人気ブログランキング |

タグ:自然 ( 120 ) タグの人気記事

野川

 ファンタジックでSFな作品で知られる長野まゆみさん。気にはしていましたが、今まで読んだことはありませんでした。そして、何故かこの作品で初めて長野さんの作品を読みます。


野川
長野まゆみ/河出書房新社・河出文庫/2014
(単行本は河出書房新社、2010)

 中学2年の音和(おとわ)は、夏休みに都心から武蔵野のK市に引っ越し、転校してきた。両親が離婚し、事業に失敗した父についてきた。それまでの生活とは一転した新しい環境、新しい町、新しい学校での生活。音和の担任の国語教師・河井は転入の挨拶の際、音和にこう告げる「意識を変えろ。ルールが変わったんだ」
 2学期、音和は河井や3年の吉岡から新聞部に入らないかと勧誘を受ける。新聞部は、鳩を通信員として訓練し、その鳩に通信文を託し、学校から離れたところから飛ばし、帰巣本能で学校へ戻ってくるのを受け取る、という活動をしていた。音和は新聞部に入部し、飛べない小鳩・コマメの世話をすることになる…

 読んでいて、言葉というものの力を実感する作品です。音和君の担任であり、新聞部の顧問である河井先生。作中では「ちょっと変わり者の教師」とされているが、こんな先生はどこの学校にもいてほしい、必要だと思う。実際、私も河井先生とは違ってはいるが「ちょっと変わり者」の先生方に出会い、教えられて、ここまできたんだなぁ…と思い出しながら読んでいました。
 この河井先生は、作中で生徒達にこう問う。
「どこが不足なんだ?自分の目で見たものでなければ、自分のものにならないと、本気で思うのか?」
(26ページ)

 この問いに対して、生徒達は最初は反論する。私もそうだ。これまで、自分の目で、耳で、五感で実際に触れ体験してこそ、自分はそれを見た、聞いた、触れた、と言える。 実際に自分の五感で触れていないものについて、語ったとしてもそれは誰かの受け売りでしかない。自分のものじゃない。自分で触れてこそ、意味がある。だから、行きたいところ、見たいもの、聴きたいもの、触れたいものはたくさんある。そして、それが叶えなられなかった時は酷く落ち込む。叶えられた人を羨ましく思う。自分が、自分が…自分中心なのだ。

 でも、この後に続く河井先生のお話を読んで、この自分の考えがあまりにも傲慢だと感じた。私が生きていられるのはせいぜい60年~80年。もっと早いかもしれない。長生きしたって100年。その間に、自分が触れられるものなんてたかが知れている。日本中、世界中を駆け巡り、できるだけたくさんのものに触れられたとしても、その時…その「今」にしか触れられない。空間と時間、世界は一人の人間には広過ぎるし、生きていられる時間も短い。その、どうやっても触れられない時間や空間にどう触れるか。それに触れた誰かに話を聴き、本を読む。145ページからの、音和が河井先生に体験学習でも体験できないことについて語るシーンの言葉にも表現されている。自分がちょっとだけ体験したからと言って、「知っている」「わかった」と言い切れるのか。以前、このブログで少し書いた「見える」ことは「わかる」ことなのか。見えていても、それが何なのかわからないこともある。ちょっと見た、触れた、体験したぐらいでわかるような簡単なものなんてないと思う。そこで大きな役割を果たすのが、言葉であり、伝えることである。言葉でなくても、音楽や絵などの芸術も含まれると思う。誰かの心の中にあるものを、何かに託して、表現し伝える。言葉・物語や詩、音楽や絵画などは、その人に世界がどう見えているのかを、見せてくれるものなのかもしれない。そして、それは、その人の心の中で、また違う風景として刻まれる。同じ文章を読んでも、同じ音楽を聴いても、同じ絵を見ても、人それぞれ感じ方考え方、受け止め方は異なるから。

 この作品の舞台は東京でも緑豊かな地。東京には、自然なんてないと思っていた(地方民の視点です…すみません!)。東京はビルだらけ、自然と言っても整備された、人間の手が入ったもの。狭い土地を整備して、たくさんの人々が窮屈そうに住んでいる。そんなイメージしかなかった。この物語で語られる東京…関東地方は、もっとダイナミックなものだった。地質学・地学には興味があるので、楽しく読みました。そうだ、東京だって、昔からこんな大都会だったわけじゃない。2月に東京に行った時、スカイツリーの展望台から東京・関東を一望しましたが、この本を読んでいたら、もっと違う視点で見られたかもしれないなぁ。

 音和君は、新しい町を歩き、かつての東京がどんな土地だったかを思い浮かべる。そして、そこには鳩がいる。飛べない小鳩・コマメと触れ合いながら、空からの風景を思う。
 その一方で、多感な時期に両親が離婚し、それまでとは全く異なる父との生活の中で、強くなってゆく。このお父さんも、芯のある強さを持っている。更に、新聞部の先輩である吉岡。吉岡もまた、心に暗いものを抱えていた。吉岡がそれについて語るシーン、それに対して音和が答えるシーンがとても良かった。

