人気ブログランキング |

タグ:森沢明夫 ( 4 ) タグの人気記事

虹の岬の喫茶店

 「津軽百年食堂」「青森ドロップキッカーズ」「ライアの祈り」の「青森三部作」の森沢明夫さんの小説です。「青森三部作」以外も読んでみたいと思っていました。


虹の岬の喫茶店
森沢明夫/幻冬舎/2013(単行本は2011)

 病気で妻を亡くした克彦は、4歳の愛娘・希美と妻のいない日々のさみしさをかみ締めていた。ゴールデンウィークの連休中、2人は家の窓から見事な虹を見る。希美の虹についての素朴な疑問から、克彦は車で「虹さがしの冒険」に出かける。海沿いの道を走っていると、小さな立て看板が目に付いた。「岬カフェ」…本当にこんなところに喫茶店などあるのだろうかと疑いながら進むと、小さな岬に小さな喫茶店があった。中に入ると、初老の店主の女性・悦子が迎えてくれた。注文と一緒に「何かお好きな音楽のジャンルはありますか?」と…。

 各章は季節と、曲名が副題になっています(最終章を除く)。物語は、「青森三部作」と同じように、人間の心の弱さと強さ、しなやかさ、あたたかさに触れられます。「岬カフェ」の店主・悦子と、悦子の甥の浩司、やって来るお客さんたち。悦子の美味しいコーヒーと、岬の美しい風景、音楽、悦子の人柄に心を開いてゆく。美味しいコーヒーと音楽でホッと一息つき、自然体でいられる。音楽にこめられたものもまたいい。森沢さんの物語だなぁと感じました。

 章ごとに主人公・語り手が変わっていくのですが、最初は偶然やってきた客だったのが、徐々に悦子に近い存在になってゆく。悦子の内面に迫るように。悦子が何故こんな辺鄙なところでカフェを営んでいるのか。悦子はどんな客もあたたかく迎え、美味しいコーヒーとその人にぴったりの音楽でもてなすのだが、その理由。それがどんどん明らかになってゆく。
 物語全体はあたたかいのだが、第4章と最終章・第6章の雰囲気がちょっと異なっている。コーヒーは美味しいけれども、苦い。その苦さがぐっと感じられる。第4章だけでも苦味があるのだが、その第4章でのことを振り返る第6章もまた苦い。苦いけれども、奥深いというのだろうなぁ…。いや、それにしては切ない。「苦い」も「苦しい」も同じ漢字を書くが、まさに、苦くて、苦しい。苦しいけれども、その選択をした悦子の心の奥がまた苦しい。

 物語全体も、最初から最後までは数年経っている。時は過ぎ、カフェを訪れた客はそれぞれの道へ進んでいったことが物語から読み取れる。しかし、悦子は変わらず、岬カフェでコーヒーを淹れている。その変化してゆくものと、変化しないものの対比は、コーヒーの奥深さ、コクなんだろうか。物語で出てくる音楽も、往年の名曲ばかり(残念ながらクラシックは出てこない)。時が経っても色褪せないもの。第2章で出てくる健は就職活動中の大学生なのに、少し古めの曲。私も聴いたことがある曲もあるし、ない曲もある。そんな時間の流れの違いも、この喫茶店では味わえる。その味は甘いだけじゃないけれど。いいなぁ。

 ちなみに、この「岬カフェ」は、実在する喫茶店がモデルなんだそう。そうなんだ!いいなぁ。
 さらに、映画化も決定。
映画『ふしぎな岬の物語』公式サイト
東映:ふしぎな岬の物語
 あらすじを読むと、物語は原作とは変えてくるみたいです。

 …その前に、「津軽百年食堂」の映画、まだ観てませんでした…。
 あと、オリンピックでカーリングに興味を持った方は、カーリング小説「青森ドロップキッカーズ」を是非どうぞ。ルールやシートの作り方など、カーリングにもっと魅了されます。

【過去記事:森沢明夫・青森三部作】
・1作目:津軽百年食堂
・2作目:青森ドロップキッカーズ
・3作目:ライアの祈り
by halca-kaukana057 | 2014-02-21 22:14 | 本・読書

