人気ブログランキング |

タグ:池田綾子 ( 8 ) タグの人気記事

 ひとつの時代が終わろうとしている。明日からは新しい時代が始まる。そんな夜に何を聴こうか。クラシックだったら、やっぱりシベリウスか(特にフィンランド指揮者・オーケストラ・演奏者によるもの。今日も聴いていた)。でも、私がクラシックを聴き始めたのはそんな昔の話ではない。十数年程度。私のこの時代を象徴する音楽かどうか…。
 もっとメッセージ性のある、歌を聴きたい。ということで、このアルバムを聴いています。


風を紡ぐ
池田綾子/ソニー・ミュージックダイレクト/2018

 池田綾子さんの久々のアルバム。ずっと待っていました。NHK「みんなのうた」他、様々なテレビ番組などとタイアップした楽曲が次々と出ているのに、CDが出ない。フルをじっくり聴きたい。ようやく聴けました。池田さんの澄んだ優しい歌声は健在。高音の滑らかさ、伸びやかさに驚きます。すごい発声…。声楽を始めて、池田さんの歌声のすごさを実感しました。声域が違うのもありますが…。

 今回のアルバムは、「時間の流れ」を意識した作品が多いなと思います。人との繋がりもありますが、時間、月日の流れがあって、誰かがいて、自分がいる。

 このアルバムの楽曲から、今夜特に聴きたいのが、「時の旅人」「明日への手紙」
 「時の旅人」は、NHK松山放送局 NHK四国4局キャンペーン 四国遍路1200テーマ音楽。ずっとCDで聴きたいと思っていた曲。スケールの大きな曲です。でも、ひとりひとりの歩みが過去から現在、未来へ、大きな年月に繋がっていく。
 長い長い年月の中のひとりひとりの人生の日々。ひとりひとりの人生の毎日があるからこそ、長い長い年月になると思うと、毎日を大事にしようと思えます。時代が変わっても、毎日は続く。

 「明日への手紙」は、手嶋葵さんに楽曲提供したテレビドラマの主題歌。手嶋葵さんの歌も大好きです。でも、池田さんが歌ってくれたら…と思っていました。嬉しい。
 毎日は色々なことがある。辛いこと、苦しいこともある。迷うこともある。それらを抱き、明日への希望を持って進んでいく。とてもやさしい気持ちになる歌ですが、力強く背中を押される気持ちになります。背中を撫でてもらって、ぽんと押してもらえるような。まだ見えてこないかもしれないけど、明日はより夢に近づけるだろう。「明日を描くことを止めないで」という歌詞がじわりと響きます。

 話はずれますが、私にとって平成は、成長の時代でした。子どもから大人へ成長してきた31年。
 でも、大人になればなるほど、停滞したり、後退することもありました。

 話がさらにずれるのですが、平成らしい何かを食べようと思って、今日はティラミスを食べました。ティラミスが流行ったころ、まだ私は子どもでした。美味しそうなケーキと思っていたのですが、その後食べた時苦いなと感じたのを覚えています。でも、今はティラミスを美味しいと感じます。砂糖を入れないコーヒーや紅茶も飲めるようになりました。苦いものも、美味しいと思えるようになりました。100%苦みだけじゃない。苦みもあるけど、様々な味や香りを味わえるようになりました。

 私にとって平成は、様々な意味で「苦み」を「うま味」と感じられるようになった31年だと思います。苦しいことや辛いこと、自分の力ではどうにもならない理不尽なこと…様々な「苦み」も、「うま味」…成長の糧となる、学ぶことがあると思えるようになりました。乗り越えた先に、見えるものがある。

 今も悩んでいることはあります。辛いことも苦しいこともあります。ずっと持続しているものもあれば、波のように寄せては返すものもあります。それらは明日も続いていきます。でも、「苦み」だけじゃない。「うま味」もあるはず。明日は「苦み」の中に「うま味」を見つけられるかもしれない。望むものに近づけるかもしれない。そんな可能性があることを信じる。明日もきっといい日になる。池田さんの歌を聴いているとそんな気持ちになれます。

 この2曲だけでなく、他の曲もいい曲ばかりです。「ドアの向こう」「巡りゆく日々」「言葉の箱船」「えがおのつぼみ」「夢の途中で」…あたたかい気持ちになる曲ばかりです。
 他にも発表している曲があるのですが、アルバムに入らなかった曲も。次のアルバムに入りますよね…?入れてほしい。

 またあした。
by halca-kaukana057 | 2019-04-30 22:45 | 音楽
 年末年始、帰省していた方もいらっしゃると思います。今日から仕事始め。故郷から離れて日常に戻った人も少なくないと思いますが…それに逆行するような歌を。

 BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅」。俳優の火野正平さんが自転車で、視聴者からの思い出の場所にまつわるお手紙をもとに、自転車でその場所に向かう番組。火野さんのマイペースさ、自転車からならではの風景、お手紙に綴られた思い出。普通の紀行番組とは異なる雰囲気の旅に、つい見入ってしまいます。

 この番組の主題歌「こころたび」を歌うのが、池田綾子さん。 NHK教育アニメ「電脳コイル」の主題歌「プリズム」「空の欠片」以来、とても好きな歌手さんです。アルバムについても何度か記事を書いてきました。その「こころたび」と、挿入曲の新曲「心のふるさと」を含むCDがこれ。

NHK-BSプレミアム「にっぽん縦断こころ旅」ソングコレクション

池田綾子/火野正平/ SMD itaku (music)


 「こころたび」は、「こころ旅」サントラCD第1弾と、アルバムバージョンが池田さんのアルバム「この時の中で」にも収録されています。「この時の中で」もいいアルバムです。今回は「心のふるさと」も聴きたかったのでこちらを。あと、このCDには歌無しカラオケバージョンも入ってます。

 故郷には、物理的な場所と心に残る思い出の精神的な場所があると思う。出身地は具体的な地名を挙げるけれども、思い入れは人それぞれだと思う。生まれた場所ではあるけれどもすぐ引越して記憶が無いとか、あまりいい日々を過ごせず苦い思い出ばかりがあってあまり思い出したくないとか、市町村合併で地名が変わってしまったというのも少なくないと思う。その一方で、精神的な故郷は、もっと細かく、繊細。人生の一時期を過ごした町、事あるごとに通ったその人にしかわからない特定の場所、行ったのは一度だけだけど強烈な経験をして記憶にこびりついている場所、何気なく訪れたら景色に惹かれた場所、旅先でハプニングが起きたけどその土地の人に助けてもらい人のあたたかさに触れた場所…本当に様々だと思う。ひとつとも限らない。日本、世界のあちこちにあると思う。

 そんな精神的な故郷を歌っているのが「こころたび」「心のふるさと」。「こころたび」は流れるような弦と池田さんの澄んだ伸びやかな声が、明るい曲に乗って、聴いていると旅に出たくなる。実際、旅先で聴くとこれからどんな出会いがあるんだろうとワクワクする。思い出のあの場所、一度は行ってみたい憧れの場所へ行きたくもなる。
「思い出す度にに笑顔になれる」
という歌詞が、過去のものでもあるし未来のものにも思える。
 一方の「心のふるさと」。こちらはギターのシンプルな伴奏に、静かに語るような歌。過去を思い出し、懐かしさを誘う。静かだけれども、暗くは無い。ゆらめくような、ほのかな明るさ。夕暮れの中、家路を行く雰囲気。
「私はここで待っている 遠く疲れたその時 思い出して」
自分が故郷に向かうだけじゃない、誰かを故郷で待っている視点でも歌われる。とてもやさしい歌です。

 帰省の時だけじゃない、心が帰る(還る)場所。そんな気持ちになりながら聴いています。火野正平さんの歌も収録。こちらもいいですよ。

 池田綾子さんの歌と言えば、これが気になっています。
NHK:松山放送局:NHK四国4局キャンペーン 四国遍路1200:題字・テーマ音楽
 このテーマ「時の旅人」を池田さんが歌っています。歌詞も掲載されており、四国以外からでも上記サイトで聴けます。NHKでのお仕事が本当に多い池田さん。これを収録したCDが早く出ないかなぁ。

 さらに、これも
山梨県立科学館プラネタリウム番組:きみが住む星
 山梨県立科学館のオリジナルプラネタリウム番組の音楽を、池田さんが担当しています。これも気になる。池田さんの活躍は幅広いです。
by halca-kaukana057 | 2015-01-05 22:31 | 音楽
 以前、ちょっと紹介したCDについて、今度はたっぷりと書きます。
「大好き」という原点
 ↑2月最初に書いた記事だった。ならば、2月最後の記事はこれで決まりだ。

gradation

池田綾子 / 39ERS Records



 2010年に出た、池田綾子さんのミニアルバム。全曲新曲。しかも、「overture~虹~」は、歌のないピアノ曲。ピアノ演奏は池田さん。池田さんの歌だけでなく、ピアノも聴けるアルバム。

