人気ブログランキング |

タグ:宇宙 ( 108 ) タグの人気記事

夏のロケット

「夏のロケット」(川端裕人、文春文庫、2002 単行本は文藝春秋社刊、1998)


 北朝鮮がミサイルを打ったその日、アメリカではスペースシャトル・ディスカバリーが打ち上げられた。ミサイルとロケット。構造は同じだけれどもその利用の目的は全く違う。そんなことを考えていたらこの本ことを思い出した。川端裕人再読第2弾はデビュー作ともなった「夏のロケット」。もうね、面白くて面白くて。

*****

 科学担当の新聞記者・高野は宇宙オタクで、宇宙関連の記事になると熱を入れて記事を書くため、公正中立・客観報道を求める部長とはしょっちゅうケンカになっていた。そんな中、高野は過激派によるミサイル製造・爆発事件の取材を手伝うため社会部の同期・純子のもとを訪れる。その製造されていたミサイルは、なんと実際にロケットに使われているコンポジット燃料やレーザー・ジャイロを搭載したとても高度なものだった。高野は爆発現場の写真に写っていた噴射板の奇妙な形に見覚えがあり、心当たりを取材しようとする。それは高野が高校生の頃、「天文部ロケット班」で活動していた時にさかのぼる。

 高校に入学してから少しして、火星マニアである高野は隣のクラスの北見祐一に天文部に入らないかと誘われる。北見も含めロケットに興味があるメンバーがいるので、モデルロケットを作って飛ばすつもりでいるのだそうだ。部の予算を使って作る予定のため、県の作文コンクールで入賞したこともある高野の文才を見込んで広報係になって欲しいとのことだった。北見の話術に乗せられて入部した天文部ロケット班には奇妙なメンバーがそろっていた。「教授」と呼ばれている日高紀夫は、ロケットの原理にとても詳しくロケットの設計を担当した。いつも薄汚れた白衣を着ていることで変な奴と学年で噂になっていた清水剛太は手先が非常に器用で学校の壊れたいる物を次々と直すことが出来た。彼はロケットの組み立てを担当した。医者の息子である氷川京介はSF小説好きの秀才。しかし、遅刻や欠席ばかりしている。そんなメンバーと(実は非合法な)モデルロケットを作っているうち、教授の提案で本物のロケットを作ることになった。マーズと名づけられたそのロケットシリーズは失敗ばかりしていたが、メンバーたちは宇宙への夢を捨てることなく高校を卒業した。

 そして今、メンバーはそれぞれの道を進んでいる。教授・日高はロケット工学を学び宇宙開発授業団へ、剛太は材料工学を学び大手金属メーカーの研究室にいた。北見は大手総合商社に勤め宇宙開発関係の取引をしている。氷川は売れっ子ミュージシャンとなり、モデルロケット普及教会を設立していた。高野は爆発したミサイルの噴射板が教授オリジナルのものであることに気付き、ロケット班のメンバーのことを調べ始める。そして、ロケット班がかつて金属加工を頼んでいた製作所でメンバーと再会し、新しいマーズロケット・マーズ18号を作っていることを知る。それは高校生の時に作ったロケットとは桁違いの、宇宙まで飛ぶロケットだった。教授がミサイルの製造に関わっている疑惑が晴れないまま、さらに高野の後をつけてきた純子も巻き込んで高野もロケットの製造・打ち上げに加わることになるのだが…。

*****


 個人がロケットを手作りするというとんでもない物語だけれども、ロケットの原理や構造はしっかりと現実のものに基づいている。確かに教授や剛太の天才的能力は現実的かどうかはわからないけれども、ロケットがだんだんと出来ていく過程が目に見えるように活き活きと描かれている。ロケットというと国家プロジェクトでないと取り組むことが出来ないハイテクで最先端のイメージがあるけれども、実はきわめてローテクだったのだ。燃料を燃やしその力で飛んでいく。それだけの原理。もちろんそれだけなのだが難所がいくつもあり、試作品は失敗が続く。メンバーがそれぞれの専門の知識を出し合って改良していくその試行錯誤の過程は、かつてロケットを開発した研究者たちの姿につながっている。その過程にどんどん引き込まれた。