ライアの祈り

 「津軽百年食堂」「青森ドロップキッカーズ」と、森沢明夫さんによる青森が舞台の小説シリーズの第3作、完結編です。



ライアの祈り
森沢明夫/小学館/2012

 弘前で百年続く老舗の大衆食堂「大森食堂」の長女で、今は八戸のメガネ店に店長として勤めている桃子。35歳、離婚歴あり。従業員の桜に誘われ、合コンに参加することに。参加者は20代、桃子は”人数合わせ要員”として行ったつもりだった。しかし、そこには同じく20代ではない男性がいた。佐久間五朗・通称「クマゴロウ」さん。40代の彼は、八戸の縄文遺跡を発掘している考古学者で、大人しく温厚な一方、縄文の話になると楽しそうに話していた。桃子は五朗の縄文時代の話に徐々に聞きいっていく。その合コンの日に観た、縄文時代と思われる夢のことを思い出しながら…。


 ”青森3部作”の完結編は、「津軽百年食堂」では主人公・陽平の姉、「青森ドロップキッカーズ」ではメガネ店の仕事をしながら、カーリングのリンクの製氷を学び、カーリングもやっていた、あの桃子さんが主人公です。桃子さんが主人公と聞いておおう!と反応してしまいました。今までは主人公たちを支え、笑わせ、和ませる陽気な名わき役。でも、30代にして離婚歴あり。それを自虐ネタで語り笑い話にしてしまう。今作でも、姉御的存在ではあるのですが、これまで語られなかった桃子さんの一面が語られます。自虐ネタにしないと、耐えられなかったんだ、と…。

 そんな桃子さんが出会った、縄文が専門の考古学者・クマゴロウさん。大人しく、照れ屋で、温厚温和。控えめだけれども、縄文のことになるとその魅力について熱っぽく楽しく、初心者にもわかりやすく話す。クマゴロウさんの縄文のお話の部分を読んでいて、私も一緒に惹かれてしまった。

 青森の縄文遺跡と言えば、三内丸山遺跡。青森県立美術館の隣にあるので、美術館に行くと行くことも少なくありません。現代の技術でも建てるのが大変な大型掘立柱。これを縄文の人々はどうやって建てたのだろう?大きな竪穴住居も、中の広さに驚きます。そして、土器や石器、クリを栽培した跡…。今の三内丸山から海は離れていますが、当時は温暖な気候で、海が近くにあったという。そんなこのムラで、人々がどんな暮らしをしていたのか…遺跡を歩きながら、いつも思います。青森には三内丸山だけでなく、八戸の是川遺跡や長七谷地貝塚など縄文時代の遺跡が数多くあります。三内丸山しか行ったことが無かったので、今度は他の遺跡にも行ってみたいな。三内丸山もまた行きたい。見方が変わるかも。この物語では八戸が舞台なので、八戸の縄文遺跡が主に登場します。でも、三内丸山も関係してきます。

 今作のテーマは、「祈りと信じること」、そして「幸せとは何か」だと読みました。物語は桃子さんとクマゴロウさんを中心にした現代も語られるのですが、桃子さんが夢で見たという縄文の話も同時に語られます。足が速く男たちに混じって狩りをする男勝りな少女・ライア。父は天才的なシャーマンだったが、ライアが幼い時に死去。父の才能を受け継いだのか、森などの自然の”息吹”を感じるのも得意だった。しかし、狩りで巨大なイノシシに遭遇し、大怪我を負ってしまう。走ることはおろか、歩くことも不自由になってしまったライア。そんなライアを見守る、族長やきょうだい同然に一緒に暮らしてきた少年・マウルや親友の少女・サラ。これからは狩りは出来ないが、ライアには新しい”使命”が与えられる。そこから、ライアの”祈り”の日々が始まる。ただ、ライアは足の他にも、あるものを失う不安があった…。

 縄文のライアの「祈り」と、現代の桃子さんの「祈り」。何か辛いことがあったり、自分の力だけではどうしようもないことが合った時、普段何気ない時でも、私は「祈る」。でも、「祈る」だけじゃ何も変わらない、行動しなきゃ変わらない…とも思う。実際そうだと感じてきた。でも、「信じる」ことも出来る。シャーマンは自分のことを「祈る」ことは出来ない、他者のことだけを「祈る」ことが出来る。だから、自分のことは「信じる」。行動して、変えることが出来ると「信じる」。その違いに、ああ、と胸にすとんと落ちるものを感じました。

 そして、「幸せとは何か」。これまで、陽気でバツイチの過去も笑って話せる桃子さんの心の奥底にある、ある不安・苦しみ。その過去は誰にも、家族にも話せずにいた。ところが、クマゴロウさんや桜ちゃんと「幸せ」について話してから、その過去にも向き合い始める。「幸せ」と「不幸」は、紙一重のようなもの。クマゴロウさんが言うように、何かが起こって、それを幸か不幸かと決めるのは、人間。その人次第。離婚をして、辛い思いをした桃子さんも、その時は不幸だったけれども、後でそうでもないと思えるかもしれない。よくある話なのですが、この「幸せとは何か」についても、胸にすとんと落ちました。

