タグ:Exp.32/33 ( 7 ) タグの人気記事

 今日、4ヶ月の長期滞在を終えて、星出彰彦宇宙飛行士が帰還しました。お帰りなさい!

 まず、ここ数日の星出さんのtwitterでのツイートを引用します。

○11月17日
 明日の帰還に向け、準備中。 Preparing for our return tomorrow. http://t.co/CFt52Oi2
posted at 19:43:51

○11月18日
 ソユーズの窓から見える景色。4ヶ月前にISSに戻ってきたときに見たまま。同じ景色を見ながら、明日、出発する。 http://t.co/MmKWKm5d
posted at 00:26:14

 昨夜は、作業の合間に流星群を見に窓まで。短い時間でしたが、流れ星を5つほど見ることができました。先ほど日本上空を通過。
posted at 10:43:49

 みんなのきぼう。3回目の船外活動中に撮影。 Our HOPE. Taken during our 3rd EVA. http://t.co/ZxTTciiw
posted at 23:17:05

○11月19日
 あと数時間で、ISSを離れ、地球に戻ります。この4ヶ月の滞在中応援・支援して下さった皆さん、ありがとうございました。この美しい惑星に生まれて、よかった。 http://t.co/wFnAkagA
posted at 01:32:08

 「みんなのきぼう」の画像、そして今日のツイートの文面と画像が感慨深いです。ISSでの日々を名残惜しんでいるかのよう。

 さて、今日の帰還。ちょうど仕事が休みで、ゆっくりと観られました。ラッキーです。

 日本時間朝7時26分、星出さんたちの乗ったソユーズ宇宙船がISSから分離、離脱。
f0079085_22175090.jpg

 離れてゆくISSを、ソユーズから。暗いですが、その大きさはわかります。画面のキリル文字も相変わらず、かっこいい。

 その後、10時56分ごろ、カザフスタンに着陸。着陸の時は映像が無いので、着陸確認のコメントを待つ。この間、ドキドキします。そして、確認!
f0079085_2220769.jpg

 ロシアの管制室、着陸を確認したとの画面。ロシア語読めない…。

 着陸確認をしても、今度は現地からの映像が来るまでも時間がかかる。のんびりと待っていたら、11時20分ごろ来ました。カザフスタンは雪、とても寒い。でも星出さんたちクルーも皆元気そうです。
f0079085_22221798.jpg

 毛布に包まって、笑顔の星出さん。よかった。お帰りなさい!

JAXA:星出宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(31S/TMA-05M)の帰還について
JAXA:
ソユーズ宇宙船(31S)着陸!(2012年11月19日)


 星出さんの長期滞在は4ヶ月。これまでの野口総一さんや古川聡さんに比べると短い方です。しかし、内容が濃かった。日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」3号機を把持、結合、分離。日本人宇宙飛行士が日本の補給船を迎えることが出来たのがとても嬉しかった!小型衛星放出実験、メダカの実験と新しい実験も。アメリカ「スペースX」社の「ドラゴン」宇宙船も迎えました。そして3回にわたる船外活動。トラブルもありましたが、乗り越えてミッションコンプリート。他にも、アニメ「宇宙兄弟」で、ISSからアフレコなんてのもあったなぁ。ミッション盛りだくさんの4ヶ月でした。お土産話をたくさん聞きたいですね。

 個人的には、ISSをあまり目視・撮影できず残念。天候が悪かったり、自分の体調が芳しくなかったり。でも「こうのとり(HTV)」3号機を目視・撮影できたのは本当に嬉しかったなぁ。
・7月22日:ISSに向かって「こうのとり」の飛翔