 空のグラデーションを意識して、「gradation」というタイトルに。曲を聴いていると、空のグラデーションも思うのだが、私は更に光も感じた。光の移り変わり。印象派の絵画やクラシック音楽のように、ゆらめき変化し続ける。その中の光は、明るく輝いたり、少し翳ったり、あたたかで穏やかな明るさになったり。翳っても、星のような小さな光がぽつりぽつりとあっても、真っ暗闇にはならない。光であり、希望である。そして聴いていて本当に清々しく、ふっと笑顔になる。

 「うたうたいのうた」は、「みんなのうた」2011年10・11月の歌になった「うたの歌」の原型?とも思える。歌うよころび、笑顔。その歌が広がり、歌で様々な気持ちが伝わってゆく。一緒に声を出して歌ってしまう。
 「僕らは友達」、友達に会えて本当によかったなと思う歌。「繋いだ手の温かさはずっとずっと 心の中にある」この詞に、これまで私はどれだけの人と手を繋いで、心を繋いで来ただろう?その時の想いが、今の自分に繋がっているんだと思います。
 「ユラリ ユラレ」は、創世記や神話のような幻想的な歌詞なのに、曲がユニークで面白い。
 このあたりは明るい光。

 「足音」「心の糸」あたりは光は少し翳り、でもあたたかさも感じる。「足音」はかすかな光と優しさ、「心の糸」は前を向いた歌詞、池田さんの力強い歌声に惹き付けられます。不安や悲しみ、痛みもある。でも希望はある。「心の糸」の「目の前にある 戸惑いも 憂いも いつか鮮やかな色に変わっていくのだろう」…迷った時、不安な時に聴きたい歌です。

 ピアノソロの「overture~虹~」は淡い光。
 そして「夕焼け」…徐々に明るくなる光。曇り空、黒い雲が少しずつ流れて雲の切れ間から光が差し込んでくるような。和楽器グループ「ZAN」との一曲で、尺八と琴の音が懐かしくもとても新鮮。歌詞も曲も歌も、まっすぐで力強い。

 池田さんの歌声は、優しくてあたたかくて、しっかりしていて力強い。どんな時にも聴いていたい歌声。そういえば、他のアルバムも聴いたのに感想書いてない…。池田綾子さんの歌は本当にいいです。

*****

 「みんなのうた」について記事内で書きましたが、現在2・3月の「みんなのうた」に再び池田さんが登場してます。「みんなのうた」常連になりつつあります。
NHK:みんなのうた
 「ひらら恋胡蝶」。
 これまでの「数え歌」「うたの歌」とは全く異なる世界観・雰囲気の歌。能の「胡蝶」をテーマにした幻想的な恋の歌。池田さんの歌に、幻想的で美しいCGアニメがピッタリ。残念なことに、CD発売の予定はなし(iTuneでは配信中)。
 BSプレミアムの「こころ旅」のテーマ曲「こころたび」も一緒にアルバムに収めてくれたら嬉しいな。

・過去関連記事:歌は広がる、うたが届ける、心を繋げる 池田綾子「うたの歌」
by halca-kaukana057 | 2013-02-28 23:27 | 音楽
 NHK「みんなのうた」で2008年10月・11月に放送されていた歌「数え歌」(池田綾子)。あれから2年。池田綾子さんが再び「みんなのうた」に登場です。ごめんなさい、書くのが遅れました。もう11月中旬だ…。

・2年前の「数え歌」:数と歌でつなぐ世界 池田綾子「数え歌」

うたの歌(DVD付)

池田綾子 / 39ers RECORDS



NHK:みんなのうた

 この「うたの歌」、「数え歌」のアンサーソングでもあるそう。「数え歌」は、言語は違っても数を数えることが歌になり、その歌で心を通わせたい…という歌でした。そして「うたの歌」。歌は歌うことで広がり、伝わってゆく。歌に込めたメッセージが、聞いた誰かに届く。聞いて、歌う。そして離れていても、歌は人と人、心と心を繋ぐ。歌うことの喜び、楽しさ、力を感じさせる歌です。曲はとても優しい。池田さんのあたたかな伸びやかな歌声と、宮本笑里さんのやわらかなヴァイオリンが、とても優しく、心をほどいてくれる。でも、力強い。君と歌を歌いたい。歌を届けたい。そんな想いがストレートに伝わってくる。

 テレビ版のアニメもあたたかくやわらかい絵で、初回放送を観て涙腺が…。じわじわときました。聴いていると、自然に優しい気持ちに、笑顔になれる歌です。池田綾子さんの歌、これからももっと聴きたいです。
by halca-kaukana057 | 2011-11-14 22:22 | 音楽

