人気ブログランキング |
 前の記事の通り、小惑星探査機「はやぶさ(Muses-C)」プロジェクトマネージャである川口淳一郎先生の講演会に行ってきました。その会場となったホールのそばにパン屋さんがあったのですが、とんでもないものが売ってありました。その名も「イトカワぱん」。「はやぶさ」が向かい、タッチダウンをした小惑星「イトカワ」の形をしたパンだそう…。それは買う、食べるしかあるまい!!というわけで、講演会前に私もイトカワを回収しに行きました。

f0079085_22241942.jpg

「白銀舘」というパン屋さんです。
f0079085_22242671.jpg

 お店の入り口には、川口先生の弘前名誉市民受賞お祝いと、「はやぶさ」やイトカワの画像が。目立ちます。
お店に入ると、すぐ「イトカワぱん」がありました。嬉々として買う私。お店のご主人と少しお話をしたのですが、このイトカワの形を作るのがとても難しいのだそうです。発酵すると、形が変わってしまう。失敗も何度も。それでも試行錯誤を重ねて、この「イトカワぱん」が出来ました。
 「イトカワぱん」の中には、イチゴジャムが入っています。イトカワは”がれきの寄せ集め”とも呼ばれるような、内部はスカスカの構造の小惑星。それをご主人もご存知なのだそうですが、地球なら内部にマグマがあるので、それをイメージしてイチゴジャムを入れたのだそうです。あと、何かを入れないとパンがボソボソして食べにくいとのこと。イチゴジャムは味を引き立てているんですね。


 さて、昨日は買うだけで食べることが出来なかったので、今日食べてみた。
f0079085_22264476.jpg

まさにイトカワの形です。小麦粉をマーガリンでそぼろ状にした岩石を表面にちりばめて、まさにイトカワ。
f0079085_22555738.jpg

あの「Science」の表紙を飾った「イトカワ」の画像にそっくりですよね。(しまった、向き逆だったorz)

f0079085_22344882.jpg

 くびれのあたりに注目。岩石に見立てたそぼろ状小麦粉がない。位置から考えても、ここは「はやぶさ」がタッチダウンした「ミューゼスの海(Muses-Sea)」だ!!私の名前も刻まれたターゲットマーカーも、ここにあります!…実際、パン屋のご主人がここを「ミューゼスの海」と見立ててそぼろ状小麦粉をかけなかったかどうかは確認できませんでした。でも、そういうことにしておこう。再現率高い!


 さて、食べてみた。ふわふわ、ふかふかで美味しい!素朴、シンプルな味です。
f0079085_22395783.jpg

中のジャムはしっとりしていて美味しい。本来のイトカワのように、中はスカスカなパンも食べては見たいですが、味も大事ですものね。ちょうどお腹もすいていたので、ぺろりとたいらげました。

f0079085_2240582.jpg

 微粒子まで食べちゃいました。「イトカワ」のサンプルは、私のお腹の中にありますwご馳走様でした。

 ちなみに、ご主人曰く、この「イトカワぱん」を、弘前市の担当の方を通じて、川口先生に届けたそうです。食べた感想は聞けませんでしたが、川口先生も食べたのだなぁと思うと嬉しいです。さらに、川口先生ご本人か、JAXAの担当の方が、お土産として箱詰めで東京へ持ち帰りたいとのことで、お店に箱詰めしたものが用意してありました。もしかすると、「はやぶさ」チームの皆さんで、「イトカワぱん」を食べているのかもしれません…。喜んでくれてたらいいな。

 「イトカワぱん」は29日までの限定発売。弘前市近郊の方は是非一度ご賞味あれ!

陸奥新報:「イトカワぱん」 1週間限定で販売/弘前

ABAニュース:「イトカワパン」大人気

 次回記事で、講演会詳細レポ書きます。画像と、メモと格闘中です…(嬉しい悲鳴)そして文章とも。内容が濃くて、どんな文章にしたらいいか試行錯誤中です。
by halca-kaukana057 | 2010-08-24 23:07 | 宇宙・天文

夏こそ甘酒

 今年は本当に猛暑ですね…。私の地域は夜になると虫たちの声も聞こえ、涼しくなってきたのですが、まだまだ暑さが続いている地域の皆様、体調はいかがでしょうか。夏バテ、熱中症に気をつけてくださいね。

 さて、最近色々なところで、「夏こそ甘酒を飲もう」という話題を目にしました。twitter,雑誌「暮しの手帖」、テレビなどなど…。甘酒といえば、冬の飲み物だと思っていた。雪が降る寒い夜、甘酒を温めてゆっくりと飲む。しょうがのすりおろしを入れると、さらに身体がぽかぽか温まる。初詣で振舞われていた甘酒もとても美味しかった思い出もあります。その甘酒を、夏に飲むだと?