 今後、星出さんはアメリカ・ヒューストンに戻ってリハビリを始めます。帰還後ツイートも楽しみです。


 最後に、こんな記事を見つけました。
BLOG 未来館のひと:
私たちはなぜ宇宙を目指すのか? ~特別企画「〇〇だから宇宙開発するんだ!」結果報告~

 毛利衛さんが館長を務める日本科学未来館のブログ。特別企画「〇〇だから宇宙開発するんだ!」の結果報告。参加者の方々の答えを見ると、「宇宙から地球を見たい」「新しい景色を見たい」「行ってみたい」などの「好奇心」系の答えが多数。「人類は先に進んでゆく生き物」などの「進化系」や、宇宙へ挑戦する内容も。
ここで皆さんに今一度聞いてみたい質問があります。今回のお題では、宇宙開発を続けようとする原動力として好奇心というご意見が多数ありましたが、そもそも私たちの宇宙への好奇心は、どのようにして生まれるのでしょうか。

 私自身も「宇宙という未知の世界を見たい、行ってみたい」「宇宙から地球を見たい」「もっと先へ行きたい」という「好奇心系」の答えを考えました。また、このブログでもよく書いているように、「これから、宇宙は地球での暮らしの延長線上にあると思うから」とも。
 とはいえ、まだまだ自分自身の考えには甘さや隙があると思う。この方向性・視点からの考え方は思いつかなかった。自分にも問うてみたい。私は、何故宇宙に好奇心を抱いているのか。何故、宇宙に興味があるのか。…哲学のようでもある。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-11-19 22:48 | 宇宙・天文
 昨日の記事で書いた、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」からの小型衛星放出実験は、昨日23時過ぎから始まりました。私は寝てました。
・昨日の記事:「きぼう」小型衛星放出実験 スプートニクから55年目の夜に

JAXA:「きぼう」から小型衛星を放出
マイナビニュース:ISSの日本実験棟「きぼう」から超小型衛星5機を放出に成功

 星出彰彦宇宙飛行士が「きぼう」のロボットアームを操作し、小型衛星を2回に分けて放出。放出は無事成功しました。
ISS Update - Oct. 4, 2012

 JAXAで動画が無いので…NASAによるものを。放出時の動画があります。青い地球をバックに、ロボットアームの先端からぽんぽんと小さな衛星が飛び出してゆきます。

 今後は各衛星ごとの実験・運用に注目。
AFPBB NEWS:見えるかな、宇宙からのメッセージ 手のひらサイズの日本の衛星
ZAKZAK:衛星からメッセージ 世界初の実験、双眼鏡で見えます!
 福岡工業大学の「FITSAT-1」(愛称:にわか衛星)。LEDライトでモールス信号を送ることが出来ます。実験は11月に行う予定。双眼鏡で見えるらしい…。と言われたら、チャレンジしたくなっちゃうじゃないですか。


 さて、このニュースを今朝観ていたら、次にこのニュースが。
JAXA:油井亀美也宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について

NHK:油井さん宇宙へ 日本人で10人目
NHK:油井飛行士 初飛行へ意気込み
↑フライト決定後の記者会見

 5期生の油井さんが初飛行決定です! ISS第44/45次長期滞在として、2015年6月ごろから。おめでとうございます!!5期生の3人からは初めて。同じく5期生大西さん、金井さんのフライト決定も待ち遠しいです。
Twitter: 油井 亀美也 Kimiya.Yui ( @Astro_Kimiya )
 と言うことで、今後も油井さんのツイートが楽しみです。毎日、訓練のこと、語学のことなど何かしらのツイートをしている油井さん。毎日こつこつと頑張っていらっしゃる。油井さんの姿勢を見習いたい。
 ところで、そろそろ若田光一宇宙飛行士もツイッター、始めないかなぁ。飛行は来年末ごろ。ISSのコマンダーとなる若田さん、訓練のこと、コマンダーとしてのこと。始めたら即フォローするんだけどな。

