人気ブログランキング |

タグ:音楽考 ( 25 ) タグの人気記事

音楽で伝えられること

 声楽を始めてから、毎年教室の発表会に出演しています。発表会は声楽だけでなく、音楽教室の他のコース、ピアノやヴァイオリンなどと一緒に行うので、普段は聴けない他の楽器の演奏を聴くのも楽しみです。また、ジャンルもクラシックに限らず、ポップスや映画音楽など幅広いのも楽しみです。年齢層も広いので、音楽はいくつになってもできるんだなと実感します。

 私は今まではイタリア歌曲を歌っていたのですが、今年は初めてドイツリートを歌いました。歌曲王シューベルト。声楽を始めて、初めてイタリア歌曲に触れた時、苦しい恋の歌が多い…とか、歌詞は暗いのに曲は明るく軽快とか、普段は北の方の音楽を聴いているから、南国の音楽は私にはまぶしい…と思ったものです。でも今はイタリア歌曲の雰囲気は好きです。情熱的なところも慣れました。今年、北上してドイツの音楽に自分で歌う形で接しました。歌詞の奥深さ、詩の世界を引き出す音楽の深さ。詩も音楽も歌も全てひっくるめて、歌曲は総合芸術なんだと実感しました。

 ドイツ語の発音が難しくて、練習では苦戦しました。レッスン前の予習で、辞書を引いてGoogle翻訳などで発音をチェックしていっても、歌う発音はそれとは異なる。発音と発声を両立させるのが難しかった。発音をがんばろうとすると声楽的な発声がおろそかになってしまう。発声をがんばると発音がカタカナドイツ語になってしまう。発表会本番はどちらも完璧…とは言えません。発声、歌もゴールはないと思っていますし、ドイツ語もイタリア語も発音はずっと続けていかないと習得できないだろうと思っています。

  後で録音を聴くと、反省するところばかりです。いくらでもできます。練習で注意したところが全然表現できてない。もっと深く響く声が出たらなぁ…。もっと安定した発声ができたらなぁ…。いわゆる減点法ではなく加点法で振り返りたいのですが、どこが加点になるのかわからない…。

 その発表会での話。私の出番の前の人はピアノで、ある曲を演奏しました。私がとても好きな作品です。舞台袖で聴いていましたが、とても素敵な演奏でした。その曲の世界、情景を引き出していました。魅了されながら、励まされていました。私もずっと練習してきたこの曲の詩の世界や想いを歌で伝えたい。声楽には歌詞はあります。しかし外国語。今まで歌ってきたイタリア歌曲は、声楽をやったことがある、もしくは声楽作品に詳しい人でなければ多分わからないと思う。今回もシューベルトとは言えマイナーな作品です。外国語で詩の内容がそのまま伝わらなくても、この曲に込められた想いを表現したい。ピアノを演奏していた人は、その曲に私と全く同じ想いを抱いていたかどうかはわかりません。でも、その曲の世界は伝わってきました。こんなことができる音楽っていいなぁ。そう思いながら、私も歌いました。

 音楽で伝えられること。音楽で感じられること。言葉とは違う表現があって、でも込められたものは伝えられる。音楽を続けている理由かも知れません。単純に歌うことや、音楽そのものが好きというのもあります。
 技術と表現を磨いて、これからもそんなことを考えながら歌っていきたいと思います。
by halca-kaukana057 | 2019-11-07 23:30 | 奏でること・うたうこと

蜜蜂と遠雷

 話題の本です。約1年前に単行本で読んでいました。が、その時は感想を書けず。文庫化され、ゆっくりと再読しました。


蜜蜂と遠雷
恩田 陸/幻冬舎/2016
(文庫版は上下巻、幻冬舎文庫、2019)


 3年に一度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。その世界各地で行われているオーディションのうち、パリ会場でのオーディションで、審査員やスタッフを混乱に陥れたコンテスタントがいた。風間塵という16歳の日本人。書類に目立った経歴はないが、少し前に亡くなった巨匠ピアニスト、ユウジ・フォン=ホフマンに師事し、推薦状まで添えられていた。その推薦状に書いてある内容に、驚き愕然とする審査員達。そして芳ヶ江でのコンクール。ピアニストを目指す若者たちが様々な想いを抱え、演奏に臨もうとしていた…。

 直木賞と本屋大賞を受賞した話題作なので、あらすじを書くまでもないと思ったのですが…あらすじをまとめにくい。単行本で初めて読んだ時は、面白くて1日で読んでしまった。単行本は分厚く、しかも1ページに2段ある。それでも、どんどん読んで、読めば読むほどこの本に夢中になった。読み終えて、しばらく呆然としていた。

 だが、この本を読むのには少し抵抗があった。私はコンクールには苦手意識がある。演奏家の経歴を見て、「○○コンクールで優勝」とあっても、それが華々しいものであればあるほど敬遠したくなる(天邪鬼)。音楽を学び、演奏家を目指す人々の演奏の個性はそれぞれ違う。得意分野も違う。何をもって、順位をつけるのか。それがずっと疑問だった。第一コンクールで優勝しても、その後の経歴がパッとしない演奏家も少なくない。コンクールで優勝・入賞したことがきっかけとなり、その後の演奏活動でスターやアイドルのような扱いをされている演奏家は敬遠したくなる(やっぱり天邪鬼)。よくも悪くも(私の場合は悪いことの方が多い)、先入観にとらわれてしまう。

 この物語は、4人のコンテスタントを主人公に、コンクールの審査員たちや師匠といった音楽関係者たちだけでなく、コンテスタントの友人や家族、コンクール会場のステージマネージャー、ピアノの調律師、無名の観客といった様々な人の視点で描かれている。音楽のプロから素人まで、考え方が様々。審査員の視点は面白いと思った。コンクールで大変なのは出場するコンテスタントであるけれども、全ての演奏を聴いて審査する審査員が一番大変なのだ。ずっと演奏を聴き続けて、飽きてしまうこともある。でも、何か光るコンテスタントの演奏は違うのだという。同じピアノなのに、鳴り方が全然違う。そのコンテスタントの演奏で空気が変わった、もっと聴いてみたい。そんなコンテスタントがどんどん予選を突破していく。コンクールに対する苦手意識を書き連ねてしまったが、やはりプロの耳は違うのだなと思う。とはいえ、コンクールで「受ける」、評価される演奏をする「戦略家」もいて…それも個性なのだろうか。

 4人のコンテスタントの演奏を「読んで」、実際に演奏が聴きたくなった。どんな演奏だろう。彼らの解釈や、楽曲に対する想いも興味深い。楽曲のアナリーゼの部分は面白かった。私と同じ解釈のものもあれば、「ちょっと違うと思う…」というものも(相手は音楽を専門に学んでいるのに、素人が何を言っているのかと思うが…聴くだけだとしても、勉強は怠りたくない)。