 このマーズ18号の打ち上げにはある目的があった。それは今の宇宙開発の現状から考えると目からうろこだ。予算やら国家プロジェクトとしての安全性やら、面倒くさいことが沢山あってそれがロケット・宇宙開発を阻んでいる。その面倒くさいことを蹴飛ばしてしまったらどうなるのか。それがこの物語だと思う。教授と剛太の並外れた能力、北見の取引の巧さ、氷川の経済支援、そして高野の世界各国の宇宙開発に関する豊富な知識と人脈があってマーズ18号が出来た。そしてそれぞれの役割や目的は異なるけれども、ロケットを飛ばしたいという情熱。小説であることはわかっているのだけれども、もしかしたら、やろうと思えば出来るかも…と思ってしまった。とんでもない騒動が巻き起こるのは確実だろうけど。

 教授のミサイル疑惑も物語の大きな核になっている。ロケットとミサイルは紙一重。メンバーのその疑惑に対する思いも様々だ。信頼しつつも複雑な思いの北見、ジャーナリストとしての見方をする高野、そんなことはどうでもいいと思う剛太、己の潔癖を証明しつつも揺れ動く教授。科学者の倫理や信念に関して考えさせられた。教授だけの問題じゃない。歴史上でも月ロケットを開発したがナチスによってミサイルに転用されてしまったフォン・ブラウン、ツィオルコフスキーよりも先にロケットの設計の論文を書いていたが手榴弾でアレクサンドル2世を暗殺したキバリチッチの例が挙げられている。ロケット開発の明るい部分だけでなく、影の部分にも考察してあるのが興味深い。

 マーズ18号の打ち上げに向かってノンストップで駆け抜ける爽快感がたまらない。ところで、個人がロケットを作るという話は他にもある。あさりよしとお作の漫画「なつのロケット」がその一つ。まだ読んではないのだけれども(そのうち読みます)、私が子どものころ「学研の科学」で連載されていた「まんがサイエンス・ロケットの作り方教えます」は大好きで夢中で読んでいた。本当にわかりやすくて面白かった。あと、映画「明日があるさ THE MOVIE」も。これも途中までしか見ていないのだけれども…。
 ああそれから「プラネテス」でもハチマキの弟九太郎君もロケットを作って飛ばしていた。宇宙まで飛ぶ自作ロケットなんてゴロゴロしている、という感じの台詞があったっけ。そんな時代がいつか来るのだろうか。


trackback for:「本だけ読んで暮らせたら:『夏のロケット』」
「Star Gazer`s Cafe:ロケッティア」
作中にも出てきますが、「ロケッティア」とは「ロケット狂」という意味。社会的に見れば「狂っている」高野たちの行動も、本人たちから見れば真剣。分かりやすい言葉だと思います。
by halca-kaukana057 | 2006-07-10 21:35 | 本・読書

せちやん

「せちやん―星を聴く人―」(川端裕人、講談社、2003)



 先日「竜とわれらの時代」で紹介した川端裕人。再読第1弾は宇宙がテーマの「せちやん」。以前一度読んで圧倒されてしまった。よく分からなかったところもあったので何度か読み返してみた。


 1970年代、中学生の「ぼく」(とおる)は膝を痛めて野球部を辞め、友達のクボキ、やっちゃんと放課後を過ごしていた。それぞれ家庭の中では息苦しさを感じ、なるべく家に帰る時間を遅らそうと学校の裏山で時間をつぶしていたのだった。その裏山で、ある日3人は不思議な家屋を見つける。パラボラアンテナに銀色のドームがある日本家屋。「摂知庵」と看板がかけられてあるその家の秘密を暴くべく、「ばく」たちはその家を見張り出す。何のための施設なのか想像をめぐらす中、ついに3人は家屋の主人と出会う。彼は摂津知雄、通称「せちあん」と名乗り3人に「せちやん」と呼ばれることになる。ある事情により仕事を辞めその家にひとり住んでいるせちやんは銀色のドームの中にプラネタリウムを作り、パラボラアンテナを電波望遠鏡にして「SETI」と呼ばれる異性人からの信号を探しをしていたのだった。一見冴えない中年男だが宇宙への夢を熱く語るせちやんにすっかり夢中になった3人は、学校が終わると「摂知庵」に入り浸るようになった。豊富な蔵書を読みふけり文学に夢中になったやっちゃん、大量のレコードを聴いてクラシックに興味を持ちせちやんが弾かなくなってしまったバイオリンを練習するクボキ、そして「ぼく」はプラネタリウムや異性人探しに夢中になった。ところが、ある事件をきっかけに3人は「摂知庵」に行くのを辞め、それぞれの道を歩むべく高校に進学。文学や音楽に夢中になっているやっちゃんやクボキと違い「ぼく」は再び野球を始めたが、それでもせちやんが教えてくれたことは色濃く頭の中に残っていた。そして「ぼく」の人生の様々なシーンでせちやんのことが思い出される。