 最後に、油井さんもソユーズ宇宙船でISSへ向かうわけですが、ソユーズ名物の無重力になったことを確かめるぬいぐるみは、カメさんと予想。希望。油井さんの名前に「亀」の字があることから、ご本人も「宙亀」、NEEMO訓練の時は「海亀」と仰っていたのにちなんで。そのぬいぐるみは油井さんの長期滞在中、「きぼう」に飾っておくとかどうだろうw …どうでもいい思い付きでしたw(少し前から考えてはいましたw)
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-10-05 22:06 | 宇宙・天文
 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の星出彰彦宇宙飛行士。順調にミッションをこなし、長期滞在も折り返し地点を過ぎました(帰還は11月21日の模様)。

 そんな今夜は、星出さん、そして「きぼう」での一大実験があります。宇宙輸送船「こうのとり(HTV)」3号機に載せてISSへ運んだ、日本の大学などが作った超小型衛星を、いよいよ宇宙空間に放出します。

JAXA:「きぼう」日本実験棟からの小型衛星放出ミッション
マイナビニュース:【コラム】大塚実の月刊宇宙開発1 JAXA、国際宇宙ステーションから放出する超小型衛星5機をプレス公開
 ↑超小型衛星をプレス公開した時の記事。1機ずつ詳しく解説があります。

NHK:超小型衛星を星出さんが放出へ
NHK解説委員室ブログ:くらし☆解説 「はばたけ!超小型衛星」
 ↑NHKの室山哲也解説委員による、超小型衛星についての詳しい解説。

 これまで、ISSから超小型衛星を放出したことはありましたが、その時は宇宙飛行士が船外活動をして、手で投げる(!?)形だったそう。今回は、「きぼう」のエアロックに超小型衛星を入れたケースを置き、「きぼう」のロボットアームでつかみ、エアロックから取り出す。その後、所定の位置からばねを使って、超小型衛星をポンポンと放出します。船外活動をする必要が無く、準備も楽で簡単。そして何より、ロケットに相乗りする形よりも、衛星にかかる震動などの負担が軽く、打ち上げ機会も増える。費用も従来の衛星に比べると安価。大学で学生さんが実験のために衛星を作って実際に宇宙に飛ばしたり、企業がビジネスのために作って飛ばしたり。これまでよりも門戸も広く、衛星の目的も多岐に渡る。今までよりも、”楽に”衛星を作って宇宙へ飛ばせるのが最大の魅力。今回放出する衛星たちも、高速データ通信やLEDでのモールス信号発信、カメラで地球を観測などなど。和歌山大学、東北大学、東京大学が合同で開発した「RAIKO」はすべてのミッションが終わると、スペースデブリを増やさないためにも早めに大気圏再突入しようと、ポリイミド製の薄膜セイルを展開して空気抵抗を増やし、大気圏再突入を早められる実験も。どの衛星も個性、創意工夫に溢れていて、放出してからのミッションも楽しみです。

 放出実験は今夜23:10から。JAXAで生中継します。
小型衛星放出の模様をライブ中継
 第1部と第2部に分かれています。第2部は日付変わって午前0:25から。遅い時間なのが残念…私は寝てます…。夢の中でミッション成功を願っています!

 この放出実験は、星出さんの船外活動が増えたことや、ISSにデブリが近づいていた(でも問題なかった。よかった。)ことにより、予定より延期されていました。
 今日10月4日は、スプートニク打ち上げの日(1957年)。55周年です。10月4日、スプートニクというと、映画「遠い空の向こうに(原題:October Sky)」を連想します。スプートニクの可視パスを目視したアメリカの高校生が、ロケットを作ろうと仲間たちと奮闘する。この映画の原作である「ロケットボーイズ」の筆者、ホーマー・ヒッカム・Jr氏は後にNASAのロケット技術者になります。そう、ヒッカム氏の自伝であるこの作品。スプートニクから55年の夜に、小型衛星放出実験が行われることが、何かの縁のように感じてしまいます。スプートニクの光を観てロケットを作り始めた少年がいたように、今夜の小型衛星放出実験を観て、人工衛星を作りたい、宇宙へ行きたい…と宇宙を志す子どもたち、若者たち(大人、若くなくても勿論!)がいるかもしれない。いて欲しい。そして、宇宙と私たちの日常の距離、日常の延長線上にある宇宙が更に短くなって欲しいと切に願っています。