 甘酒は米と米こうじが原料。これらにはビタミン類や必須アミノ酸などの、多種多様な栄養素が含まれているという。なので、江戸時代は夏バテ防止に、夏に飲まれていたのだそう。かつては夏の飲み物として親しまれていた。へぇぇ。知らなかった。

 というわけで、家に冬に買った缶入り甘酒が残っていたので、それを冷やして飲んでみた。
f0079085_21582073.jpg

 涼しげ感を出そうと、イッタラの「Aino Aalto」のグラスに入れてみた。後ろの「はやぶさ」関連本は、仕様で写りましたw
 冷やした甘酒は美味しいのだろうか…と思ったのですが、美味しかった!ごくごくいけます。甘さや味、食感も温めた時と変わりなし。温めた時はとろりとしているのに、冷やすとさらりとしている不思議。食欲のない時にもこれなら胃に入りそうです(ただしその場合はノンアルコールのものにしないと、逆に胃を弱らせてしまうかな?それとも、微少のアルコールで食欲増進?)

 こんなものも売ってました。
f0079085_2201477.jpg

 夏用冷やし甘酒。さらにさらりとしている感じ。こちらも美味しかったです。

毎日新聞:涼の風景’10年夏:冷やし甘酒 夏バテ防止の自然食 /茨城
 老舗の麹屋さんが、冷やし甘酒を販売。「冷やし甘酒に、冷たいヨーグルト、豆腐、牛乳などをお好みで混ぜるとアイスクリームのよう。」とのこと。何と!健康的涼感和風デザートといったところか。やってみよう…かな。

エキサイトBit:“飲む点滴”甘酒の可能性を考える
 手作りで甘酒。「ジャパニーズヨーグルト」…確かに。

 暑い夏に冷たいビールもいいけど、甘酒もいいよ!
by halca-kaukana057 | 2010-08-17 22:28 | 興味を持ったものいろいろ

iittala × ペプシNEX

 先日スーパーに行き、何気なくペットボトル飲料のコーナーへ。そこで、我が目を疑いました。ご存知フィンランドのデザインテーブルウェアブランド・iittala(イッタラ)。そのイッタラのグラス・カップのミニチュアが、ペプシについている…!!思わず手に取ってしまいました。

PEPSI:CAMPAIGN:iittala KITCHEN MAGNET COLLECTION

 澄んだガラスがシンプルだけれども美しい「Kartio(カルティオ)」、ソーサー付きの「Teema(ティーマ)」、ストライプ柄がおしゃれな「Origo(オリゴ)」の3つのブランドで、4種類の色違い。計12種類。…私の心をわしづかみにしましたね、ペプシさん…。

 とりあえず、1本買ってみた。Origoのブラック。Origoシリーズはまだ買ったことが無く、また、このブラックが最も引き締まったデザインに感じたので。
f0079085_234487.jpg

こんな感じで袋に入ってます。

f0079085_2345467.jpg

こうやって見ると、本物そっくり。実物が手元に無く、大きさ比較できないのが残念。

f0079085_234558.jpg

イッタラの製品には「i」のマークが入っていますが、Origoは底にありました。

 これまでOrigoはあまり気にしていなかったけど、このブラックのストライプの落ち着きがいいなぁ。何色も使っているストライプなのに、派手に感じない。実物を買って使うとしたら、湯のみみたいな感じかな?