 読んでいて、とても「幸せ」な、希望を持てる、あたたかい気持ちになれました。クマゴロウさんの人柄のような。桃子さんも、桜ちゃんも、優しい。桃子さんが実家でお母さんと話すシーンも。
 私も、辛いことや先が見えないことばかり、過去にもしこりを持ち未だに赦せないけれども…いつか、何もかも全部丸ごと受け止められるようになるだろうか。なりたい。桃子さんやクマゴロウさん、ライアやマウル、サラたちのように。幸せを、「幸せだ」と、祈って、信じて。

 ちなみに、この前書いたこの記事は、この「ライアの祈り」を読んでのものでした。
「感動する」物語と自分

 あと、この本ですが、お腹がすいている時に読むのは危険です。八戸の美味しいものが次々と…wお酒が好きな方は、美味しいお酒も次々と…w とりあえず、「サンダー・バー」のダイキリが飲みたいです。

 私は2作目の「ドロップ~」から読んでしまいましたが、読むなら1作目の「津軽~」から読むことをオススメします。この「ライア~」だけでも読めないことは無いですが、物語のつながりの面白さが増します。
・第1作:津軽百年食堂
 そういえば、映画版をまだ観てなかった…。
・第2作:青森ドロップキッカーズ

 青森3部作はこれで完結ですが、「津軽~」の美月や正宗、「ドロップ~」の宏海や雄大、柚香・陽香姉妹のその後も読みたかったなぁ。
 あと、ひとつ注文があるとすると、方言の雰囲気があまり感じられなかったのが残念。青森に行くと、ばりばりの津軽弁・南部弁を話す若い人は多くは無いですが、それなりに方言を使ったり、イントネーションは訛っている人は多い。”訛っている感覚・雰囲気”が欲しかったなぁ…標準語のイントネーションで読めてしまった。訛りも、今じゃ大河ドラマも朝の連ドラも訛っている、方言全開だし…。
by halca-kaukana057 | 2013-08-13 23:01 | 本・読書

津軽百年食堂

 以前読んだ「青森ドロップキッカーズ」と作者が同じで、「ドロップ~」よりも先に出たのがこの小説。「ドロップ~」を読んだ時に気になっていたのですが、文庫化、さらに映画化の帯を見て、読んでみた。


津軽百年食堂
森沢 明夫/小学館・小学館文庫/2011(単行本は2009)

 青森県・弘前市。哲夫は明治から続く食堂「大森食堂」の3代目として、その暖簾と味を守り続けている。一方、哲夫の長男の陽一は、東京でバルーンアートのショーや講座で稼ぐフリーターをしていた。このままフリーターを続けるのか、弘前に戻って実家の食堂の後を継ぐのか思い悩んでいた。陽一はおもちゃ屋の開店イベントでピエロとなり、いつも通りバルーンアートショーを開いていた。そのおもちゃ屋のバックヤードで、陽一は若い女性写真家と出会う。おもちゃの撮影の際、彼女は師匠と思われる男性にずっと怒鳴られていた。七海という彼女と偶然話をした陽一は、七海も弘前出身であることを知る…。


 「大森食堂」の歴史と、3代目の哲夫が営む現在の「大森食堂」、そして東京の陽一と七海…。最初のあたりはバラバラに語られますが、徐々に物語が弘前で、ひとつの方向へ向かってゆきます。タイトルにある「津軽百年食堂」ですが、青森県が定めている定義があって「3世代、70年以上続いている大衆食堂」のことだそうです。「大森食堂」もそのひとつ、という設定(しかも、百年目を迎える)で、メインは「津軽蕎麦」。普通の中華蕎麦とは作り方が異なります。作品の中でもその作り方や特徴が語られますが、素材はシンプルだけれども麺を熟成させるという時間と手間がかかるもの。その伝統の作り方と味を、哲夫が引き継ぎ、守り続けている、のですが…。