遠い空の向こうに

ジェイク・ギレンホール / ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


 ちなみに、この映画は音楽もいい。サントラも持っているのですが、今日のBGMは勿論このサントラです。

ロケットボーイズ〈上〉

ホーマー ヒッカム・ジュニア / 草思社



 ISSの可視パスを最近観ていない。というのは未明・早朝のため起きれない…。明日未明3:39ごろ、可視パスがあります。起きれないのも問題だが、お天気があまりよくないのが問題。晴れていたら、観てみてね。超小型衛星も見えるのだろうか…?(「やってみなくちゃわからない」by「大科学実験」)
JAXA:「きぼう」を見よう
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-10-04 22:39 | 宇宙・天文
 昨日書いた、星出彰彦宇宙飛行士の2回目の船外活動(EVA)。あれから、6時間28分にわたり作業をしていました(すみません、私は途中で寝ました…)。

JAXA:星出宇宙飛行士、作業を完遂して船外活動を終了(2012年09月06日)
アストロアーツ:http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/hoshide/news/120905_eva_end.html

 問題のボルトも、取り外し成功。その後、前回うまくいかなかった取り付けを今度こそ成功させるため、付着していた金属粉を取り除くことに。その時使われたのが、なんと電動歯ブラシ!?ボルトを回す機械に歯ブラシをつけて、磨きます。見事きれいになり、ボルト取り付けも完了。よかった…!

 なお、地上では、ボルト問題を何とかすべく、検証作業が行われていました。
NVS宇宙科学チャンネル - ニコニコチャンネル:星出宇宙飛行士の追加船外活動(EVA)について
 まさに、星出さんとサニータさん、ISSの宇宙飛行士の皆さん、地上の管制や様々な作業・バックアップを担当された皆さんの協力無しでは出来なかった作業。ボルトが締まった瞬間、管制では拍手が起こったそうです。その場面を観たかった!

 その後、ロボットアームについているカメラを交換する作業などをして、予定していたミッションすべてを完了しました。お疲れ様でした!

 中継は途中まで観ていましたが、ロボットアームの先端に乗った星出さんのヘルメットのカメラからの地球の青に惹かれました。こんな目線で、こんな光景を観ながら(勿論、魅入っている暇はありませんが)作業しているんだなぁ。

f0079085_22334551.jpg

 ロボットアームに乗って、作業場に向かう星出さん。NASATVより。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-09-06 22:38 | 宇宙・天文
 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の、星出彰彦宇宙飛行士。8月30日、初めての船外活動(EVA)を行いました。星出さんにとって初めての船外活動。日本人では、1997年のSTS-87・土井隆雄さん、2005年STS-114・野口総一さんに続く3人目。ISS長期滞在では、星出さんが初めてです。

 30日の船外活動では、電力切り替え装置(Main Bus Swiching Unit: MBSU)の交換が厄介なことになってしまっていました。機械でボルトを取り外し・取り付けするのですが、そのボルトが回らない!なかなか取り外せないし、取り付ける時もボルトを締められない。宇宙では予想外のことが起こるものですが、困ったものです…。

JAXA:星出宇宙飛行士、船外活動を終了(2012年08月31日)
NVS宇宙科学チャンネル:8月30日の星出宇宙飛行士の船外活動と 電力切替装置(MBSU)の状況:
↑宇宙関係の生中継ではお馴染みのネコビデオビジュアルソリューションズ(NVS)による記事。とてもわかりやすいです。

