人気ブログランキング |
 ドリトル先生シリーズ第7作。いよいよ月3部作です。待ってました!!

ドリトル先生と月からの使い
ヒュー・ロフティング/井伏鱒二:訳/岩波書店・岩波少年文庫


 最初から月の使いがやってくるのかと思いきや、前半は違うお話ばかり。でも、読み進めて後半になると、その前半でのお話が後半への伏線であることが判明。そして前半と後半・月から使いがやってくる部分への橋渡しとなる部分…ドリトル先生が新しい旅を始めるために、候補地を選ぶシーンの緊張感と言ったら。

 この「月からの使い」の時代は、「ちょうどそのころ、モールスの電信機械の実験が、世間の人の注目をあびているところでした」(98ページ)の部分から1840年代ごろと推定できる。また、ドリトル先生シリーズが書かれたのは第1次世界大戦後。その頃はまだ宇宙開発は始まっていないが、ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」は既に出版され、ツォルコフスキーやゴダードはロケットの研究を始めていた。作者のロフティングも、徐々に近づく宇宙探査時代に夢やロマンを感じていたのだろうか。

 月に関して、面白い記述もある。サルのチーチーがサルの仲間たちに伝わる言い伝えを話す。
昔、月は地球の一部だったと信じられているのです。ところが、大きな爆発か何かが起こって、地球の一部が空中へ跳ねとばされ、どういうわけか、そのまま空に残るようになったのです。

 これは「ジャイアント・インパクト説」のことでは…?この説が発表されたのは1975年、アポロでの探査の後。ロフティングの空想だったとしても、すごい想像力だ。

 そしてやってきた月からの使い。それは巨大なガ。ドリトル先生の世界にロケットはないから、どうやって月へ行くのだろうと思っていた。その巨大なガに乗って行く…ドリトル先生らしいなと思う。そして、月へ向かう前の先生とトミー君のやり取りがまた印象的。危険だとトミーを月へ行かせたくない先生と、何があってもついて行きたいトミー。お互いを案じ、信頼する絆。そして未知の世界へ行ってみたい、何があるのか見てみたいという冒険心。ドリトル先生シリーズは、トミーが出てくる巻と出てこない巻では面白さが違うなと感じる。「サーカス」「キャラバン」のように出てこなくても面白いけど、トミーがいると先生のまた違った面も見えてくるように思う。

 ガに乗って月へ向かう先生一行。ガが速度を上げるシーンは、液体燃料ロケットがだんだん速度を上げていく様に読める。ロフティングは先の時代を読んだわけではないのだろうが、「おや」と思う部分が沢山あって驚く。次巻も楽しみ。
by halca-kaukana057 | 2008-06-04 20:51 | 本・読書
 まず、先日作った「大人の科学」のガリレオの望遠鏡で月を見ました。見頃に近づいてきました。
f0079085_22183967.jpg

 私の持っている天体望遠鏡の三脚に、ガリレオの望遠鏡を付けてみた。ペットボトルにも取り付けられますが、ペットボトルが無かったのと、さすがにペットボトルだとこの望遠鏡の雰囲気が台無しになってしまうような気がしたので。

 現在の一般的な望遠鏡(ケプラー式)よりも、やっぱり視野が狭い。天体を入れるのに、いつもよりも時間がかかった。ちょっとぶれただけでも視野から外れてしまう。天体がうまく入っても、今度はピントを合わせる時にまたぶれる。ゆっくり動かすことと、根気強さが必要です。

 そしてようやく見えた。月のクレーターまではっきりと見えます。すごい!筒は紙で出来ているのに、ここまで見えるとは驚き。ガリレオもこうやって月を見ていたのだろうか。
 接眼レンズにカメラのレンズを近づけて、がんばって写真を撮ってみた。私のカメラではこれが限界か。
f0079085_20214273.jpg
f0079085_2021542.jpg



 その後、普通の天体望遠鏡(ケプラー式屈折望遠鏡)で見てみた。こっちがケプラー式のレンズで撮った月。視野の広さが違います。
f0079085_22263715.jpg
f0079085_22264616.jpg

 やはり天体を入れやすいのはこっち。ガリレオと、望遠鏡の進化に感謝。



 月と言えば、NASAの月探査衛星「ルナー・リコネッサンス・オービター(LRO)」に載せて名前を月に送ろうという企画が。「かぐや」「はやぶさ」に続き、家族の名前も一緒に送りました。
応募はここから。日本語でもOKらしいです。6月27日まで。お早めに!
NASA:Send Your Name to the Moon