 音和たちが暮らす町は、ぬかるんだ道が多い。音和たちは、そんなぬかるみを心の中に持っているのだと思う。扱いがやっかいだが、とりこまれた水分はろ過され、再び沸いてくる。その土壌では、様々な植物が茂り、虫や動物達も集まる。私の心も、ぬかるみのようなものなのかもしれない。音和君たちは中学生、私はいい大人だが、きっと同じだ。

 自然や町並みの描写に惹き付けられる作品でした。言葉って、凄いなぁ。だから私は本を読むんだ。本が好きなんだ。本を読むのが好きなんだ。
by halca-kaukana057 | 2014-07-17 22:33 | 本・読書
 今日は暑かった。今日は七十二候の「蓮始開(はすはじめてひらく)」。
くらしのこよみ:第三十二候 蓮始開

 七十二候は、古代中国で考案され日本に伝わった「二十四節気」を更に約5日ずつの3つに分けた期間のこと。当初は中国でつくられたものをそのまま使っていましたが、日本の季節・風土に合うように、江戸時代、貞享暦の改暦の際、その改暦を行った渋川春海(安井算哲)が「本朝七十二候」をつくりました。渋川春海については、小説「天地明察」(冲方丁:著)でその改暦事業について描かれていますね。
・小説感想:天地明察
・コミック版も現在連載中:[コミック版]天地明察 1

wikipedia:七十二候
 ↑日本のものと中国のものの比較があります。随分と違う。

 偶然にも、ハス…ではなくスイレンの花を観に行きました。ハスとスイレンは似ているようで違う。ハスはハス科の植物で、葉は丸く切り込みがない。花の高さも高い。一方スイレンはスイレン科の植物で、葉に切込みがあり、花はそんなに高くない。また、ハスは熱帯の植物なので、寒い地域では育つことができないのだそうです。
 ちなみに、ヨーロッパではどちらもlotusなのだそう。仏教文化の影響もあるのかな。

f0079085_2235254.jpg

 スイレンの中でも、「ヒツジグサ」という種類だそうです。水の上に凛と咲いている様は美しいです。水辺にはトンボも飛んでいました。夏ですね。

f0079085_225819.jpg

 アジサイも。先日のとはまた色合いが違います。

 暦も七十二候も、季節と自然の変化を感じられていいですね。

 最近花などの話題が多いですね。読んだ本もまたたまってきているので、おいおい感想を書きます…。
by halca-kaukana057 | 2014-07-12 22:15 | 日常/考えたこと

アジサイ、青も色々 

 今の季節、アジサイが見ごろです。きれいに咲いていたので、カメラを向けました。

f0079085_2140340.jpg
f0079085_21401327.jpg
f0079085_2140216.jpg

 青でも紫色がかっていたり、水色っぽいのもあったり、ひとつの房でも濃淡があったり。同じ青でも微妙に違うこの色合い。しばし魅入っていました。もっと赤めの明るい紫や、ピンクがかったアジサイもきれいですね。どんよりとした天気のまちに咲くアジサイの色は、とても鮮やかです。

 この濃淡の感じ…万年筆のインクみたい。と思った私は万年筆・インク沼の住人でしょうか…?(苦笑)パイロットの「色彩雫(iroshizuku)」シリーズに、「紫陽花」がありましたね。
PILOT:iroshizuku<色彩雫>
 青と紫の配合がちょうどいい感じの、いい色ですなぁ…。
by halca-kaukana057 | 2014-07-09 21:54 | 日常/考えたこと

晴れの夏至の空のISS

 今日は夏至。例年は曇り雨のことが多いのですが、今年の夏至は晴れました。とてもすがすがしく、穏やかな青空の広がる一日でした。
f0079085_2156322.jpg

 当地は晴れていましたが、強い雨の地域もありましたね。

 夕暮れも穏やか。夜も快晴。星見日和です。今日も国際宇宙ステーション・ISSを見ます。その前に、陸域観測技術衛星「だいち」の可視パスも。数秒だけ見られました。「だいち」は見るのがなかなか難しい。あと「だいち2号」はまだ見られていません。見たいなぁ。

 ISS。今日は雲も無く、はっきりと見られました。
f0079085_21583195.jpg

 おとめ座にいる火星と、おとめ座のスピカと一緒に。
by halca-kaukana057 | 2014-06-21 22:01 | 宇宙・天文

夏至前夜のISS

 明日は夏至。国際宇宙ステーション・ISSも、今の時期は夜に何回も観られます。ただ、日本は梅雨で天気が悪い、日没の時間が遅い、と難点もあります。

 今日もいい条件の可視パスがある。午前中は寒く雨が降っていたのですが、午後になって晴れ。これはいけるだろう。と思ったら…いつの間にやら空は曇っていました。ISSはどこだー!!