 コンテスタントもこの4人だけでなく、他のコンテスタントの演奏にも触れているのは好感を持った。1番君は思わず応援してしまった。12番はヒール役になってしまうのかと思いきや、いいところはちゃんと見ている。でも、足りないところがある。12番のような演奏家が生まれた原因となる、歴史や社会、音楽業界やマーケティングの背景について触れていたのについては、なるほどと思った。そう思うとかわいそうに思えてくる。審査員だけでなく、様々な人のそれぞれの立場から、演奏に関する感想が書かれている。私は普段、音楽を聴いてそれを表現する語彙力と想像力が足りないと感じている。感想を的確な言葉で表現できるようになりたいなと思うばかりだった。

 コンテスタントたちが演奏し、その音楽を聴いて、審査員たちや他のコンテスタントたちが影響を受けていく。コンサートでいい音楽を聴いて、高揚した気持ちで帰るあの時間。CDやラジオでいい演奏を聴いて、部屋でいいなぁ!これすごい!と感激しているあの時間。声楽作品なら、これを私も歌ってみたい!と(レベルのことも忘れて)純粋に思えるあの時間。そんな、心を動かす音楽に出会い、感激し、高揚した気持ちでいる時間を思い出した。プロも、これからプロになろうとしている人も同じなのだなと思う。

 この物語を読んで、考えているのが、「狭いところに閉じこめられている音楽を広いところに連れ出す」こと。どうしたらそれが出来るのだろうか。音楽は自然の中に、世界に満ち溢れている。それを人間は音楽として切り取った。音楽とは何かを問うている。巨匠ピアニスト、ユウジ・フォン=ホフマンの回想の言葉を引用します。

 聴きなさい、と先生は言った。
 世界は音楽に溢れている。
 聴きなさい、塵。耳を澄ませなさい。世界に溢れている音楽を聴ける者だけが、自らの音楽をも生み出せるのだから。
 (上巻、393ページ)

 確かに、曲の仕組みや当時の背景を知ることは重要だ。どんな音で演奏され、どんなふうに聞こえたか、知ることは大事だ。けれど、当時の響きが、作曲家が聴きたかった響きだったのかどうかは誰にも分からない。理想とする音で聴けたのかどうかも分からない。
 楽器の音色も、使いこまれたら変わる。時代が変わればまた変わる。演奏するほうの意識もかつてと同じではないだろう。
 音楽は、常に「現在」でなければならない。博物館に収められているものではなく、「現在」を共に「生きる」ものでなければ意味がないのだ。綺麗な化石を掘り出して満足しているだけでは、ただの標本だからだ。
 (中略)
 あの人もまた、あの人の音楽を生きているのだろう。
 (上巻、395~396ページ)
 この物語では、コンテスタントたちはクラシックだけでなく、他のジャンルの音楽にも親しみ、演奏をすることもある。でも、このコンクールはクラシック。クラシック音楽はどうしても「型」にはまったものと考えられてしまう。伝統があって、上品で、格式高く、とっつきにくい、自由奔放は許されない…。この物語はそれらを批判しているわけではない。私も、クラシック音楽にはクラシック音楽の「やり方」「型」があると思う。「独りよがり」とも違う。でも、クラシック演奏家が皆が皆同じ演奏をしているわけではない。どの楽譜を選ぶかに始まり、アナリーゼ、解釈、アプローチの仕方、個性などで変わってくる。そこが面白いところだと思う。もっと聴きたい、もっと演奏したい、演奏に磨きをかけたいと思うような。長い時間残っていて、多くの人が演奏し続けてきたからこそ、その面白さが感じられるのだと思う。
 「狭いところに閉じこめられている音楽を広いところに連れ出す」ことの答えは出ていない。それは演奏家しかできないことのなのか。いや、演奏ができなかったとしても、個々人の意識で出来ることなのだと思う。この物語で、「音楽の神様」という表現が出てくる。「音楽の神様」は、才能のある人を選んで、その人しか愛してくれないのだろうか。私は違うと思う。「音楽の神様」は誰にでも等しく微笑みかけている。それに気づき感じとれるか、柔軟な心で受け止められるか、磨き続けることができるかで変わってくるのだと思う。世界は音楽に溢れているのだから。
 とはいえ、この物語に出てくる音楽家(コンテスタントたちも審査員や師匠や友人たちも)は、恵まれた環境にいる。敏感な音感を持っていて、ピアノを演奏するのに適した体格をしている。個々の個性を伸ばす音楽教育を受けることが出来る(経済的にも)。周囲の理解がある。その辺りは、どうしたらいいものか。

 音楽は過酷なものだ。鼻歌を歌うような気軽さもあるけれども、追求しようと思えばどこまでも出来る。ゴールが見えない。ゴールしたと思っても、そこがまたどこか遠くへ繋がるスタートラインでもある。過酷で容赦ない、厳しいものであるけれども、美しい。楽しい。音楽っていいなと思える。私はどこまで行けるだろう。私の音楽とは何だろう。そんな、スタートになる物語だと思っています。
by halca-kaukana057 | 2019-05-04 23:03 | 本・読書
 これまで、声楽のレッスンのことに関して、大まかなことは書いていても、特定の曲の練習記録などは書いてきませんでした。ピアノ独学の時は自分の考えだけを書けばよかったのですが、今は先生について教わっている…先生の指導の内容や先生の考えについても触れることになる。それぞれの先生で考え方、解釈、指導は異なるので、書いてもいいんだろうか…と思ってきたのが理由のひとつ。あと、ブログバレしたくない。絶対したくない。これも理由。

 ですが、今回仕上げた曲がとても難しく、今後の声楽にとっても指針になると思っています。本当に難しかった。達成感も大きいです。あと、この曲は声楽をやっている人なら誰もが通る作品。ということで、ポイントを覚書しておきます。

 「コンコーネ50番」。声楽をやる人なら誰もが取り組むであろう練習曲集。私は中声用を使っています。
全音:声楽ライブラリー コンコーネ50番(中声用)
 畑中良輔先生編集のこの全音のコンコーネ。

 コンコーネで何を学ぶのか。まず、ソルフェージュ。楽譜を読み込み、調性、テンポ、強弱、速さ、音楽理論を学びます。それから、声楽での発声。ただ歌うのではなく、声楽での歌い方。息の吐き方、音程、ピッチ、声のトーン、声の膨らませ方、高い声を無理なく出す方法など。さらに、旋律としての歌い方。レガート、スタッカート、アクセント、装飾符。音の跳躍もあるし、高い音に向かう連続した音、低い音に下がる連続した音もある。これらを機械的にではなく、楽譜を読み込み、「歌う」。
 コンコーネは、初心者から上級者、プロまでずっと使っていける。1曲がオペラアリアぐらいのボリュームの曲もある。レベルに合わせて、何度でも取り組める。同じ曲(番号)でも、初心者の時と、上級者の時で課題を変えられる。そんな練習曲集です。
 ちなみに、歌う時はドレミ(イタリア語音名)で歌っています。その番号の導入部分ではアーとかイーとか、ひとつの音で歌うこともあります。

