人気ブログランキング |

タグ:星空写真 ( 198 ) タグの人気記事

ISSと夏の小さな星座たち

 今度の20日はアポロ11号の月面着陸から50年。記念の特集が様々なメディアで組まれています。明日が満月で部分月食があります(九州・沖縄、中国地方と四国の一部で満月が欠けたまま沈みます。それより東の地域では見られません)。今夜は満月直前の大きな月がきれいに見えています。1969年7月20日の月齢を調べてみたら、5.5、ほぼ半月。月を見て、その月に初めて人類が降り立つのを、地上の人々はどんな気持ちで見ていたのだろう。まだ生まれていなかった私は、当時の記録を見たり聞いたり読んだり、想像するしかありません。でも、今、「はやぶさ2」が小惑星リュウグウにタッチダウンするのをワクワク、緊張しながら応援しているのを思うと、同じような気持ちだったのかな、と思います。

 今、人類は国際宇宙ステーションで長期滞在し、微小重力下で様々な実験をしています。そのISSを久々に見られました。ほぼ満月の光にも負けず、明るく輝いて飛んでいきました。

f0079085_21450451.jpg

 久々に解説を入れてみました。というのは、見どころがあちこちにあるから。
 ISSの軌跡のすぐ上、細長いY字の星の並びが横になっています。これが「や座」。矢座です。矢を放つ「いて座」は南の空、天の川の中にありますが、矢座は夏の大三角の中にあります。
 ISSの下に小さなひし形の星座があります。これが「いるか座」。特に好きな星座のひとつです。とても可愛らしい星座です。夏の小さな星座が2つも撮影できて嬉しい。
 わし座の一等星、彦星・アルタイルに、はくちょう座のくちばしの二重星・アルビレオも写っています。ああ望遠鏡を向けたい。アルビレオの2つの星の青とオレンジの色の対比を観たい。ISSの軌跡の辺りにはこぎつね座があるのですが、暗くて星の並びがよくわかりません…。

 南の空には木星が明るく輝いています。月がとても明るいですが、そのすぐそばにぽつんと星が。土星です。今年の夏もこの2惑星が見頃です。こっちも望遠鏡を向けたい(土星は月明かりが邪魔でうまく見られなさそう)。
by halca-kaukana057 | 2019-07-16 21:58 | 宇宙・天文

ISSと春の星座

 数日前に撮ったISSの画像を何枚か。

f0079085_21504146.jpg

 ISSの軌跡の右側(北)に北斗七星が。ISSも長い時間撮影できました。とても明るかったのではっきり写っています。

f0079085_21504511.jpg

 ISSの画像としては失敗です。見切れてる。ISSはうまく撮影できなかったですが、画像の真ん中、Cを裏返した星の並びがわかるでしょうか。かんむり座です。小さな星座ですが、星の並びはわかりやすいです。好きな星座のひとつです。
 ギリシア神話では、クレタ島の女王アリアドネが結婚の際に贈られた冠とされています。アラビアでは、欠けた皿に見えていたそうです。シベリウアではホッキョクグマの足。ドイツでは花輪。アボリジニはブーメラン…世界各地で色んな形に見られていた星座です。
 昨年のNHKラジオ第1、「夏休みこども科学電話相談」で、「からあげ座を作りたい」という質問?がありました。答えたのはコスモプラネタリウム渋谷の永田美絵先生。星を自由につないで、自分だけの好きな星座を作ってもいいんだよという答えで、からあげ座を作るなら、このかんむり座の形が似ているのではないかな、と。かんむり座を見て、そのからあげ座のことを思い出しました。
 画像の右上の明るいオレンジ色の星は、うしかい座のアルクトゥールス。春の星空の一等星のひとつです。

 梅雨入りする前に、たくさん星見したいです。
by halca-kaukana057 | 2019-06-05 22:07 | 宇宙・天文
 夏至が近づくと、ISS・国際宇宙ステーションの可視パスの機会が増えてきます。先日から見頃だったのですが、なかなかタイミングやお天気が合わず。今日、ようやく合いました。

f0079085_22142029.jpg

 ISSが天頂方向へ昇りながら(画像の下から上へ進んでいます)、影に入り見えなくなったところを撮影できました。このすーっと消えゆくISSの軌跡が撮影できるととても嬉しいです。ISSの左側(南)には、北斗七星のひしゃくの部分も写っています。
 この前も見えていて、撮影もしていたのですが、カメラの角度が合ってなかった…失敗写真でお蔵入り。
 ISSが見えている途中、ISSの近くでパッと明るい発光がありました。ISSとは別のもの。何だったんだろう…。何かの人工衛星のフレアか(でも、フレアの前の軌跡は見えていなかった)、流星か、飛行機か何かか、はたまた…。