 さらに、同じくNASAの太陽系外惑星観測衛星「ケプラー」でも募集中。こちらは11月1日まで。
Kepler | Educators | Names into Space


*****

 さて、こうやって宇宙に関する話題に興味を持ち、ブログに時々宇宙・天文のことを書いている私ですが、実際の天体観測に関してはとても弱い。持っている望遠鏡で見たことがある天体は、月ぐらい(一応火星も)。そして、星を見ている時はいつも一人だった。一人でいて不満があるわけではない。以前「星を見る私」(2006.11.13)で書いたように、私にとっては一人で見ている方が自然。静かに星空を見つめ、その暗さ、広さ、深さを感じ、向き合いたい。その想いは今も変わらない。

 ただ、誰かと見ていたらどうなるだろう?という疑問もわいてきた。天文部が舞台の漫画「宙のまにまに」では、星空を通して想いを共有することがテーマとして描かれていると読んでいる。この作品の影響でもあるし、これまでやったことのないことへの興味もある。星・宇宙・天文への思いは人によってそれぞれ。他の人は、どういう想いで宙を見上げているんだろう?星空を通して、私も誰かと想いを共有出来るのだろうか。出来るならやってみたい。一人でも楽しいこの星空を、誰かと見ることでもっと楽しい、かけがえのないものにしたい。

 天体観測の実践を積みたい、誰かと星空への想いを共有してみたい。それから、「天文学者はロマンティストか?」のところで考えた"文化としての宇宙"についても追求してみたい。あと、天文学について一から学びなおしたい。そんな考えから今年、「星空案内人資格認定制度」で「星空案内人(星のソムリエ)」の資格をとることにしました。5月中に、講座の第1回が始まります。資格取得後、ボランティアとして活動できそうなところの目処は立っていませんが、資格を取る過程でなんらかの情報も得られるかもしれない。資格を取るためには実技試験もあるそうで、簡単にはいかないみたいですが、その過程で実践を積んでいけたらと思っています。

 この本がテキストとして使用されます。
星空案内人になろう! ~夜空が教室。やさしい天文学入門 (知りたい!サイエンス 18)
柴田 晋平 他 /技術評論社/2007


 読んでみたら、忘れていることも多かった。高校の地学の教科書を引っ張り出してきてしまった。講座が始まるのが楽しみです。




【その他関連・参考記事】
宙のまにまに 1
宙のまにまに 3
宙のまにまに 4

【追記と訂正】
 ガリレオの望遠鏡ですが、ケプラー式のレンズと換えたまま使っていたため、当初の月の画像はケプラー式でのものです。ガリレオ式の画像を追加しました。訂正してお詫びいたします。
by halca-kaukana057 | 2008-05-10 23:06 | 宇宙・天文
 このところ天気もよく、また月もきれいです。十五夜の満月も風情がありますが、私は半月~満月へ向かう頃の月の形が一番好きです。そんな月を写真に収めたいと思っているのですが、私が持っているのはコンパクトデジタルカメラだけ。一眼レフの性能のいいカメラなんて手が届きません。このコンデジで月が撮れるのか、やってみました。


 ということで結論。
f0079085_2132507.jpg

 300万画素に設定。クレーターまで撮れてます。自分でも驚きました。

 携帯のカメラでもやってみた。
f0079085_2134588.jpg

200万画素のカメラ。それでも思ったよりひどくはない。

 本格的な天体写真のようにクレーターの細かいところもくっきり…とはいかないけれど、撮れないわけではない。夜の月だと光ってしまって撮影しにくい。コンデジで月を狙うなら、昼間の月がオススメです。三脚があればなお良いと思います。

 この月では、今も「かぐや」が観測を続けています。真ん丸い「満地球」の画像・動画や月の地形図など、観測画像に驚かされるばかり。画像はかぐや画像ギャラリーでどうぞ。ここのフラッシュデザインが素敵だなぁ。和風なのにカッコイイ。
by halca-kaukana057 | 2008-04-16 21:47 | 宇宙・天文
 昨日夜のNHKでの「かぐや」特番「探査機"かぐや"月の謎に迫る」、観ました。その感想など。

 これまでJAXAが発表してきた月のハイビジョン映像と、昨日初公開の映像に興奮。クレーターの様子が鮮明に写っている。そのクレーターがどうやってできたのか、中はどうなっているのか。月って地球に一番身近なのに、こんなにも分かっていないことが多い。その解明の鍵となる映像を観ることが出来たのが本当に嬉しい。まだブラウン管テレビユーザーの私、涙目でした。