 さて、残り11種ですが、ペプシはほとんど飲まないので、どうしようか考え中。気に入ったのだけ買おうか。この1本もまだ飲まずにあります…。炭酸飲料は嫌いではないのですが、最近は暑くて麦茶かスポーツドリンクばかり飲んでます。でも、このまま放置するわけにもいかない。ここはiittalaコラボだけに、今持っているアイノ・アアルトやカルティオのグラスで飲んだら、いいかもしれない。そうしよう。

 ちなみに、マグネットなので、ホワイトボードや冷蔵庫にくっつけて使えます。デスク周りや台所が、少しおしゃれになるかも。


【過去関連記事】
フィンランドデザイン製品の良さを自分で確かめる
 初めてイッタラ製品を買って、使ってみました。「Aino Aalto(アイノ・アアルト)」のグレー。勿論今も愛用しています。触った時、つかんだ時、手になじむんです。
イッタラ、買ったら…?
 今度は「Kartio(カルティオ)」のウルトラマリンブルー。こちらも愛用しています。透明な飲み物を入れると映えます。
北欧に学ぶ、冬を"楽しむ"方法
 北欧の人々の冬の捉え方、付き合い方について。プラス、「Gaissa」を入手。いかにも氷をイメージさせて、猛暑の日にこれで冷たい飲み物(出来ればアルコールw)をぐいっと飲むのにピッタリです。
フィンランドデザインと氷の関係
 アルヴァ・アアルトの「アアルト・ベース」の形をした製氷皿「アイスキューブモールド」で氷を作って、色々なものに入れてみた。氷もデザインするフィンランドデザイン。奥が深い。
by halca-kaukana057 | 2010-08-08 23:27 | フィンランド・Suomi/北欧

南極料理人

 久々に映画DVDを借りてきた。店頭で何となく気になった。きっかけはそれだけでした。


南極料理人 [DVD]
出演:堺雅人,生瀬勝久,きたろう,高良健吾,豊原功補/監督・脚本:沖田修一/バンダイビジュアル/2010


 1997年、南極観測隊の調理担当として、海上保安庁より派遣された西村。西村は7人の観測隊員と、南極大陸沿岸にある昭和基地よりも1000kmも内陸に入った「ドームふじ基地」で約1年間暮らすことになる。標高3800m,年平均気温-45度。ウィルスさえも生存できない過酷な環境で、西村はご飯を作り、食べ、隊員たちと暮らしてゆく…。


 実際に南極観測隊で調理を担当していた、西村淳さんのエッセイ「面白南極料理人」が原作。その本のことは知っていましたが、原作はまだ読んでいません。南極観測隊に関する知識もあまりありません。なので、先入観も前もっての情報も全く無しで観ました。

 とにかく面白かった!上記あらすじを読むと、シリアスな映画のように思われるかもしれませんが、基本はコメディ。とにかく笑えます。西村を含む8人の隊員たちの、南極ドタバタライフ。研究者は気象や雪氷の観測・調査をして、その他医療や通信、車両担当者はその仕事をする。また、雪の塊から水を作る。水は貴重な資源なので、無駄遣いは禁物。外は全てのものが凍ってしまう酷寒の世界。極夜の時期を迎えれば、一日のほとんどの時間は闇に覆われる…。そんな厳しい環境で、くじけてしまうこともある。離れて暮らす家族や恋人のことを思って、寂しさに襲われることもある。けれども、隊員たちは麻雀や雪上野球に興じたり、誕生日を祝ったりして楽しんでいる。毎日のちょっとした出来事を楽しんでいる姿が、とてもさわやかでコミカルだ。何度腹を抱えて笑ったことか。こんなに笑った映画は久しぶりに観た。

 そして、西村の作る毎日のご飯。南極の基地で食べるご飯は、宇宙食のようなものかと思っていた。基本は冷凍品、缶詰、乾物。でも火が使えるので、煮たり焼いたりの調理はできる。そんな食材を駆使して、西村の作る料理の美味しそうなことといったら…!!仕事の昼ごはんに食べるおにぎりと、湯気が立ち上る豚汁の温かさ。刺身や中華料理もある。また、冬至にあたる「ミッドウィンター祭」では、スーツでワインつきの高級料理を味わう。前の隊員が残していった伊勢えびをどう料理するかで揉め、その結果には…これまた爆笑。この映画の料理に関しては、フードスタイリストの飯島奈美さんが監修。あの「かもめ食堂」の料理も監修された方です。通りで美味しそうに見えるわけだ。納得です。