 現在私は31番まで進みました。声楽を始めて約5年。発表会前はコンコーネをお休みすることもありましたが、これまでも、これからもずっとコンコーネです。

 その31番が…とても難しい。曲は、主題、変奏1、変奏2の3つに分かれています。
 こんな曲です。
Concone 50, Op.9 No.31 Medium Voice


 まず主題。
f0079085_22104010.jpg

 変ロ長調。「sostenuto」とあります。全部繋げて滑らかに。高い音に登っていって、一番高い音に気を取られますが、下がる時も声がだらーんと垂れ下がらないように腹筋(横隔膜)で支えます。7小節目の一番高いファにはアクセント。ふくよかに。その後ディミヌエンドして、やさしく。10小節目からは短調になりますが、途中で長調に戻ります。16、17小節目の下降では、しっかり支えて。最後は緊張感を持って。
 この31番、何が難しいかというと、歌う旋律と伴奏がややこしい。歌う旋律の最後の音と、最初の音にだけ伴奏が入る。ずれないように注意します。

 次、第1変奏。
f0079085_22104731.jpg

f0079085_22105195.jpg

画像が2枚になってしまった。音符が増えます。8分音符で、優雅に美しく。ここも、登る箇所で気をつけても、下りる箇所で気を抜かないように。声を支える。5小節目、アクセントつきのファは伸ばしてファラ♭シへ。6~8小節目でも、高いファで伸ばして♭ミレド♭シラソファと滑らかに。12小節目、13~15小節目でも。
 伴奏も変奏します。やっぱりややこしさは変わりません。

 第2変奏へ。
f0079085_22105500.jpg

 16分音符のオンパレード。なかなか譜読みがメロディーに追いつかず、間違えて読んでばかりで大変でした。譜読みは苦手なのは、ピアノ独学の頃と変わってません…少しはよくなっていきたい。ゆっくりから始めて、徐々に速く。
 軽快に。でも、音符を読むのに夢中になって、音と音がブツ切れにならないように、つなげて。ここも、下降の箇所は音を支える。6小節目のレド♭ラソファに似た下降部分が後で出てくるのでややこしい。7、8小節目、ドの装飾符を歌うのは素早く軽く。どうしてもここで重めになってしまって、後に響いてしまっていた。10小節目からは短調に。11小節目、レド♭ラ♯ファレ、6小節目と似ています。短調に変わったので、音を取りにくくなるところ。11~14小節目は全部つなげて滑らかに。14小節目のファからまた長調に。15小節目、レ♭シファレ♭シ、6小節目と似ている部分がまた出てきた。長調に戻って、また音が取りにくい。最後まで丁寧に。
 第2変奏では、伴奏がちょっと変化しています。伴奏は8分音符。つられないように。

 第1,2変奏は、前半と後半をそれぞれ2回ずつ歌います。部分に分けて練習したら、全部通して歌います。体力使います。腹筋使います。鍛えられます。

 本当に大変でした31番。声楽で大事な要素がたくさん詰まっています。がんばってよかったと思う曲です。

 イタリア歌曲集も随分進みました(順番ではなく、歌いやすい、私の声質に合ったものから)。発表会で歌ったものもあります。1巻だけでなく、2巻や他の曲集からも歌いました。最初は私と気質の違う歌詞や曲調に戸惑ったり、疑問を覚えることがありました(歌詞は暗いのに曲は明るい、など)。でも、美しいですし、人間の様々な感情がこもった歌詞をどう歌おうか楽しく思うようになりました。
Amarilli mia bella

 カッチーニの「アマリッリ」。以前、声楽を始めようなんて思ってもいなかった頃聴いて、ブログに書いたことのある歌ですが、自分で歌ってみてもきれいな歌だなと思います。
・その記事:音楽のたのしみ 2 音楽のあゆみ ― ベートーヴェンまで
 この本を今読んだら、以前と反応が違うと思う。あと、4巻目のオペラが未読。そろそろ読みたい…。
by halca-kaukana057 | 2019-01-14 22:54 | 奏でること・うたうこと
 よく、本屋で見かけて面白そうと思ったのに、手持ちがなかったとか様々な理由でその時はその本を買えず、そのまましばらく経ってしまった…ということがよくあります。この本もそう。


音楽嗜好症(ミュージコフィリア): 脳神経科医と音楽に憑かれた人々
オリヴァー・サックス:著 / 大田直子:訳 / 早川書房、ハヤカワ・ノンフィクション文庫 / 2014

 このブログに書いてある通り、私は音楽が好きだ。毎日のように、何かしら音楽を聴いている。聴きたいラジオやオンデマンドがあればそれを聴く。テレビのクラシック番組(主にEテレ「クラシック音楽館」)も観る、聴く。買ったばかりのCDや、何度も聴いてお気に入りのCD、音楽配信サービスも使っている。コンサートも興味のあるものがあれば行く。聴くだけじゃなくて、声楽のレッスンに通って歌っている。声楽を始める前は、子どもの頃中途半端に習ったピアノを弾いていた。クラシックだけでなく、様々なジャンルの音楽を聴いている。
 何故そんなに音楽が好きなのか。聴いてしまうのか。私自身にもわからない。別に家族が音楽好きで音楽に詳しかった、というわけでもない。むしろ音楽はあってもなくてもいい環境。子どもの頃から音楽は好きではあった。でも、ピアノは練習嫌いで苦手だったし、音楽の授業でも成績はすごくよかったというわけではない。ただ、音楽が好き、というだけだ。

 この本の著者のオリヴァー・サックスさんは、イギリス生まれのアメリカの脳神経科医。数多くの患者の中には、音楽に様々な反応をする人が少なからずいる。そんな患者たちの音楽との関係について、脳科学、脳神経学の面から書いた本…と書くと難しそうに思えます。実際、本を店頭でちょっとペラペラとめくってみた時には、文字もギッシリ、ページも多い、脳神経学って難しそう?と思いました。しかし、読んでみると面白い。どんどん読み進めてしまう。サックスさんの文章もユーモアたっぷりで面白いし、患者たちの様々な症例に頷いたり、驚いたり。冒頭で、アーサー・C・クラークのSF小説で、音楽と地球の人類について宇宙人が理解できないという話を出していたが、人間にとって音楽とは何なのだろうと、読んでいるうちにどんどん謎が深まってしまう。