 この作品を読んでいて、私が感じたのは、「”生きること”は、簡単なことじゃない。複雑だ」。当たり前のような、使い古されているような表現ですが、この作品では複雑なものの中で生きる人々の姿が描かれます。まず、陽一。「大森食堂」の後継ぎになりたいと思っていたが、紆余曲折あり、今のバルーンアートを生業としている。その紆余曲折の中で、数々の失敗をしてきた。それをまだしこりに持っており、東京でのフリーター暮らしにも納得できていない。七海も、写真家を目指すが師匠に怒られてばかり。実家は弘前のリンゴ農家で一人娘のため、婿をもらうようにとお見合いを勧め続けられている。また、陽一の父・哲夫も「大森食堂」を継ぎ、その仕事には誇りを持っているが、後ろめたい気持ちも持っている。物語の中盤で陽一が、さくらまつりに「大森食堂」の屋台を出すのを手伝うために弘前に一時帰省するのですが、そこで出てくる郷里の友人たち・正宗や美月も様々なことを抱えている。

 皆、様々なものを抱えているけれども、日々の暮らしは止めることはできない。夢や目標、将来像があっても、それにまっすぐ進めるとは限らない。回り道をしたり、答えを保留したり。特に、陽一の場合は数々の失敗のために、回り道や保留をしてばかり。弱いだけに見えるかもしれない。だが、私は自分と陽一を重ね合わせてしまった。私も過去に様々な”失敗”をして、今に至っている。かつて抱いていた夢や目標とは全然異なる場所・状況にいる。かつての”失敗”の数々を忘れられないまま、これでいいのか、これからどうしようか。自分に問い続けながら、今の場所・状況での暮らしを続けている。失敗しても、毎日の暮らしは止められないし、巻き戻すことも出来ない。先へ、明日へ進むしかない。でも、どのように進むか…。陽一の選択を追いながら、自問していました。

 その陽一が、七海との出会いや、帰省し家族や友人たちに会ったこと、店を手伝うことで少しずつ変わり始める。弱い、情けない、どうしようもない、責めたくなる今の自分自身も、誰かに出会い言葉を、心を交し合うことで違った見方ができるのかもしれない。止める事の出来ない複雑な日々も、誰かがいるから暮らしてゆけるのかもしれない。陽一の視点から読んでいたけれども、七海の視点から読むと、また物語が違って見えてくる。あと、哲夫の視点からも。

 弘前城公園のさくらまつりが描かれますが、子どもの頃行ったことがあります。また、春の弘前を歩いてみたいとも感じました。

 ちなみに、陽一の姉の桃子は「ドロップ~」でも主要人物として出てきます。「津軽~」と「ドロップ~」はリンクしていたのです。文庫版あとがきによると、「津軽~」「ドロップ~」に続く3作目を執筆中とのこと。気になります。

【参考リンク】
まるごと青森:津軽そば
 津軽に伝わる「津軽蕎麦」について詳しい記事があります。


【過去記事】
青森ドロップキッカーズ
 この「津軽百年食堂」を読んだら、こちらも是非。ちなみに、この冬も時々、カーリング場へ足を運んで観戦しています。

・3作目:ライアの祈り
 これが完結編です。
by halca-kaukana057 | 2011-03-04 22:29 | 本・読書

青森ドロップキッカーズ

 先日の「Sweep!!」1巻に続き、カーリングを描いた作品を。今度は小説です。

・先日の記事:Sweep!! 1


青森ドロップキッカーズ
森沢明夫/小学館/2010

 秋、青森県青森市。司書をしている柚香(ゆうか)は妹の陽香(はるか)と共に、アマチュア選手としてカーリングに打ち込み、かなりの実力をつけている。2人は年上の女性2人とチームを組んでいたが、日本一強いチームにしようという協会の意向で、長野からやってくる日本トップレベルの選手2人とチームを組むことで悩んでいた。
 一方、中学3年の男子・宏海(ひろみ)はクラスでいじめられ続ける日々を送っていた。幼馴染の雄大はいじめグループにいて、宏海は雄大とまた仲良くなりたいが、いじめグループに抵抗できず自身のことを情けないと感じていた。ある日、学校で初心者向けカーリング講座開催のチラシが配られる。スポーツは苦手な宏海だったが、何かを変えたいと思い、カーリング講座に参加してみた…。


 カーリングといえばオリンピック代表である「チーム青森」。そのホームである青森市が舞台です。各章ごとに語られる視点が変わり、様々な視点でカーリングを楽しむことができます。「Sweep!!」は漫画なので絵で表現できますが、この作品は小説なので勿論文章のみ。それでも、五輪などで観たカーリングの試合風景から、ショットやスウィープ、ストーンの状態まで思い描くことができる。カーリング場の冷たい、ピンとした空気も。言葉の可能性ってすごいと思う。

