タグ:星空写真 ( 194 ) タグの人気記事

 ここ数日、天候が安定していて、暖かい日が続いています。少し前はとても寒くて、雪もどっさり降ったのに。その雪もどんどん解けています。
 夜は星空を楽しめます。昨日今日の星空です。

 昨日は、夜に東の空から月が昇ってきていました。黄色の、レモンみたいな形の月。とても印象的でした。
f0079085_22555045.jpg

 普段とは違う感じでオリオン座、冬の大三角を撮ってみた。

f0079085_22555445.jpg

 こちらは今日のオリオン座。いつもと同じように撮っています。北の空には、北斗七星も見え始めました。北斗七星を見ると春が近いのだなと思います。

 星空を見ていると、「はやぶさ2」がんばれ、と思ってしまっています。「はやぶさ2」がタッチダウンした日の星空は、きれいな星空でした。
by halca-kaukana057 | 2019-02-22 22:59 | 宇宙・天文

晴れた夜明けの空

 現在、夜明けの東の空に惑星が並んでいます。
f0079085_21564810.png

Stella Theater Webさんよりシュミレート。「明けの明星」の金星、木星、空低くには細い月や土星もあります。

 しかし、当地は朝は晴れることがまずない。曇りか雪か。
 そんな中、今朝は晴れました。東の空を確認すると、結構明るくなっていました。金星が明るく輝き、その右上に木星も見えました。月と土星は建物に隠れて見えず。
f0079085_21565453.jpg

 画像も撮ってみましたが、うっすらと金星しか写っていません。木星は無理だったか。もう少し早い時間ならよかったな。久しぶりに晴れた夜明けの空を見て、清々しい気持ちになりました。
by halca-kaukana057 | 2019-02-03 22:04 | 宇宙・天文

新年の冬の大三角

 この3連休は穏やかな天気でした。今夜は晴れています。年末にもオリオン座、冬の大三角の画像をあげましたが、新年最初の星空写真も冬の大三角です。というか、これが一番私のカメラでも撮りやすいし映える。
 この間の部分日食は、星空とはまた違うので、別カウントです…。
f0079085_22573079.jpg

 やっぱりオリオンはかっこいいなぁ。
 昨日感想を書いた、「白河天体観測所」を思い出しました。「光害」は私の住む地域にもあります。しかし、ネオンからは離れているので、暗い空を写すことができます。ずっと、これからも、暗い空とそこに輝く星を楽しみ続けられたらいいな。
 西の空には半月が、冷たい空気の中輝いています。
by halca-kaukana057 | 2019-01-14 23:01 | 宇宙・天文

今シーズン初のオリオン

 寒波で毎日寒いです、雪もよく降ります。しかし、ようやく当地らしい冬が来たと感じました。雪は降るけれども、雲が風で飛ばされ、時々やんで青空が見える。雪の晴れ間の朝の静けさの中、夜に積もった雪を雪かきする。この時間がとても好きです。雪かきは大変ですが。

 夜も、時々雪がやんで星空が見えるようになりました。これがふたご座流星群の時だったらなぁ…今年は惨敗でした。
 今夜は寒さも緩み、身体も少し楽です。

 窓の外を見てみたら、オリオン座と冬の大三角が堂々と輝いていました。
f0079085_22535516.jpg

 冬は寒いですが、この煌びやかな冬の星座が見られるのは好きです。凍りつくような空気も、澄んでいて、星がよりきれいに見えます。

 今年も色々ありました。苦しい時もありましたし、一方で、楽しいこと、嬉しいこともありました。初めて挑戦することもありましたし、様々な人やもの、場所に出会うこともありました。
 また来年もそんなことの断片を、綴っていけたらと思います。

 よいお年をお迎えください。
by halca-kaukana057 | 2018-12-30 22:59 | 宇宙・天文

火星、秋の星座とISS

 久しぶりにISS・国際宇宙ステーションの可視パスを観ました。これまで天気の悪い日が続いていましたが、今日の夕方は晴れて星空もきれいでした。

f0079085_22063262.jpg

 今年最も注目された惑星、火星とISS.ISSは、みずがめ座を通過。みずがめ座の目印は、三ツ矢サイダーの三ツ矢のマークに似た、4つの星の並び。その上の部分をISSが通過しました。この三ツ矢の星から南下すると、秋の星空の唯一の一等星、みなみのうお座のフォーマルハウトにたどり着きます。星座絵で見ると、みずがめから流れた来た水(酒)をみなみのうおが飲んでいます。
 火星の東側には、海王星もあるのですが…この画像だとちょっとわからない。これが海王星?と思わしき星があるのですが、本当に海王星がどうかわからない。