 よく、音楽は心を癒す、という。私も音楽に癒される、慰められることはよくある。癒されたい時、慰められたい時はこの曲を聴く、と決まっている。この本でも、様々な病気は持っているけれども、癒されるどころではなく、音楽に助けられている患者の症例があげられている。脳の障害を持ってしまい、記憶することができない、記憶を失ってしまった人だが、バッハのピアノ曲を演奏することや、合唱で歌うことはできる、と。うまく話せない障害の人が、言葉にリズムやメロディーをつけるとうまく話せるようになる。言葉の意味はわからないが、その言葉を意味する歌なら歌える(例えば、クリスマスの意味はわからなくても、クリスマスソングは歌える)。音楽が言語のような役割を果たしている。

 一方で、音楽が生きる上で妨げになってしまうこともある。脳を怪我したり、脳卒中などの病気にかかったあと、それまで楽しめていた音楽が楽しめなくなってしまった、感動することがなくなってしまったという例がある。脳の病気で、元の音楽と音程がずれて聞こえてしまうようになってしまった人もいる。さらには、特定の音楽を聴くと、発作を起こして倒れてしまう、てんかんの発作が起きてしまうという非常に困った例もある。よく、特定の音楽が脳内エンドレスリピートしている、というのもよく聴くが、脳内でただ単に鳴っているのではなく幻聴として聞こえていて、それが止まらない、止められないことも困った一例だ。完全な失音楽症になると、音楽を音楽として認識できなくなる。どんなに簡単なメロディーでも、それを何度聞いても、その曲だと認識できないのだそうだ。こうなると怖くなってくる。
 音楽と脳の関係で、絶対音感や、共感覚のエピソードもある。更には、2000曲のオペラを正確に記憶しているという例もある。とてつもない。

 この本が面白いのは、その症例の場合、脳のどの部分がどのようなはたらきをしているかについて解説している。脳科学、脳神経医学に詳しくなくても、分かりやすく読みやすく書いている。音楽を感じるのは耳だが、それを処理するのは脳。人間の脳は、音楽にポジティヴにもネガティヴにも反応してしまう。音楽は脳から生まれたのか、脳があるから音楽が生まれたのか…ニワトリとたまごみたいな話も思ってしまう。脳の複雑さに驚き、音楽を聴くということも単純なことではないとこの本を読んで思う。音楽は芸術でもあるし、科学でもある。医学でもある。音楽と脳により興味を持つとともに、音楽というものがますますわからなくなる本でもある。
 もう一度書く。人間にとって、音楽とは何なのだろう。こうなると脳科学ではなく哲学になってしまう。でも、脳にとっても、音楽は単純なものではない。いつもは、何かしながら音楽を聴いていることも多いし、音楽を聴きながら眠ってしまうこともある。そんな適当な向き合い方ではなく、もっと音楽に正面から…正面だけで無く、様々な面から向き合おうという気になる。音楽が何なのか、謎は深まるばかりだが、音楽により魅了されることは確かである。私も「音楽に憑かれた人」のようだ。

 この本の中で、オリヴァー・サックスさんの他の著書も登場します。「火星の人類学者」「妻を帽子とまちがえた男」(どちらもハヤカワ・ノンフィクション文庫)など。他の著作も読みたくなりました。

by halca-kaukana057 | 2018-09-18 22:09 | 本・読書
 先日読んだ本「羊と鋼の森」(宮下奈都)で思ったこと。感想記事にも少し書きました。この本を読んで思うことは色々あった。ピアノのこと、ピアノを弾いていた時のこと。そして、音楽のこと。
・その感想記事:羊と鋼の森
 上記記事から引用します。

 以前、今もまだ続いているが、聴いた音楽の感想が出てこなくなった時期があった。感想を出すのが怖いのだ。外村が調律がうまくならなかったらどうしよう、怖いと思ったように。この演奏は、「いい演奏」か「悪い演奏」か、叩き切るように判断できなければならないと思って、それがわからず、感想を言うのが怖くなった。感想が他の人…ズバッと感想を出している、しかも説得力のある感想を出している人と違えば、自分は間違っていると思えてしまう。その作品を初めて聴く、聴いたことがなくて、判断できないこともある。いい曲だとは思ったけど、感想は…?「いい」「よかった」、でいいの?それだけだと足りない、弱いのではないか。判断基準が自分ではなく、他の人になってしまい、音楽は聴いても、その感想を出すことはなかった。そもそも自分に判断する権利はあるのか。音楽経験も少なく、叩き切るような感想を出せるような説得力も知識も読解力もない。音楽を聴くのが辛かった時期を思い出した。

 過去にも、こういうこと、似たことについて、思うことがあって、ブログに書いたことがありました。
「優劣」はどこから来る?(2014.3.16)
読解大会、もしくは読解合戦(2015.3.5)
表現することが「わからない」(2016.1.5)

 かなり前から定期的に?思っていることですね。まだ、解決できていない、答えを出せていない、トンネルを抜けきれてない。

 これらを読み返して、「羊と鋼の森」も読み返して、考える。「羊と鋼の森」でこんな箇所がある。主人公の外村は駆け出しのピアノ調律師。高校生の時、偶然ピアノの調律に立ち会って、初めてピアノの調律に触れて、調律師になりたいと思った。山奥で生まれ育ったため、それまでピアノについて何も知らなかった。ひたすら勤務している楽器店のピアノを片っ端から調律し、先輩調律師について調律の現場で学び、夜はピアノ曲のCDを聴いてピアノ漬けの日々を送っている。そんな外村が生まれ育った環境ゆえ町の子どもたちなら当然のように触れられるものを、「あきらめる」「素通りする」ことが多かったと回想するシーン。
 
 あきらめようと思えるまでに時間がかかったものが、ひとつだけあった。絵だ。僕には絵がわからなかった。(中略)きれいだな、おもしろいな、と思うことはあっても、そこまでしかたどり着けなかった。きれい以外の絵のよさがほんとうにはわからない。先生からは好きな絵を一枚見つけるよう言われたけど、それも違うんじゃないかと思った。色がやさしいとか、なんとなく雰囲気が好きだとか、そういうことで絵を観ては間違うような気がした。
 もしかしたら、それでよかったのかもしれない。この絵が好きだと思えればそれでいい。いい気分になれればそれでいい。絵がわからないとか、そんな観方じゃいけないとか、自分で自分を窮屈にすることなどなかったのだろう。でも、僕はあきらめたのだ。絵は、わからない。わかったようなふりをしてもつまらない。
(95ページ)
 (中略)
 好きだとか気持ちがいいだとか、自分の中だけのちっぽけな基準はいつしか変わっていくだろう。あのとき、高校の体育館で板鳥さんのピアノの調律を目にして、欲しかったのはこれだと一瞬にしてわかった。わかりたいけれど無理だろう、などと悠長に考えるようなものはどうでもよかった。それは望みですらない。わからないものに理屈をつけて自分を納得させることがばかばかしくなった。
(96ページ)

