ中ほどの「akamai」か「yahoo!」の下をクリックしてください。real playerとメディアプレーヤーの2つから選べます。もちろん音声は英語です。単語しか聞き取れません…。雰囲気で考えてます。
 
[PR]
by halca-kaukana057 | 2005-07-31 22:48 | 宇宙・天文


好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お知らせ・別サイト

管理人HN:(はるか)
 熱しやすく冷めにくい、何が好きになるかわからない好奇心のかたまり。このブログでは好きなものを、好き放題に語ってます。

プロフィール
*2014.9.5:更新
はてなプロフィール:遼(halca-kaukana)



web拍手を送る


ブログランキングならblogram


はてなブックマーク
Mielenkiintoinen!

気になること、関心のある記事や参考にしたサイトなどのブックマーク集。コメント多め。

◆ピアノ録音置きブログ:Satellite HALCA

☆「はやぶさ2」、小惑星リュウグウ目指して順調に飛行中!☆
管理人・遼も小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しています。



あかつき特設サイト
JAXA:金星探査機「あかつき」特設サイト

☆祝!「あかつき」は金星の衛星になりました☆
金星軌道上で観測中!

最新の記事

重力波は歌う アインシュタイ..
at 2018-04-16 22:36
雷、霰、のち晴天とISS
at 2018-04-09 22:14
明日は、いずこの空の下
at 2018-04-06 22:08
金井さん滞在中のISS,春の..
at 2018-03-25 21:04
Im ~イム~ 9
at 2018-03-23 22:27
春分の宙
at 2018-03-21 21:40
水星探査機「MMO」の名付け..
at 2018-03-20 21:56
天文学者の江戸時代 暦・宇宙..
at 2018-03-14 22:05
これがプロムスオーケストラ!..
at 2018-03-06 21:45
仙台駅で風景印
at 2018-03-05 22:06

カテゴリ

はじめにお読みください
プロフィール
本・読書
宇宙・天文
音楽
奏でること・うたうこと
Eテレ・NHK教育テレビ
フィンランド・Suomi/北欧
イラスト・落描き
日常/考えたこと
興味を持ったものいろいろ
旅・お出かけ
information

タグ

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索