 ISSは北東の方角へ飛んでいきます。
f0079085_22074773.jpg

 ISSが横切っているのは、うお座の「北の魚」の部分。ISSの上にはアンドロメダ座が横たわっています。あまりにも久々だったので、星の並びがしばしわかりませんでした。勉強不足…。秋の星座は目立たないものが多く、画像でも探すのは難しい。けど、パッと見てもこれは何座!と言えるようになりたい。

 ISSは北東の空で見えなくなりました。
f0079085_22345800.jpg

 この見えなくなる、スーッと消える瞬間を捉えられるととても嬉しくなります。可視パスの最後まで見届けたぞと。ISSの東(右)側にある星の群れは、プレアデス星団(すばる、M45)。雪も降り、もうすぐ12月。冬の星座たちの出番がやってきます。画像上側にあるのはペルセウス座。2枚目の画像にアンドロメダ座がありましたが、ギリシア神話では、アンドロメダ姫がお化けクジラ(くじら座)に襲われるところを、勇者ペルセウス(ペルセウス座)が助けます。

 また明日の夜以降は天気が崩れる模様。いい可視パスを見られました。
by halca-kaukana057 | 2018-11-26 22:22 | 宇宙・天文

6月の宵の三日月と金星

 今日は、西の空に金星と三日月が見えていました。日没の頃は雲があったのですが、後、雲が晴れて見られました。
f0079085_20572333.jpg

 三日月は相変らずきれいに撮れません。カメラの限界です。金星はとても明るかった。この2星の右に、ふたご座のカストルとポルックスが見えるはずなのですが、見られませんでした。

 昨夜、寝る前に外を見たら、満天の星空。天頂の近くには夏の大三角が。南の空にはさそり座。その東側に明るい星、土星です。いて座に位置しています。西側、てんびん座には木星が明るく輝いています。もう少し時間が遅くなれば、やぎ座に位置する火星も見られます。今年は火星大接近の年。寝る前にしばし星見しました。
by halca-kaukana057 | 2018-06-16 21:04 | 宇宙・天文

雷、霰、のち晴天とISS

 今は国際宇宙ステーション(ISS)が日没後の空に見えています。これまで、2回ほど国際宇宙ステーション(ISS)を目視したのですが、どれも撮影に失敗。観ただけでもブログに書いてもいいのですが、一文だけになってしまう。こういう時、twitterって便利だだったなと思います(でも戻る気は一切ない。再開したいとは全く思わない。本当の意味での独り言つぶやきツールで、フォローしない、フォロワーもいない、リプライもリツイート等も受け付けないのなら考えますが、それじゃSNSじゃないね。)。

 今日は夕方、空が暗くなったなと思ったら、雷が一発落ちました。その後強くあられが降る。当地では4月に入っての雪は珍しくありません。昨日一昨日も雪は降ってた。しばらくして、窓の外が明るくなったなと思ったら、晴れてる。これは、ISS見えるかもしれない。時間と方角を調べて待ちます。

f0079085_22010785.jpg

北の空を行くISS.左から右へ飛んでいっています。ISSの軌跡の上に、北斗七星のひしゃくの部分の4つの星が。金井さーん、手を振りました。

f0079085_22011060.jpg

東の空へ向かうISS.雲に入り、ISSも見えなくなりました。画像左には、北斗七星の柄の部分。北斗七星を分割撮影する構図になりました…北斗七星とISSを撮りたかった。

 本日、水星探査機「MMO」の愛称・メッセージの応募が締め切られました。愛称は全くわかりません。読めません。当たるといいなぁ。
by halca-kaukana057 | 2018-04-09 22:14 | 宇宙・天文
 日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんが、12月から国際宇宙ステーションに滞在中。それ以後、金井さんのいるISSを見たいと思いつつも、天候やタイミングでずっと見られませんでした。6月までだからチャンスはまだあるけど、早いうちに見たいなぁ…と思っていました。ようやく、条件のいい可視パスで、天候も良好。久しぶりのISS観望です。

 南西の空から、ISSが昇ってきます。明るい。ようやく見られた、金井さーん!と心の中で叫びながらちょっと手を振りつつ、撮影を。ルートを知って、このパスを狙いました。

f0079085_20543918.jpg

 オリオン座を通過するISS.撮っている間は興奮していました。なんといい構図!ISSはどんどん明るくなります。明るい星だらけのオリオン座にも負けません。

f0079085_20564797.jpg

 さらに明るさを増したISSは月のそばを通って、空の高い位置に。そのあたりを撮影しました。撮影している時は、そこに何の星座があるのかわからず。PCに取り込んで確認して、おお!と思いました。
 ISSの軌跡の右側、裏返しの?マークが横倒しになっているのがわかるでしょうか。しし座の獅子の大鎌です。しし座の主な全景も撮影できています。やった!今回はとてもいいパス、満足の画像が撮れました。