 外村の絵の観方は間違いではないと思う。自分で自分を窮屈にしていると思う(大ブーメラン、自分もです)。でも、外村には「わからなかった」。「わかったようなふりをしてもつまらない」。自分の観方は間違っている。そんな考えから抜け出せなかった。この外村が悪いわけじゃない。どんなに間違ってない、それでいいと認められたとしても、自分で納得がいかなければ本気になれない。自分に無理強いしても辛いだけだ。
 でも、外村にとって、ピアノは違った。わかるとかわからないとかという基準のものではない。わかりたい、あきらめたくない。自分にとって要るものはこれ、ピアノだ。

 私も、音楽にしろ絵にしろ本にしろ、感想が出てこなかったのは「わかったふり」をするのが怖かったのだと思う。そんな観方、聴き方、読み方じゃいけないと、自分を追い詰めていたんだと思う。何がきっかけで…他者の優れた(これも私の主観としか言いようがない)感想に比べて自分はここまでしか読み込めないのか、と落胆したこと。感想を出すなら、もっと立派で説得力のある、独創性のある、誰が読んでも面白いものを…。これは、理想ではあるけれども、「自分の中だけのちっぱけな基準」じゃないかとも思う。感想を書いて、何をしたいのか。かつてはツイッターをしていて、共有を意識していたけれど、それはもう終わった。このブログでは、コメント欄も閉じている。誰かと感想を交わしあいたい…自分の感想もままらないのに、誰かの感想を受け止める心の余裕は今の私にはない。まだ、ここのコメント欄は閉じていたい(他にも理由はありますが)。自己顕示欲…少しはあると認める。ないわけじゃない。でも有名になりたいとかは思わない。ただ自分が何を考えているか、「何処」にいるのかを記したい。その際、ブログで公開する必要はあるのか、自分だけのノートに書くだけでもいいんじゃないのか、と思うようにもなってきてはいる。読み返す時、過去ログを探しやすい、公開することを意識するから、文章や、思考のまとまりに気を遣うなどの利点はある。コメント欄は閉じているけど、何かのきっかけで立ち寄った誰かが、同じ本を読んだり、音楽を聴いたりして、この人はそう思ったんだな、と読んでくれれば嬉しい。同じことを思った、それは思いつかなかったなどと思ったらもっと嬉。

 好きなものをとにかく語りたくて、始めたブログ。今もその気持ちは変わらない。ものすごく好きなものに出会えたら、それについて語りたい。共有とか共感とか関係ない。「自分の中だけのちっぽけな基準」「自分で自分を窮屈にする」ということは考えなかった。純粋な気持ちが前に出ていたけれど、書けば書く程、内容にも凝るようになる。それは、文章や読解の面の成長のあらわれだと思う。前よりも沢山読んだ、聴いたのだから、成長していって当然だと。過去の感想を読んで、今のものと比べて、劣化したと思うことがある。記事数、更新頻度が減って、衰えたと思ってしまう(辛い)。

 そんな状態ではあるけれど、本は読み続けているし、音楽も聴き続けている。面白い、いいなと思うものは次々出てくる。あきらめたくない。わかりたい。無理強いではない。好きだから。接して、やっぱり好きだと思うから。

 感想が出てこない、書けない。どうしたらいいか。
 ひとつ。今はもう他の人の感想を前もって読むことはなくなったのだが、まずは自由でいいと思う。恐れずに。自分の思ったことを、まず言葉にしてみたらいいと思う。
 ふたつ。私が劣等感を抱いているのは、読む本にしろ、聴く音楽にしろ、接したことのないものがとにかく多い。有名作品でも知らない、接したことがない、接したことはあるけど1回程度…経験値が足りない。とにかく沢山のものに接したい。クラシック音楽は大人になってから聴き始めた。ピアノは子どものころ習っていたけど、熱心ではなかったから、加点にならない。本も知らない作家ばかりだ。私はスタートが他の人に比べて遅いと思っている。だから、まず量を増やす。
 みっつ。言葉の語彙を増やす。多彩な表現ができるように、でもあるし、自分の中にある微妙な感情を、ぴったり当てはまる言葉を多く持っていたい。
 よっつ。「感想を書くため」と意識しない。意識すると出てこない。
 いつつ。関係ない、とバッサリ切り捨てない。どんなものも、どこかで何かしらに繋がっている。その繋がりがわかれば、読み解きも広がり深まり面白くなる。自分の接するものは、全て何かに繋がっている。
 まだありそうだけど、今はこの5つ。

 基準は自分がつくればいい。「こう思った」のなら、それが基準だ。基準はどんどん変化していくと信じて。言葉も、それにつれて変化、成長していく。鍛錬、修行だ。つらいこともあるけど、つらいことだけじゃない。楽しくて、好きだからやっている。つらい気持ちしか出てこなくなったらやめる。もし、そうなったら、このブログもやめる可能性があります。でも、今はそれは考えずに。自分で自分を窮屈にしない、難しくしない、つらくしない。

by halca-kaukana057 | 2018-05-13 23:00 | 日常/考えたこと

耳の渚

 読むクラシック音楽もいいものです。クラシック音楽エッセイを読みました。

耳の渚
池辺晋一郎/中央公論新社/2015

 かつての「N響アワー」、クラシック音楽ダジャレでお馴染みの作曲家・池辺晋一郎先生によるエッセイです。読売新聞夕刊に月一で掲載していたものをまとめた本です。2000年に始めて、2015年の分まで収録。15年。15年でクラシック音楽界も随分と変わりました。その変化も思い出しながら読みました。

 聴いた音楽のこと、知り合った音楽家とのこと、作曲・作曲作品の演奏会でのこと、日本国内や海外のクラシック音楽事情、観た舞台や映画のこと…話題は多岐にわたります。でも、どれも音楽と繋がっている。音楽は様々なもの、この世にあるあらゆるものと繋がっている。それを実感します。

 また、音楽の懐の広さも実感します。朝比奈隆先生が「楽譜に忠実に」指揮することを信条としておられたのに、実際の演奏では楽譜と違う演奏をしていたことに関して、楽譜というものがどんなものか、そして音楽は生もの(なまもの・いきもの)なんだなと思う。「楽譜は絶対の答えではない」。浜松国際ピアノコンクールを聴いた話でも、そんな楽譜をどれだけ読み込んで演奏に反映できるか。
楽譜という不完全なものを超えて、そこに自分の音楽を確立させ、説得力ある主張を貫徹させる(233ページ)

クラシック音楽というと、何かと堅苦しいイメージがあるが、このあたりを読むと、やわらかく懐の広く深いものなのだなと思う。「音楽の父」と呼ばれるJ.S.バッハも、"神格化"されて迷惑だったのではないか、とも。オペラも大きなものだけでなく、小さな「人民のオペラ=フォルクスオパー」をやりたい、と。池辺先生の代名詞「N響アワー」についても語られていて、クラシック音楽はこうあるべき、コンサートには音楽だけがあるべき、という概念を捨て、アットホームな雰囲気を目指した。
棚の上に鎮座している「音楽」をこたつに持ち込んでしまえ。(173ページ)
現役の作曲家の先生がおっしゃるのだから心強い。