 この物語全体に漂っている何かをつかもうとしてもつかめない虚しさ、孤独感に切なくなる。「ぼく」もやっちゃんもクボキも、そしてせちやんも登場人物それぞれ何かを追い求める。でも、それをつかめたとしても一瞬だけ。次の瞬間にはなにも残らない。まさに夢のようなはかなさ。どんなに手を伸ばしても天空の星まで手は届かない。この物語の「宇宙」はそんな位置にあると感じた。

 そして、「宇宙」に向き合う時は誰もが孤独だということ。例え分かり合っている仲間がいたとしても深いところでは結局ひとり。そこから生じる不安や淋しさ。それをごまかすかのように、人間は何かに身を委ねる…仕事や芸術、恋愛や宗教などに。私も、こんなどうしようもない不安や孤独を感じることがある。例えば、死んだら何もなくなってしまうのだろうかとか、将来に対する不安とか。そんなことに悩んでいる時、ある方がこんなことを言っていた。「趣味なんかが無かったら生きていくのは大変だよ。いつも不安と向き合っていたら辛くて辛くて生きている心地がしないよ。そんな辛さをかわすためにも、人は色々なものに夢中になるのではないかな」と。その言葉を今読んでいて思い出した。せちやんや「ぼく」はSETIによってその孤独と向き合う。それがさらに孤独を思い知らせるものだとしても。その孤独感がだんだん深くなる物語の終盤がすごかった。

 宇宙ものであるけれども哲学や人の生き方、考え方が物語の中心になっていると私は読んだ。だから同じ宇宙ものの「夏のロケット」とはかなり雰囲気が違う。宇宙への思い・見方も一つとは限らない。こういう宇宙ものもいい。
by halca-kaukana057 | 2006-06-16 20:34 | 本・読書
「ふたつのスピカ」イラストブック(柳沼行、メディアファクトリー)

ふたつのスピカ イラストブック
柳沼行/メディアファクトリー/2006

 漫画「ふたつのスピカ」のカラーイラストを集めたイラスト集です。「コミックフラッパー」ではカラーでも、単行本では白黒になってしまった表紙イラストをカラーのまま収録。単行本派には嬉しい。さらに柳沼さんのインタビューにオリジナル星図、カレンダーまで付いている。柳沼さんの絵がとにかく好きなので、是非保存版に買いました。

 まずイラストから。アニメのエンディングで使用されたイラストや、コミックフラッパーの表紙、さらには限定で単行本に封入されていた、宇宙学校の学生証のコピーも付いているとは驚き。アニメはあまり観ていなかったのでかなり嬉しい。特にアスミ・ケイ・マリカの3人で笑っている絵がいい。ほとんど笑わないマリカの笑顔を見られる。最高。しかもマリカの目の色が緑であることもこれでしっかりと分かった。

 個人的に、宇宙学校の制服が好きなのでその色やデザインをカラーで堪能できるところに満足。女子の制服で、ブレザーなのに袖口にセーラー服みたいにラインが入っているのが面白いなぁとずっと思っていたのです。鉄道会社や飛行機のパイロットの制服っぽくて。リボンも細い方でなく、第5話あたりの太いスカーフのようなリボンが好き。当然夏服より冬服。(…これでは制服フェチであることがバレるではないか!)