 しかし、1時間もない番組なのにゲストが多すぎて、かなり駆け足気味だったのは残念。アポロ12号乗組員のアラン・ビーン氏の話が途中で切られたのが悲しかった。司会ひどすぎる…。この月に実際に降り立った人の言葉・証言が聞けるのに、もったいない。解説の渡辺潤一先生(国立天文台)の話も短かったなぁ。

 …と言っても、「かぐや」の観測はまだ始まったばかり。今はハイビジョン画像がどんどん送られてきて"「かぐや」祭り"のようになっているけど(私だけ?)、「かぐや」をはじめとする月探査ラッシュはこれからが本番だということ、探査結果をまとめるまで探査は終わっていないことを強調して欲しかった。宇宙開発・宇宙探査は一度限りのお祭りじゃない。続けてこそ、より科学的なデータも増え宇宙の探求につながると私は思う。

 今回の番組はひとつのきっかけ。スタートライン。ということで、また半年・1年後ぐらいにNスペや「サイエンスZERO」あたりで「かぐや」特集頼みます。NHK様,せっかくいいカメラを載せたんだからその宣伝だけじゃなくて、そのいいカメラで撮ってきたものの価値も大切にしてください。そのうち、毛利さんがスペースシャトルからハイビジョンカメラで地球を撮影した時みたいに、DVDで出すのかな。あんな感じの番組は一回作ってほしいな。

 ちなみに、17日土曜の教育テレビ「科学大好き土よう塾」(朝9:15~)でも、月特集を組むらしい。確かなことはわかりませんが、かぐやのことですよね?「土よう塾」には的川泰宣先生はゲストとして常連。的川先生なら…。こっちにも期待。


【追記071117】
 「土よう塾」かぐやは関係ありませんでしたorzそれでも、月の石と玄武岩が同じというのは初めて知った。まだまだ勉強不足だと思い知りました。
 その「土よう塾」が始まる前、総合8:30~の「NHK週間ニュース」を観ていたのですが、今回の特番よりもこの「週間ニュース」の方が落ち着いて観られたのはどういうこと?「かぐや」がどういう風に月を回ってあの動画を撮影したかについても、月の模型で説明。つまり、月に立っていてもあの動画のような地球の出・地球の入りは観られないことも解説。さすが畠山智之アナ。あの特番の司会は畠山アナあたりが良かったと今頃思う今日この頃。
by halca-kaukana057 | 2007-11-15 22:10 | 宇宙・天文
 昨日のH2Aロケットの打ち上げ成功があまりにも嬉しかったので、記念イラスト描きました。

f0079085_17192016.jpg


 再び「ふたつのスピカ」の、今度はケイちゃん。宇宙学校の入試の時、アポロの映像を観て月に行ってみたいと思ったという宇宙学校志望動機にちょっと触れていたのを思い出したので。アポロ以来の大掛かりな月探査、きっとケイも興奮しているに違いありません(断定…笑
by halca-kaukana057 | 2007-09-15 22:03 | イラスト・落描き
 本日、H2Aロケット13号機が打ち上げに成功(仕事中で打ち上げ中継見られなかったよチクショー!)。搭載された月探査機「かぐや(SELENE)」も無事月へ向かうための軌道に乗りました。打ち上げ成功おめでとう!!今後アポロ以来の月探査ラッシュが始まるのですが、その一番手としていいスタートが切れました。ちなみに、このブログでも何度も宣伝してきましたが、この「かぐや」には44万件の名前とメッセージが記載された金属プレートが付いています。私も(家族の名前も勝手に)応募させていただきました。今後月へ向かう「かぐや」、このブログでも引き続き応援していきます(`・ω・´)

 まずはJAXAと、そして今回から民間に移ったH2Aの打ち上げを担当した三菱のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。12月からの探査を楽しみにしてます!


*****

 ところで、「かぐや」から話は全く外れるのですが、今ケロッグのシリアルに宇宙を特集したオマケDVDが付いてくるという情報を得ました。

 ということで、買いました。
f0079085_2157255.jpg

普段コーンフレークはほとんど食べないのだが、この宇宙DVDに釣られて買っちゃいました。くそう…、私を釣るには十分すぎる餌!!