 海外のクラシック音楽事情では、ベネズエラのエル・システマとグスターボ・ドゥダメル、フィンランドの指揮者・作曲家、シベリウス音楽院やフィンランドのオーケストラの取り組みも紹介されている。フィンランドクラシック好きとして嬉しい(シベリウスがフィンランドから年金を貰って、晩年作曲をしなかった…と書かれていたのは残念。自己批判が強くなり過ぎて書けなくなってしまった)。そのフィンランドで演奏会を聴きに行った時のエピソードも興味深い。客席には様々な人がいるが、皆聴くことに集中している。「集中の相乗」「芸術の享受」「同じ時、同じ場所に居る者の連帯」(151ページ)…フィンランドの聴衆の音楽の受け止め方が、フィンランドのクラシック界の盛況に繋がっているのかもしれない。

 池辺先生の作曲の話も面白い。同時進行で作品を仕上げるのがいいのかどうなのか。エジプトのオーケストラのために作曲した話。オペラ「鹿鳴館」の作曲。「鹿鳴館」は作曲者の手を離れ、意図を超えて成長しているというのも面白い。作曲家ならではの視点。大河ドラマでも音楽を手がけていた池辺先生。ドラマの音楽の話、そして「音楽にも注目して欲しい」と。大河ドラマの音楽は私もとても重要だと思っています。また池辺先生が音楽担当にならないだろうか。なって欲しい。

 音楽を様々な方向から楽しめるエッセイです。最後に、エッセイではダジャレはあまり出さないのかな…(寂しい)。
by halca-kaukana057 | 2016-03-25 22:23 | 本・読書
 昨年書いたこの記事のこと…答えを書こうと思ったのですが、一度書いたものを消してしまいました。消えたのではなく、消した。自分の心の中にあるものを、言葉にするのを躊躇ってしまいます。
2015 よいお年を、また明日
人前では辛くても隠そう、明るく振る舞おうとしていました。それが出来ない場合は、自分の殻に引きこもる。ネットでは、いつどこにどんな「地雷」があるかわからない、どこからどんなものが飛んでくるかわからない…。それらをひとつひとつ真正面から受け止めてしまって、ひとりで傷ついて…。テレビもネットも携帯もシャットアウトしていることも少なくなかった(中略)
 ブログに書くことも減りました。観たもの聴いたもの読んだもの、思ったこと感じたこと考えたこと。それらをアウトプットするよりも、自分の中だけで完結していいや、別に公にしなくてもいいや、と書かないことも多くありました。ここに書くという意味。


 過去記事を読み返して、似たような思いのものがあったので再掲します。
読解大会、もしくは読解合戦
「優劣」はどこから来る?

 また、音楽を聴いても、感想がうまく出てきません。大好きな作品、例えばシベリウスの交響曲でも、「やっぱり好きだな~」で終わってしまう。そして、芸術作品の「優劣」とは何だろう…わからない。どちらも言葉に出来ずに終わってしまっています。

 以前、こんなことがありました。とある演奏が酷評されていました。「ダメ」「下手」「解釈が違う」「残念だった」…海外でのレビューで、翻訳ソフトなどを使って読んでみた。酷評しこき下ろす、というよりも、こんなもんじゃないだろう?もっとやれるだろう?期待してるから残念だった!という叱咤激励のように読めました…私の外国語読解力が合っていれば。もしかしたら酷評しこき下ろす内容だったかもしれません…。

 しかし、その演奏を私はどう受け止めていいかわかりませんでした。その演奏された作品をあまり聴いたことがないから。どんな演奏が、どんな解釈が「標準」なのか。そのレビューにあるとおり「そうかもしれない…」と思ったが、それはそのレビューを読んだから。読んでいなかったら、または、自分がその作品に関する知識や他の演奏をたくさん聴いていたら、私自身がその演奏にどう思ったか、変わってくると思います。それが出来なくて悔しい。とても悔しいです。

 自分自身の演奏、声楽、歌に関しても、冷静に、客観的に、何が足りないか、どこを直していったらいいか、わからずにいます。発表会の演奏は、動画撮影に失敗してしまった…。毎回のレッスンでの先生の指摘・アドバイスも、その言う通りに歌えているのか、わからない時があります。音楽を言葉で表現するのは本当に難しい…。一対一のレッスンでも難しいのだから、文章にするのはもっと難しい。

 それでも、思ったことを言葉にしよう。どうせ素人なんだし、開き直ってしまえ。いや、素人と自分をいつまでも「甘やかす」ようなことはしてはいけない。自分なりに、わからないことは調べるなり何なり勉強して、表現や語彙も増やして、思ったことを書きたい。そのための力をつけていこう。霧の中にいるような状況ですが、それしかないのかな、と思います。

 何も書かなくなったらどうなるだろう。そんなことも考えることがあります。このブログをやめたら?ツイッターも。表現することをやめたら?ただ、本を読んで、音楽を聴いて、声楽・歌を歌って。ブログを書く時間を他の時間に回せる。更新頻度とか、そんなことを考えなくてもいい。時には、それでもいいかもしれません。

 年始から、こんな記事になってしまいました。
by halca-kaukana057 | 2016-01-05 22:11 | 日常/考えたこと
 久しぶりに声楽レッスンで思ったこと、気づいたこと、感じたことを。

 以前書いたこの記事:伴奏じゃない、ともに奏でること
 この記事ではチェロとピアノ、「チェロソナタ」だけど、ピアノが伴奏だけになっていないことについて書きました。

 コンコーネ50番練習曲も、イタリア歌曲集でも、最近のレッスンでピアノと「一緒に歌う」ことを意識させられています。コンコーネ50番練習曲は全部で50曲あるのですが(ピアノのツェルニー100番・30番練習曲でも、ブルクミュラー25の練習曲でも、タイトルに曲数が出ていますね)、中盤に差し掛かってきました。だんだん難しくなってきています。音の跳躍やリズムも複雑。シンコペーションが苦手だったことを思い知った曲もありました。コンコーネは何が苦手なのかをあぶりだしてくれるいい曲集です(コンコーネ好きですよ~)。