 星出さんご自身も、EVA終了後にこのようにtwiiterに。
残念。装置のトラブルにも、地上含めチーム一丸となって対応したのに、船外活動での機器交換の完了は持ち越し。得られた情報をもとに、次の手をみんなで考えていく。
2012年8月31日 - 19:59
星出 彰彦 (JAXA宇宙飛行士) ‏@Aki_Hoshide

 それにしても、8時間半にわたる船外活動。それを支える体力が凄い。

 そのリベンジともなる船外活動が、今行われています。
JAXA:星出彰彦宇宙飛行士による2回目の国際宇宙ステーションにおける船外活動の実施と、これに伴う宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の係留延長について
 2回目の船外活動により、「こうのとり(HTV)」3号機の係留期間と、「こうのとり」に載せて来た超小型衛星放出実験の予定がずれました。

 船外活動はNASATVで生中継中。
NASA:NASA TV
USTREAM:NASA TV
 ※英語です

 ニコニコ動画のニコニコ生中継でも、中継しているところが色々あります。非公式ですが、日本語解説付きのもあります。
 あと、現在の作業状況をツイートしている公式アカウントもあります。
ISS Updates @ISS101
 英語です。わからないところは、辞書などを使ってね。JAXAもNASAの情報を元にしてもいいから、日本語で作業の進行の様子をツイートしたらいいのにな…。何か制約、決まりがあるのだろうか。

 問題のボルトも無事外れたようです。良かった。星出さんの声や、笑い声が聞こえてくると安心します。ふわふわ浮いていて楽に見えますが、体を静止しておくのが難しく、静止しておくための体力を使うので結構大変。
 ということで、NASA TVでの生中継を観て、応援です。
 ちなみに、ヘルメットについているカメラの映像になると、右下に「20」と「18」という番号が出るのですが、20がサニータ・ウィリアムズさん、18が星出さんです。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-09-05 22:32 | 宇宙・天文
 おとといソユーズ宇宙船(TMA-05M)で国際宇宙ステーション(ISS)へ向かった星出彰彦宇宙飛行士。ISSに無事到着しました。

JAXA:星出宇宙飛行士の国際宇宙ステーション長期滞在開始について
アストロアーツ:星出さんらISSに到着、長期滞在開始

Expedition 32 Crew Shows "Up" at Station

 ドッキングからハッチオープン、その後の交信までたっぷりとどうぞ。

f0079085_21193022.jpg

 ドッキング前のソユーズ。背景の青い地球が美しい。

f0079085_2120476.jpg

 ISSにドッキング、ハッチオープンしてISSへ。その後の地上との交信での星出さんらクルーの皆さん。元気そうな声に安心しました。地上からは、若田光一宇宙飛行士、大西卓也宇宙飛行士も星出さんにエールを。若田さんは来年末(予定)に、ISS長期滞在へ。日本人初のISSコマンダーとして、訓練中です。大西さんも初飛行を目指して訓練中。訓練の様子は、JAXAのサイトで。5期生の油井・大西・金井飛行士はそれぞれ連載日記・コラムのコーナーで語っています。油井さんはtwitterも。毎日何かしらツイートしています。
JAXA:JAXA宇宙飛行士活動レポート
 ↑4月号から、3人の連載がスタートしました。
Twitter:油井亀美也 Kimiya.Yui (@Astro_Kimiya)
 ↑油井さんのツイッター。日本語、英語、ロシア語でツイートしています。


 話を星出さんに戻して、今回の星出さんのミッションを。
 まず、21日に打ち上げられる日本の宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」3号機に関すること。ロボットアームで把持する役をやるかも。その後、HTVが運んできた実験機材や物資を運んだりします。

 その「こうのとり(HTV)」3号機が運ぶもののひとつが、超小型衛星たち。
マイナビニュース:【コラム】大塚実の月刊宇宙開発1:JAXA、国際宇宙ステーションから放出する超小型衛星5機をプレス公開