 食に対する隊員たちの情熱がものすごい。昼ごはんの時間、我先にと雪原を走っていく姿や、猛烈な勢いで中華料理をほおばる姿。そして、任期途中で無くなってしまったある食材で、隊員たちの心が乱れてしまうのも。日本で普通に生活していれば、スーパーやコンビニに行けば食べ物はすぐ手に入る。しかし、南極の、しかも沿岸から離れた「ドームふじ基地」ではそうはいかない。無くなってしまったらそれで終わり。人間、食べ物への情熱というか、執念には恐ろしいものがあると実感しました…。それでも、精一杯仕事をして、美味しいご飯を食べ、また元気を出して働き、生きる。それは、日本でも、南極でも、さらに南極と同じような厳しい環境である宇宙でも変わらないのではないかと感じました(それゆえ、宇宙食も「宇宙日本食」のような美味しくてバラエティに富んだものになってきていますし)。「おいしいものを食べると、元気が出るでしょ」という西村の言葉は、どこへ行っても変わらないのだろう。美味しいものの力は偉大です。

 8人の隊員たちも個性的で、観れば観るほど魅力的です。一見髪はボサボサ、髭も伸びっぱなしのおじさんたちですが、極地での仕事・観測・研究にいそしみ、時に子どものように無邪気にはしゃぐ姿は素敵です。調理担当が主人公なので、料理のシーンが多いのは仕方ないですが、氷柱のボーリング調査のシーンに釘付けになってしまいました。これで大昔の地球の環境がわかるのだなぁ…と。基地のあちこちに張ってある注意書きにも注目です。だが、元気なことばかりじゃない。心が折れる時もある。それでも、任期が終わるまで帰れない。人間の強さ、たくましさも感じました。冒頭の、「お前が強くなるしかねえんだよ!」という言葉が胸に響きました。ただ、この言葉は別の意味も含んでいるのですが…w

 何だかんだと書きましたが、言葉で説明するより、観たほうが早いです。笑えます、泣けます、お腹がすきます。ただ、空腹時や、夜、特に夕食後に観るのはオススメはできません。危険です。お腹が減って、精神衛生上よくないです。私も観ている間、お腹が減ってお菓子を食べずにはいられませんでした。


映画「南極料理人」オフィシャルサイト
ほぼ日刊イトイ新聞:堺雅人さんと、満腹ごはん
 西村役の堺雅人さんと糸井重里さんの対談。プラス、飯島奈美さんと同じくフードスタイリング担当の榑谷孝子さんが美味しい料理でおもてなし。
by halca-kaukana057 | 2010-05-10 22:56 | 興味を持ったものいろいろ
 突然ですが、豆乳が好きです。お豆腐や納豆など大豆食品そのものが好きです。近頃、スーパーに行くと面白い味の豆乳を見かけます。バナナ味や麦芽コーヒー、抹茶あたりは昔からありましたが、最近のあまりの味の多さに驚きました。

f0079085_2251683.jpg

まず、チョコレート味。「豆乳仕立て」とあるので、豆乳よりもチョコレートドリンクという位置づけなのでしょうか。まさにチョコレートドリンクでした。豆乳の味は一切しません。おやつにピッタリです。

f0079085_22531288.jpg

それ以上に度肝を抜かれたのがプリン味。パッケージまでプリンのデザインですw味は…やっぱりプリンでした。紀文さんからは、他にもマロン味やココア味、いちごミルク味など様々な味が出ています。マロンとココアは一緒に買ってしまったので、また飲んだら追記します。

 私は豆乳の独特の風味はあまり気にならないのですが、苦手な人は気になると思います。そんな人でも豆乳を飲めるように、楽しめるようにしたいとの、メーカーさんの願いなのでしょうか。色々な味が出ていると楽しくなるので、「いいぞもっとやれw」と思ってしまいます。

 ネタ切れで書くことが無かったので、食べたもの(飲んだもの)日記でした。

【追記】
 予告の通り、マロン豆乳です。
f0079085_201436.jpg

 パッケージに「モンブランケーキをイメージした」とあります。確かにモンブランの味です。ケーキを食べたいけどダイエット中の方、是非どうぞ。1本(200ml)95kcalです。

次はココアの予定です。(まだ続く)

【さらに追記】
 最後はココアです。
f0079085_21512753.jpg

 やっぱり豆乳の独特の風味は無く、ココア味でした。ビタミンDが強化されているようです。

 以上でした。
by halca-kaukana057 | 2010-03-17 22:57 | 興味を持ったものいろいろ
 「味楽る!ミミカ」が終了し、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」が始まってからもうすぐ1年。それなのに、今まで「まいん」の料理を一度も作ったことがありませんでした。「ミミカ」は1週間で一品でしたが、「まいん」は1週間のテーマは決まっていてもその日ごとに違う料理が出てくる。料理の数が多くて、なかなか作る気になれませんでした。でも、そろそろ何か作りたい…と思ったので作りました。今週木曜放送の「バナナチョコパウンドケーキ」。まいんがまいんパパ・おさむから教えてもらったお菓子です。