 イラストのお気に入りは5話、34話、それから2005年7月号フラッパー表紙。表紙を開いて最初のページ・扉のイラストも良い。普段はCGで描いているそうなのですが、水彩色鉛筆のような感じが出ている。その柔らかさが好き。見ていて和む。心が殺伐としたら見たい本です。

 柳沼さんのインタビューも興味深い。どこかで読んだ話で、アシスタント無しで描いていると知ったのだが、やっぱり今でもアシスタントは無し。一人であれだけのものを毎月描くとは。むしろ一人で描いているからこそ、自分の表現したいものを追及できるのかも。掲載誌の「性格」も考慮して少し変わってしまっているらしいけど…。エンディングももう決まっている、か。ああ、どうなっちまうんだ。

 カレンダーと星図は使うと言うより観賞用。本にくっついていて、取るのが難しいのでそのままにしています。カレンダーにはキャラクターに関するちょっとした情報も。ファンには嬉しい。

 ところで、初期のアスミと現在のアスミを見比べると、初期の方が大人っぽかった…?と思う。髪の長さ、ヘアピンのせい?
by halca-kaukana057 | 2006-04-28 21:06 | 本・読書

ふたつのスピカ 10

 「ふたつのスピカ 10」(柳沼行、メディアファクトリー)

 スピカももう10巻。アスミたちは3年生になり、新年度が始まった。宇宙飛行士選抜試験を受けた秋を目当てにマスコミが入学式にやってくる。秋を一目見ようとする新入生もいる中、ケイはそのことが気に食わない。一方、喫茶店でアルバイトを始めたマリカ。慣れない接客業に困惑しつつも、少しずつ自分の可能性を広げていこうとする。また、かもめ寮にも新入生がやってきた。先輩としてしっかりしようとするアスミだが、その体型のせいかなかなか先輩としてみてもらえず悩んでいた。
 そんな中、宇宙学校に再び佐野がやって来る。


 まず、3年になって新たな展開が。ケイ→秋への想いはますますはっきりと。帰り道で秋のことを悪く噂する見知らぬ男子に向かって反論、ケンカになるあたり想いのまっすぐさが伝わってくる。ケイにとって秋は恋愛対象としてだけでなく尊敬の的でもある。ただの甘ったるい恋愛ものにさせない。そこが好きだ。

 そして、マリカ→府中野???ケイのマネをして「ふっちー」と呼ぶマリカ…。何だか面白くなってきました。府中野のアスミへの想いはどうなるんだ?いや、あれは恋心と言って良いのか???

 そして今巻一番の読みどころは佐野とアスミ父・トモロウの思い出話かと。先のケイと同じように、その想いがまっすぐ過ぎるからこそ起こしてしまった事件。なんとも切ない。そして明らかになっていく獅子号の闇…。出典を忘れてしまった上ににうろ覚えで申し訳ないのだが、こんな言葉を言った人がいた。「ロマンだけでは宇宙には行けないが、ロマン無しでは宇宙には行けない」 宇宙開発の現実と必要な技術と、その裏にうごめく様々な打算。それは一筋縄で解決できるものではない。でも、その基盤にあるのは宇宙を夢見る人々のまっすぐな思い。その思いがあるからこそ、その一筋縄でいかない現実を打破できるのだろうと感じた。


 最後に、最近どうも出番が少なくなってしまったライオンさんが、幼いアスミとの会話を回想するシーンの台詞を引用します。
「妥協っていうのはいつも夢の手前に置いてあってね
わりと手に入れやすいものなんだ
多くの人は生きていくために少しずつ少しずつ妥協を手にして
そして気づいた時には本当の夢からどんどん遠ざかってしまう」(146ページ)


 自分にとって妥協とは何だろう。自分の夢って何だったんだろう。自然と自問自答してしまった。


 で、同時発売のイラストブック。単行本を買った本屋には見当たらず、アマゾンでも在庫切れ。他を当たるか。それから、スピカには関係ないのだが宇宙飛行士関係の話題として、野口聡一さんの本がいつの間にか出版されたのだそうだ。しかもすでに3冊。自叙伝に飛行中の日記など。この出版の勢いは毛利さんや向井さんの旦那さん以上の勢いのはず。本屋で「スィート・スィート・ホーム」(木楽舎)は見かけて手にとって見たが、写真がもうたまらん。図書館に早く入らないかなぁ。
by halca-kaukana057 | 2006-03-25 21:46 | 本・読書