 今取り組んでいる曲に共通していることは、ピアノ伴奏がない箇所が課題だということ。イタリア歌曲集の中でも、他のシューベルトやシューマンなどのドイツリート(先生の許可が下りません…)、様々な歌曲では、伴奏のメロディーと歌のメロディーが一致しない曲が多い。ピアノは休符・お休みしていたり、和音は一応歌のメロディーに合っているのだけどピアノも複雑な演奏をしていたり…。歌曲もオーケストラの協奏曲のような部分があるのだなと感じます。
 ピアノ伴奏がない箇所では、音が取りにくい。音は合っている(ドならド)けど、微妙なピッチが合っていない・揺らいでいることがよくあり、指摘されます。これまで音楽の演奏はピアノだけやってきて、ピアノはドの鍵盤を押せばドの音が出る。ひとつのピッチのドしか出ない。でも、ヴァイオリンなどの弦楽器なら、同じドでもピッチを微妙に変えられる。ドにも範囲がある。声楽も同じように、ドにも範囲があり、微妙に揺らいでいる。この揺らぎは音が不安定になるので、安定したピッチの音を出すことが求められる。ピアノ伴奏がドを出していれば、歌うほうもドの声を出しやすい。でも、苦手な音域…私の場合高い音域や跳躍する音になると、ピッチが揺らいでしまいがち。そこに伴奏がないと思い切り外してしまうこともある。自分では準備をして、「いくぞ」と心の中で思いながら臨むのですが…外してしまうと「ああ、うまく出なかった…」残念です…。

 ピアノ伴奏がない、つまり、歌手の歌のみせどころ。聴かせどころ。強調するところ。自分の声だけで、どう演出するか。どう響かせるか。課題です。
 反対に、前奏や間奏、メロディーの合間などのピアノだけの箇所も、歌っている側はお休みしているだけでない。そこもその音楽、作品。特にメロディーのちょっとした合間は大事にしたいと思っています。
 また、前の記事でも書いた通り、ピアノ伴奏も弾けなくても読めないとダメだなと実感しています。歌のリズムが難しい場合、ピアノ伴奏にヒントがあることが多い。ピアノ伴奏と歌がどう絡んでいるのかも、その曲を読み込み、どう歌うかを決めるポイントになる。ピアノをひとりで弾いてきたのとは違う感覚です。似ているけど、ちょっと違う。

 ピアノはただの伴奏じゃない。歌も伴奏に頼ってばかりでもダメ。そんな課題に今ぶち当たっています。

 あと、声楽に関して思ったことを箇条書きで。
・歌っている時、歌いながら指揮のようなことをしたくなりますwリズムが難しい曲は手で脚を軽く叩きながらリズムを取っていることも多いのですが、声の強弱や質感、雰囲気など、オーケストラの指揮者のように指揮を自分自身にしたくなります。楽譜にも書いているのですが、指揮のようなことをしたほうがわかりやすいかな、と。実際やってみるとハマる。ピアノだと両手がふさがっていたのでそんなことは出来ませんでしたが、声楽なら手は空いています。声楽をはじめて、ピアノだけではわからないことが色々と見えてきました。勿論、家での練習だけで、レッスンではやりませんw無意識に小さく振ってしまうことはあります。あと、オペラのように簡単な振り…手の動き程度のことも入れてしまうこともあります。声楽はより身体でも表現する音楽ですね。

・最近、声楽付きの交響曲や管弦楽曲を聴くことが多いです。声楽付きの交響曲…シベリウスの「クレルヴォ」交響曲(交響曲に入るのか、入らないのか、と論議はありますが)、「ルオンノタール」、マーラーの交響曲第2番や第3番(今まで敬遠してきたのですが、聴くといつの間にか楽しんでいて、聴けるようになってきました!)、グリーグの「ペール・ギュント」の「ソルヴェイグの歌」などなど。声楽付きの古楽、モーツァルトやフォーレ他の「レクイエム」のような宗教曲も。オペラ、オペラアリア抜粋とはまた違う、歌の可能性を感じます。
by halca-kaukana057 | 2015-10-15 23:26 | 奏でること・うたうこと
 少し前から、音楽(クラシック音楽。他のジャンルは気楽に聴けている)を聴いても聴いたものの感想が出てきません。聴いてはいるのですが、聴いているだけ。「いい曲だった」「よかった」このぐらいなら出てくるのですが、「この演奏は~」「この曲は~」という感想が出てこない。初めて聴く曲、馴染みのあまりない曲、それほど好きではない曲は特に。好きな曲、大好きな曲でも、これまで聴いた様々な演奏を聴き比べて「この演奏は~」などと細かく語れない。大好きなはずの曲も、いざ言葉にしようとするとわからなくなる。ちゃんとした専門的な音楽の知識を持っているわけでもない(私にあるのは、ほんのかじった程度)。オーケストラの楽器はやったことがない。オーケストラスコアなんて読めない。難しいことを噛み砕いてわかりやすく、魅力を引き出して語りたい…理想に現実がついていかない。

 以前から、よく思うことがありました。何かを観た、聴いた、読んだ。そのデータ・記録は書いてあっても、感想が書いて無い。そんなブログなどを見ては、「感想は?私はあなたの感想がききたい、読みたいのに」と思ってきました。たとえ、「つまらない」「面白くない」「あまり好みじゃない」「下手」「ここが足りない」…そんなネガティヴな感想だったとしても。それがその人の感想なら、そうなんだな、と受け止める。

 そんなことを思っていた自分が、感想が出てこなくなるなんて…。ただ聴いているだけじゃ駄目ですか?感想が無ければ駄目ですか?そこまで思い詰めてしまいました。
 この時は、体調があまりよくなかった、疲れていた、そのせいもあるだろうと思って、マイペースにのんびりいこう。そのうち感想も出てくるようになる。と、思っていました。でも、そのもやもやの中心が、ようやく見えてきました。

 ここからは、音楽に限らず、本・小説・漫画、ドラマや映画、アニメなども含みます(大風呂敷を広げないように注意しなければ…←自戒)

 感想にも色々ある。「よかった」「好き」「面白かった」「つまらなかった」「好きじゃない」という一言の簡単なものから、細かく詳しく複雑なものまで。感想と言うよりも、「読解」。
 感想が出てこない、というのは、この細かく詳しく複雑な「読解」を出せないからじゃないか、と。上述した音楽を聴いているだけで感想が出てこない話も、「この演奏は~」「この曲は~」という細かく語れない…「読解」にあたる。この「読解」が厄介だと感じている。

 細かく、詳しく、的確な「読解」。気のきいた言葉で、巧みで、わかりやすく、でも深いところまで読んでいる。そんな「読解」は、ツイッターで簡単に探せる。映画やドラマなどテレビ番組の「ハッシュタグ」で、感想がずらっと並ぶ。本なら、ネット通販サイトのレビューがある。私は使ったことが無いが、本の感想を共有するSNSもある。

 うまい、なるほどと思う感想・「読解」を読んで、素直に受け入れられる時はいい。こういう読み方もあるんだな、そこには注目しなかったな、何度も「なるほど」と思う。
 その一方で、自分で感想・「読解」を投稿した後、思いもしなかったうまい感想・「読解」に出くわすと、悔しくなる時がある。自分と大きく見方や意見が異なるもの。言葉の使い方が巧みで、表現のうまいもの。言いたかったけど、うまく表現できなかったことを、さらりとシンプルに表現しているもの。
 自分が悔しいなと思っているだけならそれでいい。が、ツイッターにはリツイート機能、お気に入り機能がある。レビューでも投票のようなものがある。
 数で表される。どのくらい支持されているのか。人気があるのか。同感、共感されているのか。
 その数の多さで、競い合っているように思えてしまった。