 このDVD、ドキュメンタリー番組専門チャンネル・ディスカバリーチャンネルが製作。ディスカバリーチャンネルがこれまでに出した宇宙関係番組のダイジェストや、山崎直子宇宙飛行士のインタビュー、さらに今日打ち上げられた「かぐや」のプロモーション映像(JAXA全面協力)などオマケにしてはかなり盛りだくさん。30分足らずのDVDでしたが、十分楽しませていただきました。

 ディスカバリーチャンネルのダイジェストは本当に短いまとめなんですけど、いいところどりで面白いものがギュッと詰まってる。最初の方は現在の宇宙開発(シャトルとかISS建設とか)なのですが、後になると未来の地球外惑星探査だの、地球外生命体だの…。「これも生物?!」と思うようなとんでもない生物まで出てきて驚いた。NHKでもこういうのを見た記憶があるのだが、また違った視点になってる。説を出そうとすれば、どんどん出てきそうだな。

 山崎直子さんのインタビュー。宇宙飛行士の訓練のこと、子供の頃のこと、宇宙飛行士になろうと思ったきっかけなどなど。訓練で大変なのはやっぱりサバイバル訓練で、楽しみなのは飛行機での無重量体験訓練。とっさに「ゲロ彗星」と思ったのは私だけではあるまい。このDVDでは触れてはいませんでしたが、山崎さんは来年の土井隆雄飛行士の飛行の地上支援を担当。その辺の訓練の話も聞けたらよかったなぁ。今後が楽しみな飛行士のひとりであります。

 そしてあまりにも突然で驚いた「かぐや」プロモーション映像。まさかあるとは思わなかった。ひとりでDVDを観ながらはしゃいでました…。ちなみにこのDVDで使われてたH2Aの打ち上げ映像は、陸域観測技術衛星「だいち」を打ち上げた8号機のもの。「だいち」も大活躍中です。

 ということで、スーパーでケロッグのシリアルを見かけたらこの記事を思い出してください。決してケロッグの回し者ではございません…。


 宇宙DVDに関して詳しくは以下。
角川カルチャークラブ
by halca-kaukana057 | 2007-09-14 22:23 | 宇宙・天文

今夜は皆既月食

 今夜は待ちに待った皆既月食の日です。私の住む地域は運よく晴れました。ありがとうお天気さま!

 18:50から観始めたのですが、東から昇ってきた月がだんだん欠けてゆく。以前も、部分だったか皆既だったか忘れたが月食を観た事はあったが、この欠けてゆく過程にドキドキする。

 そして19:00近くなって皆既。月が赤い。神秘的、としか言いようがない。月の赤さは地球の影。そう思うと宇宙の中にいるんだなと感じる。

 頑張って写真を撮ってみた。
f0079085_2275247.jpg


 普通のデジカメじゃ無理です…。

 今はもう元に戻ってしまった月。短い間の天文ショーでもいいから、夜空を見上げた時に観えたもの、観た時の感情を共有できたらいいなと思う。

 いつか皆既日食を観に行きたいです(`・ω・´)
by halca-kaukana057 | 2007-08-28 22:10 | 宇宙・天文
 先日このブログでも紹介した月周回探査衛星「セレーネ(SELENE)」に、あなたの名前とメッセージを載せて月まで届けることが出来る「セレーネ『月に願いを!』キャンペーン」。その名前とメッセージの募集締め切りが、明日28日に迫りました。今ならまだ間に合います!


 応募は上バナーリンク先、JAXAのキャンペーンサイトからどうぞ。必要事項を記入するだけで、簡単に応募できます。メッセージは全角20文字以内。半角英数だと40文字までOK。
こちらでは、各界著名人の皆さんからのメッセージも読めます。

 詳しい解説記事はこっち↓
月に願いを…「セレーネ」プロジェクト +α


 
by halca-kaukana057 | 2007-02-27 21:14 | 宇宙・天文
 あなたが月に願いを届けることが出来たら、何を願いますか?

JAXA:セレーネ「月に願いを!」キャンペーン


 日本が今年夏に打ち上げ予定の月周回衛星「セレーネ(SELENE)」。この人工衛星に名前とメッセージを載せて、月まで届けようというキャンペーンを展開しているのをご存知でしょうか?ご存知の方、もう応募はされました?ご存じない方、この記事を読んで、是非応募してみてください。

 「セレーネ」は月の周りを回りながら、月の環境や月がどのようにして出来たかを調べることが目的の観測衛星。月は一番身近な天体なのに、何故かよくわからないことが多い。例えば月がどうやって出来たのか。小惑星が地球にぶつかって、その破片が集まり月になったという説(ジャイアント・インパクト説)が有力と言われているが、まだはっきりしないことが多い。今年はアポロ計画以来の月探査ラッシュで、日本だけでなくアメリカやロシア、インドも観測衛星を打ち上げる予定。