今日の私はどうしろと

 何だか今日はイベントがいっぱいだ。

①H2A9号機打ち上げ。15時ごろ。
②サッカー日本代表フィンランド戦。どっちを応援すればいいんだ…。
③トリノ五輪ジャンプラージヒル。こっちはフィンランドを全力で応援。

 おお、テレビ・ネットにかじりつけとでも言うのか。朝から色々イライラしていたけれど、こんなことを考えていたら吹っ飛んだ模様。

<色々追記>
・H2A打ち上げ成功!でも、ロケットにカメラをつけて欲しかった。遠ざかる地球の映像が好きなのに。
 でも、ライブ中継の解説が分かりやすくていい。
・サッカー対フィンランド。フィンランド残念。日本はこれからだ。でも、フィンランドも有力選手がいなかったのであまり参考にならない?日本が勝ったのはうれしいが、フィンランドは負けた(当然だが) とても複雑な気分…。
・そのフィンランド戦の冒頭、フィンランド国歌を途中から放送するとは、何たることだテレ朝!!失礼な。思いっきり歌う気満々でいたのに、CMが終わったらもう始まっていた。でも、途中からでも歌いましたよ。(1番ならフィンランド語で歌えます。)歌っていた女性は誰だろう?フィンランド人のソプラノ歌手とか?名前ぐらい教えてくれよ。
・やっぱりフィンランドの選手は背が高くてかっこいいなぁ。もうちょっと紹介して欲しかった。
・さて、ラージヒルはのんびり応援するか。ラジオで。

以上。
by halca-kaukana057 | 2006-02-18 22:02 | 興味を持ったものいろいろ

ふたつのスピカ9

「ふたつのスピカ 9」(柳沼行、メディアファクトリー)

 スピカの9巻が出ましたよ。自分のやりたいことをようやく見つけた桐生君は、アスミに別れを告げる。動揺するアスミ。その姿を見てやりきれない思いになった府中野は、テスト中にも関わらず会って来いと怒鳴りつける。それでようやく決心のついたアスミは桐生君を見送るために教室を飛び出した。
 一方、父の承諾が出て、宇宙飛行士選抜試験を受けることになった秋。一足早く夢への第一歩を踏み出した秋を見て、“仲間”でいられる時間が限られていることを知り戸惑うケイ。かけがえのない仲間である実感を抱きつつ、秋の試験が始まった。


 府中野がアスミに対して怒鳴るシーンは本当に見物。幼馴染として、迷惑がりながらもアスミをずっと側で支えてきた府中野だからこその行動だと思う。桐生君との回想シーンも切ない…。今まであまり語られてこなかったけど、府中野の今後が気になります。

 秋君の幼年時代も今まで語られることはありませんでした。秋君の存在自体がマリカ以上に謎だったりするのだが…。そんな秋君の内面が語られるのも嬉しい。

 何だかんだ言ってケイは本当にいい事を言うなぁと思う。実際に宇宙に行くことができるのは、ほんの限られた人数。本来ならライバルで勝ち負けがある世界のはずなのに、それを痛切に感じることがなかった。それを知っていてもやはり「運命共同体」とケイが言うように仲間であることには変わりないこの5人の友情に、本当に心が温かくなる。スピカのこういうところが好きですわ。

 読みきりの「コノハナ桜」もいい!そしていつも本編以上に?楽しみな「もうひとつのスピカ」も印象に強く残る。柳沼さんは切なさ、いとおしさを書くのが本当にうまい。一般受けはしないかもしれないけど(アニメ化はしたけれど)、読めば読むほど味が出る。こんなふうに人の内面を大切にしている漫画家がいるということがとても嬉しい。43話と44話の間にある小さなイラストも気に入った。



 続きが楽しみなのだが、その前に2月23日にイラストブックが出るのだと。今まで単行本では白黒にされてしまったカラーイラストが全てカラーで収録!柳沼さんのインタビューに、付録が特製星図にオリジナルカレンダー付ですって!!…これは買う…。カラーイラストが見たい。白黒じゃ悲しいもの。
by halca-kaukana057 | 2005-12-23 20:05 | 本・読書