 トップレベルを目指して日々練習を続ける柚香・陽香姉妹。姉妹がチームを組むことになった長野からのトップレベルの選手との練習の部分を読んでいると、カーリングは決して運動量の少ないスポーツだとは思えない。精度の高いショットをし続けるため、氷と戦況を読み続ける集中力を保ち続けるためには、相当の体力が必要。しかも、持久力や筋力、柔軟性やバランス感覚といった、全身の基本的な体力が。動いていないように見えて、実はかなりの運動をしている。カーリングは誰でも出来そうで、実際出来るのだけれども、ハマると相当の体力を使うスポーツでもあることが伝わってきて、ますますカーリングに興味津々。カーリングのリンクの氷の作り方も描写されています。ただのつるんとした氷なのかと思ったら、そうではない。「ペブル」という0.3mmの氷の凸があって、スケート用リンクとは全く異なる。カーリング独特の氷が、ストーンの滑りに影響を与えていたのです。知らなかった!

 主人公の一人である、クラスでいじめられ続ける男子中学生・宏海。その宏海はカーリング講座でカーリングの面白さに目覚め、さらに学校では作れなかった仲間を得て変わっていくのですが、その宏海がカーリング講座で知った「カーリング精神」というのがある。それがこれ。
カーラーは、不当に勝つなら、むしろ負けを選ぶ。
カーラーは、ルール違反をしたとき、自ら申告する。
カーラーは、思いやりを持ち、常に高潔である
(116ページより)

カーリングの試合もそうだが、物語もこの「カーリング精神」をもとに、登場人物たちが「カーリング精神」を持って生きていく上での壁・試練を乗り越えてゆく姿が実に清々しい。まさに「高潔」。勿論、一筋縄ではいかない。新しいチームで奮闘するも、なかなか結果も出せず、さらに前のチームメイトとギクシャクしてしまう柚香・陽香姉妹。カーリングに出会い、生きる楽しみを得たもののいじめられ続ける宏海。いじめグループにいるが、何かを思いつめている雄大。右往左往しつつも、4人がひとつの点に向かってゆく姿に胸が熱くなります。

 そして最大のポイントとなるのが、信頼関係。普段のコミュニケーションであっても、チームプレーであるカーリングでも、この物語では信頼関係に重要なポイントが置かれています。何があっても最後まで、誰かを信じ続けることができるか。そう問われたら、私はYes.と即答できない。裏を読んでしまったり、よくない状況になると自分ひとりで逃げてしまったり…。「自分ひとり」の被害を最小限に抑えるならそれでいいのかもしれない。でも、その後、苦い想いをするのも「自分ひとり」だ…。そんな立場にいたのが、柚香を中心に描いているけれども、実は雄大なのかもしれない。(これ以上はネタバレになるので自粛)

 カーリングの魅力にどっぷり浸れる作品です。勿論、初心者向けにルールや用語の説明も丁寧にしてあります。さらに、青森の美味しそうな食べ物も続々と出てきます。読んでいてお腹がすきました。


 ちなみに、先日、この小説の舞台ともなっている青森市スポーツ会館でカーリング講座があったそうです。しかも、講師は「チーム青森」の目黒選手と近江谷選手。行くだけ行きたかった…(手術してなければ…涙)。そんな青森市スポーツ会館ですが、実は手術前に一度行ってきました。

駐車場から。建物の裏にあたります。
f0079085_16132387.jpg


正面玄関前にあった、カーリングねぶた石碑。ブラシを持ってストーンをショットしているねぶた。違和感がない…。
f0079085_16142453.jpg


冬場はカーリング場となる多目的運動場入り口。
f0079085_161510100.jpg


カーリング場内部。
f0079085_16214118.jpg

リンクではこの日、子供チームの試合がありました。ストーンがゴロゴロ…と滑り、ゴン!と他のストーンにぶつかる音。「イエス!イエス!」「ウォー、ウォー」などの指示の声。テレビで観たそのままの光景でした。しかし、ショットは想像以上に難しいらしく、真っ直ぐショットできず斜めに滑っていってしまったり、ハウスのかなり前で止まったり、通り過ぎていってしまったり(「ガード」といって、相手のショットを邪魔するためにハウスの前に置かれるストーンもありますが、ハウスよりもかなり前にある「ホッグライン」前で止まってしまうとそのストーンは無効となり、排除されてしまいます)。デリバリーする際の姿勢を保つのも、ストーンの動きに合わせてスウィープしていくのも難しそうでした。予想以上に奥が深いぞ、カーリング。


森沢明夫さんの青森3部作、今作が2作目です。
・1作目:津軽百年食堂
・3作目:ライアの祈り
by halca-kaukana057 | 2010-04-21 16:33 | 本・読書

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31