つばめの真の難しさ

 多分今年最後の、ピアノ練習録音アップになると思います。

【ブルグミュラー25】
*24:つばめ
 速く弾こうと思えば弾けるのですが、ボロボロになるのでまだゆっくりと。左手のバスとソプラノの弾き分けが難しい。右手の中間部伴奏ばかりが目立ってしまう。もっとソプラノ部分をはっきりと、際立たせてメロディーにしたい。この曲の難しさは、手の交差にもあると思うけど、それ以上に点の音符を線のメロディーにするところにあると思う。

つばめ 第1回録音


*3:牧歌(パストラル)
 ブルグミュラーおさらいキャンペーン第3弾。のんびりと「パストラル」です。最初に弾いた時も、この曲はとても好きでした。眺めのいい草原で、のびのびと歌を歌っているような雰囲気が。メロディーを演奏するのはオーボエかな?そんなイメージで弾きました。

パストラル おさらい録音


 あと、「みんなのうた」で放送された池田綾子「数え歌」の楽譜(「みんなのうた」テキスト)を購入。練習をはじめました。
NHK みんなのうた 2008年10月号
日本放送出版協会

 CDのフルバージョンではなく、テレビ放送の短縮バージョンの楽譜です。弾き語りの楽譜なので、伴奏とメロディーが別々になっていて、一緒に演奏できないのが困った点。弾き語りはとてつもなく難しいよ…(何年も前、童謡唱歌を弾き語りしていたことがありました)。それでも、伴奏だけでも、弾けるようになりたいな。
by halca-kaukana057 | 2008-12-26 21:46 | 奏でること・うたうこと
 
数え歌
池田綾子/39ers Records/2008



 「数と歌でつなぐ世界 池田綾子『数え歌』」で書いた、池田綾子さんの新シングル「数え歌」を購入。「みんなのうた」で放送されたのは短縮バージョン。CDではフルバージョンが聴けます。「みんなのうた」でカットされた部分の歌詞の情景が美しい。CDでじっくり聴けるのが嬉しい。以前の記事では新曲…と書きましたが、実際は池田さんのライヴでずっと歌われていた曲なんだそう。それが今回「みんなのうた」で放送され、CD化も実現したとのこと。

 その「数え歌」もいいのだが、カップリングの「さよならピアノ」も気に入った。この歌も「みんなのうた」として放送されてもおかしくない。ぴったりだと思う。聴きながら、放送されたらこんなアニメになるだろうな…と勝手に想像してしまっている。
 一人の少女と、ピアノが共に歩んできた情景…と言ったらいいのだろうか。
部屋中に響くメロディー 優しい音が心を洗ってくれた
大事なことを教えてくれた 今日でもうお別れ さよならピアノ

けんかした夜も 初めて恋した日も
ピアノと一緒に 言葉を探した
私の背が伸びるほどに 大きなピアノ追い越し 経つ年月

大事な気持ち 育ててくれた 今日でもうお別れ さよならピアノ

 子どもの頃の私にとって、ピアノは弾いていてもそんなに大事なものではなかった。練習は嫌いだったし、ピアノ教室で出される宿題も好きではなかった。それでも、当時の自分なりに気持ちいい演奏が出来ると楽しかったし、もっと弾けるようになりたいと思っていた。ただ、思うだけで行動が伴わなかった。

 大人になってからピアノを再開して、この歌詞と同じことを思う。弾いていると、興奮したり落ち込んだりした心が落ち着いてくる。ピアノは弾かなければ何も歌わない。何も言わない。でも、弾けば弾くほど沢山のことを教えてくれる。音楽って何なのか、その作曲家の言いたかったことは何なのか。楽曲に心を込めることとは、"表現"とは。子どもの頃、こんなことを考えたことは無かった。ただ間違えずに弾ければそれでいいと思っていた。この歌を聴いていると、大人になってからピアノを再開してよかったと強く思う。再開しなければ、ピアノや音楽に対する考え方は子どもの頃と変わらなかっただろう。

 私のピアノは、きれいな音を出してくれている。技術不足で申し訳ないのだが…。これからも一緒に、どんな曲を、歌を奏でていけるだろうか。この「さよならピアノ」は寂しさ、せつなさが溢れる歌でありますが、私にとってはピアノと一緒にいることが楽しみになる歌でもある。

f0079085_21241765.jpg

 これからもよろしく、私のピアノ。

 ところでこの歌の最後、「猫踏んじゃった」のメロディーが使われているのに和みました。ブルグミュラー「アラベスク」っぽいメロディーも。他にも探せば出てきそうな気がする。バイエルとかあるかも?
by halca-kaukana057 | 2008-11-30 21:41 | 音楽
 もう一つNHKの番組から。「みんなのうた」の10・11月の歌「数え歌」がとても気に入った。歌っているのはNHK教育アニメ「電脳コイル」のOP「プリズム」・ED「空の欠片」を歌った池田綾子さん。「コイル」の2曲を聴いて好きになった歌手で、それまでのアルバムもオススメです。