読んだ本メモ

 とりわけ取り上げて書くほどでもないけど、これまでに読んだ本をメモしておきます。

 まずフィンランド関係。
「旅の指さし会話帳35 フィンランド」(青木エリナ、情報センター出版局、2002)
 フィンランド語を手軽に学べる本。イラストが多くわかりやすいです。フィンランド語をかじる程度なら十分使えますが、もうちょっと勉強したい人には不十分。でも、結構面白い本です。ちなみにこのシリーズ、いろいろな国の言葉が出ているのですが北朝鮮があるのには驚いた。北朝鮮って旅行に行けるのか?

 「フィンランド語は猫の言葉」(稲垣美晴、文化出版局、1981)
 日本から見ればマイナーなフィンランド語。現在は色々な本も出て学びやすくなってきたけれども、やっぱりあまり知られていない。そんなフィンランドへ1970年代に留学した著者の奮闘記。フィンランド語の難しさや北欧の暮らしが生き生きと書かれています。若干古いですが。

「トコトンやさしい宇宙ロケットの本」(的川泰宣、日刊工業新聞社、2002)
 タイトルのとおり、宇宙ロケットの仕組みがわかりやすく解説してある本。さすがは的川さん、説明がうまい。燃料のことからエンジンのこと、ロケットの飛ばし方とようやく理解できました。ただ、飛ぶ方向を制御するジャイロのことだけはよくわからなかった…。でも、このことを思い出しながらロケットの打ち上げを見たら面白そう。

「オケピ!」(三谷幸喜、白水社)
 ミュージカル「オケピ!」の脚本です。ミュージカル版を観たかったのですが、どこを探してもビデオもDVDも無い。あったとしても、ビデオ鑑賞の習慣の無い私は見ない可能性が高い。オーケストラピットの個性的な音楽家たちの人間模様がコミカルに書かれていて面白いです。個人的にはハープにイライラし、ヴィオラに同情。ピアノ役が小日向文世さんではまり役。

以上。
by halca-kaukana057 | 2005-09-27 20:17 | 本・読書

ふたつのスピカ 8

「ふたつのスピカ 8」(柳沼行、メディアファクトリー)


 私の大好きな漫画です。1巻が出たとき「ダ・ヴィンチ」で紹介されていて、ちょっと興味を持ったので読んでみたら、まさにツボにはまりました。一言でいうなら、「純情SFファンタジー」といったところでしょうか。NHK教育でアニメも放送されています。(まさかアニメ化されるとは思わなかった。)

 2010年、日本初の有人宇宙ロケット「獅子号」が打ち上げられるが、打ち上げ後に爆発、市街地に墜落して大惨事となる。その事故に巻き込まれ、母を亡くした少女・アスミは、ある日神社の境内でライオンの被り物をかぶった青年と出会う。彼は「獅子号」の乗組員で死亡した幽霊。「ライオンさん」と名乗り、アスミ以外には見えない。ライオンさんから宇宙の話を聞くうちに、アスミは宇宙飛行士になりたいという夢を持つ。
 中学を卒業したアスミは、宇宙飛行士の夢をかなえるために、厳しい試験を突破し東京宇宙学校に入学する。そこで出会った友達との友情、恋愛、そして宇宙への夢。訓練は厳しいが、アスミたちは助け合い、成長し、宇宙への道を歩んでいく。

 大体のあらすじはこんな感じ。この8巻では、突然の脱獄訓練や、アスミが気になっている高校生・桐生との関係、アスミの友達・ケイの恋心が中心。桐生君との関係にやきもきする幼なじみ・府中野や、宇宙飛行への推薦を受けたにもかかわらず困っている秋君も見逃せません。

 SFとはいっても、心が温まりやさしくなれるファンタジーの要素のほうが強いです。絵もほんわかしていて、本当に男性が描いたのかと思うほど。その一方で人間関係も巧妙に入り組んでいます。

 読んで損はない。本当にお勧め。ちなみに、スピカが好きなら「プラネテス」も好きなはず。もちろん私もその一人。
by halca-kaukana057 | 2005-05-24 22:35 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30