 今日のISSは西の空に見えていたのですが、同じ西側の空には、しし座が見えていました。春の星座の代表のしし座。もう西の空に傾く季節になってしまいました。もうすぐ6月。星空は夏の星座に切り替わろうとしています。


 宇宙関連の話題がいくつかあります。まず、NASAが火星ローバーに名前を載せようというキャンペーンをやっています。
sorae:あなたの名前が火星へ!NASAが火星探査車「マーズ2020」に乗せる名前を世界中から募集
 NASAが来年打ち上げる予定の火星探査ローバー「マーズ2020」.このローバーには無人ヘリコプターも搭載されます。このローバーに搭載される小さな小さなシリコンチップに、送られた名前を刻みます。
 記入出来るのは、ファーストネーム、姓(Last Name)(アルファベットのみ)、国、郵便番号、メールアドレス。メールアドレスを登録すると、他の名前を登録したミッションを確認できるようになるらしいです。
 名前を登録すると、搭乗券の画像をダウンロードできます。
 この手の名前応募に今まで一体いくつ応募したのか…覚えてませんw


 現在進行形の小惑星探査機「はやぶさ2」も、今日、先月作った人工クレーターへのタッチダウンに向けて、降下し、目印となる2個目のターゲットマーカーを投下、成功しました。この辺りは正式なプレスリリースが出てからもう一度。このターゲットマーカーにも私の名前が載せてあります。全てのターゲットマーカーに名前は載せてあるそうで、これで2個目です。
by halca-kaukana057 | 2019-05-30 22:42 | 宇宙・天文

初夏のさそり座

 昨日寝る前、晴れていたので夜空を眺めていました。東の空からは、もうこと座のベガが昇ってきています。南東の空に目をやると、この星座が見えました。
f0079085_20582331.jpg

 夏の星座の代表のひとつ、さそり座です。オレンジ色のアンタレスが目立っています。アンタレスの上下に星がひとつずつ。上の星をさらに上に伸ばしていくと、横に並んだ3つの星にぶつかります。ここがサソリのはさみの部分。さそり座の形が釣り針に見えることから「ウオツリボシ」「タイツリボシ」「ツリボシ」などと呼ぶ方言もあります。が、この画像では釣り針の下の曲がった針の部分は見えません。

 さそり座を見て、もうさそり座が見えるのか!と思いました。夏の夜明け前にオリオン座を見た時のような気持ち。でも、もう初夏。夏はじきにやってきます。星空を見ていると、季節は確実に巡るのだと感じます。
 こんなことを書いていて、何となく思い出したのが、My Little Loverの「Hello, Again」の歌詞。「夜の間でさえ 季節は変わって行く」

 このさそり座の左側、アンタレスより少し低い位置に木星が位置しているはずです。が、この画像では雲に隠れて見えません。残念。

【追記】
 翌日は晴れて、木星も見えました。
f0079085_22332017.jpg

 空が明るく、暗い星が見えないのが残念。ベストな画像はなかなか撮れません…
by halca-kaukana057 | 2019-05-08 21:12 | 宇宙・天文
 ここ数日、天候が安定していて、暖かい日が続いています。少し前はとても寒くて、雪もどっさり降ったのに。その雪もどんどん解けています。
 夜は星空を楽しめます。昨日今日の星空です。

 昨日は、夜に東の空から月が昇ってきていました。黄色の、レモンみたいな形の月。とても印象的でした。
f0079085_22555045.jpg

 普段とは違う感じでオリオン座、冬の大三角を撮ってみた。

f0079085_22555445.jpg

 こちらは今日のオリオン座。いつもと同じように撮っています。北の空には、北斗七星も見え始めました。北斗七星を見ると春が近いのだなと思います。

 星空を見ていると、「はやぶさ2」がんばれ、と思ってしまっています。「はやぶさ2」がタッチダウンした日の星空は、きれいな星空でした。
by halca-kaukana057 | 2019-02-22 22:59 | 宇宙・天文

晴れた夜明けの空

 現在、夜明けの東の空に惑星が並んでいます。
f0079085_21564810.png

Stella Theater Webさんよりシュミレート。「明けの明星」の金星、木星、空低くには細い月や土星もあります。

 しかし、当地は朝は晴れることがまずない。曇りか雪か。
 そんな中、今朝は晴れました。東の空を確認すると、結構明るくなっていました。金星が明るく輝き、その右上に木星も見えました。月と土星は建物に隠れて見えず。
f0079085_21565453.jpg

 画像も撮ってみましたが、うっすらと金星しか写っていません。木星は無理だったか。もう少し早い時間ならよかったな。久しぶりに晴れた夜明けの空を見て、清々しい気持ちになりました。
by halca-kaukana057 | 2019-02-03 22:04 | 宇宙・天文