 では早速…といきたい所なのですが、今回、レシピを改変しました。番組では薄力粉とベーキングパウダーを使いましたが、ベーキングパウダーが家になかったのと、買ってもあまり使わないので、両方が既に混ぜてあるホットケーキミックスを使います。さらに、チョコチップも意外と高かったので(爆)、板チョコを砕きました。ということで、まいんのレシピをベースに、私が少し改変したレシピです。

【材料】
・バナナ:1本
・無塩バター:100g(ケーキ用マーガリンでもOK)
・砂糖:70g
・たまご:2個
・ホットケーキミックス:100g
・チョコチップ:40g(板チョコを砕いたもの:1枚分)

【作り方】
作る前に、バターを冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。

1.バナナを切ります。1~2cmぐらいの大きさのいちょう切りに。

2.バターをボウルに入れ、泡立て器を使ってよく練ります。
バターが硬いうちは泡立て器にくっついて練りにくいですが、辛抱強く!
バターを切って細かくしておくと、さらに練りやすくなります。
マヨネーズぐらいの硬さになるまで練りましょう。
f0079085_2155460.jpg

バターが硬いと出来上がりに影響するので、しっかり練りましょう。

3.砂糖を練ったバターの中に入れます。さらによく混ぜます。砂糖がダマにならないように。

4.溶いたたまごを少しずつ入れます。一気に入れると分離してしまうので、少し入れたらよく混ぜて、また少し入れて…と繰り返します。
もし、分離しそうになったら、ホットケーキミックスを大さじ1入れてよく混ぜてください。

5.ホットケーキミックスを入れ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで、切るように混ぜます。
f0079085_21574655.jpg


6.バナナとチョコチップを入れ、また切るように混ぜます。
f0079085_2205840.jpg

このあたりで、オーブンを180℃に予熱しておきましょう。

7.生地を型に流します。
f0079085_222396.jpg

型をトントンとテーブルに打ち付け、空気を抜きます。

8.180℃に予熱しておいたオーブンで、40分ほど焼きます。

9.焼きあがったら、型を外し冷まします。
f0079085_2235846.jpg

美味しそうに焼けました。

10.冷めたら切って盛り付け。
f0079085_2243631.jpg

できあがり!!

 番組ではバナナとチョコが均一に交じり合っていましたが、私のは下に沈んでしまいました。やはりチョコチップを素直に使った方がよかったのかな?

 味は、バナナとチョコがうまく絡んで美味しかったです。ホットケーキミックスにも砂糖が入っているので、番組のレシピよりも砂糖の量を減らして正解でした。パウンドケーキ型は、100均の使い捨てのを使ったので、重さで広がってしまいあまりきれいな形とは言えず…。100均の紙製のでも十分ですが、ステンレスなどの金属製のものがあればそれを使ったほうがいいです。今はテフロン加工のものもあるんですね。

 来週はバレンタインなので、そのプレゼントにもどうぞ。女性は勿論のこと、逆チョコをあげようかと迷っている男性の皆様にもお勧めします。むしろ、バターを練る時に力が要るので、男性向きだと思うんだ。溶きたまごを加えるところで、少しずつ加えて分離しないように気をつければ、難しいところはありません。

 さぁ、みんなも作ってアラモード♪
by halca-kaukana057 | 2010-02-07 22:26 | Eテレ・NHK教育テレビ
 久々に作ってみたネタです。世の中はすっかりクリスマス。寒い季節になると、欲しくなるのが温かい飲み物。フィンランドには、「Glögi(グロギ、グロッギ)」という冬、特にクリスマスシーズンに飲まれるホットドリンクがあるのだそうです。ホットワイン(グリューワイン)はヨーロッパではポピュラーな飲み物。フィンランドでも飲まれますが、アーモンドとレーズンが入っているのがフィンランド流らしい。フィンランドでは勿論手作りもされますが、瓶に入っているものをそのまま温めるだけのものや、入れる香辛料のセットが売っているのだそうです。そういうものは、私の周りでは見当たらない。日本にあるもので作れないのだろうか。と色々検索してみたところ、作れるようです。ただ、検索した結果、使われている材料がそれぞれ異なる。どうやら、各家庭によってレシピが異なるようだ。日本のお味噌汁やカレーのように(多分)。ならば、それらのレシピを参考に、自分なりのグロギを作ってみよう。というわけで、作りました。