◇以前の記事:道ゆく空 ~池田綾子を聴く

 この「数え歌」。「みんなのうた」の王道のような歌だと感じた。数を数えることで、それだけで歌になる。それは、どこの国でも同じこと。数える言葉は違っても、数えている"数"は同じ。様々な国の言葉で数を数え、その数え歌で心を通わせたい。そんな歌です。池田さんの優しく語りかけるような歌と、伸びやかな高音は変わらず。その歌声が、曲の雰囲気、歌詞にぴったり。NHKで再び池田さんの歌、しかも新曲が聴けて嬉しくてたまらない。

数え歌
池田綾子

 この「数え歌」のシングルは11月12日発売。「みんなのうた」で放送されているアニメを収録したDVDも付いてくるとのこと。あの可愛らしいアニメクリップも好きです。カップリング曲もあるのかな?あったらいいな。
 現在放送中ですが、テレビを見る暇がないという方はこちらへ。削除されるかもしれないけど。



 池田さんと言えば、JALの観光情報「旅したい。」で「歌になる旅」というコラムも連載されてます。
JAL国内線:観光情報「旅したい。」 旬選コラム「歌になる旅」
 この「旅したい。」のイメージソング「小さな鞄」も聴けます。

 JR九州でも、鉄道の映像と一緒に池田さんの歌を楽しめます。
JR九州:Seven Stories about Trains 7つの鉄道物語
 「僕たちのTomorrow」「星降る森」はJR九州のCMソングに使われていたのだそう。
by halca-kaukana057 | 2008-10-14 22:07 | 音楽
 「電脳コイル」の主題歌「プリズム」「空の欠片」を歌う池田綾子さん。彼女の歌声に惚れてしまったので、他の曲も聴いてみました。

water colors
池田綾子/ユニバーサルJ/2002





Lunar soup
池田綾子/ユニバーサルJ/2005





*試聴はユニバーサルミュージック公式サイトでどうぞ。
池田綾子公式サイトはこっち

 こんなに多くの曲を出していたこと、さらにドラマの主題歌も歌ってきていたことを初めて知りました。観ていなかったもんなぁ。祈るような、遠くまで届かせるような伸びやかな高音に胸が締め付けられそうになる。特に2枚目のアルバム「LUNAR SOUP」1曲目の「道ゆく空」。ずっと聴きっぱなし。ピアノの伴奏の低音と、池田さんの歌の高音のメリハリが効いているのに、とても優しい。歌詞にも非常に共感。夢なんて…と思う大人になってしまった私だが、この曲を聴いて昔持っていた夢を思い出して、叶えられていない現実に直面して、とても切なくなった。でも、そんな現実を否定・非難するのではなく、優しく語りかけ、どんな今も承認する。そんなサビの部分の歌詞を引用させていただきます。
明日へと進むそれだけでいい あの日の誓い信じて叶えていく
小さくてもいい 見つけた夢の欠片を この手に抱いて
(作詞:池田綾子)


 「プリズム/空の欠片」シングル初回限定版についてきたDVDの池田さんのインタビューで、「プリズム」「空の欠片」の製作の際、池田さんは磯光雄監督から「道」をイメージする詩と3枚のヤサコのイラストを手渡されたのだそう。メロディーによって変化するヤサコの表情。だが、その違いは微々たる物で、池田さんは製作スタッフとどう違うのか考え込んでしまったそう。しかし、池田さんは「でも、その小さな目線の先にある気持ちを追っていこう」と答えを出し、何度もミーティングを経て楽曲の製作を始めたのだそう。気持ちの細やかな変化と、移り変わる景色。楽曲にある"情景"をすごく大事にしているアーティストなんだな、と2枚のアルバムとDVDのインタビューを聞いて思う。上にリンクを貼っておいた、ユニバーサルミュージックの公式にあるセルフ・ライナーノーツを読んでいても池田さんの楽曲に対する姿勢が見えて、音楽と言葉を結んでいるアーティストなんだなと思う。

 池田さんを、「電脳コイル」の"主題歌の人"では終わらせたくないと感じる。アルバムに収録されていないシングルもあるのか…。聴きまくりたいなぁ。
by halca-kaukana057 | 2007-11-22 21:21 | 音楽

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31