 手乗りサイズの5機の小さな衛星。これを、「きぼう」日本実験棟から、ロボットアームを使って、宇宙空間へ放出する。これまで、人工衛星はロケットで打ち上げるのは通常のやり方。日本も、H2Aロケットの余ったスペースに「相乗り」する形で大学などの衛星を打ち上げてきました。しかし、ロケットの打ち上げ回数はそんなに多くない上に、打ち上げの時の振動などもあり、厳しい。HTVに載せるのであれば、振動はそんなに強くは無い。衛星開発、運用の門戸が広がることに期待が寄せられています。

 そのほかにも、メダカを使った骨粗しょう症のメカニズムの研究・実験。星出さんの船外活動も予定されています。日本人飛行士の船外活動は、土井隆雄さん、野口総一宇宙飛行士に続き3人目です。

 また、アニメ「宇宙兄弟」に本人役でISSから出演するという試みも。なんですと!?
読売新聞:星出さん、ISSから「宇宙兄弟」声優に挑戦へ
 少年時代の六太と日々人が、星出さんに質問するというシーン。原作には無いアニメオリジナルのシーンの模様。その質問は、視聴者から募集するとのこと。ISSでの収録は9月ごろ。放送は11月の予定。これは楽しみ。「宇宙兄弟」では、以前も野口さんが本人役で出演するシーン(ほぼ原作どおり)があり、これもなかなかよかった。

 最後に、星出さんのインタビューを。
JAXA:星出彰彦 宇宙で楽しく働き未来につながる成果を残したい
 STS-124で「きぼう」を建設、完成した「きぼう」で働く星出さん。「自分が4年前に取り付けた「家」に帰るような気持ちでいます。」という言葉が印象的。今日の交信でも、そのことを話していました。また、
宇宙の生活が「日常」になること、日本人が宇宙にいることが当たり前になることは、日本の有人宇宙活動のレベルを示す1つの到達点だと思うんです。

(中略)

その中で、私たち宇宙飛行士の任務は、毎日毎日の決められた仕事を軌道上できちんとこなしていくことであり、それをみなさんに伝えていくことだと思います。私たちは軌道上で食事もするし、トイレにも行く。ISSは普通に生活をしている空間なんですよね。みなさんに、宇宙での私たちの「日常」を見ていただくことで、"身近にある宇宙"を感じてもらえたらとても嬉しいです。

 私は、いずれみなさんが宇宙に出て行く時代がやってくると信じています。私はそれより少し前に宇宙へ行き、その道を作る者として、「宇宙は遠くないんだ」ということをみなさんに伝えることができたらと思っています。

 ちょっと長いですが引用しました。宇宙での「日常」。宇宙が身近になること。星出さんが見せてくれる「日常」を楽しみにしています。
 ということで、星出さんの宇宙初ツイートを心待ちにしています。一言目は何かな?
Twitter:星出 彰彦 (JAXA宇宙飛行士) ( @Aki_Hoshide )

【追記・続報】
 ISSに到着した翌日、早速初ツイートが!
2日かけて、ISSに到着! ゲナ、セルゲイ、ジョーの出迎えがうれしかった! きぼうも4年前に比べて「いい意味で」手垢がついてた。 これから楽しみ!
@Aki_Hoshide 2012年7月18日 - 5:02

 星出さんが「きぼう」を取り付けた時は、もちろん「新品」「新居」の状態。実験ラックも無く、ハッチオープン後クルー全員で入ってはしゃぎまくってましたねw(特に”マツイ55”ギャレット・リーズマンさん) あれから、実験ラックも備え付けられ、船外プラットフォームも取り付けられ…。「きぼう」も”進化”していっているんだなと感じます。いいなぁ。
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-17 22:24 | 宇宙・天文
 今日11:40、星出彰彦宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(TMA-05M)が打ち上げられました。打ち上げ成功おめでとうございます!星出さんはこれが2度目。前回はSTS-124,「きぼう」船内実験室取り付けの時でした。