 ISSを見ながら、金井さんは日本上空ということで見ているだろうか…と思いました。お天気もよいので、日本列島の夜景がきれいに見えたと思います。金井さんの長期滞在は折り返しを過ぎました。これから、天候はよいと思うので、できるだけたくさんISSを見られればいいなと思います。
by halca-kaukana057 | 2018-03-25 21:04 | 宇宙・天文

春分の宙

 今日は春分。当地は晴れ、そこまであたたかいわけではないですが、穏やかな一日でした。

 現在、夕空に金星と水星が見えています。なかなか見るのが難しいと言われている水星。夕暮れ時、西の空を観ると、金星が見えました。まだ空が明るかったせいか、薄雲のせいか、高度のせいか、そこまですごく明るくはありませんでした。水星は、空が明るくて見えず。もう少し暗くなってから再挑戦…金星と水星が見える位置にちょうど雲が出てきてしまいました。残念。

 なかなか夕方~日没後の時間、空を見る時間が取れず、この冬はあまり星見が出来ませんでした。しかも天気も悪かった。今日は、夜も晴れています。北の空に北斗七星が直立していて、春が来たんだなと感じます。冬の星座は西の空へ。長い冬が、ようやく終わろうとしています。

f0079085_21294531.jpg

 今シーズン初のオリオン座。
by halca-kaukana057 | 2018-03-21 21:40 | 宇宙・天文
 昨晩の皆既月食です。
・準備編:【2018.1.31】 皆既月食を見よう! 準備編

 昼間は晴れていて、このまま夜になっても晴れた空が続けばいいなと思っていました。しかし、夕方から曇り始め、日没後には雪が降り始めた。しかもかなり強い。多い。これは無理か…?予報を見ても皆既食の間はずっと雪。今の季節は雪の日が多いし、今年は特に強い寒波が続いているし…。少しでも晴れたらいいなぁ…と思いつつ、月食が始まる時間を待ちました。

 20時48分過ぎ。部分食が始まります。窓から外を見ると…晴れている。雲は流れているものの、雪は降ってなく、月がよく見えている。
f0079085_22035711.jpg

f0079085_22040104.jpg

 月がどんどん欠けていきます。欠けていく、という表現は合っていないかもしれません。この黒い部分は地球の影。月が地球の影にどんどん覆われていっている、地球の影の部分に入っていっている。影の部分は黒。赤銅色ではありません。

f0079085_22055699.jpg

 まもなく皆既。
f0079085_22055919.jpg

 もう少し。影の部分は赤黒くなってきました。

f0079085_22070613.jpg

 21時51分過ぎ。皆既月食です。画像だと赤が強めですが、実際、肉眼で見た時はもっと暗かった。月の位置はかなり高く、これがいつもの満月なら、夜空を照らしていました。が、赤銅色の皆既食の月は静かに暗い。星もよく見えました。南の空にはおおいぬ座。シリウスが明るく輝いていました。

f0079085_22071677.jpg

 食の最大に近い頃に撮影。やはり赤が強めに写ってしまいます。実際はもっと暗かったです。

 食の最大を過ぎると、雪雲が流れてきて吹雪に。月は薄雲越しに見えます。吹雪と赤黒い月。不思議な光景でした。そして寒い。暖かい部屋に引き揚げました。その後、皆既食の終わりまで晴れることはなく吹雪。23時8分、皆既食の終わり。やっぱり吹雪。寝ることにしました。

 カメラはコンデジを使いました。スマートフォンのカメラでも撮影してみたのですが、やはり手ブレがひどい。スマートフォン用の三脚も販売されていますが、私は普通のコンデジ用の三脚しか持っていないので、コンデジだけです。
 今回は時間はたっぷりあったものの、寒くて一旦部屋に戻り、あたたまったらまた出て行って…なので余裕があったとは言えません。真冬の観測はきついです。でも晴れてよかったです。吹雪の中の皆既食の月も見られましたし。

国立天文台:皆既月食を観察しよう 2018 キャンペーン
 「天気が悪くて観察できなかった」という選択肢もあります。残念ながらお天気が悪くて観察できなかった方も報告を!

sorae.jp:昨日の皆既月食は見えた? 世界中からの観測報告まとめ
国立天文台:皆既月食――2018年1月31日
 次の日本から見られる皆既月食は、7月28日の夜明け前。ただし、東北以西。北海道東北では、部分食の間に月が沈んでしまいます。皆既食が見える地域でも、皆既食の間に月は沈んでしまいます。難易度は高いです。
 日本全国で全行程を観察できる次の皆既月食は、2022年11月8日。ちょっと先ですね…。その間に部分月食は何度かあります。
by halca-kaukana057 | 2018-02-01 22:30 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31