【材料】*分量は、お好みで調節してください。
・赤ワイン
・レーズン(干しブドウ)
・アーモンド
・クローブ
・シナモン(クローブとシナモンは粉でもOK)
・しょうが(すりおろしたものでOK)
・砂糖
・レモンの輪切り(防腐剤が皮にかけられているので、国産がベター。輸入ものなら、よく洗って)

【作り方】
1.材料全てをお鍋に入れ、5~10分、沸騰しないように温める。
2.ワインに香りがついて、温まったら、出来上がり。

f0079085_22154168.jpg

Kippis!/乾杯!

 飲んでみた。とても温まります。寒い冬にピッタリです。レーズンとアーモンドはスプーンですくって食べてください。ワインの味がしみ込んで、とても美味しいです。アーモンドはおつまみ感覚で食べられます。これは癖になりそう。またレシピをアレンジして作ってみたい。

 お酒の苦手な方や、お子様にはカシス(ブラックカラント・黒すぐり)やブルーベリーなど、ベリー系のジュースでも作れます。私も、今回グレープジュースを少し入れました。

 以上、私独自のレシピで作りました。本場フィンランドのレシピで作ったのも飲んでみたいな。輸入食材店で、香辛料セットが売っていないかなぁ。きっと今頃、フィンランドのあちこちでグロギが飲まれているに違いない。外は雪が降って寒い。温かい家の中で、グロギを飲みつつ、家族とゆっくりとした時間を過ごしているのかもしれない。

 とても簡単なので、寒い日に是非どうぞ!みんなも作ってアラモード♪(番組が違うw)

 それでは、楽しいクリスマスをお過ごしください。Merry Christmas! Hyvää Joulua!


 レシピは以下のサイトを参考にしました。ありがとうございます。
メルのメモ:フィンランドのクリスマスワイン
Kippis!:Glögiで温まりましょ~♪
makon makoisia herkkuja:グロッギのエキス作り
北極星を真上に見上げて:寒い季節にグロギをどうぞ
scope:iittala / Tsaikka ホルダー付グラス
by halca-kaukana057 | 2009-12-24 22:40 | フィンランド・Suomi/北欧
 以前、「パイの実」が7月22日の皆既日食に関連した期間限定版「塩バニラアイス味」を出していましたが、日食限定版第2弾が出ました。早速買ってきたよ。

・以前の記事:パイの実×7.22皆既日食
ロッテ:ニュースリリース:子どもたちに空を見上げる楽しさを! パイの実日食企画第2弾! 『パイの実〈黒砂糖のブリュレパイ〉』 2009年7月7日(火)から全国で期間限定発売

 今回は表面上部を黒砂糖でコーティング。皆既日食時の黒い太陽をイメージしたそうです。そうなんだ…。何はともあれ、中身を見てみよう。

f0079085_215552.jpg

パッケージ表。黒砂糖のブリュレパイ味。

f0079085_2163730.jpg

箱側面。世界天文年「めざせ1000万人! みんなで星を見よう!」報告サイトの携帯版へアクセスできるQRコードが印刷されてます。携帯サイトがあったんだ…(知らなかった)。ということは、報告後の証明書も、携帯版があるんだろうか?今度、携帯でも報告してみようかな。

f0079085_21101976.jpg

箱裏面。第2弾では流星について書いてあります。日食に関しては第1弾で解説したので、今度は夜の星も見てみようということか。いいねぇいいねぇ。「世界天文年2009」の解説とロゴマークも、勿論ついてます。

f0079085_21125591.jpg

食べてみた。黒砂糖の甘さが際立っています。美味しい。でも、個人的には第1弾の塩バニラアイス味の方が好き。表面に降りかけられた塩と、中のホワイトチョコの甘さが絶妙にマッチしてた。第1弾もまだ売っているお店があるかも。食べ比べてみてね。

 と言うことで、第2弾も天文ファンホイホイな内容でした。日食観察のおやつはパイの実で決まりかな?