 その月周回衛星に宇宙を夢見る人々の名前とメッセージを載せて、月まで持っていってしまおうというのが、この「月に願いを!」キャンペーン。以前も、火星探査衛星「のぞみ」や、小惑星「イトカワ」へ向かい、数々のトラブルにもめげずミッションを続け現在地球へ帰還途中の小惑星探査衛星「はやぶさ」にも人々の名前を載せるプロジェクトを行ってきました。私も「はやぶさ」に私と家族の名前を(勝手に)載せ、宇宙の彼方へ飛ばしました。(はやぶさに関しては関連記事「はやぶさとイトカワ」もご覧下さい。)


 私はまだ宇宙へは行けない。同じように、宇宙へ行ってみたいけれども行けないと思う人は多いはず。そんな人々と少しでも宇宙への夢を共有したい。名前だけでも宇宙空間を旅するチャンスをくれたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の心意気が、とてもカッコよく感じる。その衛星のニュースを見るたびに、宇宙空間を飛んでいる自分の名前を思い出す。決して宇宙は手の届かない場所ではない。また、宇宙開発は税金の無駄遣いだとか反対意見もあるけれども、宇宙を知ることで見えてくることは、お金で買えるとかそういう次元の問題じゃないと私は考える。そんな宇宙開発を少しでも応援したいという意味もこめて、私は今回も名前とメッセージを月に送るべく、このキャンペーンに参加しました。


 この記事を読んで少しでも興味を持った方、是非応募してみてください。記事冒頭のリンク先から、応募することが出来ます。勿論無料。家族や友人、恋人やペットの名前もまとめて送ることが出来ます。応募締め切りは2月末日。今からゆっくりメッセージを考えても間に合います。



*****


 今日はもうひとつ宇宙開発関連ニュース。

若田光一さん、宇宙ステーション長期滞在要員に(朝日新聞)

 今年冬の予定が、延期になって多分来年夏あたりには土井隆雄さんの宇宙飛行が予定されていますが、来年秋に若田さんの宇宙飛行が決定。しかも、国際宇宙ステーション(ISS)に3ヶ月滞在予定。おおおおお、ついに来たか、と思いつつニュースを見ていました。これまで96年、2000年とスペースシャトルに搭乗し、ロボットアームで衛星を捕まえたりISS建設に加わったりとキャリアを積んできた若田さん。しかも、そのアーム操作が神業級。2度目の飛行で、アームに付いているカメラが不調でそのカメラ無し、つまり取り付ける先が見えず、様子がよくわからない状態で操作したにも関わらず、見事ISSの部品を取り付けてしまったことも。あの時は見ているこっちまで興奮してしまった。

 土井さんのミッションでもそうですが、主なミッションは日本の実験棟「きぼう」の建設。3ヶ月の長期滞在ということで、仕事も多いと思うのですが…、ここはこの間のNHKのISS生中継のように、週1ぐらいでISSから生中継レポートなんてやってほしい。ISSがどうなっているのかとか、最近のミッションの様子とか。ハイビジョンカメラで撮った地球の映像もつけて。そうすれば、日本でももっと宇宙開発への関心と理解が深まるんじゃないかと思ってみた。もし出来るなら、ISSからブログ連載とかどうでしょう?面白いと思うんだ。

 もっと詳しくはJAXAのプレスリリースをどうぞ。先に飛行予定の土井さんとのミッションの順番図説や、各日本人飛行士からの祝福メッセージもあります。
 あと、まだ関連する記事はないのですが、きっと報告記事があると思うので、野口聡一さんのブログ野口聡一blog:宇宙日記2007も参考リンクとしてどうぞ。久々に宇宙にワクワクさせていただきました。


《追記》
 その野口さんのブログで、このISS長期滞在に関する報告記事が。以下リンクからどうぞ。
野口聡一blog:宇宙日記2007 : 御報告
 野口さんは、若田さんが飛行できなくなった時のためのバックアップメンバーでもあります。毎日新聞の記事(下のリンク)によると、
「私たち2人組が、宇宙飛行士の史上最高のデュオと言われるよう頑張りたい」
と抱負を語る野口さん。ええ、2人の活躍に期待します。土井さんの飛行と合わせて、当ブログでは盛大に応援します。またNASA-TVにかじりつくんだろうなぁ。来年は久々に日本人宇宙飛行士のニュースで楽しめそうです。
若田さん:「日本の子供たちもあこがれではなく、目標に」(MSN毎日インタラクティブ)
by halca-kaukana057 | 2007-02-13 21:47 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31