JAXA:国際宇宙ステーション第32/33次長期滞在クルー星出宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(31S/TMA-05M)の打上げについて

 今日はちょうどお休みなので、ゆっくりと打ち上げ中継を観られました。

New Expedition 32 Trio Launches to Station

 打ち上げ前の恒例行事から、ソユーズに乗り込み、打ち上げをダイジェストで。

Expedition 32/33 Launches to the International Space Station

 こちらは少し長め。

星出宇宙飛行士打ち上げライブ中継

 こちらはJAXAによる生中継。1時間40分あります。でも、色々と見所満載です。バイコヌール現地にいる若田光一宇宙飛行士が電話出演したり、アニメ「宇宙兄弟」の六太・日々人兄弟からの応援メッセージもあったり。これは驚いた。朝、アニメ放送を観て、アニメでも「今日は星出さんの打ち上げ」と言っていた。力入れてます。JAXA日本人宇宙飛行士の歩みも。
 あと、今回の星出さんのフライトでは、公式テーマ曲があります。初めての試みです。河口恭吾さんによる「あぁ無重力 ココロがはずむ」。曲をフルで聴けます。作詞の際、河口さんはJAXAのサイトの星出さんのミッション内容をを読んでイメージを膨らませたそう。聴いていると、ISSでの毎日がイメージできます。
◇一部試聴できます:JAXA:星出宇宙飛行士のテーマソングが決定!
マイナビニュース:JAXA、星出宇宙飛行士のテーマソング「あぁ無重力 心がはずむ」初公開

 さて、この打ち上げの見所を。NASA-TV,JAXAの生中継からキャプチャした画像です。
f0079085_17362360.jpg

 ロシア・ソユーズでは打ち上げ前、様々な”恒例行事”があります。この、ドアにサインするのも。星出さんのサインです。

f0079085_17373229.jpg

 バイコヌールはお天気も良好です。打ち上げを待つソユーズ。

f0079085_17385137.jpg

f0079085_17385739.jpg

 11:40、リフトオフ!ロシア・ソユーズにはカウントダウンはありません。時間になったら打ち上げます。さらっとしているところがいい。

f0079085_1740890.jpg

 ソユーズ宇宙船船内の様子。非常に安定した打ち上げでした。さて、ソユーズ恒例、無重力になったのがわかるぬいぐるみに注目。今回はお人形さん。珍しい。って、首に紐が…怖いよ!!w中継の間、ずっと気になって仕方ありませんでした。怖いよ!!

f0079085_17421836.jpg

 船内の星出さん。落ち着いてます。

f0079085_17424442.jpg

 ソユーズのもうひとつの恒例といえば、「突っつき棒」(スイッチに手が届かないので、棒で突っついて操作している…いかにもロシアらしいw)。ソユーズも改良され、デジタル化された部分が多いので、突っつき棒の出番は少なくなりました。それでも、使うところでは使います。出番が少なくなったからこそ、出番に注目してしまいますw
 この時、既に無重力に。あのお人形さんは…ふわふわ浮いて、画面の外へ。浮いたところが確認できず残念。

 打ち上げは無事成功、すんなりと軌道に乗りました。さすが安心と信頼のソユーズ。安定しています。ISS・国際宇宙ステーションとのドッキング・入室は17日。さらに、21日は日本の宇宙ステーション補給機「こうのととり」(HTV)3号機を載せた、H2Bロケット3号機も打ち上げ。星出さんがISSで待ってます。日本のHTVを日本人宇宙飛行士がキャプチャする…是非、星出さんがHTVをキャプチャしてほしいなぁ。

 長期滞在ミッション内容などは、ISSに到着してからにします。いってらっしゃい、よい旅を!
[PR]
by halca-kaukana057 | 2012-07-15 17:58 | 宇宙・天文

好奇心のまま「面白い!」と思ったことに突っ込むブログ。興味の対象が無駄に広いのは仕様です。


by 遼 (はるか)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31