 いや、天文関連のお菓子はパイの実だけじゃないぞ。
f0079085_212264.jpg

 「夏チロル」。パッケージを見てホイホイされ、買ってしまいました。中身はココナッツ、アセロラ、レモンの3種類。個包装には、12星座今年下半期の占いも書いてます。なかなか美味しいです。「コアラのマーチ」七夕バージョンもあったらしいのですが、見つけられませんでした…。天文関連のお菓子で、天文を身近に感じられたらいいなぁと思う今日この頃でした。

その他天文ネタ 【続きを読む】
by halca-kaukana057 | 2009-07-11 21:47 | 宇宙・天文

パイの実×7.22皆既日食

 ロッテの「パイの実」が、7月22日の皆既日食に関連した期間限定版を出していると聞いて、買ってきた。本当はもっと以前に買って食べていたのだが、記事にするのが遅くなってしまった。

ロッテ:パイの実シリーズ
ロッテ:ニュースリリース:~子どもたちに空を見上げる楽しさを!皆既日食とパイの実が融合!~『パイの実〈塩バニラアイス〉』2009年4月21日(火)から全国で期間限定発売

 「パイの実」の生地上部表面が太陽に似ている、ということでこの企画が実現したんだそう。似ている…かなぁ?まぁ、気にしないことにして買ってみた。
f0079085_21354964.jpg

パッケージ表。塩バニラアイス味。

f0079085_21364934.jpg

注目すべきはパッケージ裏。

拡大してみましょう。
f0079085_21372456.jpg

皆既日食の説明と、「世界天文年2009」の説明。これで「世界天文年」のアピールもばっちり!!

f0079085_2138336.jpg

 皆既日食が見られるのは、国内では鹿児島県トカラ列島や屋久島・種子島・奄美大島など。その他の地域では部分日食が見られます。私も含め皆既日食が見られる場所には行けない人も、部分日食で楽しみましょう!月のように欠けた太陽を見るのも、なかなか興味深いものですよ。
アストロアーツ:【特集】2009年7月22日皆既日食:部分日食を観察しよう

 さて、中身のパイの実の味ですが、表面に塩がかかっていてほんのりしょっぱく、中のチョコはほどよく甘く。なかなか美味しいです。7月には皆既日食にちなんだ期間限定版第2弾が出るんだとか。そちらも楽しみです。

 尚、「パイの実」と日本宇宙少年団(YAC)でコラボして、種子島で皆既日食体験ツアーを実施するのだそう。
ロッテ:パイの実 皆既日食体験キャンプ
 参加できるのは小学5年生~中学3年の子どもたち。大きなお友達はダメですか、そうですか…。日食を見て、種子島宇宙センターを見学して、夜は天体観測(種子島の空は澄んでいるに違いない)…最高じゃないか。応募締め切りは6月19日。まだ間に合います。

 ということで、パイの実を食べつつ、7月22日の日食に備えることにします。まずは晴れないと話にならない。晴れるといいな。あと57日。また近くなったら日食関連記事を書きます。
by halca-kaukana057 | 2009-05-25 21:56 | 宇宙・天文
 気楽に書くブログ第2弾。スーパーでこんなものを見つけました。
f0079085_22591085.jpg

 チロルチョコが…大きい。しかもゴールド。中身は?
f0079085_22595766.jpg

 チロルチョコいっぱい!!チロルチョコ、大好きです。バレンタインのチョココーナーにありました。勿論、自分用チョコで買いました。少しずつ食べるのが楽しみです。

*****

 今日はバレンタインデー。女性が好きな男性にチョコレートをあげる…というのもありますが、私はもっと広く捉えていいと思っています。家族へ。友達へ。お世話になっている方へ。職場の上司や同僚、後輩へ。今は男性から女性にあげる「逆チョコ」なんてのもあるし、自分用チョコもある。感謝の気持ちを、チョコレート等で表現して、プレゼントする日。そんな日だと考えてもいいと思います。私はそんな感じでやってます。

 このブログを読んでくださっている皆様へ。ご愛読ありがとうございます。拙い文章ですが、私の好きなものや、感じたこと・考えたこと、「楽しい!」「面白い!」と思ったことなどをこれからも表現し、より楽しめたらと思います。ただ、あまり期待されても困るので、これからもマイペースに書いていこうと思っています。
 感謝の気持ちをこめて。ありがとうございます。
f0079085_23104681.jpg


 本当は、イラストを描こうと思ったが間に合わなかったよ…。
by halca-kaukana057 | 2009-02-14 23:13 | 日常/考えたこと

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30