 ISSの経路をイメージしながら、雲の切れ間を見る。光る点はないか。しかし見えない。この雲がなければ…!!最後のあたり、東の空は雲の切れ間があったので少しの間見ることが出来ました。
f0079085_21182878.jpg


 なんとか撮影もできました。まだ空が明るい。でも、ISSも負けずに明るい。明日・夏至もISSの可視パスがあります。曇り雨のところが多いようですが、日没のあたりには雲も上がって、長い陽とISSの輝きを楽しめますように。
by halca-kaukana057 | 2014-06-20 21:21 | 宇宙・天文
 今日は雨(でも小雨)。外を歩いていたら、公園のばらがきれいに咲いていました。雨に濡れて、みずみずしく、色鮮やかに、しっとりと美しい様に見とれてしまいました。

f0079085_21531899.jpg

f0079085_21533135.jpg

f0079085_21534827.jpg


 今日は、リヒャルト・シュトラウス生誕150年のお誕生日。ばらとR.シュトラウス…オペラ「ばらの騎士」。全曲はまだ聴いたことはないですが、二重唱や三重唱と抜粋では聴いたことがあります。オペラ強化年、「ばらの騎士」も気になります。

Richard Strauss: Der Rosenkavalier - Prêtre/WPh(2006Live)

 ジョルジュ・プレートル指揮ウィーンフィルの組曲版。組曲にもなっているのを今日初めて知りました。きれいです。

R.シュトラウス オーボエ協奏曲 ニ長調

 ローター・コッホ(オーボエ)、カラヤン指揮ベルリンフィル
 R.シュトラウスは、以前テレビで放送していたのを観たオーボエ協奏曲も好きです。華麗です。

 R.シュトラウスは普段あまり聴かない作曲家ですが、こんな機会にだからこそ聴きたい(じゃないと聴かない)。聴く音楽は、まだまだたくさんあります。
by halca-kaukana057 | 2014-06-11 22:23 | 音楽

入梅前のばら

 今年は入梅が早いですね。数日前まで晴天続き、夏を思わせる暑さだったのに、入梅して一転また寒くなりました。入梅前に撮影したバラの画像を。自分の家のものもありますし、町中の公園のものもあります。
 この時、まだ多くのバラはつぼみでした。早かった。また数日後に、と思ったら入梅してしまった。

f0079085_21381566.jpg

f0079085_21382950.jpg

f0079085_21383224.jpg

f0079085_213836100.jpg


 梅雨のどんよりした空、空気の中でも、バラたちはきっと鮮やかに明るく咲いていることでしょう。そんな風景を見るのが楽しみです。雨は雨で、楽しみもあります。
by halca-kaukana057 | 2014-06-06 21:41 | 日常/考えたこと

北国の春 2014 その2

 春と言うよりもう初夏ですが…少し前に撮った春の花画像を。
f0079085_2132464.jpg
f0079085_213308.jpg

しだれ八重桜。花の咲き方がきれいです。

f0079085_21344291.jpg

こちらは八重桜。花のボリュームが凄い。とても豪華で華やかです。

f0079085_21354611.jpg

菜の花。田畑に咲く菜の花の鮮やかな黄色は、目を引きます。この日は晴れていて、青空との対比がとてもきれいでした。

f0079085_21372677.jpg

花ではないですが、今の季節の楽しみは、白樺の若葉。白い幹に青々とした緑。そよ風にゆれる葉に、初夏を感じます。
今の季節は、ライラックやナナカマドの花も咲いています。画像は撮れず…。眼で楽しんでます。
by halca-kaukana057 | 2014-05-21 21:39 | 日常/考えたこと

北国の春 2014

 北国にも春が来ました。

f0079085_2175647.jpg

ソメイヨシノは今年もきれいです。桜を眺めながら、しばしひと休みしていました。

f0079085_21174089.jpg

こちらはヤマザクラ。

f0079085_2181364.jpg

菜の花も咲いています。

f0079085_2182698.jpg

梅も咲いています。北国では、梅と桜はほぼ同時期に咲きます。

f0079085_211825.jpg

田んぼのあぜ道に咲いていたオオイヌノフグリ。名前がわからず調べてみた。花と名前がようやく一致しました。

 ようやく、外を歩くのが気持ちいい季節がやって来ました。
by halca-kaukana057 | 2014-04-27 21:20 | 日常/考えたこと

春の海

 全国各地で桜が咲き始めましたね。当地はまだ先ですが、日中はストーブをつけなくてもいいぐらいあたたかくなりました。雪解けもどんどん進んでいます。

 そんな春の海を見てきました。
f0079085_215097.jpg

 風も冷たくなく、海をのんびりと眺めていました。

f0079085_2153250.jpg

 この船はどこへ行くのだろう?


 この頃、ブログの更新が殆ど進んでいません。相変わらずのセーフホールドモードです。書くことがないわけではない、読んだ本などはあるのですが、それを言葉に、文章にして書いておく…のが億劫になっています。他に今、新しく取り組んでいることがあって、そっちの方に時間をかけているのもあります。そのことは、またお話できればいいなと思います。(書かないかもしれません。)
by halca-kaukana057 | 2014-03-27 21:09 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31