新年の冬の大三角

 この3連休は穏やかな天気でした。今夜は晴れています。年末にもオリオン座、冬の大三角の画像をあげましたが、新年最初の星空写真も冬の大三角です。というか、これが一番私のカメラでも撮りやすいし映える。
 この間の部分日食は、星空とはまた違うので、別カウントです…。
f0079085_22573079.jpg

 やっぱりオリオンはかっこいいなぁ。
 昨日感想を書いた、「白河天体観測所」を思い出しました。「光害」は私の住む地域にもあります。しかし、ネオンからは離れているので、暗い空を写すことができます。ずっと、これからも、暗い空とそこに輝く星を楽しみ続けられたらいいな。
 西の空には半月が、冷たい空気の中輝いています。
by halca-kaukana057 | 2019-01-14 23:01 | 宇宙・天文

今シーズン初のオリオン

 寒波で毎日寒いです、雪もよく降ります。しかし、ようやく当地らしい冬が来たと感じました。雪は降るけれども、雲が風で飛ばされ、時々やんで青空が見える。雪の晴れ間の朝の静けさの中、夜に積もった雪を雪かきする。この時間がとても好きです。雪かきは大変ですが。

 夜も、時々雪がやんで星空が見えるようになりました。これがふたご座流星群の時だったらなぁ…今年は惨敗でした。
 今夜は寒さも緩み、身体も少し楽です。

 窓の外を見てみたら、オリオン座と冬の大三角が堂々と輝いていました。
f0079085_22535516.jpg

 冬は寒いですが、この煌びやかな冬の星座が見られるのは好きです。凍りつくような空気も、澄んでいて、星がよりきれいに見えます。

 今年も色々ありました。苦しい時もありましたし、一方で、楽しいこと、嬉しいこともありました。初めて挑戦することもありましたし、様々な人やもの、場所に出会うこともありました。
 また来年もそんなことの断片を、綴っていけたらと思います。

 よいお年をお迎えください。
by halca-kaukana057 | 2018-12-30 22:59 | 宇宙・天文

火星、秋の星座とISS

 久しぶりにISS・国際宇宙ステーションの可視パスを観ました。これまで天気の悪い日が続いていましたが、今日の夕方は晴れて星空もきれいでした。

f0079085_22063262.jpg

 今年最も注目された惑星、火星とISS.ISSは、みずがめ座を通過。みずがめ座の目印は、三ツ矢サイダーの三ツ矢のマークに似た、4つの星の並び。その上の部分をISSが通過しました。この三ツ矢の星から南下すると、秋の星空の唯一の一等星、みなみのうお座のフォーマルハウトにたどり着きます。星座絵で見ると、みずがめから流れた来た水(酒)をみなみのうおが飲んでいます。
 火星の東側には、海王星もあるのですが…この画像だとちょっとわからない。これが海王星?と思わしき星があるのですが、本当に海王星がどうかわからない。

 ISSは北東の方角へ飛んでいきます。
f0079085_22074773.jpg

 ISSが横切っているのは、うお座の「北の魚」の部分。ISSの上にはアンドロメダ座が横たわっています。あまりにも久々だったので、星の並びがしばしわかりませんでした。勉強不足…。秋の星座は目立たないものが多く、画像でも探すのは難しい。けど、パッと見てもこれは何座!と言えるようになりたい。

 ISSは北東の空で見えなくなりました。
f0079085_22345800.jpg

 この見えなくなる、スーッと消える瞬間を捉えられるととても嬉しくなります。可視パスの最後まで見届けたぞと。ISSの東(右)側にある星の群れは、プレアデス星団(すばる、M45)。雪も降り、もうすぐ12月。冬の星座たちの出番がやってきます。画像上側にあるのはペルセウス座。2枚目の画像にアンドロメダ座がありましたが、ギリシア神話では、アンドロメダ姫がお化けクジラ(くじら座)に襲われるところを、勇者ペルセウス(ペルセウス座)が助けます。

 また明日の夜以降は天気が崩れる模様。いい可視パスを見られました。
by halca-kaukana057 | 2018-11-26 22:22 | 宇宙・天文

6月の宵の三日月と金星

 今日は、西の空に金星と三日月が見えていました。日没の頃は雲があったのですが、後、雲が晴れて見られました。
f0079085_20572333.jpg

 三日月は相変らずきれいに撮れません。カメラの限界です。金星はとても明るかった。この2星の右に、ふたご座のカストルとポルックスが見えるはずなのですが、見られませんでした。

 昨夜、寝る前に外を見たら、満天の星空。天頂の近くには夏の大三角が。南の空にはさそり座。その東側に明るい星、土星です。いて座に位置しています。西側、てんびん座には木星が明るく輝いています。もう少し時間が遅くなれば、やぎ座に位置する火星も見られます。今年は火星大接近の年。寝る前にしばし星見しました。
by halca-kaukana057 | 2018-06-16 21:04 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31