 「主人公の気持ちを答えよ」
 「要点を140字以内でまとめよ」
 「この作品のテーマについて答えよ」
 そんな、試験問題を思い出す。国語でよくある問題だが、音楽でも出来ると思う。著者がその問題を読んで、「そんなことは考えてない」と反論することがよくある。試験の外では、主人公の気持ちも、要点も、テーマも正解がひとつとは限らないのは当然のこと。どんな読み方をしたって構わない、自由だ。でも、多く支持された感想・「読解」が正解、のような雰囲気はあると思う。

 また、もし多く支持された感想・「読解」がネガティヴなもの…「下手」「面白くない」「つまらない」「駄作」「プロの作品とは思えない」…などのようなものだと、作品そのものにそんな烙印も押されてしまうように思える。「私は面白いと思っているんだけどな…」そんな感想・「読解」を出しにくくなる。

 SNSに溢れる感想・「読解」を見て、読んで、こんなことを思いました。自分の言葉で語ればいい。リツイートもお気に入りも投票もされなくてもいい。そう思う。でも、今の私は気にしてしまっています。

 正直うんざりしています。異なる「読解」に対して違うと言い合ったり、自分こそ深く読み込めていると言わんばかりに主張し競い合ったり。本当、嫌になってきます。

 なので、ツイッターではなく、ブログに書いています。140字じゃまとめられないというのもある。しばらくの間は
・ハッシュタグには寄り付かない、距離を置く。
・NGワードを設定しておく。極力目に入れないようにする。
・感想はツイッターではなくブログに書く。(あまり人のいないジャンルならツイートするかも)
・難しいことは考え過ぎず、気を楽に。
・気にしない。
・誰がどう思っても、自分はこう思っているんだから仕方ないと割り切る。
・ネガティヴになりそうな時、ナーバスな時はPC・携帯から離れる。目の付かないところに置く。

 という方向で行こうと思います。

 (この間まで、感想書きをがんばり過ぎたせいかなぁ…いや、楽しいからやってましたよ。「面白い」を表現するのは楽しいですし。私の何よりの楽しいと思うことです。
 あと、音楽に関しては、聴いているだけでも別にいいじゃない、とも。音楽作品は、言葉ではない、音楽という表現方法を選んだのだから、何も無理に言葉にする必要もない。音楽に身をゆだねて、「いい音楽だね」それだけでいいような気もする。演奏者はもっと詳しい感想・「読解」が欲しいかも知れないけど…)
by halca-kaukana057 | 2015-03-05 21:57 | 日常/考えたこと

母国語の歌ほど難しい

 最近の声楽レッスンから。これまで、「イタリア歌曲集」1巻(全音の)からイタリア語の歌曲を歌ってきましたが、現在は日本語の歌…誰もが知っている唱歌を歌っています。声楽を選んだ理由のひとつが、NHK教育(Eテレ)「クインテット」で絶妙なアレンジと抒情的・楽しそうな歌声の童謡・唱歌を聴いて、アリアさんやシャープ君のように歌えたらな、という動機でした(とは言え、私の声域はアリアさんのような高さはない。シャープ君より少し高めか?)。今、私が歌っている歌は、「クインテット」では歌われたものではなかったのですが…(ドラマパートの冒頭でさらっと演奏はされました。それで惹かれたという…一体どういう動機だw)

 レッスン前に一人で練習して、レッスンに臨んだら…直されまくりでした。
 まず、発音。母国語だから簡単と思いきや、普通に話す発音と声楽的歌い方の発音は微妙に違う。しかも、これまでイタリア語の歌を歌ってきて、レッスンでも毎回コンコーネ50番練習曲をイタリア語発音の音名(ドレミ)で歌っているので、発音がイタリア語とごっちゃになっているところもあります(滝汗)。歌になると日本語なのに聞き取れない、ということがありますが、明瞭に、でも曲の流れや雰囲気を壊さない歌い方で日本語の歌詞を歌う。出来ているはずのことをまず直されて、驚きました。

 次に、歌詞と曲の流れ。歌詞の言葉の意味、単語のつながり、詩として強調するところ、つなげるところはどこか…。これも当たり前のようですが、何箇所も指摘されてしまいました。
 歌として歌う前に、詩として読み解く。どこがひとまとまりで、強調すべきところはどこか。込められた情景や想いをイメージする、「深読み」する。

 そして、曲が付いて、その曲のメロディーや和音、音のつながりが、詩とどう呼応しているのか。楽譜にブレス(息継ぎ)が合っても、全てのブレスをただ切ればよいのではなく、詩の流れから響かせたまま繋げるところもある。詩の流れがひとまとまりのところはブレスも無く一息で。なかなか苦しい…やったことは無いのですが肺活量勝負の管楽器と同じだなぁ、と感じました。

 ただ美しく歌うだけではだめ、というのも実感しました。
 思えば「クインテット」でも、そんなところに惹かれたのだった。美しく歌うことよりも、詩と曲から何を伝えようとしているのか、歌に込められたものが音楽だけでなくイメージや雰囲気、絵として伝わってくる、そんな歌に惹かれたのでした。
 「クインテット」ではしゃべらなかったアキラさん・宮川彬良さんが、他の番組やコンサートで、詩から情景を読み解き、曲がその詩の魅力や伝えたいことをどう表現しているのか解説「深読み」していましたが、レッスン後、まさにそれだと思いました。

 イタリア歌曲では発音と、激しい感情をたっぷりと表現する歌詞、歌詞は激しくても曲は穏やかだったりする不思議な美しさに難しさを感じていました。が、歌い続けていると慣れてきて、普段なら絶対言わない(言えない)ようなことも外国語だし、情感たっぷりに歌っています。
 一方の日本語、母国語の歌。古語もあるので、勉強する必要はある。だが、何を歌っているのかはわかる。わかるからこそ、ではそれを伝える歌い方とはどんな歌い方だろうか?と考える。より繊細な技術(発声、ブレスなど)も表現も要求される。最初は自分から、「次はこれを歌いたいです」と持って行った曲だったのが、まさかこんなに難しいとは!でも、やはり母国語の歌は歌いたかったので、練習します。



*****
 最後に、声楽関係で最近思ったこと。私は、まだまだオペラという芸術、表現をわかっていない。慣れていない、親しめていない。歌曲や、オペラアリアを単独で歌う・聴くことで精一杯だと感じています。本当に難しい。交響曲(年代・時代や作曲家、作品にもよりますが)よりもずっと難しい。あと、オペラの物語に親しめないのもあるのだろうな…。
by halca-kaukana057 | 2015-02-09 21:19 | 奏でること・うたうこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30